退職までの期間中に辛いという気持ちで心が折れそうになる・仕事に影響が出る方も少なくありません。

考え方・仕事のやり方・プライベートの過ごし方を工夫し転職・退職準備を1つずつ進めて未来をポジティブに考えましょう。

その際に転職エージェントがお手伝いできることもたくさんあります。

転職に向けたアドバイスやモチベーション維持に役立つメンターとして活用してください。

退職までの期間が辛いと感じる人は多い

退職,辛い

転職のために退職の意向を伝えた後、退職までの期間に辛い思いをする方は多くいます。

なぜなら、退職の意向を上司に伝えた後、実際の最終出勤日に至るまではタイムラグがあるからです。

一般的に退職の意向を伝える日は就業規則などで定められています。

引継ぎの内容などにもよりますが、一般常識の範囲内だと退職日の1~3か月前までに伝えることとされています。

つまり、退職の意志が固まってから実際に退職するまでには少し時間があります。

その間、人生の転機を目の前にして色々なことを考えてしまい辛い・苦しい気持ちにつながってしまう人もいます。

退職までの期間が辛い原因

退職までの期間が辛い原因は自分の外側にある問題と内側にある問題の2つが考えられます。

周囲の態度が変わる

周囲,態度,変化

退職の意向を伝えてから退職までの期間、辛いと感じてしまう原因として良くあるのが周囲の変化です。

例えば、任されていた仕事を取り上げられた、ミーティングに一切呼ばれなくなった、などの事例があります。

メインの業務に携わらせてもらえなくなる疎外感を意識しすぎると「辛い」という気持ちに変化してしまいます。

特に、任されていた仕事を最後までやりきりたいと考えている人の場合、辛い気持ちが強くなってしまう傾向です。

退職への罪悪感が消えない

転職を目的に退職する場合、罪悪感がネックになることもあります。

特に退職者の罪悪感につながってしまうのが、少数精鋭の事業所を退職する場合です。

人数が少ない企業に勤めていた場合、それぞれが担当している業務が多い中で自分の業務を引継ぎする必要があります。

通常業務プラス自分の業務の引継ぎをお願いするため「さらなる負担をかけてしまう」罪悪感が芽生えてしまうのです。

また、運悪く繁忙期と転職が重なってしまった場合も退職までの期間中に罪悪感から辛いと感じてしまう人が多いです。

仕事に影響が出ることも

仕事,影響

退職までの期間中に辛い気持ちを意識しすぎると業務にも支障をきたすことがあります。

特にモチベーションの維持や業務量の変化にストレスを感じてしまうケースに注意が必要です。

やる気が出ない

退職日が決まった後の要注意ポイントとして急にやる気が出なくなってしまったケースに気をつけましょう。

特に、仕事に楽しさ・やりがいを感じて一生懸命取り組んでいた人は要注意です。

緊張の糸が切れたように、自分でもびっくりするほどモチベーションが上がらなくなってしまうことが少なくありません。

反対に同僚や上司との人間関係があまり良くなかったなど、ネガティブな理由で退職する予定の人も注意が必要です。

これまで人間関係が良くない中で緊張感を持って張りつめていた分だけ気持ちが入らなくなってしまうのです。

急に忙しくなった

女性,多忙

退職までの期間中にやる“べき”ことが多い場合も辛いと感じてモチベーションが削がれてしまうことがあります。

退職時は業務の引継ぎや事務手続きなど、やるべきことが意外に多くあります。

しかも退職日までに終わらせないといけないため、退職決定前より仕事に追われてしまう方も多いです。

転職と並行して進めている場合、退職準備に時間を取られ転職活動が中々進まずストレスになってしまうこともあります。

自分を大切にしよう

自分,大切

自分の気持ちや周囲の変化が理由で退職までの期間が辛いと感じる時は自分を最優先に考えて過ごしましょう。

退職までの期間に罪悪感・周囲の厳しい言葉・上司からの引き留めなどを経験し辛い思いをすることもあるかもしれません。

しかし、転職はあくまでも自分の人生のためにするもの、自分の未来をより良くするためのものです。

万が一、周囲から転職に否定的な言葉をかけられたとしてもその人が自分の人生に責任をとってくれるわけではありません。

また冷静になって考えてみると、転職者にも転職者の都合があるように会社にも会社の都合があります。

退職決定後に社内の教育方針や業務内容が変わり、早く後任者に引継ぎたいと考える上司や会社の都合もあるのです。

そのため、周囲の変化はある意味当然と考えることもできます。

自分の人生をもっと良いものにできるのは自分だけです。

だからこそ退職までの期間は自分を基準に考え、業務量がキャパシティを超えない範囲にとどめましょう。

退職日まで穏やかに過ごすためのコツ

退職日まで穏やかに過ごすためのコツは未来をポジティブにイメージすることです。

もし、心穏やかに過ごせていないのならば、現職のことをネガティブに考えすぎているかもしれません。

マイナスなことは考えすぎない!

マイナス,考えすぎない

退職日まで心穏やかに過ごすコツとしてネガティブになりすぎないようにしましょう。

特に、退職日までの期間中に辛いと感じたことやその原因はできるだけ遠ざけてみてください。

また、辛いと感じる原因について好意的な解釈の可能性を考え、ポジティブに捉えてみるのもおすすめです。

例えば、周囲の態度が変わった場合、もしかしたら周りの人は自分のことを気づかってくれている可能性もあります。

退職までの期間、やることが多く急に忙しくなってしまうのはよくあることです。

周囲もそのような状況を想像し、雑事に煩わされずに退職準備に集中させようとしてくれているのかもしれません。

ポジティブな解釈ができなくても「その可能性があるかも」と思うだけで心の負担はかなり軽くなります。

転職してからのことを考えよう

退職日まで穏やかな気持ちで過ごすもう1つのコツが未来に目を向けることです。

できるだけ転職の良い面・メリットについて考えてみましょう。

確かに退職までの期間中は「辛い」と感じる様々な原因・落とし穴があります。

しかし、そもそも転職に至った理由は自分の人生を理想のライフプランに近づけるためです。

「将来こんなふうになっていたい」というイメージを実現するための転職です。

現状を考えるよりも転職後のことを考える時間・転職の準備をする時間をできるだけ増やしましょう。

もし、辛い原因が円満退社にこだわっていることから来ているのであれば、思い切って円満退社を諦めてみるのも手段の1つ。

円満退社にこだわりすぎて転職に集中できず、理想的な新しいスタートができなくなってしまうリスクもあります。

 

無料転職相談をして人生をポジティブに考えられる転職をしよう

 

退職日までの過ごし方

退職日,過ごし方

退職までの期間中にできるだけ辛い思いをしない方法として辛いことを考える時間を失くすようにしてみてください。

おすすめは退職準備・転職準備を綿密に計画し、できるだけ淡々と計画を進めていくことです。

やるべきことを計画する

退職までの期間中に辛い気持ちをあまり感じないようにするため、辛いと感じる暇がないほど忙しくする方法もあります。

転職を理由とする退職が決まった時、やるべきことは2つあります。

1つは転職の準備、もう1つがスムーズに退職するための準備です。

そこで、退職までの期間中は転職準備と退職準備にできるだけ集中しましょう。

退職準備の中でも特に注目したい重要ポイントは引継ぎです。

例えば、つながりのある同業界へ転職する場合、退職後も現在の職場と接点を持つ可能性がゼロではありません。

引継ぎをしっかりと行うかどうかで退職後の自分に対する業界からの印象が全く異なる可能性があります。

できるだけ良い印象を残して円満退職するのがベストのため、やるべきことを詳細にリストアップしていきましょう。

感情的にならず淡々と仕事する

感情的,淡々,仕事

退職日までにやるべきことが定まったら、それを1つずつ確実にこなしていくことに集中しましょう。

もし、周囲からの言葉で嫌な思いをしたとしても怒る・悲しむだけで体力や精神力を意外と削られてしまいます。

周囲の状況に乱されず自分のペースで仕事をするトレーニングと割り切って淡々と日々の業務に取り組んでみましょう。

計画を実行していく過程でPDCAのトレーニングともなり、転職先での業務を見すえたレベルアップも図れます。

退職日までのモチベーション維持法

退職までの期間に辛い気持ちからモチベーション維持できないなら、まずは有給休暇を取り心身の疲れを癒しましょう。

また、退職日を人生の再スタートイベントと考えるのも有効です。

有休を使ってプライベートを楽しもう

有休,プライベート

退職日までのモチベーション維持方法としてまずは体とメンタルの健康維持を意識してみてください。

退職の意向を伝えてから退職日まで日が開くと、どうしても気を張って仕事をすることが多くなってきます。

知らずに体力や精神力を消耗し、疲れがたまってしまう人も多いです。

毎日忙しく過ごしていた人ほど有休も多く残されています。

転職後、出社初日から万全の状態で臨めるよう最終出勤後は有休を活用して疲れをリセットしましょう。

退職日までのカウントダウンも有効

退職日までモチベーションを維持するために、退職日を0日と考えてカウントダウンを始めるのもおすすめです。

例えば、年末のカウントダウンは数字が減るにつれモチベーションが上がり、新年の幕開けに背筋を伸ばす良い機会です。

そこで、年末年始のカウントダウンのように退職日をイベント化してみましょう。

転職を理由とする退職は新しいキャリアのスタートでもあります。

つまり、退職日はキャリアが一区切りするカウントダウンと再スタートを切るまでのカウントダウンでもあるのです。

また、転職計画をしっかりと練って退職日を最初から決定しておくと、さらにモチベーションを維持しやすくなります。

退職日までにこれだけはやっておこう

退職日,やっておくこと,ToDoリスト

退職日までにやっておくべき準備は下記3つです。

  • 後任への引継ぎ業務
  • 退職をスムーズにする手続き
  • 業務上お世話になった人への感謝を伝える

1つずつしっかり完了させていくことで退職だけでなく転職準備もスムーズになります。

書類や業務内容の引継ぎ

書類や業務の引継ぎは退職準備に欠かせない過程の1つです。

スムーズな引継ぎのためにやっておきたいのが担当業務に関するマニュアルを作っておくこと。

新人教育にも使えるレベルの丁寧な仕上がりであれば、会社側からも好印象となり円満退社しやすくなります。

退職が決まってから着手しても大丈夫ですが、おすすめは転職を決めた時点での作成スタートです。

自分が携わった業務の棚卸しにもなるので職務経歴書を作成する時にも役立ちます。

また、それを元に長く使えるマニュアルに仕上げられれば、自分の実績の1つとしてカウントできます。

スムーズに退職手続きを行うための準備

スムーズ,退職手続き,準備

引継ぎ以外にやっておくべき退職準備として、以下が挙げられます。

  • 退職日の調整
  • 担当業務を退職決定前と変わらないクオリティで行う
  • 有給休暇の残日数確認
  • 返却すべき貸与品のリストアップと返却
  • 書類、デスク周辺の整理整とん
  • 社会保険の事務手続き など

担当していた業務・職種によっては他にもたくさんありますので、チェックリストにして1つずつ完了させていきましょう。

お世話になった人へのご挨拶

退職までにやるべきこととして、お世話になった人への挨拶も欠かせません。

退職の報告とこれまでお世話になった感謝の気持ちを必ず伝えましょう。

特に挨拶すべき人としてお世話になった上司や先輩担当していたクライアントが挙げられます。

また、クライアントへの挨拶の場は後任の紹介を兼ねた挨拶の場になることもあります。

その際はクライアントと後任者がスムーズに業務に取り掛かれるように、3者そろっての顔合わせがベストです。

退職までの期間が辛い時は転職エージェントに相談しよう

退職までの期間,辛い,転職エージェント,相談

退職までの期間どうしても辛いと感じるなら、積極的に転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントは転職を成功させるために様々なサポートができ、転職中のメンター役もその1つです。

辛いと感じている時に誰かに悩みを打ち明けることは心を穏やかにする有効な方法の1つです。

共感してくれる味方の存在確認に加え、考えていることを言葉にする作業が頭の中の整理整とんにもなります。

また、過去の事例を参考に人間関係を客観的に見たアドバイスや引き留め交渉の対処法などもヒントを提案できます。

まとめ

女性,キャリア,転職

退職までの期間中に辛いと感じているなら、まずは辛いと感じる原因を特定しましょう。

辛い原因を整理することで対処法が見えてきたり考えが整理できたりします。

また、円満退職できることがベストですが、状況次第ですっぱりと諦める選択肢もあります。

無理をすることなく有休消化や転職準備に集中することで辛い原因を遠ざけてしまうのも有効な方法の1つです。

逃げというわけではなく未来へ時間と労力を投資するためと考えればポジティブに取り組めます。

その際に転職エージェントが手伝えることやアドバイスできることも多いので気軽に相談してみてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!