転職活動をする上で応募先企業の安定性を確認するのは非常に重要な作業です。

せっかく転職しても就業先企業が倒産したらまた転職を繰り返さなければなりません。

将来安定した企業にて末永く活躍するためにも、転職前に企業の安全性を自分で判断できるようになりましょう。

企業の安定性を知る5つの指標

女性、スーツ

まず企業の安定性を判断するためには5つの代表的な指標があります。

それぞれの詳しい解説と分析方法は後ほど紹介しますが、企業の安全性を測る時は以下の指標を参考にしてください。

・株式資本比率

・流動比率

・当座比率

・固定比率

・インスタント・カバレッジ・レシオ

上記の5つの指標をもとに安全性分析ができるようになると、企業の安定性を総合的に判断することが可能です。

初めての人は難しく感じるかもしれませんが、分析方法と数値の見方さえ覚えれば誰にでも簡単にできますので安心してください。

安全な企業を見極めるポイント

安全な企業を見極めるためには「大手企業だから安全」という先入観を持たないことが大切です。

「この企業は売上が好調だから安心」という判断も危険です。

黒字の会社や大手企業でも倒産する可能性はゼロではありません。

まずは安全性分析の知識を深め安全な企業を見極められるようになりましょう。

安全性分析を行おう

ミーティング、仕事

本当に安全な企業を見極めるためには安全性分析を行う必要があります。

安全性分析というのは一言でいうと「企業の財務分析」をする方法の1つです。

企業の財務上の支払い能力を安定性指標を利用して測定することで、事実に基づいた企業の経営状況を把握することが出来ます。

5つの指標を活用すると企業の安定性が短期的側面と長期的側面の両方から判断できるため非常に役立ちます。

転職活動では安全性分析を行い企業の安定性を判断してから応募するようにしましょう。

この安全性分析は転職活動だけでなく営業や経営に関わる際にも大変役立つので、分析スキルを身につけることをお勧めします。

魅力的な求人に注意しよう

悩む女性

転職活動において誰もが確認するのが企業の求人情報です。

多くの人は求人の情報をもとに自分の条件と合う企業を探して応募するのではないでしょうか。

しかし魅力的な求人ほど注意して確認する必要があります。

なぜなら高収入で魅力的な求人ほどブラック企業である可能性が潜んでいるからです。

人手不足で離職率の高い企業ほど直ぐに入社できる人材を求めているため高収入で求人を出していたりします。

しかし求人情報には企業のマイナスイメージにつながる情報は基本的に掲載されません。

企業の載せたい情報だけが記載されている求人情報だけを鵜吞みにして転職活動をするのはリスクが高まります。

効率的に転職活動をするためにも企業研究にも力を注ぎ、自ら企業の安全性分析まですることが理想的です。

安全性分析と財務諸表

お金、投資

安全性分析において企業の財務諸表は分析に欠かせない情報の記載された書類です。

財務諸表がなければ安全性分析ができないと言っても過言ではありません。

安全性分析をマスターするためにはまずは財務諸表の見方を知る必要があります。

まずは後ほど紹介する「財務諸表の基礎知識」の項目で財務諸表についての理解を深めましょう。

安全性分析の重要性

転職で失敗しないためにも安全性分析を取り入れて転職活動をすることを心掛けてください。

なぜなら時代が移り変わるのと同様、企業の安定性も常に変化していくものだからです。

転職活動において「大手だから安全」、「人気の企業だから安心」という考え方は捨てるようにしましょう。

過去安全だった会社も未来どうなるかは誰にも分かりません。

だからこそ安全性分析を徹底することで事実に基づいた企業の経営状況を把握することがリスクを回避することにつながります。

黒字倒産しないか見極められる

バッド、グッド、親指

安全性分析の1つのメリットは黒字倒産のリスクを見極められるところにあります。

黒字の会社は勢いもあり、一見安定して将来性もあるように感じる人も多いのではないでしょうか。

しかしそんな企業でも突然倒産することもあるのです。

重要なのは黒字かどうかよりも、手元に現金あるいは直ぐに現金化できる資産がある会社なのかどうかです。

このような情報は安全性分析を行うことで明確にすることが可能です。

企業のイメージに惑わされず、数字を元に企業の実態を見極められるようになりましょう。

黒字倒産の原因

黒猫

では黒字倒産はなぜ起こるのでしょうか。

一見売上が伸びている会社でも突然倒産してしまうことがあります。

これらは手元に支払いのできる自己資金がないことが原因で起こります。

黒字倒産が起こる代表的な原因としては以下の2点が上げられます。

・売掛金の管理不足

・在庫の管理不備

売掛金が原因で倒産する場合の多くは売上の入金日と売掛金の出金日のずれがあることで起こります。

つまり商品の売上が順調でも仕入れ先への支払い日までに売上金が会社に入らず支払いが滞る状態が発生するということです。

また過剰在庫を持ちすぎた場合も黒字倒産の原因となります。

売上が好調が故に商品の在庫を切らさないよう過剰に在庫を仕入れた結果、入出金のバランスが崩れてしまうケースです。

このような事態は普段から企業がきちんと安全性分析を行い経営管理をしていれば避けられたはずです。

黒字倒産のリスクを回避するためにも安全性分析は必ず行うようにしましょう。

財務諸表の基礎知識

では安全性分析に欠かせない財務諸表について解説させていただきます。

財務諸表とは何か

計算、経理

財務諸表は別名「決算書」とも呼ばれており企業の経営活動の財務状況を詳細に記した書類です。

つまり企業の財務状況や経営状況が健全かどうかがわかる「健康診断書」のようなものです。

財務諸表は金融商品取引法により上場企業には作成が義務づけられている書類で、上場企業であれば誰でも情報の入手が可能です。

目的を理解しよう

規約、意味

財務諸表は本来企業の経営成績や財務状況を企業の利害関係者に向けて公開する目的として作成されています。

取引先企業や株主、債権者は公開されている財務諸表の情報をもとに企業の実態を正確に把握することが出来るのです。

どんな種類があるのか知ろう

 色鉛筆 種類

財務諸表にはいくつかの種類がありますが、金融商品取引法では主に以下5つの財務諸表の作成が義務付けられています。

・賃借対照表

・損益計算書

・キャッシュフロー計算書

・株主資本等変動計算書

・附属明細書

なかでも「賃借対照表」と「損益計算書」そして「キャッシュフロー計算書」は「財務3表」と呼ばれる代表的な書類です。

それぞれの書類は用途が多少異なりますので以下の代表的な3点は押さえておきましょう。

例えば、賃借対照表からは会社の一定期間の財務状況(資産)を把握するときに役立ちます。

一方、損益計算書は主に会社の一定期間の営業成績が表記されているため会社の「利益」を把握するために使用するものです。

キャッシュフロー計算書は会社の一定期間の現金の流れを項目別に分かりやすく把握することが可能です。

入手方法を確認しよう

テクノロジー、スマートフォン

ここでは実際に財務諸表を入手する方法を紹介します。

いくつか方法があるので以下を参考に応募先企業の財務諸表を手に入れましょう。

・企業のWEBページから閲覧

・EDINETを使う

・四季報、日系テレコン等を調べる

基本的に株式会社であれば企業のWEBページでの財務諸表の公開(決算公告)が義務付けられています。

また上場企業であれば金融庁が運営しているEDINETという有価証券報告書のデータベースにてダウンロードすることが可能です。

四季報や日系テレコンなどの媒体にも企業の財務データーが掲載されているのでチェックしてみると良いでしょう。

有限会社や合同会社などは財務諸表を公開している会社としていない会社があるため公開している場合のみ入手可能です。

5つの安定性指標と分析方法

では実際に5つの安定性指標と分析の方法を確認してみましょう。

以下5つの指標をマスターしたら財務諸表の手に入る企業であればどの会社でも安全性分析をすることが可能です。

まずはそれぞれの指標の計算式を見て財務諸表から該当の数値を探してみましょう。

株主資本比率

パーセント、手

株主資本比率は株式会社の総資産に対しての株主資本の割合を示す指標です。

長期的な観点から企業の財務状況を判断することが可能です。

株主資本の比率が高いほど企業の負債がすくなく安全性の高い企業であると判断出来ます。

日本企業の株主資本比率の平均は30%といわれているため、比率が30%より高ければ高いほど安定性が高いです。

・計算式:株主資本比率=株主資本÷総資本×100%

流動比率

川、流れ

流動比率は主に企業の1年以内の収支倍率を測ることができる指標です。

安全分析には賃借対照表の数値を使用します。

1年以内に決済義務のある負債(流動負債)と1年以内に回収できる現金(流動資産)の比率で短期的な企業の支払い能力を測れます。

一般的に数値が200%以上になると優良企業と判断でき、100%を切ると支払い能力の問題があると判断出来ます。

・計算式:流動比率=流動資産÷流動負債×100%

当座比率

当座比率は流動性比率を補足することができる指標です。

流動比率は資金化に時間がかかるもの(在庫)も含まれた比率なので当座比率と合せて分析することが理想的です。

当座比率では換金性の高い資金でどれだけ負債をまかなえるかという比率が測れます。

基本的に当座比率が100%以上ある会社は安全性が高いと判断しましょう。

計算式:当座比率=当座資産÷流動負債×100%

固定比率

スケール、測り

固定比率は会社の固定資産と自己資本の割合を測ることができる指標です。

株主資本比率と同様、会社の長期的な支払い能力を判断することが出来ます。

一般的に比率が100%以下であることが理想とされています。

計算式:固定比率=固定資産÷自己資本×100%

インスタント・カバレッジ・レシオ

インスタント・カバレッジ・レシオは会社の年間の営業利益がどれだけ借入金利息の支払いをまかなっているかを示す指標です。

会社の利益からだけではなく支払利息や借入返済などを加味した上で会社の財務状況を判断することができるところが利点です。

この比率は高ければ高いほど財務状況が健全であると判断されており、利益が支払い利息の10%以上あることが理想とされています。

計算式:インスタント・カバレッジ・レシオ=(営業利益+受取利息・配当金)÷支払利息

安全性分析にあたって気をつけておきたいこと

ポイント、女性

安全性分析をするポイントとしてはバランスよく企業の実態が把握できるように分析することが大切です。

指標を使い分けると長期的安全性と短期的安全性の側面から分けて分析できますので、双方の側面から分析するようにしてください。

また安全分析だけに頼るのではなく、企業見学や元社員の口コミの閲覧、OB訪問なども積極的にしましょう。

現在財務諸表上安定している企業でも1年後に状況が一変してしまうこともあり得ます。

なるべく様々な角度から企業の情報収集をすることで総合的に自分にあった企業を判断することをお勧めします。

安定した企業の見つけ方は

電球、選択

安定した企業を見つける方法は安全性分析だけではありません。

今の時代インターネットを活用すれば「企業の安全性ランキング」などの様々な情報が得られます。

転職エージェントを上手く活用して転職エージェントに調べてもらうというのも1つの方法です。

財務諸表が入手できず自分で安全分析できなかった企業や安全分析を自分でできない人は上記を参考に安定した企業を見つけましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント、女性

企業の安全性が判断できるようになっても、安全な企業=自分に適している企業というわけではありません。

転職活動において考慮することは安全性だけでなく職場の雰囲気や仕事内容、人間関係などたくさんあります。

特に女性は子育てをしながら働ける環境を考えると安全性だけでなく福利厚生も外せない条件となるはずです。

転職を成功させるためにもまずは転職エージェントを活用して安全性の高い企業の中から自分に合う企業を探してみましょう。

転職の悩みは転職のプロに聞くのが1番効率的でスムーズだとは思いませんか。

まだ転職エージェントを利用したことがない人は是非この機会に登録してみて下さい。

まとめ

湖、道

企業の安定性の測り方はマスター出来ましたか。

まずは5つの指標の計算式を暗記して分析することに慣れましょう。

自分で安全な企業の見極めができるようになると安心して転職活動ができるようになります。

応募先企業を決める前にはまず安全分析を徹底してみましょう。

安全分析に慣れてきたら他の企業との比較もしてみるとより優良企業を見極めることが出来ます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら