面接では企業の担当者と直接対話をすることとなります。

1度きりの本番で自分のことをアピールする必要があるため、書類選考よりも難易度が高いといえるでしょう。

書類選考を通過しても面接をなかなか通過することができないという方はもしかしたら面接の準備が不足しているのかもしれません。

今回は面接の準備を防ぐための対策や面接までの過ごし方について解説していきます。

面接の準備不足を防ごう

笑顔の女性

転職活動で1番重要といっても過言ではない、採用面接

面接において準備不足があると面接本番で思ったように自分のことを伝えられずに悔しい思いをしてしまいます。

悔しい思いをするだけで終われば良いですが不採用となってしまっては大きな後悔となってしまうことでしょう。

そのようなことを防ぐためにはまず、準備を万全にすることが大切です。

今回は面接での準備不足を防ぐための対策を紹介していきます。

自分にとって理想の転職を実現するためにも今回紹介する対策を実践してライバルに差を付けましょう。

面接の準備期間はどれくらい必要?

考える女性

面接準備を行う際に気になるのはどの程度、準備期間を必要とするかということです。

具体的な計画を立てる上でも期間を正確に把握していることは重要だといえます。

面接準備においては最低でも3週間程度は必要であると考えると良いでしょう。

転職面接ではただ職務経歴書や履歴書に記載した内容を話すだけではありません。

自分がどうしてその会社に入社したいのか、どのように活躍していきたいのかなどを効果的に伝える必要があります。

そうしたことを伝えるために入念な準備を行うために3週間程度、面接準備の期間を設けておくと良いでしょう。

転職で準備不足だとどうなる?

悩んでいる女性

転職で準備不足だった場合に挫折しやすいのが面接です。

書類選考はフォーマットがある程度決まっているため、準備が不足していても選考を通ることは可能だと思われます。

しかしながら面接は採用担当者と直接的に対話をする機会です。

そのため多くの転職希望者と話をしてきた採用担当者からは準備不足を簡単に見抜かれてしまいます。

そのため準備不足というのは面接の合否に直接的にマイナスの効果を与えるといって良いでしょう。

転職では何度も同じ企業に応募するということは不可能です。

そのため準備不足は貴重な機会を損失してしまうことにも繋がります。

面接を突破するために万全の準備をして臨みましょう。

人事が準備不足を感じる点をチェック

転職

次は採用担当者が具体的にどのような部分で準備不足を感じるのかを解説していきます。

以下のような部分があると人事であれば誰もが準備不足であると感じる点だと考えられるでしょう。

以下のことに注意して準備不足だと感じさせないように事前に勉強しておくことが大切です。

志望動機や転職理由がはっきりしていない

志望動機や転職理由というのは転職において最も重要といえるポイントです。

特に自分の意欲や今後の展望を企業側に知ってもらう絶好のチャンスだといえます。

そのため自分がどうしてその企業を志望したのか、また転職を決意したきっかけは何か。

そういったことを自分自身のこれまでの気持ちを整理することで具体的にすることが重要です。

自分の魅力を表現して相手に伝えるためにはまずその根幹である志望動機と転職理由をはっきりさせることを意識しましょう。

逆質問がない

逆質問というのは企業に対しての理解が試される部分でもあります。

企業側からの質問に対して自分が答えるだけであれば、企業のホームページを見て理解するだけでも問題ないかもしれません。

しかしながら逆質問では企業に対して理解をした上で自分の疑問点をぶつける必要があります。

そのためより深く会社に対して理解している必要があるのです。

もし逆質問をできなければ面接官は自社に対してそこまで深く理解していないのだと感じると思われます。

面接では逆質問されることを前提に企業の情報を収集しておきましょう。

前日までに行いたい事前準備

テクノロジー

次に面接前日までに行っておきたい事前準備を解説していきます。

これらの準備は一朝一夕でできるものではありません。

準備を積み重ねていくような形で地道に行っていきましょう。

それでは具体的に紹介していきます。

面接のマナーをチェック

面接のマナーというのは普段とは異なる部分も多いためチェックしておく必要があります。

新卒採用の際に面接をした人がほとんどだと思いますが、転職までの間に大半を忘れてしまっていることでしょう。

また、時が流れたことで以前までとは違ったマナーができている可能性もあります。

前日までに面接のマナーを思い出しておくことを忘れてはいけません。

企業理解を深めよう

キーボードに置かれた指

企業理解というのは面接において大変重要であるといって良いでしょう。

自分が何故その会社を志望するのかということを明確にする上でも企業理解は欠かせません。

もし企業理解が不十分で的外れなことをいってしまった場合、採用に大きく影響を及ぼすことでしょう。

企業理解というのは面接を成功させる上で必要不可欠です。

そのことをしっかりと理解して、準備不足になってしまわないようにしっかりと期間を設けて勉強するようにしましょう。

自己分析をしておこう

自己分析も事前準備が大変重要なものの1つです。

何故なら志望動機などを言語化するためには自己分析が欠かせないからです。

自分がどうしてその企業を志望するのか、そして今後どのようにキャリアを積んでいきたいのかなどといったことを明確にする。

そのために自己分析は避けられません。

もし自己分析が十分でないことが面接でバレてしまった場合、大きくマイナスの印象を与えてしまうことが予想されます。

自己分析というのは職務経歴書などの書類作成においても重要となる優先順位の高い事柄です。

しっかりと長い時間をかけて用意するようにしましょう。

 

無料転職相談をして自分の実力を発揮できる仕事を見つけよう

 

面接前日の過ごし方

スーツでポーズする女性

面接前日は次の日に向けて以下のことを重点的に行い、面接本番で自身の実力以上の結果を残せるように準備を行いましょう。

前日にどのようなことを見直すかによって当日の結果にも大きな影響を与えます。

そのため少ない時間で効果的な準備を行うことを心がけましょう。

面接の受け答えの練習しよう

面接では事前に全く対策をしていないと本番で緊張のせいで思ったように受け答えが出来ないという可能性もあります。

そのため面接での受け答えをしっかりと事前に練習しておくことが重要です。

質問に対して具体的な答え方などを声に出して練習しておくと当日も必要以上に緊張するということが無くなります。

万全の準備ができていれば自信を持って面接にも励むことが可能です。

面接の服装を決めておこう

悩む

面接時にどのような服装をするのかを決めておくと良いでしょう。

スーツが無難ですが、その場合であってもスーツの色やデザインなどにも気を配るようにすることが大切です。

パンツスタイルで行くのか、それともスカートで行くのかということも含めて考えておくことようにしましょう。

こういった服装からも面接での第一印象は大きく左右されます。

自分に対してどのような印象を抱いて欲しいかといったセルフプロデュースの目線を持って服装を決めると良いでしょう。

具体的に服装を決めておけば当日バタバタせずに済み、時間にも余裕が生まれ直前まで面接対策を行うことが可能となります。

よくある質問の回答をチェックしよう

質問というのは基本的な部分はある程度共通しているため、そうした質問に対しての回答を事前に整理しておくと良いでしょう。

きちんと回答をチェックしておくことによって、面接本番で言葉に詰まるといったことを無くすことができます。

考えている回答を整理しておくことでクリアな思考を保って本番に臨むことができるでしょう。

自己分析した結果を思う存分発揮できるように、質問の回答を見直しておくことが大切です。

面接でよく聞かれる質問をチェック

ビジネスウーマン

次は面接で聞かれることの多い質問をチェックしていきます。

ある程度基本的な質問というのは共通しているため、対策を練るということが容易です。

以下のような質問に対しては具体的な回答を用意しておくと良いでしょう。

自己紹介

1番最初に面接で答えることになるのが自己紹介です。

自分の基本的な部分を述べるものであり、詰まらずにスムーズに回答することが求められます。

内容に関しては、プロフィールと前職についてを必ず盛り込むようにしましょう。

そして締めの言葉では意気込みも盛り込み、前向きな印象を与えられるようにすることが大切です。

志望動機

困る女性

志望動機では端的にその企業を志望した理由について述べることが大切です。

そのため、まず最初にどうして志望したのかの結論となる部分から話し始めましょう。

そしてその後の部分で詳しい理由を話して中身を補うようなイメージにします。

こうすることで面接官に対して自分がどうして志望したのかという部分がストレートに伝わることでしょう。

そして自分がその会社に入社したいという意志も合わせて伝えることが大切です。

面接官はロジカルな部分だけでなく、熱意も重要視しています。

具体的に言葉にすることで熱意も伝えることができるでしょう。

退職・転職理由

どうして退職・転職したのかということに関しても転職面接では基本的な質問の1つだといえます。

この質問がされた場合には、入社後にまた辞めてしまわないかと心配している場合もあるようです。

そのため前職でどのような出来事があり、それに対して自分はどのような行動を取ったのかということを明確にしましょう。

ただ退職理由となった事柄だけを伝えるのでは、自分では状況改善に向けて何も行動を取らなかったと思われてしまいます。

そうならないためにも自分が退職に至るまでに努力したことも伝え、その上で転職を決意したことを言葉にしましょう。

転職面接で好印象を与えるために

面接を受ける女性

次は転職面接で好印象を与えるために大切なことをご紹介します。

以下のようなことに気をつけることによって、よりプラスの評価を得ることが可能です。

具体的に面接で組み込めるようにしていきましょう。

企業研究で熱意を伝えよう

面接で質問に回答したり、逆質問を受けたりした際には企業研究をした成果を存分に回答や質問内容に反映させていきましょう。

そうすることによって会社のことを深く調べてきたのだと認めてもらうことができます。

よく調べてきたことから、企業は転職への熱意の大きさを実感しその気持ちを受け取ってくれることでしょう。

企業研究したことで得た情報は面接でも積極的に利用していくことが大切です。

入社後のヴィジョンを伝えよう

オフィスで対談する女性

ただ入社したいということだけを訴えていても、企業は入社後の姿が見えないと考えてしまうかもしれません。

そこで今現在の自分や過去の自分だけをプレゼンするのではなく、入社後の将来の自分についても伝えていきましょう。

将来のヴィジョンが明確にある人材というのは企業からしても安心して採用することができます。

どのようなキャリアを積んでいきたいか、どのような仕事に携わっていきたいか。

そういったことを言語化し伝えることによって好印象を与えることができるでしょう。

面接官に対して今だけでなく、将来まで見通せているということを印象付けることが大切です。

面接対策は転職エージェントを活用しよう

ノートPCで作業をする女性

面接というのは転職成功において山場の1つであるため、十分に対策を行うことが必要となります。

採用担当者との対話によって合否が判断される面接は自分だけではなかなか対策を行うことが難しいものです。

そのため実際に誰かに対して模擬面接を行ってもらったり、客観的な意見をもらったりといったことが必要となります。

そこで役に立つのが転職エージェントです。

転職エージェントを利用すれば模擬面接形式で面接対策を行ってくれるため本番に近い形で対策を行うことができます。

書類選考や求人の段階からサポートしてもらうことも可能なため、この機会に是非利用を検討してみてはいかがでしょうか。

専門的な知識でサポートしてもらうことでより理想の転職に近づくことができるはずです。

まとめ

コーヒーと開いたノート

今回は面接の準備不足を防ぐための方法や、転職面接において重要となる質問の回答方法などを解説してきました。

面接というのは採用の合否にとても大きな影響を与えるものです。

入念に対策を行うことで良い結果に繋がっていきます。

準備不足に陥らないように長い期間をかけてしっかりと対策を行っていきましょう。

もし対策をする上で困ったことがあれば転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

きっと良い形で解決してくれることでしょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!