就職活動中の面接はとても緊張するものです。

転職者は、新卒にはない独特の緊張感を感じるのではないでしょうか。

面接官もそんな応募者の緊張をほぐそうと「アイスブレイク」を用いてきます。

応募者にとっても力の抜けるありがたい時間となりますが、実はこのアイスブレイクにも注意が必要です。

企業側は、ただの緊張ほぐしをしている訳ではありません。

アイスブレイクこそ、自分をアピールする格好の場といえるのではないでしょうか。

女性ならではの魅力を伝える方法や、アイスブレイクの重要性を確認していきます。

気が緩んでしまうアイスブレイクを上手く活用し、転職を成功させましょう。

転職面接でアイスブレイクが重要な理由は?

ビジネスウーマン

面接に用いられるアイスブレイクという手法は、初めて会うもの同士のミーティングなどでも用いられています。

お互いの緊張をほぐし、話しやすくするためのものです。

ガチガチに緊張してしまう時もある就職面接では、多くの面接官がこのアイスブレイクを用いています。

親しみを感じ和やかなムードになりますが、言いかえれば気が緩む瞬間です。

緊張の反動でついつい話過ぎてしまった、という声もよく耳にします。

何気ない会話が交わされているアイスブレイクですが、面接官にとっては応募者の本質を見極める時間ともなっているのです。

転職面接でのアイスブレイクは気を抜かず、大切な面接時間の一部であるという認識を持っておきましょう。

面接でのアイスブレイクの必要性とは

第一印象

採用試験において、なぜ面接官はすぐに本題の質問に入らずにアイスブレイクを用いるのか。

最初にその理由を確認しておきましょう。

アイスブレイクは何の為の会話なのか、意図を知っておけば対策の仕方が見えてきます。

面接をスムーズに行うため

アイスブレイクは面接官と応募者との壁を無くす意味も持っています。

もしもすぐに面接をスタートしたら、応募者は機械的な印象を受けてしまうのではないでしょうか。

そして多くの人は機械的な企業に、あまりいい印象を持たないはずです。

もしかしたら、人間的にきちんと向き合った面接をしてほしいと感じるかもしれません。

企業のイメージダウンが起これば、例え優れた人材に内定を出しても辞退されてしまう可能性もあります。

企業側にとっても大きなマイナスとなるのです。

本題に入る前にアイスブレイクを用いることで、お互いの壁をなくし真摯に向き合った面接をスタートすることができます。

緊張をほぐすため

緊張

アイスブレイクを用いる最大の理由は、相手の緊張をほぐすことになります。

転職者であっても、大半の人は面接に大きな緊張を感じるのではないでしょうか。

緊張したまま面接に臨んでも、本当に自分が思っていることを伝えることができません。

企業側にとっても、ミスマッチを防ぎたいというのが本心にあるものです。

応募者の緊張をほぐし、相手が伝えたいことを全て伝えることができる環境を作り出しています。

相手が緊張したままでは、面接官が求める合否判断の材料も手にすることができないのです。

面接でのアイスブレイクの目的は?

疑問

アイスブレイクで面接官が確認していることとは一体何なのでしょう。

それは転職希望者が、気を配っておくべきポイントでもあります。

コミュニケーション能力を確認する

アイスブレイクは単なる世間話ではありません。

採用面接の中では見ることができない、応募者のコミュニケーション力をチェックする時間ともなっています。

自己紹介や志望動機などは、何度も練習し暗記していることでしょう。

質疑応答ですら、ある程度の予測は出来ておりコミュニケーション力を見るのはなかなか難しいものです。

特にコミュニケーション能力を重視される職場に置いては、このアイスブレイクは大きな意味を持ってきます。

面接官は相手の本質の部分を引き出すことで、どの位のコミュニケーション力を持っているのかを確認しているのです。

普段の会話の様子を見る

書類を持つ女性

採用不採用の判断基準のひとつとしてレジュメがあげられますが、そこからは応募者の本質は見えません。

当然のことながら、レジュメには自分の特技や長所が羅列してあるはずです。

しかし本来人間には、得手不得手があるものではないでしょうか。

面接官は普段の会話から、相手の人となりを確認しています。

アイスブレイクにこそ、普段の様子が反映されるといっていいでしょう。

採用にした場合はどこへ配属するか、人間性や不得手な部分も考慮しているのです。

転職面接に備えて希望する企業がどんな人材を求めているのか、事前にしっかりと研究しておきたいものです。

自分だけでは難しいと感じた場合は、無料の転職相談を利用することをおすすめします。

アイスブレイクでアピールするコツは?

ポイント

アイスブレイクは、多くの応募者が見落としがちです。

見方を変えれば、他者との差をつけることができるのもアイスブレイクとなります。

では、ここで上手く自分をアピールする方法を伝授します。

受け答えを意識する

アイスブレイクで話しかけられる内容は、日常会話に近いものです。

とはいえ、しっかりとした受け答えが出来るようにしておきましょう。

なんとなく会話が弾まない、と感じたことはありませんか?

会話の中で質問した内容と関係のない答えをいったり、的確な答えを返してこない人との会話は続かないものです。

アイスブレイクでも同じことがいえます。

面接官の問いかけには、しっかりとした受け答えをしたいものです。

中には自分が質問されているのに、何故か質問を返してしまう人がいます。

キャッチボールが途切れてしまうと、ぎくしゃくした雰囲気になるのではないでしょうか。

会話が成立しないと、コミュニケーション力が低いと思われてしまうので会話力は普段から気をつけておきましょう。

「はい」「いいえ」だけで答えない

バッド、グッド、親指

面接時は緊張の為か「はい」と「いいえ」のみ答えてしまう人もいるようです。

面接官も緊張しているということは十分承知しています。

しかし、ほとんどの質問に「はい」や「いいえ」で答えるのはコミュニケーション力が低いとみなされてしまいます。

例え「はい」や「いいえ」で事足りる質問だったとしても、会話を途切れさせないような会話をしていくことが大切です。

言葉のキャッチボールは、普段の生活の中ではぐくまれます。

アイスブレイクではどんな会話が生れるかわからないので、普段からコミュニケーション力は磨いておきましょう。

アイスブレイクでよくある話題

面接

企業の面接官も、アイスブレイクに関して様々な勉強をしています。

どんな会話をすれば緊張がほぐれるか、場を和ませつつ応募者の特質を知るにはどうしたらいいか…。

コミュニケーションの基本となる共通点を話題にする場合もありますが、一般的には下記のようなことが話題とされています。

天気に関する話題

初対面同士が話をする王道のきっかけは、天気の話です。

「気持ちのいい天気ですね」「急な気温の変化で、体調管理が大変ではないですか」など天気の話題は多岐に及ぶのではないでしょうか。

天気の話は、「はい」や「いいえ」で答えてしまいがちです。

しかし、この話題が出ても「はい、気持ちがいいので一駅歩いてきました」など話が広がる工夫をしていきましょう。

一言付け加えるだけで、そこから話題が生れてくるものです。

交通手段に関する話題

交通手段の話題も高い頻度で、アイスブレイクに用いられます。

「道が少しわかりにくかったのではないですか」「人が多くて、乗り換えが大変だったでしょう」などです。

気を使って「大丈夫でした」と答える人も多いと思いますが、大丈夫だった理由も付け加えると会話が広がります。

また「緊張していたので、人の多さが気になりませんでした」と素直に答えてもいいでしょう。

「そんなに緊張しなくても大丈夫ですよ」と会話が進みます。

会社周辺の土地に関する話題

企業

自社に愛着を感じてもらう為に、周辺にあるおすすめの場所などを話題にする場合もあります。

こちらは会話を広げやすいのではないでしょうか。

「うちの会社の近くに○○があるんですよ」「○○がおいしい場所があるんです」などがあげられます。

「是非行ってみたいです、どの辺りですか?」「○○は私も大好きなので帰りに食べていきます」と、自ら興味を持つことが大切です。

せっかくおすすめを教えてもらったのに「そうなのですね」というだけの返答は、興味がないと感じさせいい印象を与えません。

会話の中で大切なことは、話している相手に興味を持つことです。

趣味に関する話題

面接官は履歴書から共通点を見出してきます。

出身地趣味なども、アイスブレイクで話題にされやすいといえます。

共通の部分が多ければ、親しみもわき会話も広がるのではないでしょうか。

趣味が読書であれば、どんなジャンルが好きなのか作家は誰が好きかなど、自分をアピールしていくのもいいでしょう。

女性ならではの魅力の伝え方とは?

面接

女性だからこそ気をつけたいこと、そして女性だからこそアピールできるポイントは何でしょう。

女性は一般的に、周りの空気を読むことに長けています。

面接官との何気ないアイスブレイクであっても、相手との距離感をしっかりとつかんで会話をしていきましょう。

そして男性と比較すると共感性が高くコミュニケーション力も高いといわれています。

その為、会話が得意という人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、早口になってしまうのは気をつけたいところです。

普段よりゆっくり、落ちついて話をすることでしっかりしているという印象を与えることができます。

更に、女性は表情や仕草で柔らかな印象を与えることができるのです。

表情や細やかな仕草にも気を使おう

面接を受ける女性

転職面接での笑顔に関して「サイレントスマイル」という言葉で表現されます。

一方、アイスブレイク時は「ハーフスマイル」がおすすめです。

打ち解けた会話中に表情がないと、周囲との協調性がないのではないかと判断されてしまいます。

視線に関して、面接官としっかり目を合わせることは大切です。

しかし、自分が発言している間中ずっと相手の目を見ていると、相手に窮屈な思いをさせてしまいます。

意図的に少し視線を外す気配りを持ちましょう。

アイスブレイクの注意点

丸バツの札を出す女性

アイスブレイクは、会話が広がれば何でもいいというわけではありません。

幾つか注意点を確認しておきましょう。

政治的・宗教的な話題は避ける

初対面での会話においてのタブーといえるのが、宗教や政治についての話題です。

実は面接官側でも、この話題はタブーとして避けています。

厚生労働省が採用参考時に配慮すべきとして、思想や信条の自由を提示しているのです。

自分がいいと思っていることが、必ずしも相手と同意見だとは限りません。

注意すべきは、ニュースに取り上げられている、政治家などの話です。

一般的に批判されているようなことでも、その捉え方は人によって異なるのです。

リラックスしすぎない

面接官の中にはフランクな雰囲気を持っている人もいます。

しかし、あくまでも自分は面接を受けるものであることを忘れず会話をすすめましょう。

転職者の場合は実務を既に経験しているので、面接官との距離が近くなりがちです。

例えアイスブレイクだとしても、リラックスし過ぎることがないよう注意をしておきましょう。

時間を使いすぎない

女性にありがちなことといえるのが、アイスブレイクでの世間話が盛り上がり過ぎて、長々と時間を取られてしまうことです。

特に趣味の話などに熱くなると、話が止まらなくなる人がいます。

大切な面接の時間が減ってしまい、伝えたいことが半分で終わってしまう可能性があるのです。

長々と話をするのはやめておきましょう。

面接での不安点はエージェントに相談して解消しよう

オペレーター

アイスブレイクは5分程度の雑談ですが、面接の一部といえます。

企業がどんな人材を欲しがっているのかを踏まえて、コミュニケーション力や協調性を発揮したいものです。

転職面接といっても、企業によって特徴は異なります。

どんな面接になるのか、何を準備しておけばいいのかなど不安に感じることも多いのではないでしょうか。

転職に関して不安があれば転職エージェントに相談することをおすすめします。

不安を抱えたまま面接を受けると、心に余裕もなくなります。

転職者という強みを生かして、面接に臨みましょう。

まとめ

やる気のある女性

面接時に行われるアイスブレイクは、ただの会話ではありません。

短い時間には、きちんとした意図があり目的をもって用いられているのです。

アイスブレイク時はリラックスしつつも気を抜き過ぎず、的確な受け答えを心がけていきましょう。

自分が希望する企業がどんな面接を行っているのか、詳しい情報を知りたい人は無料の転職エージェントに相談してはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら