SNSは便利なツールです。

SNSを使うことによって気軽に他社とコミュニケーションをとることができます。

便利である反面、使い方を誤れば使用者が攻撃の標的にされてしまう恐れがあります。

本項では、女性社会人が守るべきSNSのマナーについて解説していきます。

投稿NGの内容や、SNSの利用リスク、転職時の注意点について見ていきましょう。

Contents

女性社会人が守るべきSNSマナー5選!

スマホ

SNSのマナーにはどのようなことがあるでしょうか。

SNSは色々な人とコミュニケーションが出来る便利なツールですが、リスクに気を付けなければならないツールでもあります。

自分の発言が無意識に誰かを攻撃してしまうこともあれば、逆に誰かから攻撃を受けるリスクもあるのです。

女性社会人が正しくSNSを使うために必要なマナー5選を紹介していきます。

投稿内容や発言に気を付ける

SNSを使用するときは、投稿内容や発言に気を付ける必要があります。

具体的には、個人や企業を特定できるような情報は書き込まないことです。

氏名や企業名などを発言してしまうと、キーワードから簡単に個人を特定されてしまいます。

悪気がない発言であっても、悪意をもってその情報が拡散されてしまう恐れがあります。

悪意をもつ人は個人を特定できるキーワードからSNSを検索して攻撃しようと画策するのです。

SNSで投稿する際には、個人を特定できるような発言は避けましょう。

会社の就業規則に従う

就業規則によってSNSの使い方が制限される場合があります。

例えば、個人が特定できる情報の書き込みを制限されるというケースが多いです。

その内容が自社の風評被害に繋がる内容であった場合、企業に損失を与えることになってしまいます。

就業規則に違反してしまった場合は、罰則などのペナルティが課せられる場合があります。

SNSを利用する際は自社の風評被害に繋がるような発言をしないことが重要です。

また、SNSの利用に関する就業規則を事前に確認しておきましょう。

友達申請やID交換は相手の意思を尊重

SNSでは仕事の同僚と簡単に連絡をとることができます。

しかし、同僚とコンタクトをとる際には相手の意思を尊重する必要があります。

相手はプライベートの連絡先に仕事の関係者を友達として追加したくないと考えているかもしれません。

プライベートの時間に仕事の関係者から連絡を取ることを避けたいと考えている人は多いです。

SNSの利用において公私混合することがないように注意しましょう。

写真は公開しても問題がないか確認

自撮り

写真を投稿することによってたくさんの共感を得られる場合があります。

Instagramなどのサービスでは、写真をシェアすることによってコミュニケーションをとれるのです。

写真の投稿は便利である反面、リスクにも気を配らねければいけません。

写真を投稿するときは必ず事前に投稿して問題がない内容であるか確認しましょう。

何気なく撮った風景の写真にも、個人を特定できるものが映りこんでしまう可能性があります。

例えば、手持ちの雑貨を撮影したときに自分の氏名などが映りこんでしまう場合です。

第三者がそれを見た場合、それを悪用して個人の特定に至ることもあるのです。

写真を公開するときは、必ず映り込んでいるものをよくチェックして不用意に情報を晒さないようにしましょう。

著作権侵害のアップロードやダウンロードはしない

著作権を守ることはSNSを利用することで重要なマナーです。

例えば、テレビ番組を無断でアップロードすることは法律で罪に問われる場合があります。

SNSは便利である反面、著作権を侵害してしまうリスクとも隣り合わせになってしまうのです。

音声や動画をアップロードする場合は、著作権を侵害してないかをチェックしましょう。

投稿NG内容は?

スマホ

SNSを利用するにあたって投稿NG内容はどのようなことでしょうか。

SNSは匿名で利用できるツールでもある反面、個人を特定されてしまうリスクもあります。

友好的にSNSを活用するために、投稿NG内容をおさえておきましょう。

会社や仕事の愚痴を投稿しない

SNSでは会社や仕事の愚痴を投稿することは避けましょう。

愚痴の内容が目に止まると、個人情報を特定された時に攻撃の対象になってしまう恐れがあります。

また、同僚がその投稿を見た時に心証が悪くなることもあるでしょう。

SNSでは他人の目がつくので、会社や仕事に関する愚痴も発見されてしまいます。

個人が特定される内容は公開しない

SNSでは個人が特定される内容は極力公開しないようにしましょう。

SNSでは誰もが情報を閲覧できる状態なので、個人が特定できる情報を投稿してしまうと芋づる式に個人が特定されてしまいます。

個人が特定できる情報とは、自分の氏名や勤め先、住所や通勤経路などが挙げられます。

個人情報が特定されてしまうとストーカー被害が出ることもあり得るのです。

私生活にも大きな影響を受けてしまうでしょう。

SNSでは常に誰かに攻撃されてしまうリスクに注意しましょう。

注意しても注意しすぎることはないのです。

社会人のSNS利用リスク

悩む

社会人はSNSを利用するにはどのようなリスクがあるでしょうか。

SNSは様々な情報を発信するため、予期しない情報を流出することも考えられます。

SNSを利用する際には様々なリスクを考慮しなければなりません。

SNSを利用する際のリスクについて、詳しく見ていきましょう。

様々な情報が詰まっている

SNSの投稿には様々な情報が詰まっています。

その中には個人を特定できる情報も含まれることがあるかもしれません。

自分が意図しないかたちで情報が伝わってしまうリスクもあります。

仕事の愚痴が他社の営業を妨害するかたちになってしまうと、損害を賠償されてしまう恐れがあります。

また、SNSは情報を収集するツールとしても利用可能です。

誤った情報が拡散されて、それを鵜呑みしてしまうと誤った情報を信じてしまうことになります。

SNSを利用するときは情報を正しく判別し、活用する必要があるのです。

いつでも誰でも確認することができる

海

SNSはいつでも誰でも確認することができるものです。

簡単に他人と繋がれる反面、プライバシー情報の流出に繋がる恐れもあります。

本人が意識していないところで覗き見をされてしまうと、良い気分はしないでしょう。

また、一度書き込んだ情報は半永久的にインターネットに保存されてしまいます。

自身が投稿を削除しても、スクリーンショットを保存するなどの方法で拡散されてしまう恐れがあります。

SNSに投稿するときは、誰もが確認できる状態であることを認識しましょう。

常に誰かに見られていることを意識することで、未然にトラブルを避けられるのです。

採用担当者がSNSをチェックしている場合も

パソコン

転職活動をする場合は、採用担当者がSNSをチェックしている場合があります。

個人情報と紐づけられるSNSでは過去の発言履歴を確認されることもあるのです。

過去に特定企業の営業妨害をしていたような投稿があると、印象はよくないでしょう。

SNSでは採用担当者にチェックされることも考えて発言しましょう。

発言の履歴を辿られることがないように、定期的に過去の発言を消去することも有効です。

転職活動時の注意点をチェック

スマホ

転職活動をする時にSNSを利用するにはどのようなことに注意すればいいでしょうか。

転職活動とSNS利用の注意点を紹介していきます。

転職面接の内容を投稿しない

転職面接の内容をSNSに投稿してはいけません。

転職面接を行う企業としては、面接の内容も企業秘密だと考えています。

その内容が漏れてしまうと、情報の流出ということになります。

情報を流出するような人物であるとみなされると、採用される可能性は低くなるでしょう。

SNSでは転職面接の内容がわかるような発言をすることは慎みましょう。

応募した企業の批判投稿をしない

応募した企業を実名で批判してはいけません。

仮に面接が上手くいかなかった場合に名ざしで批判してしまうと、企業にとってはマイナスのイメージが拡散されてしまいます。

場合によっては名誉毀損とされてしまうこともあるでしょう。

企業の批判投稿は自分の首を絞めてしまうことにもなり得るのです。

応募した企業を批判するのではなく、自身の転職活動の改善をするように努めましょう。

実際にあったSNSのトラブル

歩く

SNSを利用することによるトラブルは多数あります。

実際にあったSNSのトラブルの例を見ていきましょう。

仕事上のトラブル

SNSの利用によって仕事上のトラブルに発展してしまうという例があります。

例えば、SNSの投稿で思いがけず仕事上の機密情報を漏らしてしまうというケースです。

企業の公式アカウントがプライベートのアカウントと公私混合してしまうという例もあります。

公式アカウントを運用している担当者が、プライベートのアカウントで機密情報を流出してしまうのです。

オフィシャルな情報がプライベートな情報として流出してしまうこともあり得ます。

情報漏洩は企業にとって重大な営業損失になってしまうでしょう。

機密情報を扱うときは、その扱いに十分注意してください。

ストーカー被害

ストーカー

SNSを利用するときにはネットストーカーと呼ばれる被害も報告されています。

ネットストーカーとは、ネット上で特定の人物に対してストーカー行為をすることです。

SNSではネット上の投稿を具に観察してその人の行動履歴を詳しく追跡することが可能です。

使い方によっては、その人の私生活を覗き見ることも出来てしまいます。

SNSの利用履歴から個人情報を特定し、付き纏うというストーカー被害も多発しています。

SNSの発言はそういったネットストーカーへストーキングを行う材料を与える手段にもなり得るのです。

常に誰かに見られているという危機感を持って接するのがいいでしょう。

社会人ならではのSNS利用メリットもある

スマホで悩む

SNSを使用する注意点について見ていきましたが、SNSには当然メリットもたくさんあります。

社会人にとってのSNS利用メリットの代表的なものは、ビジネス上の付き合いが増えることでしょう。

ビジネス上の付き合いが増えることによって、取引先が拡大するなど思わぬ効果もあります。

SNSを実名で利用することにより、企業の求人担当者から声がかかるというケースもあるでしょう。

SNSを利用する際には炎上対策など様々なことに注意しなければなりませんが、使い方次第で大きなビジネスチャンスにもなるのです。

SNSはマナーに気をつけて利用しよう

Goodマーク

SNSは便利である反面、大きな不利益を被る可能性もあります。

自分が発信した情報が思わぬ方向で影響してしまうこともあり得るのです。

SNSを活用する際は常に最悪の事態を想定することを心がけましょう。

しかし、正しい使い方を心がければ自身にとって大きなツールになり得ます。

SNSを使う目的は他人とコミュニケーションをとることでしょう。

SNSを通じて様々な人と交流することができるようになるのです。

多様な人との交流は更なるビジネスチャンスを生み出す可能性があります。

マナーや作法などを正しくすることに心がけながらSNSを有効活用しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スマホで悩む

SNSは悩みを共有できるツールでもあります。

しかし、SNSでは個人を特定できるような書き込みはしづらいです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しましょう。

転職に悩む人の具体的な状況を把握して相談してくれます。

SNSでは中々相談できないようなことでも相談に乗り、転職活動を成功に導いてくれます。

まずは無料相談から転職相談をはじめてみましょう。

まとめ

スマホ

女性社会人がSNSを利用する際の注意点を見ていきました。

SNSは正しく活用すれば色々な人とコミュニケーションをとれる便利なツールです。

SNSで繋がったコミュニティが新たなビジネスチャンスを生むというケースも多いでしょう。

しかし、使い方を誤れば予期せぬトラブルに巻き込まれることもあり得るツールともなり得るのです。

SNSを有効活用するためには、個人を特定される情報を投稿しないこと、他者に損害を与えるような情報を投稿しないことが重要です。

また、転職活動をする際にもSNSのマナーについて注意しなければなりません。

転職活動をする際には、転職エージェントに相談してみましょう。

SNSを正しく利用することで、転職活動にも有効活用することができるのです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら