働き始めた時はあんなに新鮮に思えた仕事なのに、気付けばマンネリ化を感じていませんか。

仕事がつまらなくてつらい、もう辞めたいと考える人も多いのではないでしょうか。

しかしマンネリ化を感じるからといって衝動的に辞めるのはおすすめしません。

どのような対策解決法があるかを慎重に考え、今のあなたにとってベストな判断をすることが大切です。

この記事では、仕事のマンネリ化による退職の注意点や女性におすすめの対策などを解説していきます。

この記事を読めば、今の仕事で頑張るのか転職を検討するのか進むべき方向性が見えてくることでしょう。

Contents

仕事のマンネリ化で退職する際の注意点

コーヒー、ノート

仕事のマンネリ化で退職を考えるときは「計画的に行動すること」を意識することがポイントです。

すぐにでも今の環境を変えたいと思うかもしれませんが、勢い任せで退職しても根本的解決には繋がりません。

マンネリ化の原因を突き止め「今できる対策は全てやりきった」というステップを経ることが大切です。

そのうえでベストな方法が退職や転職であれば、思い切って決断してください。

同じようなマンネリ化に悩まされたりすることのないよう後悔のない選択をしましょう。

仕事のマンネリ化の原因を知ろう

デスク、スマートフォン

仕事のマンネリ化を感じたとき、まずはその原因を考えてみるのも大切です。

マンネリ化の原因が分かれば、それに適した対策を考えることができます。

結果的にマンネリ状態から早く脱出しやすくなりますので、主な原因を順に見ていきましょう。

評価されていないと感じる

仕事のマンネリ化の大きな原因のひとつとして考えられるのが「評価されていないと感じること」です。

あなたが予想する評価と職場から受けた評価のギャップとも言い換えられます。

「頑張っているのに評価されない」「成果をきちんと見てもらえない」という状況はつらいもの。

このような状況では仕事へのモチベーションが下がり「仕事は適当でいい」と考えてしまうかもしれません。

こうした仕事へのモチベーション低下がマンネリ化のきっかけとなることがあります。

同じ職場・同じ仕事

 

生徒、タイピング

同じ職場で同じメンバーと同じ仕事を繰り返す変化のない環境もマンネリ化の原因となりやすいです。

また、担当業務の変更も部署異動もないといった状況が続くことも刺激がなくて退屈を感じます。

つまり、違う環境を求めるきっかけになり得るということです。

仕事に成長を感じられない

仕事を任されたばかりの頃は覚えることがたくさんあります。

しかし仕事に慣れてくると頭を使わなくてもできるようになったりして新鮮さがなくなります。

そのまま時間だけが経過すると、成長していないように感じられマンネリに陥りやすいのです。

仕事のマンネリ化によるデメリットは

ノートパソコン、オフィス

同じ仕事でも意欲的に取り組めている間は、想像以上成果が得られることもあります。

そのような結果が出たことにより、新しく仕事への意欲が生まれ良い循環が継続していくのです。

逆に仕事に対して「飽き」「マンネリ」を感じているとデメリットがあります。

つまらないという感情をひたすら我慢して働くことは様々な弊害を生むのです。

具体的にどのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

仕事のクオリティが下がる

仕事がマンネリ化している場合、モチベーションが上がらず最低限のことだけやるようになりがち。

「もっとこうしてみたらどうだろうか」という視点は薄れてしまうことも多いです。

マニュアル通りだったり、気持ちの込もっていない対応と相手に受け取られてしまうかもしれません。

集中力も落ちてケアレスミスが増えてしまうこともあります。

そのような仕事ぶりでは評価もされず、ますますモチベーションが下がるという悪循環になるのです。

周囲に悪影響がある場合も

動物、ペット

マンネリ化を感じていて意欲の低い人の雰囲気というのは本人の想像以上に周囲に伝わるもの。

ボーッとしていたり無表情で仕事をする人が身近にいたら良い気持ちはしません。

人はそうしたマイナスの影響を無意識に受けてしまいます。

つまり、所属するチームや部署全体にマンネリ化した雰囲気を蔓延させてしまうおそれがあるのです。

プライベートにも影響が出る

仕事でマンネリ化を感じているとプライベートにも影響が出ます。

仕事とプライベートは意外と関連性が高いです。

仕事がマンネリ化しているとプライベートでもやる気が起こりにくくなります。

新しくことを始める気持ちが沸かないので、私生活までつまらなくなってしまうことがよくあるのです。

休日にリフレッシュできないままマンネリ化した仕事に向かうことになり悪循環を招いてしまいます。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

マンネリ化の対策方法をチェック

今の仕事にプラスでできる仕事を考えよう

オフィス、クリエイティブ

今の仕事の進め方が当然と思い込んでいませんか。

仕事がスムーズにできるようになりマンネリ化しているなら工夫をしてみてはいかがでしょうか。

また、自発的にプラスでできる仕事を見つけてみてもいいかもしれません。

デスク回りの整頓でもファイルやデータの整理でも普段は気にかけないようなことに目を向けてみましょう。

小さなことから環境を整えて快適にすることで、マンネリから脱出できるきっかけをつかめます。

また、慣れきった環境に小さな刺激を与えることは気分転換にもなるのです。

自分の得手・不得手を分析しよう

自分の得意なこと不得意なことを深く考えてみることもマンネリ対策としておすすめです。

これらについて分析すると直近での目標をたてる目安になります。

目標に向かって取り組むことで目指すべき方向性がみえてくるでしょう。

キャリアアップを考えよう

空、シンガポール

あなたの能力に対して今の仕事簡単すぎるせいでマンネリ化を感じているのかもしれません。

これが原因であればキャリアアップが効果的な対策になります。

せっかく身に付いた能力を発揮できないのは非常にもったいないことです。

もっとあなたの能力を活かしたり高めたりできる環境を探してみてはいかがでしょうか。

仕事がマンネリ化した時に転職するべき理由

仕事、コンピューター

転職すれば知らないことがたくさんある環境に飛び込むことになり、マンネリ化の解決に有効です。

経験のない仕事や初めて会うメンバーなど新鮮さを感じられます。

これまでの経験が通用しないこともあるため、仕事に対して緊張感が持って取り組めることも多いです。

しばらくの間は、ルーティンとは無縁の状態になるので退屈を感じる時間もなくなるでしょう。

転職することで職場環境に感じるマンネリ解消しますし、キャリアアップできる可能性もあります。

また仕事に対するやる気が復活すればスキルアップにも繋がり、プライベートの充実も期待できるのです。

転職をしながらキャリアを形成していくという考え方も以前より受け入れられやすくなっています。

マンネリ対策をしても効果が感じられなければ、転職すべきタイミングといえるのではないでしょうか。

仕事のマンネリ化による転職で考えるべきこと

自分が何に飽きているのか知ろう

イス、コンピューター

「マンネリ」とひと言でいっても、どんなことにマンネリを感じるかは人それぞれ。

以下のような飽きるポイントが考えられます。

  • 仕事内容が単純で飽きた
  • 誰でもできる作業に飽きた
  • 会社の姿勢自体に飽きた
  • 成長が感じられなくて飽きた
  • 給料が変わらなくて飽きた

入力作業や定型的な資料作成だけなど決まったことの繰り返しに飽き飽きしやすい人もいます。

社風に魅力を感じなくなったり昇進や昇給の見込みがないという状況に飽きることもあるでしょう。

メンバーが変わらず人間関係に閉塞感やマンネリを感じるパターンも多いです。

仕事の効率を重視する方や変化を求める方には多々思い当たる点があるのではないでしょうか。

今の仕事から学べることはないか

スタートアップ

今の仕事から学べることを改めて考えてください。

「そんなものはない!」「こんな仕事は意味がない」と言い切れますか。

本当にあなたの同僚や上司から学べることはひとつもないのでしょうか。

尊敬できる点だけではなくマイナスな点も含めてしっかり観察してみましょう。

得られるものは可能な限り自分のものにして転職すれば、今の時間も無駄ではないのです。

マンネリ化しにくい仕事は

ビジネス、コンピュータ

マンネリ化による転職を検討するなら転職先の仕事も要チェック。

変化がある仕事や常に新鮮味のある仕事を選べば、マンネリ化を防ぐことができます。

一例としては以下のような仕事が挙げられます。

  • 発想力や企画力が必要な仕事
  • 人と接する機会の多い仕事
  • プロジェクト単位で動く仕事

自分の経験してきた仕事内容や興味のある分野などを考慮して慎重に決めるのがおすすめです。

あまり深く考えずに飛び付いてしまってはミスマッチのおそれもあります。

転職してよかったと思えるために、どんな仕事ならマンネリせずに続けられるかを考えましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

仕事のマンネリ化による転職理由を活かす方法

マンネリをポジティブな理由に言い換えてみよう

ビジネス、ファイナンス

まずお伝えしたいのは転職理由はマイナスポイントがあって当たり前ということです。

今の仕事に満足していれば転職は検討しません。

企業の採用担当者もそれはよく理解しています。

そうはいってもネガティブな転職理由をそのまま伝えてしまうと採用可能性は低くなるでしょう。

企業が転職者を採用するのは自社にメリットがあるからです。

そのため転職先の企業の仕事への意欲など、ポジティブな退職理由を伝えることが大切になります。

「◯◯のスキルを伸ばしたい」といった仕事に対する具体的かつポジティブな理由をアピールしましょう。

仕事への意欲やその企業を選んだ理由をうまくアピールできれば採用の可能性も高くなります。

自分のキャリアの棚卸しをしてみよう

本、ペン

これまでの仕事でどのような業務を経験して成果を出したのかを文章に書き起こしましょう。

具体的に「自分のキャリア振り返る」ことは転職活動に非常に役立ちます。

転職活動の職務経歴書や面接のために、自分のキャリア整理しておくことは必須です。

マンネリ化がきっかけであったとしても、普段はキャリアを振り返る機会はなかなかありません。

また意識していなかった自分の強みに気付くためのヒントにもなります。

「マンネリに陥りやすい時」「モチベーションが上がる時」など客観的分析してみると面白いでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オフィス、手

「何から始めていいかわからない」

「合う仕事がわからずモヤモヤしている」

転職活動はやみくもに始めるのではなく計画的に行うことが大切になります。

ぴったりの仕事を発見するためには、転職サイトだけではなく転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントでは転職活動の全体的なサポートが受けられます。

キャリアの棚卸しに役立つカウンセリングや履歴書・職務経歴書作成のアドバイスも可能です。

また非公開求人を取り扱っているため、自力では出会うことが難しい優良な求人も紹介してもらえます。

マッチ度の高い求人の発見や効率的な転職活動を望むならぜひ転職エージェントを利用しましょう。

基本的には無料でサービスの利用ができますので、気軽に相談してみてください。

まとめ

イス、空っぽ、オフィス

今回はマンネリ化による転職にスポットをあてて解説してきました。

マンネリ化による退職を検討する際は、何よりも計画的な行動が重要です。

あなたが何に対してマンネリを感じているか、その原因を把握しましょう。

漠然としていたマンネリ感の原因をきちんと突き止めることが最適な対策をとることに繋がります。

原因が特定できたら対策をしましょう。もしかしたら転職という選択肢がベストでないこともあるのです。

そのうえで転職ベストであると判断したら、キャリアの棚卸しに挑戦してみることがおすすめ。

普段は自分のキャリアを振り返ることはほぼないため、じっくりと自分に向き合う機会として活用してください。

きっかけがマンネリでも、ポジティブな転職理由が企業に伝われば必要としてくれる企業はあるのです。

転職はリスクもありますが、マンネリを我慢するよりは確実に良い結果をもたらします。

マンネリを脱出するためには行動あるのみです。

転職活動成功すれば、今とは違うやりがいのある仕事に取り組める未来が待っています。

慣れた場所を手放すのは不安かもしれませんが、あなた自身が変わらなければ今の状況は変わりません。

さっそく第一歩を踏み出してみませんか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら