納得性が高い退職理由を説明するにはどのようにすればいいでしょうか。

本項では、退職理由を聞く理由や納得性が高い退職理由の伝え方を解説していきます。

また、前職を辞める際に円満退職をする秘訣する理由を解説していきます。

退職理由の例文と共に見ていきましょう。

納得性が高い退職理由の伝え方

退職理由女性

転職面接の際に聞かれることが多いのが、前職を退職する理由です。

転職というのは、退職したいと思うことを引き金に行動をするものです。

退職理由と志望動機を関連づけることにより、その人がどういう人であるかが見えてきます。

採用する企業としては、退職理由を伝えることでその人となりが分かるのです。

退職理由を伝えるにはどのようなポイントに注意すればいいでしょうか。

また、退職理由を伝えるのにやってはいけないNG例はどういうものがあるでしょうか。

前職では何故実現できないのかを明確にすることで、転職のストーリーが見えてきます。

退職理由を正しく伝えることに転職活動成功の鍵があるでしょう。

退職理由を聞く理由は?

退職理由女性

退職理由というものはネガティブなものになりがちです。

ネガティブなことに対して質問をすることで、その人の考えていることが分かります。

また、退職後に同じ状況になった場合にその人がどういう行動をするかも把握することができます。

すぐに辞めないか確認したい

退職理由を聞く理由は転職した後にすぐに辞めないか確認するためです。

前職で退職した理由が転職先にもあてはまってしまうとすぐに退職されてしまうかもしれません。

例えば、上司と不仲であることが退職理由であった場合を想定してみましょう。

転職後も上司と必ずしも良好な関係を築けるとは限りません。

上司と再び不仲であった場合に、再び退職してしまうと想定されてしまいます。

もしかすると、不仲である原因がその人自身にあると疑いがかかるかもしれません。

そうしたことを避けるために、転職後も繰り返すような理由は避けるべきでしょう。

会社の社風に合うか

退職理由女性

転職では会社の社風に合うことも重要です。

優秀な人材であっても、会社の社風に合わないと能力を発揮することは難しいでしょう。

体育会系の会社であるならば、おっとりした雰囲気の人は合わないかもしれません。

逆に、おっとりした雰囲気の会社に体育会系の雰囲気は浮いてしまうかもしれません。

退職理由を伝えるときには社風を意識した説明文にしましょう。

退職理由の具体例をチェック

退職理由女性

退職理由を伝えるにはどのような伝え方をすればいいでしょうか。

前述したように、ありのままを伝えるのはおすすめしません。

それぞれの事例に合わせて、具体的な伝え方を見ていきましょう。

例:給与や待遇面を理由に退職する場合

経済的な理由で昇給を目指すため、転職を希望いたします。

今後家族が増える予定があり、家族と生活していくために高水準の報酬を望んでいます。

現職の給与水準では経済的に厳しく、昇給も望めない状況です。

新しい環境で働くことにより、昇給のチャンスを目指していきたいと考えています。

私自身、期待をされる分だけ活躍をしていける性格です。

プレッシャーのかかる環境でさらに成長していきたいと考えております。

例:上司など人間関係の不和を理由に退職する場合

新しい環境で、様々な人と共に仕事をすることでレベルアップしていきたいと考えています。

多様な考え方を仕事を一緒にすることで、様々な学びをしていきたいです。

私は社交性が高い人物であることを心がけています。

多くの人から知識を吸収すると共に、多くの人へ明るい影響を与えていきます。

人間は互いに影響を与えることで成長していける存在です。

仕事においても互いに切磋琢磨していくことで成長していきたいと考えています。

例:キャリアアップを理由にする場合

新しいことにチャレンジすることで、人間として成長していきたいと考えています。

現状の仕事ではある程度のキャリアを積んできたため、新しい環境で更に経験を積みたいです。

現職の人事制度では他部署への異動が難しいため、転職により新しい仕事に挑戦したいと考えています。

今までしてきた経験や私の強みを武器に、御社に貢献していける人材へと成長していきます。

納得してもらうためのポイント

退職理由女性

退職理由を納得してもらうためのポイントを解説していきます。

転職面接は新しく入社する会社でどれだけ活躍できるかを念頭に面接を行います。

前職でネガティブなことを言うのではなく、新しい環境でポジティブに働けることが必要になるのです。

転職面接で説得力のある退職理由の伝え方を解説していきます。

退職理由に志望動機を関連させよう

退職理由女性

退職理由に志望動機を関連づけると説得力が増します。

志望動機というのは、転職希望者がその企業に入りたい理由です。

志望動機の強さが、入社する意慾の強さということもできます。

志望動機を明確にすることで、退職理由と関連づけることができます。

退職理由を伝えるときは何故辞めたいかではなく、何故転職先の企業で働きたいかが強調しましょう。

前向きな内容で伝えよう

退職理由を話すときは前向きな内容で伝えることが重要です。

何故辞めるかに重きを置くよりも、新天地に何を求めているかという観点で話すといいでしょう。

ネガティブな発言をするよりも、ポジティブに何を実現したいかという観点で話しましょう。

ハキハキと話そう

転職面接ではハキハキと話すことが大事です。

転職面接ではある程度想定問答を準備しておくことが望まれます。

しかし、話の内容に気を取られすぎてしまうとどうしても声が小さくなりがちです。

声が小さくなってしまうと、どうしても転職理由を伝える気持ちも弱くなってしまいます。

面接では話し手のトーンによって印象も変わってきます。

ハキハキと話すことで、面接官の印象も変わってくるでしょう。

面接に臨む場合には、話の内容だけでなく喋るトーンも練習しておくのがおすすめです。

退職理由を伝える時に注意すべきこと

退職理由女性

転職面接で退職理由を伝える時にはどのようなことに注意すべきでしょうか。

退職理由とはネガティブなことなので、ナーバスになりがちです。

マイナスなことを言うと、その人のイメージも悪くなってしまうかもしれません。

退職理由を伝えるときに注意すべきことを紹介していきます。

前職の不満や批判をしない

退職理由を伝える時に注意したいのが、前職に関連する不満や批判をしないことです。

不満や批判は愚痴にも繋がり、聞いている側としては良い気はしないでしょう。

また、転職先も同様のことがあった時に、不満や批判を言って場の空気を悪くするのではないかとも見られてしまいます。

また、他責の念があると問題を自己解決できないのではないかという目で見られるかもしれません。

前職での不満や批判を口にするのではなく、新天地に向かって明るい理由で転職理由を考えましょう。

給料や待遇を理由にしない

退職理由女性

給料や待遇を理由にすることも避けるべきです。

人事評価制度は会社によって違うものですが、概ね自分の思い通りにはならないものです。

給料や待遇を理由にしてしまうと、新しい環境でも給料や待遇に不満があるとすぐに辞めてしまうと思われてしまいます。

新天地で給料や待遇を変えたいという思いはあるかもしれません。

しかし、直接不満を漏らすのではなく、自分の努力で好待遇を勝ち取るようにしましょう。

ネガティブな退職理由をポジティブな理由に変換しよう

退職理由女性

人はネガティブな理由を聞くと後ろ向きになるものです。

ネガティブな退職理由を話してしまうと、仕事に対してもネガティブな人であるととられてしまいかねません。

ネガティブなことも、言いようによってはポジティブな理由に変換することができます。

例えば、人間関係がうまくいかずに辞めたい、という場合はどうすればいいでしょうか。

多くの人とビジネスを共にし、多くの人から新しいことを学んでいきたいなどと説明すると好印象でしょう。

何故前職をネガティブに感じてしまうかではなく、どうすればポジティブに感じれるかを考えることが重要です。

何事もポジティブに考える人のほうが、転職活動でも成功しやすいといえるでしょう。

退職理由のNG回答は

退職理由女性

退職理由を独りよがりのものにしてはいけません。

独りよがりな退職理由を言ってしまうと、協調性が無い人物であるのかと見られてしまいます。

例えば、残業時間が多いことが理由である場合、それを理由にしてしまうと意欲が弱い人だと思われるかもしれません。

退職理由はある程度自分の問題だと認識しながら、退職理由を説明しましょう。

単に「残業したくないから」という理由では、採用する企業にとってメリットがありません。

「必要のない残業を減らすため、メリハリをつけて業務を効率化していきたい」

とすると、積極的に業務効率化をしていける人物であるとみられるでしょう。

このように、自分がしたくないことだけでなく自分が変えていけることに変換して説明していくといいでしょう。

円満退社の秘訣

退職理由女性

円満退社するにはどのようなことに注意すればいいでしょうか。

退職をすると人手が減ることになるため、迷惑をかけてしまうことになります。

相手のことを尊重したうえで円満退社に向けて動かなければなりません。

転職するにおいて、今まで共にしてきた仲間が敵になることも有りえます。

転職先の会社は伝えないほうがいいでしょう。

転職の時期を考えよう

円満退社をする際には転職する時期を考えましょう。

繁忙期など人手が足りない時期に退職されてしまうと、企業も困ってしまいます。

また、転職先の企業も新しく入社する人には色々と教育しなくてはなりません。

忙しい時期に転職すると、教育体制を準備できないこともあるでしょう。

業界にもよりますが、年末の12月や年度末の3月は忙しいケースが多いです。

繁忙期の転職を避けるのであれば、これらの時期を避けるのがいいでしょう。

相談の形にはしないように

退職の話をするときは相談の形にしてはいけません。

企業としては優秀な人材に退職されたくないため、引き止めをするでしょう。

相談という形にしてしまうと、引き止めを受けてしまいます。

事前相談ではなく、事後通知をするようにすれば引き止めを受けることはありません。

転職活動は孤独な戦いになります。

孤独が辛くなるときもありますが、転職エージェントなどを活用しながら頑張っていきましょう。

転職先は言わないように

転職前の会社に転職先を言うのは避けるべきでしょう。

特に、競業他社に転職する場合はライバル関係になることもあります。

法的にも転職先の会社を伝えなければならないという義務はありません。

転職前の会社に対して、転職先の会社の情報は可能な限り伏せておきましょう。

困った時は転職エージェントに相談しよう

退職理由女性

転職活動で困ったことがあれば、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは転職に関するプロが揃っており、転職に関連する相談にも乗ってくれます。

転職エージェントは数多くの転職を成功させてきたノウハウがあります。

前職を円満に退職するための方法も案内してくれるでしょう。

転職活動のやり方に困ったら、転職エージェントに聞いてみるのがいいでしょう。

まとめ

退職理由女性

納得性が高い退職理由について見ていきました。

退職理由はネガティブになりがちであり、説明するのが難しいものです。

転職面接においては、新しく採用する人がすぐに辞めてしまわないか考えています。

そのため、退職理由を伝えるときはネガティブなものにならないように気を付けなければなりません。

ネガティブな退職理由にしてしまうと、新しい会社でもネガティブな理由で辞めてしまうと思われてしまいます。

新しい環境で更に成長していけるような意欲が高い人物であることを目指しましょう。

退職理由を伝える際はネガティブな理由からポジティブな理由に変換することが必要です。

転職するには時期も考慮に入れなくてはいけません。

退職する企業にとっても転職先の企業にとっても迷惑にならないかたちで転職活動の段取りを進めましょう。

転職活動で困ったことがあれば転職エージェントに相談してみましょう。

転職相談のプロは転職に関わるあらゆる悩みを解決してきました。

退職理由を伝える際にも、明確な理由を考えてくれるでしょう。

転職活動は人生における一大イベントの1つです。

転職活動が上手くいくことを願っています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら