退職代行を利用して会社から退職しようと考えている方にとって心配なのは退職までの手順で生じるトラブルです。

自分で退職を申し出る場合と違い、第三者にお願いしているため心配事が生じやすいと考えられます。

今回はそうしたトラブルを回避するための方法を中心に退職代行を利用する際に気をつけるべきことを解説していきましょう。

実際にあったトラブルのパターンを紹介することで、失敗しないように万全の準備を行なっていきます。

退職代行が失敗することはあるのか

ラップトップ

退職代行の失敗というのは、業者と自身の勤める企業の間で退職に向けた交渉がうまく行かない場合に生じます。

基本的に企業は労働者の退職を拒否することはできません。

しかし雇用される際の契約などによって、すぐには退職ができないというケースもあるようです。

そうした場合には退職代行サービスを利用したとしてもうまく退職できないという可能性があります。

もし退職代行を利用する際にはトラブルが起きる可能性を事前に考えておくことが大切です。

退職代行業者とのトラブル事例

ポイント、女性

まずは退職代行業者を使った場合、どういったことでトラブルとなり易いのかを解説していきます。

以下のような事例を参考にしてトラブルに対して対策を練っておく必要があるでしょう。

円滑に退職を行うためにも事例を知っておくことは重要です。

早速紹介していきましょう。

事前の相談に乗ってくれない

退職代行を行う際に会社とトラブルになることをなるべく避けるためには事前準備が重要です。

誰にどのようなタイミングでどうやって伝えるかなどを相談できない場合、会社に悪い伝わり方をしてしまう可能性があります。

しかしながら代行業者の中にはそうした事前の相談に乗ってくれず、勝手に退職代行を行ってしまうことがあるようです。

このような業者では退職の仕方にも不満が残ってしまうでしょう。

こうしたトラブルを避けるためには退職代行を依頼する前に、業者に対して退職までの流れをしっかりと確認しておく必要があります。

途中で音信不通になる

退職届

退職代行を依頼したにも関わらず、退職への手続きの途中で急に音信不通となってしまう悪徳な業者もいます。

このような場合には退職が最後まで行えず、会社とトラブルになってしまう可能性があるでしょう。

クチコミなどを見て評判の良い業者を利用すれば安心して退職代行を行えます。

また優良な業者であっても退職代行の状況などを逐一気にかけ、連絡を頻繁に取るようにしましょう。

どのような対応をして欲しいかなど要望を的確に伝えることで理想的な退職の形を実現できます。

事前のリサーチをしっかりと行い、こうしたトラブルを避けるようにしましょう。

依頼に対応してもらえない

依頼したにも関わらず退職代行を行ってくれない場合もあるようです。

このようなケースは滅多に無いと考えられます。

しかし退職代行はまだ新しいサービスのためこのようなトラブルも発生してしまうのでしょう。

こうした場合には退職に向けて手続きを進めていくことが難しくなってしまいます。

自身の依頼をちゃんと聞いてくれる代行業者に依頼しましょう。

会社とのトラブル事例

テクノロジー

次は会社との間でトラブルが発生した事例をご紹介します。

退職代行を利用したことで起こるかもしれない会社とのトラブル事例から、このサービスを利用するリスクを知っておきましょう。

以下のようなトラブル事例を参考にして、円滑な退職代行を考えておく必要があります。

損害賠償の請求

1番怖いのは退職代行を利用したことによる損害賠償の請求です。

企業によっては退職1〜3ヶ月前までに退職することを伝えておかなければいけない場合があります。

そういった企業においては急に退職代行で退職を行った場合、損害賠償を請求されてしまう可能性もあるようです。

退職代行を行なったせいで円満に会社を辞められないだけでなく、賠償までしなくてはいけなくなるケースもあります。

そのようなケースを避けるためには雇用時の契約内容をしっかりと見直して問題がないかを確認しておく必要があるでしょう。

退職金の未払い

面接

退職代行を利用したことによって貰えるはずだった退職金を貰えなかったというトラブルもあるようです。

懲戒解雇などといった処分になってしまった場合、退職金が支払われないという可能性もあります。

退職代行に対して交渉を任せてしまうとこういったトラブルへと発展してしまう可能性があるため注意が必要です。

このようなことを避けるためには事前に社内規定などを確認し、懲戒解雇とならないことを確認しましょう。

また、同時に業者との打ち合わせも重要です。

どのように退職に向けて進めていくかなどもよく考えることでトラブルを避けられる可能性も上がります。

事前準備をしっかり行いましょう。

退職日までパワハラを受ける

もし退職代行によって退職日が決定した場合であっても、その後退職まで仕事を続けなければいけない場合もあるでしょう。

そのような場合には会社の中でパワハラの原因になってしまうことも考えられます。

まだ退職代行に対する理解が無い方からは特に冷たい言葉や辛辣な言葉をかけられる可能性があるでしょう。

こうしたリスクがあることも知っておく必要があります。

退職後の必要書類をもらえない

退職後に転職活動や各種手続きを行おうとしても書類をもらえないという可能性もあります。

会社側が退職代行を利用した退職に対して不満を持っている場合、こうしたこともあり得るということを知っておく必要があるでしょう。

書類がもらえないせいで転職を行えなかったり、入社の手続きが滞ってしまったりすると本末転倒です。

こうしたトラブルが起こる可能性があることを念頭に置き、対策を考える必要があります。

退職を認めてもらえないケースも

悩み

退職を申し出てから実際に退職するまでには企業内で定められた期間を設けなければいけない場合があります。

そのため、こうした場合には急に退職を告げても退職自体を認めてもらえないこともあるようです。

その場合強行してしまうと、先述したような懲戒解雇といった事態になりかねません。

しかしながら企業というのは基本的に退職を拒否することはできないことになっています。

そのため雇用された際の契約内容に退職までの期間を定められていない場合には即日退職も可能でしょう。

自身が会社と結んだ契約を確認しておく必要があります。

また、そもそも退職代行というもの自体を拒否し、本人から直接でなければ退職を認めないというケースもあるようです。

このような場合には退職に向けた手続きが滞ってしまう可能性があります。

勤めている会社の中で同じように退職代行業者を使った人がいる場合にはこうしたリスクは少ないと考えられるでしょう。

事前に自分の会社がどのようなタイプであるかを把握しておくことが重要です。

失敗しない業者選びのコツ

エージェント、女性

退職代行業者の中には悪徳業者も存在しています。

これはこのサービスがまだ新しいことも関係しているのです。

ここでは業者選びで失敗しないように、以下のことに気を付けるようにしましょう。

利用代金が相場より安すぎる場合は要注意

退職代行の相場よりも余りにも安い場合には代行が失敗してしまう可能性があります。

最後まで手続きを行ってくれなかったり希望通りの退職が行えない可能性もあるでしょう。

そうしたリスクを避けるためにも安さばかりを追い求めるのは避け、優良な業者に依頼することが大切です。

クチコミなどで評判を調査

悩める女性、携帯

悪徳業者に引っかからないためにはクチコミなどをよく確認しておく必要があります。

実際にその業者を利用した人の声を聞くことができれば、評判も信用することができるでしょう。

インターネット上などで評判を調査することで悪徳業者に引っかかる可能性を減らすことができます。

事前の調査をしっかりと行い、良い業者を見つけることが重要です。

実績がある業者を選ぶ

退職代行を選ぶ際には今までの実績を公開している業者は信頼度が高いと考えられます。

今までの退職代行件数やどういったケースに対応してきたのかを確認できる業者は優良であると考えて良いでしょう。

ホームページなどを確認し、信頼できる業者かどうかを見極めることが大切です。

対応可能範囲は事前に確認しておこう

面接、電話

退職代行業者がどこまで対応を行ってくれるのかを事前に確認しておきましょう。

もし退職の意思を伝えるまでしか行ってくれない場合、その後の交渉や書類の提出は自分で行わなければいけなくなってしまいます。

そのため退職をどの段階まで代行してくれるのかを明確にしておくことが重要です。

事前に業者に対して直接確認しておきましょう。

顧問弁護士/弁護士資格の有無もポイント

転職先,提出

もし企業側が退職金の支払いを拒否したり、退職を拒否したりした場合には弁護士に対応してもらうこととなる可能性があります。

そのような場合にしっかりと事情を理解して代行をやり遂げてくれる業者を選ぶ際に弁護士資格の有無は大きなポイントです。

もしその代行業者が資格を持っていなかった場合、企業側が拒否したことに対して適切な手段を取ることができない可能性があります。

そうした可能性を避けるためにも弁護士資格というのは大切です。

もし資格を持っていなかったとしても、その退職代行を行っている組織に顧問弁護士がいるかどうかを確認しておきましょう。

弁護士からのアドバイスというのは退職代行において大きな力となります。

リスクを回避するなら弁護士への相談もおすすめ

離職票

この記事の前半で挙げたようなリスクを回避したい場合には、初めから代行業者ではなく弁護士に相談するのも手です。

この場合には弁護士にかかる費用がありますが、もし企業が退職の際に違反行為を行なってきた際にも適切な対応が行えます。

退職代行を利用した際に起こりうるリスクを避けたい場合には弁護士に相談するという手段があることを覚えておきましょう。

自分の状況に合った方法で退職代行を依頼することが重要です。

弁護士に退職代行を依頼するメリット

退職

退職代行を行ってくれるのは業者だけではありません。

弁護士にも退職代行を依頼することができます。

しかも弁護士による退職代行には業者には無いメリットが複数あるのです。

以下のメリットを確認して自分にとって最適な選択をしましょう。

具体的なメリットを解説していきます。

退職失敗のリスクが低い

退職代行業者は担当する業者によって、退職が失敗する可能性も生じてきます。

また、失敗しなくても先述したようにトラブルになる可能性もあるでしょう。

こうしたトラブルを避けるために弁護士に依頼するというのも良い選択です。

代行業者は退職に向けた手続きを行ってくれますが、その流れが法的に正しいかどうかが分からない業者もいます。

それに反して弁護士というのは法のプロフェッショナルであるため、退職が失敗するリスクを抑えることができるのです。

特に退職金や退職を拒否された場合の対応に強く、そういったトラブルが起きた際にも円滑に手続きを進めてくれることでしょう。

もし退職失敗や業者と企業間のトラブルが発生することを避けたい場合には、業者ではなく弁護士に依頼するのも手です。

未払い金の請求ができる

書類を持つ女性

もし退職金や賃金が未払いだった場合には、そうしたお金を請求することができるのが弁護士の強みです。

弁護士資格のない退職代行業者では未払い金の請求まで踏み込むことはできません。

そのためそうした事態が起こり得ると考えられるのであれば弁護士を利用すると未払い金が手に入る確率が上がります。

企業から退職金や未払いの賃金を必ず受け取りたいと考えている方は弁護士に相談すると良いでしょう。

法のプロフェッショナルの立場から対応を行ってくれると考えられます。

法律にかかわる問題を解決できる

契約などの面でもし法律的に問題が生じている場合には弁護士に相談することで的確なアドバイスを貰うことができます。

例えば退職届を提出してから退職までに一定期間が必要な場合には弁護士に相談し、適切な対応を考えましょう。

退職の際に法的な問題が生じる可能性があるのであれば、弁護士に相談すると安心です。

対応を考えながら問題の解決に向けて取り組んでくれると考えられます。

法律面で心配なことがある場合には業者ではなく、弁護士に退職代行をお願いしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

人生

今回は退職代行業者を利用した際のトラブルについて解説してきました。

法律的に問題が生じそうな場合には代行業者では適切に対応できない可能性があります。

もしトラブルが心配な場合には弁護士を利用するというのも選択肢の1つとして考えて良いでしょう。

退職代行を利用する場合は自分の状況に合った手段を選択してなるべくトラブルが生じない方法を考える必要があります。

今回ご紹介したトラブル事例に気を付けて退職への準備を行いましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら