転職活動を進める過程で適性検査を受ける機会があります。

適性検査にはさまざまな種類がありますがそれぞれに合った対策が必要です。

この記事では適性検査のうち「3Eテスト」について取り上げました。

3Eテストの特徴や問題例、対策法などをまとめています。

転職の適性検査「3Eテスト」の対策方法を解説

人差し指を立てる女性

3Eテストは日本最大級の転職サイトである「エン・ジャパン」の適性検査です。

3Eテストは出身校の偏差値やこれまでの職歴といった肩書からはわからない、その人の本質を掴むことがでできます。

企業で働くうえで大切なのは知的能力や性格、それから個人の持つ価値観などといったものです。

それを掴むのに役立つのが3Eテストです。

簡単な学力テストも出題されますが容易に対策できるものですので気構える必要はありません。

3Eテストの特徴や出題例を事前に知っておくだけでも十分ですので、それらを解説していきます。

3Eテストの特徴

3Eテストの受験時間やテスト形式を解説します。

これらを知っておくだけでも対策として有用です。試験の特徴を掴むことがスムーズな突破に繋がります。

3Eテストの受験時間は?

まずは3Eテストの時間から紹介します。

多くの適性検査は1時間以上かかりますが3Eテストは最大でも35分の検査です。

長時間かかる適性検査はそれだけで大きな負担となります。

3Eテストは35分という短さですので時間による負担の心配がありません。

少ない負担で受検者について把握することが可能な検査なのです。

またまとめて3Eテストという呼び方をしていますが、正確には3種類のテストがあります。

まず知能+性格・価値観を測る「3E-IP」テスト、こちらの受験時間は35分です。

続いて性格・価値観を測る「3E-p」テスト、こちらの受験時間は15分です。

最後に知的能力を測る「3E-i」テスト、こちらは20分に設定されています。

最大で35分かかるというのは知的能力と性格・価値観の両方を測る場合です。

いずれも短時間のため受検者に大きな負担はかかりません。

短時間で受検者のことが正確に掴める適性検査です。

3Eテストのテスト形式は?

ノートパソコンを使う女性

適性検査を受ける際は事前にテスト形式について知っておくべきといえます。

3Eテストのテスト形式はWeb方式またはマークシート方式の2種類です。

Web方式はスマートフォンやタブレット、パソコンで試験をおこないます。

すぐに結果が出るため集計の手間がかかりません。

さらに受検者も自分の結果を即座に把握することが可能です。

一方でマークシート方式は問題冊子を使用しておこないます。

こちらはたくさんの人が一度に同じ場所で受けることができます。

そのため新卒採用時の一斉試験やセミナーの延長などでの検査実施が可能です。

応募先企業がどちらの方式を取っているか確認ができるとイメージがしやすくなります。

これだけでも気が楽になりますので調べることをおすすめします。

3Eテストの出題内容

4192885_m

続いて3Eテストの出題内容について解説します。

適性検査を受ける前に問題の形式を知っておくことが対策に繋がります。

3Eテストを受検する前に出題内容について簡単に触れておきましょう。

先述した通り3E-iテストと3E-pテストの2種類がありますので、それぞれ紹介します。

「3E-iテスト」

3E-iテストは知的能力を測るテストです。

こちらは制限時間20分の間に7パターンの問題を3周して合計で21問の問題に答えます。

言語・非言語の両方が幅広く出題されます。

出題される7パターンは以下の通りです。

  • 簡単な足し算
  • ひらがなの穴埋め
  • 文字の並べ替え
  • 条件に合う文字の選択
  • 上下マスの関係性チェック
  • 数字、アルファベットの変換とその記憶
  • 図形の法則性チェック

並べ替えや法則性の発見などをするので知識そのものより思考力が問われます。

3周とも問題傾向は同じで内容が少し変わる程度です。

「3E-pテスト」

3E-pテストは性格や価値観を測るテストです。こちらは制限時間15分の間に90問の質問に答えます。

こちらは他の適性検査でもよくあるような、いわゆる性格診断とあまり変わりません。

問題文の事例を見て「あてはまる」や「あてはまらない」など、自分の考えに近い選択肢を選びます。

注意すべきなのは自身が本来持つ答えと別のものを選ばないようにすることです。

体裁を気にして回答を選んでは性格診断の意味がありません。

3E-pテストのような性格診断においては、正直に答えることが何よりも大切です。

3Eテストでわかることは?

女性

3Eテスト自体の出題内容や特徴について紹介してきました。

続いて企業が3Eテストの結果から把握できることを解説します。

「3E-iテスト」でわかること

先述した通り、3E-iテストはごく簡単な知的能力テストです。

こちらでは基本的な思考力や正確性を測ることができます。

問題自体の難易度はそれほど高くありませんが厳密な時間制限があります。

またパッと見て答えられる問題ではなくやや考えなければいけません。

限られた時間内で正確な答えを出す力と思考力が問われます。

3E-iテストは短い時間で思考力や正確性を測るための検査です。

「3E-pテスト」でわかること

3E-pテストはいわゆる性格診断のテストです。

こちらでは受検者の性格や価値観を掴むことができます。

その人の性格や価値観が企業に合ったものであるかということは大切です。

その人自身だけでなく周りの社員の快適さにもつながるポイントです。

3E-pテストでは受検者がどんな人か、企業の雰囲気に合うかといった内面的なことがわかります。

ワンポイント
短時間で幅広い分野のチェックができる検査です。

 
マイナビエージェント
登録はこちら(無料)
 

3Eテストの出題内容別対策のポイント

面接

3Eテストの具体的な対策ポイントを紹介します。

とはいえ事前にたくさんの勉強をする必要はありません。

テストの特徴や出題内容といった知識さえあれば大丈夫です。

「3E-iテスト」の対策ポイント

3E-iテストの対策としては問題の傾向を掴むことが挙げられます。

短時間で答えを出さなければならないため問題形式について知っておくことが大切です。

先述した通り問題の難易度自体はそれほど高くありません。

事前の勉強や高度な知識は必要ないのでその点は安心して大丈夫です。

ただ、問題の傾向を知っておくことで安心感が生まれますしイメージもつきやすくなります。

どんな問題が出るかを知っておくだけで十分な対策です。

「3E-pテスト」対策ポイント

3E-pテストは性格を見るテストですので、対策が必要なものではありません。

むしろ対策をして企業の採用基準に沿って答えを選ぶということは避けるべきです。

性格診断をする目的は、受検者がどんな人か・企業との相性が悪くないかを見ることです。

そのため自分を偽って答えを出してはいけません。

強いて対策を挙げるとすれば、一貫性のある答えを出す訓練をすることです。

ある問題では協調性を大事にするような答えを選んだとします。

しかし別の問題では一人行動を好むような答えを選ぶと一貫性がありません。

問題によって答えがバラバラだと正しい性格を掴みにくいです。

素直で正直な答えを選ぶようにします。

 

ワンポイント
問題の傾向を知るといった簡単な対策をするだけでも随分違います。

3Eテストの出題例をチェック

指差し

3Eテストはどんな問題が出るかを掴むことが大切です。

それでは3Eテストの出題例を紹介します。

ひらがなの穴埋め

3E-iテストで出題される問題形式の1つです。

こちらは穴が開いた箇所に文字を入れて単語を完成させたとき、使わない文字はどれかを選ぶものです。

例えば以下のような問題が挙げられます。

な◯や◯み (①は ②す ③つ) 答え:① (なつやすみ)

このように選択肢のうち使われない文字を選びます。

文字の並べ替え

文字を並べ替えて単語を完成させるという問題です。

提示された文字を使って単語を作ったとき、最後の文字はどれになるかを選びます。

例えば以下のような問題です。

て(①き ②け ③ん ④い) 答え:③(ていきけん)

どんな単語になるかを即座に判断する必要があるため、思考力とひらめきが求められます。

上下マスの関係性チェック

スーツ女性

上下に並べられた数字にどのような関係性があるかを判断し、条件に合う数字を選択する問題です。

出題例は以下の通りです。

⑧ ④ ⑩

④ ? ⑤ 答え:②(上のマスの数字を2で割った数が下のマス)

規則性は気付ければごく簡単なものなので、ひらめきが求められます。

数字、アルファベットの変換とその記憶

数字とアルファベットの対応表が用意されています。

そちらを基に変換をおこない、正しい答えを選ぶという問題です。

以下のような形式で出題されます。

123456789

KNFXTRHIA

問;3598をアルファベットで表すと?

①FTAI ②ARKN ③XFTA 答え:①

冷静な思考力が求められる問題です。

簡単な足し算

女性、指し棒

この検査で出題される足し算は、隣同士の数字を足しその数字の下一桁を足すを繰り返していくものです。

最後の一桁が何になるかを答えます。

出題例は以下の通りです。

7 6 5 2

答え:2

(7+6=13 6×5=11 5+2=7)

下一桁は

3 1 7

さらに計算して

3+1=4 1+7=8

4+8=12

下一桁→2)

計算自体は容易ですが、冷静かつ時間内で迅速に答えを解く必要があります。

 

ワンポイント
落ち着いて解けば容易に回答できる問題が多いです。

3Eテスト回答時に意識しておくべきこと

スーツ姿の女性

3Eテスト、特に知的能力が問われる3E-iテストは冷静さが必要です。

限られた時間の中で正確な答えを導き出すためには冷静な思考力が求められます。

そのためとにかく落ち着いて試験を解くことを意識しましょう。

繰り返しになりますが、3Eテストは難易度が高いものではありません。

冷静に解けば問題なく答えられるものばかりですので、ケアレスミスをしてはもったいないです。

冷静さを保って回答するようにすることが大切です。

 

ワンポイント
冷静さを保って3Eテストに臨みましょう。

3Eテストの出題内容に合わせた対策をして転職成功させよう

PCを持つ笑顔の女性

3Eテストは問題傾向を事前に把握していくことが1番の対策といえます。

そのため、まずはどのような問題が出るかをざっと見ておくようにしましょう。

問題集を買ったり過去問を解いたりと、本格的な勉強が必須な試験ではありません。

とはいえ予習しておくことは自信に繋がります。もし不安があるのでしたら勉強しておくのも良いです。

注意するべきなのが、他の適性検査の問題集を使って対策しようとしないことです。

適性検査はそれぞれ特徴があるため、別の適性検査の勉強は生かせない可能性があります。

せっかく勉強してもその意味がなかったのであればもったいないです。

3Eテストの対策をするのであれば3Eテストに合った勉強をするようにします。

それぞれの適性検査に合った対策をすることが、スムーズな検査のポイントです。

 
マイナビエージェント
登録はこちら(無料)
 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

指差し

3Eテストのような適性検査は、転職活動をするうえでの懸念事項となり得ます。

それでなくても転職活動中は悩みが多いものです。

悩みを抱えたままにしておくのはストレスになりますしトラブルの原因にもなりますので、早めに解決させるべきです。

そこで、転職活動で悩みが生まれたら転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントはこれまで多くの転職者をサポートしてきた存在です。

その過程でたくさんの悩みを聞いてきましたし、それらの解決にも貢献しました。

転職エージェントは、転職活動で生まれる悩みやその解消法を知り尽くした、いわば転職のプロです。

悩み相談だけでなく、転職活動のサポート全般を受けることができます。

無料でサービスを受けられますので、転職者はぜひ使うべきです。

転職活動で生まれた悩みはそのままにせず、転職エージェントに相談することをおすすめします。

 
マイナビエージェント
登録はこちら(無料)
 

まとめ

PCを持つ女性

3Eテストは短時間で幅広い分野の問題回答が求められる適性検査です。

ですが問題の難易度はそれほど高くなく、落ち着いて解けば容易に回答できます。

適性検査と聞くと緊張して身構えてしまう転職者は少なくありません。

ですが事前に出題例を調べておくなど対策を取れば自信に繋がります。

対策さえ出来れば怖いことはありません。

落ち着いて進めれば大丈夫です。もし不安があれば転職エージェントに相談してください。

3Eテストを含め、転職活動が上手くいくよう全力でサポートします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら