日常生活で書類を作成する際に頻繁に目にする「職業欄」ですが、パート勤務をしている場合は、どのように記入するのでしょう。

パートには多種多様のものが存在しており、職業欄に会社員と書いて良いのかと頭を悩ませる人もいるようです。

基本的に職業欄は、雇用の種類別に記入することが基本となっています。

では、パートの場合は…?

「職業欄」の正しい記入の仕方について理解している人は少ないのではないでしょうか。

アルバイトとパートの違いを確認しつつ、パートで勤務している場合の職業欄の書き方を詳しく紹介していきます。

職業欄について

履歴書

公の届け出や病院での書類などで目にする職業欄ですが、会社員や公務員など明確な記入が出来ない人も多いのではないでしょうか。

派遣で働いている、パートタイムで働いているなどの場合は職業は一体何になるのか。

職業欄はなんとなく記入していた、という人も中にはいるでしょう。

しかし開業届などの公の届け出の場合、記入した職業によって税率が変わってしまうこともあるので注意が必要です。

またクレジットカードの申し込みなどでは、職業がお金に対しての保証となることもあります。

職業欄についての知識は、これから様々な場で役に立つのではないでしょうか。

職業と職種の区別とは

本、電球の絵

職業欄を記入するにあたって、まずは職業と職種の違いを把握しておく必要があります。

職業は、自分が何をして生きているかということになり、言い換えれば生業です。

会社勤めで生活を立てているのであれば会社員となり、育児をしているのであれば主婦(主夫)となります。

そして学生の場合は学校に登校して勉強していることが職業となるので、職業は学生です。

職業は大きな括りで分類した仕事といえるのではないでしょうか。

そして、更に職業を細かく分けたものが職種となります。

いわゆる職業の種類です。

営業職や事務職、テレフォンオペレーターなど職種は多岐にわたります。

厳密には職業と職種は分かれていますが、日常的な会話の中では混合して使われることが多いのではないでしょうか。

 

ワンポイント
 職業は生業、職種は職業の種類を指しています。

雇用の種類別職業欄の書き方について

仕事

実際に職業欄にはどのように記入すべきか、細かく確認していきましょう。

まずは、混同してしまいがちなパートと会社員の違いを確認しておきます。

パート

パートタイムの場合は時間給が多く、同じ仕事を受け持っていても会社員ということにはなりません。

どのような職種についていても、職業記入欄には「パートタイム」と記入することになります。

しかし主婦と兼業でパート勤務をしている場合は「主婦」と記入しても大丈夫です。

転職先を探している場合など仕事に関するスキルが必要とされている場合や、扶養を外れた収入がある場合は「パートタイム」を記入します。

会社員

正社員として会社に勤めていれば、職業欄は「会社員」です。

よく間違えるのは派遣社員ではないでしょうか。

派遣社員として働いている女性も多いですが、この場合職業は「派遣社員」となります。

会社員とは正社員を指し、雇用の形態が違えば会社員とは記入出来ないのです。

さらに細かく見ていくと、会社役員は労働者という分類には入らないので職業欄は「会社役員」となります。

 

ワンポイント
 パートタイムで働いている場合は基本的に「パートタイム」が職業となります。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

専業主婦・パート主婦の職業欄について

パートで働く女性

パートタイムで仕事をしている場合は「パートタイム」と記入するのが基本ですが「主婦」という記入も間違いではありません。

では「主婦」と記入すべき時はどんな時なのか、また扶養から外れている時の記入の仕方を確認しましょう。

主婦

パートタイムで働いていても「主婦」という記入で大丈夫であることは上記しました。

そして主婦業に専念している女性、専業主婦の場合も職業欄は「主婦」となります。

専業主婦の場合は無職と記載するか主婦と記載するか、迷う人もいるのではないでしょうか。

記入の場合は基本的に「主婦」、項目を選択する時にその中に主婦がなかった場合は「無職」に印をつけましょう。

扶養から外れている人

年末調整の扶養

パートタイムで勤務をする際に扶養のまま仕事をするか、扶養から外れるかは頭を悩ませるところです。

「年収が130万円未満(60歳以上や障害を持っている人は180万未満)、被保険者の年収の2分の1未満」

上記の条件を超えている場合は、扶養から外れることになります。

この場合、職業欄は「パートタイム」の記入が正しいといえるでしょう。

同じように主婦の内職に関しても稼いでいる金額に注目し、多く貰っているようであれば「自営業」と記入することも出来ます。

主婦と記入するべきか否か迷った時には、収入によって判断するようにしましょう。

扶養内であれば基本的に「主婦」で問題ありません。

職業欄の書き方の悩み

悩み

パートタイム以外にも職業は多種多様に存在しており、自分は何と記入すべきか分からないという人も多いのではないでしょうか。

どんな時に悩む人が多いのでしょうか。

正しい書き方がわからない場合

一般的にはフリーターと呼ばれているけれど、職業欄もフリーターと記入するべきなのか。

選択項目にフリーターがある場合やない場合があります。

そんな時、どうしたらいいのか分からなくなってしまうのではないでしょうか。

また分類がよくわからない時に、何となく記入してもいいものなのか。

会社の正社員や公務員などははっきりと記入出来るのですが、それ以外の職業に就いている人は意外と悩む箇所といえるでしょう。

自由に記入出来る空欄ならともかく、選択肢を選ぶ職業欄は悩み所です。

そんな時は、書類を提出する際に質問してみるといいでしょう。

自分はどのような形態でどのような仕事をしているかを伝え、職業欄の記入を指示してもらいます。

書きにくい職業がある場合

働き方は人それぞれで、様々な雇用形態が存在します。

中には、書きにくいと感じる人もいるのではないでしょうか。

また、職業をあまり人に知られたくないと感じる人もいるでしょう。

ひとつの例をあげてみると、チャットレディをしている人は職業欄に「チャットレディ」とは書きにくいものです。

この時はサービス業、という記入で問題はありません。

職業欄は大概の場合、大まかな仕事の内容が分かればいいものです。

どのような職種でどのような仕事内容で…という情報は必要ありません。

確定申告などの公の書類に関して、職業欄に迷ったら転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

会社員かパートか

パソコンを持つ女性

パートタイムの勤務をしている場合は、会社員とは記入できません。

しかし、同じスキルを求められるパートと正社員の線引きはどこにあるのでしょうか。

違った角度から職業欄の書き方を見ていきましょう。

パートなのに扶養以上に収入がある

扶養家族から離れて仕事をしている時は、生業はパートタイムと考えることが出来ます。

それゆえに職業欄には「パートタイム」を記入するわけですが、それには理由があります。

職業欄を記入させるのには理由があり、対象者は仕事をしているのか否か、収入はあるのかなどを確認している時もあるのです。

「主婦」と記入しても問題はありません。

しかし、相手の知りたい情報に答えるという意味では「パートタイム」と記入したほうがいいのではないでしょうか。

記入形式になっている場合

仕事

職業欄は書類によっても異なり、選択によって選ぶものもあれば記入形式のものもあります。

上記では「パートタイム」と記述してきましたが、「パート」でも「パートタイマー」でも大きな差はありません。

実際の所、国内では主婦とパートタイムへの線引きは明確ではありません。

しかし海外に行く際、一部の入国審査書類では明確に分けれれているケースもあります。

House Wife(主婦)とPart-Time worker(パートタイム)が区別されているので、パートタイム勤務をしている場合はしっかりと記入しましょう。

特殊な仕事である

自分が特殊な雇用形態でパート勤務をしている場合は、仕事内容を指す「看護婦」「デザイナー」などと記入する場合もあります。

また業務委託の契約を結ぶ仕事などは「請負」もしくは「自営業」となります。

仕事の時間や会社との関わり方も人によって異なり、自分は会社員と書いて良いのかどうか迷ってしまうことも多いようです。

会社員と記入するのは社員として承認されている人に限られるので、自分の職業は何になるのか一度確認しておきましょう。

事務のパートの扱い

パソコン作業をする女性

会社で事務職を担当しているならば、自分の雇用形態がどう区分されているのかを確認しておくといいでしょう。

実際に事務職でのパートの場合は、会社員と間違えやすくなっています。

会社員ではない

職業は、職種とは関係なく雇用形態によって変わります。

事務パートで働いていても「パートタイム」となるのが一般的です。

しかし契約社員や派遣社員の場合は、記入方法が変わるのでどのような雇用かを確認しておくべきです。

雇用期限の違い

そもそもパートと会社員は何が違うのでしょう。

フルタイム勤務か否かだけではなく、雇用期限などにも違いがあります。

会社員の場合は雇用期間に記載はなく、記入されていても自動的に更新されていくものです。

しかし、派遣社員は通常3ヶ月が単位となっており、契約社員の場合は最長で3年間と決まっています。

パートに関しても有期雇用となっているので、契約更新などが必要になってきます。

 

ワンポイント
 パートと会社員の違いは、雇用期限の違いにも表れています。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

会社員ではない職業欄の書き方

アルバイト

会社員ならば考えずにすむ職業欄ですが、会社員以外の職に就いている場合は分かりづらいものです。

会社員でない場合の職業欄の書き方を3種類見てみましょう。

アルバイト

アルバイトの場合は「アルバイト」と記入しても問題はありません。

パートとアルバイトに明確な違いはないのですが、通常は学生やフリーターが記入する時はアルバイトと記入します。

逆にアルバイトとして求人されていても、雇用方法はパートと一緒なので主婦はパートと記入する人が多いのです。

派遣・契約社員

パソコン 砂時計

少し複雑なのが、派遣社員や契約社員です。

派遣社員は派遣会社との間に雇用関係があるので「派遣」の記入ですが、契約社員は会社員としても契約社員としても間違いではありません。

厳密には有期雇用なので会社員ではありません。

しかし会社との契約をしており、正社員となる前提で契約社員となっている人も多いのではないでしょうか。

ここで注意したいのが、クレジットカード申し込み時などの職業欄の記入です。

本人確認の際に正社員ではない、と会社側が返答すると申請が通らなくなります。

職業を重視される場面では「契約社員」の旨を記入したほうがいいでしょう。

公務員

消防職員や市役所職員など公務員にも種類があり、国家公務員や地方公務員などにも分かれています。

職業は何かと聞かれた時に警察官や消防士と答えるのが一般的ですが、職業欄は「公務員」の記入です。

公立学校の教員をやっている時も、公務員となります。

その他の職業欄

わからない

これまで紹介してきた職業以外にも、どのように書くべきが悩んでしまうのが無職やフリーランスではないでしょうか。

無職

現在仕事に就いていない時は、職業欄に「無職」と記入します。

結婚しており仕事を辞め専業主婦をしている時は、無職ではなく「主婦」と書くのが一般的です。

しかし選択項目に主婦の項目がなければ、無職を選びましょう。

フリーランス

フリーランスの人は「個人事業主」「自営業」「自由業」を書き込むことになります。

自営業は経営者であり勤務時間内で働いている人、自由業は雇用されることなく時間の縛りもない人を指しています。

似ているようで違っているのがフリーターです。

フリーターと自由業の違いは専門性にあります。

より高度な知識や専門性を活かした仕事をしているのが、自由業といえるのではないでしょうか。

 

ワンポイント
 フリーランスでは、仕事の内容で職業欄の記入方法が変わってきます。

まとめ

女性,書類,確認

日常生活の中で目にする職業欄は、自分の雇用スタイルによって記入方法が異なります。

職業欄は、相手が何を知りたがっているのかで多少記入方法が変わってくるものです。

主婦やパートタイムなど上手く使い分けて記入することをおすすめします。

また書類の中には職業の他に職種を記入するものがありますが、その際には自分の職種を的確に記入し相手に伝えていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら