面接で企業を訪れる際に企業によっては交通費を全額或いは一部負担してくれる場合があります。

求人情報に「交通費支給」などと記載されている場合は交通費の受け取り方も把握して面接に臨みましょう。

今回は面接での交通費の受け取りについて解説します。

面接で交通費支給された時の受け取り方は

日本円

面接で交通費を支給される時の受け取り方は企業によって多少異なります。

交通費支給の対象者の場合は企業に支持された通りに臨機応変に対応することが求められます。

一般的に交通費が支給される場合、面接案内のメールや電話にて事前に必要な持ち物や交通費支給の詳細を案内されることが多いです。

企業によって銀行振込対応や直接現地支給など支給方法や条件は異なります。

企業側からの情報や求人票の内容は事前にきちんと控え、面接当日に不備のないよう準備をすることが大切です。

面接当日は面接官の話は聞き逃さないよう集中して聞きましょう。

面接官から交通費についての案内があったらその指示に従って対応します。

交通費については自ら面接官に聞くのはお勧めできませんので、なるべく面接官から支持があるのを待ちましょう。

面接の交通費支給は普通?

一般的に面接では交通費の支給がないことが当たり前です。

しかし遠方から面接に行く人や数回にわたり面接に行く人にとっては企業が交通費の支給は非常に有難いものです。

ではどんな時に交通費が支給されるのでしょうか。

この章では面接の交通費支給についてもう少し掘り下げて解説させていただきます。

交通費支給は企業により異なる

企業、ビル

面接での交通費の支給は法律で定められているものではありませんので、企業の自由判断となります。

しかし一般的には面接での交通費を支給しない企業が多いのが現実です。

なぜなら交通費支給の手続きは手間もかかり、採用見込みのない者に対して交通費の負担をすることは企業にとってメリットがないからです。

そのため企業が交通費を支給する場合は条件付きで交通費支給がされることが多いです。

例えば、遠方から面接を受けに来る人への配慮としての支給や最終面接に限定して交通費を支給するという話がよくあります。

交通費支給がある企業に面接に行く場合は自分が支給対象者なのかどうかも事前情報を見てしっかり確認するようにしましょう。

求人で確認しておこう

指、採用

基本的に交通費が支給される企業の場合はその企業の求人情報に「交通費支給」と記載されています。

とくに交通費についての記載がない求人は交通費支給のない企業であると判断して下さい。

面接に招待された場合は面接を受ける前に応募先企業の求人情報を再確認して必要な情報に漏れがないようにしましょう。

面接で交通費の支給パターン

面接の交通費の支給にはいくつかの3つのパターンがあります。

以下のパターンを確認し、面接当日に間違いなく正しい金額の請求ができるようにしましょう。

全額を支給

100%、ペン、手

1つ目のパターンは全額支給される場合です。

全額支給は企業の負担が大きくなるため、面接にて全額支給をしている企業は非常に少ないです。

しかし、企業側がスカウトしたい人材を面接に呼ぶ際は全額支給の対応がされることもあります。

全額支給の場合は自宅から面接会場までにかかる交通費を確認して企業に請求します。

電車やバス、飛行機など交通手段はいくつかあると思いますが、なるべく最安値で時間がかからない交通手段を選ぶようにしましょう。

全額支給の場合は領収書を提出することで実際に支払った金額を証明します。

企業から特に指示がなかったとしても使用した交通機関にて領収書を取得しておくことをお勧めします。

特に新幹線や飛行機を利用する人は金額が大きいため基本的には領収書の提出が求められます。

領収書を提出する際は片道分ではなく往復分の領収書を準備しておくことを心掛けましょう。

一定金額の交通費を支給

スピードリミット

2つ目のパターンは一定金額の交通費を支給される場合です。

こちらは全額支給とは異なり支払い金額の上限が定められている場合です。

例えば「交通費1000円まで支給」と案内されている場合、交通費が1000円以上かかった人は1000円を受け取れます。

仮に1500円の交通費がかかった場合に500円は自己負担となる計算です。

また交通費が1000円以下の人は実際にかかった交通費が支給されます。

企業によっては遠方からの求職者への配慮として一定金額の交通費を支給する場合もあります。

一律の交通費を支給

イコール、ブロック

3つ目のパターンは一律の交通費を支給うされる場合です。

こちらは対象者全員に一律で同じ金額が支給されます。

例えば「交通費一律1000円支給」と案内があった場合は交通費が1000円以上の人も1000円以下の人も皆一律1000円の受け取りとなります。

交通費の受け取り時に必要なもの

以下では一般的に交通費の受け取りの際に必要なものを紹介します。

必要なものは事前に企業からの面接の持ち物の案内に記載されますが、以下の項目を意識して当日の忘れ物がないように準備しましょう。

印鑑を持ち歩こう

印鑑

交通費を受け取る際には「印鑑」の持参を求められるのが一般的です。

交通費に限らず何か必要な書類に押印を求められる際に印鑑は必要となりますので、面接の際は印鑑を持参する癖をつけると良いでしょう。

印鑑といっても「シャチハタ」と「認印」の2種類あります。

企業側から印鑑の種類について「シャチハタでも可」の案内がない場合は、必ず「認印」を持参するようにします。

交通費の支給に関する書類は法的な拘束力が発生するため一般的には「認印」にて押印することが常識であると認識しておきましょう。

領収書もあると安心

領収書

交通費を請求する際には実際にかかった交通費の証明として領収書の提出が求められることが多いです。

基本的に企業から領収書持参の指示がない場合でも領収書は発行して手元に準備しておくようにしましょう。

領収書があると実際にかかった金額が一目で分かりますので、面接時に書類に金額の記入を求められた際にもスムーズに記載できます。

領収書の宛名は「企業名」、但し書きは「交通費として(●●●●←名前 使用分)」のように記入するのが一般的です。

書き方について事前に企業から指定がある場合は企業の指示に従って発行するようにしましょう。

また交通費支給の条件で面接に行く際は事前に往復分のチケットを購入し、領収書も往復分提出できるように準備することが大切です。

ICカードの場合は?

発券機

では切符の購入ではなく、ICカードを利用した場合の領収書はどうすれば良いのでしょうか。

電車やバスでICカードを利用した場合は駅の券売機で利用区間や金額の履歴を印刷することが可能です。

乗車履歴も使用可能ですが、企業から領収書の提出を求められた場合はなるべく領収書を発行できる方法で面接会場へ向かいましょう。

ICカードの利用でもICカードを使用して券売機から切符を購入した場合は領収書と利用履歴の両方を発行することが可能です。

またSuicaなどのICカードはインターネットサービスをにて領収書を印字することが可能です。

しかし印字できる期限が使用日から〇〇日前までとICカードの種類によって期間が決まっているので注意してください。

ICカードの領収書では細かい支払い履歴が記載されませんので券売機での利用履歴と領収書を合せて提出することが望ましいです。

合否に響かない面接交通費の確認方法は

面接、電話

面接にて交通費の支給があるかどうかを確認するには注意が必要です。

基本的に面接官に直接聞くのは相手にマイナスイメージを与えてしまう可能性が高いため避けましょう。

企業の面接は交通費がでないことが一般的なので、特に求人票や面接案内に交通費の表記がなければ交通費支給なしと認識するのが無難です。

どうしても交通費について確認したい場合は以下の方法を実践してみましょう。

・転職エージェントを活用して自分の代わりに確認してもらう

・面接の当日の持ち物を確認する際に、遠回しに交通費の領収書や印鑑の持参が必要か聞く

交通費については失礼な聞き方をしてしまうと合否に響く場合があります。

なるべくエージェントを活用するなどしてリスクを避けた対応を心がけましょう

交通費支給の条件をチェック

面接の案内や求人票に「交通費の支給あり」と記載があったとしても支給条件が設定されている場合があります。

交通費を請求する際に誤った請求をしないように、企業が提示する詳細な条件をしっかりと把握するようにしましょう。

公共機関を利用

電車、バス、座席

多くの企業は「公共機関を利用」を交通費支給の条件としています。

公共機関というのは飛行機や新幹線、電車やバスのことです。

稀に間違えてタクシーやレンタカーを利用した料金を請求しようとする人がいます。

タクシーなどの車は公共機関の条件に当てはまりませんので注意してください。

最寄り駅が指定される場合も

電車、駅

面接の交通費支給において企業が「最寄り駅」を指定する場合もあります。

これは自宅の最寄り駅~面接会場の最寄り駅に限定して交通費を支給してもらえる場合が多いです。

その場合、指定の最寄り駅とは違う場所から面接会場に向かっても、支給されるのは指定の最寄り駅から指定の最寄り駅までの料金となります。

事前に企業から具体的な案内があるかと思いますが、最寄り駅が指定されている場合は指定されたルートの料金を請求して下さい。

面接会場付近に複数の隣接した駅があったとしても、企業から最寄り駅を指定された場合は指定されたルートを利用するようにしましょう。

最安値にならなくてもOK?

お金、家、時間

交通費支給の対象の交通費は必ずしも最安値の交通手段を選ばないといけないわけではありません。

もちろん企業側からしたら最安値の方が費用負担が軽減できるため理想的です。

しかし最安値のルートを選ぶと通勤時間が大幅にかかる場合やルートが複雑になりすぎる場合は例外です。

最安値でなくてもなるべく短時間で簡単にアクセスできる方法を選びましょう。

例えば遠方から面接を受ける場合、最安値のバスだと7時間かかるが新幹線だと2時間半ですむということも多いと思います。

その場合は迷わず新幹線を利用して面接へ向かうようにしましょう。

遠方から面接を受ける場合は

遠方から面接を受ける人にとって交通費は決して安い金額ではありません。

また場合によっては面接会場付近での宿泊を伴うこともあるでしょう。

交通費の支給についてはあくまで企業判断となるため毎回もらえるわけではありません。

しかし中には遠方からの応募者への配慮として交通費を支給している会社もあります。

以下では遠方から面接を受ける人向けに企業が交通費を支給する場合の例を紹介します。

新幹線チケットを支給

新幹線チケット

交通費支給をしている企業によっては新幹線を利用して遠方から面接を受けにくる人向けに新幹線チケットを支給する場合があります。

企業が新幹線チケットを事前に準備してくれる場合は基本的にそのチケットを使用してください。

企業から発行してしてもらったチケットを事情により変更やキャンセルをする必要がある場合は一度企業に確認の連絡をいれましょう。

 

企業までの交通費を概算で準備している

封筒、お金

企業によっては応募者の自宅から面接会場までの交通費を事前に概算して支給してくれる場合があります。

この場合、実際にかかった交通費と支給される交通費の金額が異なる場合があります。

支給額が実費よりも少なかった場合は差額は自己負担で対応するのがマナーです。

間違っても企業に不足分の金額を請求しないようにしてください。

交通費はあくまで企業の厚意で支給されておりますので、支給された金額を有難く受け取りましょう。

面接の交通費に関する疑問

悩める女性、携帯

面接での交通費の支給に関しては、企業によって支給方法や条件が異なります。

交通費に関して何か疑問がある場合は、まずは求人票なのを確認して見落としている情報がないか調べましょう。

自分で調べても疑問が解消されない場合は企業側から当日の持ち物や交通費に関する連絡があった際に質問することも可能です。

その場合相手に失礼がないよう、疑問点を簡潔に分かりやすく質問するようにしましょう。

対応に不安がある人はまずは転職エージェントに相談することをお勧めします。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント、女性

転職エージェントの仕事は単に仕事を紹介してくれるだけではありません。

履歴書や職務経歴書の添削をしてくれたり、応募先企業の特徴から面接に役立つアドバイスまで幅広くサポートしてくれます。

転職活動で何か悩みがある人はまずは転職エージェントの力を借りて解決を目指すことをお勧めします。

相談や登録は無料ですので転職エージェントに登録したことがないという人は、是非就職活動を成功させるために活用してみましょう。

まとめ

透き通った水、海

これまで面接での交通費の支給について解説してきましたが、交通費の受け取り方や注意事項は把握できましたか。

交通費の一定金額の支給と一律支給の認識を勘違いしたり、印鑑や領収書の準備を忘れたりというミスも多々あります。

小さなミスも合否に影響する場合がありますので、面接の際は企業から提示された情報を読み返し不備のないよう準備をしましょう。

また疑問は抱えたままにせず、解決してから面接へ臨むことが大切です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら