転職活動を効率よく進められる「転職オファー」は、便利な一方で思い通りにいかなかった方も多いのではないでしょうか。

転職オファーには種類があり、やみくもに受け取っているだけでは時間だけが過ぎ去ってしまうリスクもあるのです。

しかし上手な活用法を知ることで、希望の求人に出会える確率はぐっと上がります。

そこでこの記事では、転職オファーの活用法や悩んだときの対処法についてご紹介します。

そもそもの仕組みについても解説しているので、ぜひ読んでみてください。

転職オファーとは?

パソコンを操作する女性

転職オファーとは、匿名で職務経歴や希望条件などを登録しておくことで企業側からオファーが届く転職サイトの機能です。

自分で求人を探すよりも効率的で新たな可能性が広がるため、転職活動をサポートする便利な機能といえるでしょう。

ただしリクナビNEXTは「オファー」、マイナビ転職は「スカウトサービス」のように転職サイトごとに違いがあります。

オファーとスカウトはほぼ同じ意味合いで使われますが、意味を分けて使うサイトもあるので利用前にチェックしましょう。

この記事では統一して「転職オファー」と表示します。

労働条件通知書は必ずもらおう

労働条件通知書

採用が決まると入社前に企業が作成する義務となっている「労働条件通知書」は、必ずもらっておきましょう。

企業によっては労働条件通知書の内容が「雇用契約書」「内定通知書」「採用通知書」などに含まれています。

どの書類も雇用契約を結んだ時点で、記載されている労働条件に合意したとみなされる重要なものです。

紹介された情報や面接時の説明と違っている箇所がないか、最終チェックとしても使えます。

ちなみに書類の形式は紙媒体に限らず、メールやFAXで受け取るケースもあるので適宜確認しましょう。

何が書いてある?

書類の内容

労働条件通知書には、入社した場合の労働に関する条件が記載されています。

主なものをあげると、契約期間・労働時間・就業場所・年収・退職に関する事項などです。

通知が義務付けられている項目に関しては共通ですが、内容の詳細は企業によって濃淡があります。

不明な点は雇用契約を結ぶ前に質問しておいた方が、後のトラブル回避に繋がるでしょう。

なので全ての項目をしっかりチェックするのがおすすめです。

オファー面談を受けるときに必要

面接時の光景

オファー面談を行う際には労働通知書が必要となります。

オファー面談とは、内定を応諾する前に労働条件や業務内容に関して説明を受ける場です。

企業側が行う義務はありませんが、自分が必要と感じれば転職エージェントに依頼して場を設けてもらうことが可能です。

オファー面談を行う際には、事前準備として必ず労働通知書に目を通し質問をリストアップしておきましょう。

また質問の量が多すぎると求人企業の心象を悪くしてしまうリスクもあるので、ポイントを絞ることが大切です。

転職オファーを受け取るメリット

オフィスにいる女性

転職オファーは上手に活用することで、自分一人で探すだけでは得られないメリットがあります。

例えば転職エージェントは客観的な視点で、自分の可能性を引き出しサポートしてくれるのです。

またオファーを受けた企業への応募は、書類選考を通過する可能性が比較的高いといわれています。

さらにオファーの内容によっては、書類選考が免除されたり面接が確約される特典が付いているため要注目です。

ここからは転職オファーのメリットについて、詳しくご紹介します。

自分では見つけられなかった情報を知れる

スマホとパソコン

転職エージェントからのオファーは非公開求人も数多くあるため、自分では探せない情報を知ることができます。

また思わぬ企業からオファーが来ることもあり得るため、可能性が大きく広がるでしょう。

定期的に送られてくる求人掲載企業からのオファーも、まだ見たことのない情報に出会えるよい機会です。

自分一人で探す求人にはどうしても偏りが出てしまいがちなので、広く情報を得るための方法として有効に活用しましょう。

転職のプロからサポート受けられるのは大きなメリットです。

転職活動の効率が上がる

ガッツポーズする女性

転職オファーは企業側からアクションを起こしてくれるので、転職活動の効率が上がります。

現職が忙しくて転職活動に時間が取れないという方にもおすすめです。

転職エージェントのサポートを受けることで、自分で行わなければいけない手続きも大幅に軽減できます。

またエージェントとは個別面談を行うため、自分の強みや可能性を上手く引き出してくれるでしょう。

オファーによっては面接確約や書類選考免除の特典があるのも効率が上がるポイントです。

自分の価値がわかって自信につながる

ガッツポーズを作る女性

企業側は登録者の作成したレジュメを見てオファーを送るため、企業の傾向から自分の市場価値がわかります。

転職オファーの数が多ければ、市場価値が高い人材といえるため大きな自信になるでしょう。

ちなみにレジュメとは、転職サイトに登録する際に最終学歴・職務経歴・希望条件など必要な項目を入力したものです。

そのためこれまでの実績を第三者から判断してもらえる機会ともいえます。

未経験の業種からオファーが届くこともあるので、市場価値から新たな可能性が広がるチャンスです。

転職オファーを受け取るコツ

オフィスにいる女性

転職オファーを活用して転職を成功させるには、ただオファーを待っている受け身の姿勢ではいけません。

効率よくオファーを受けるためにも、今までの行動を定期的見直すことが重要です。

特にオファーの数が増えなかったり希望条件に合わない場合は、レジュメに原因がある可能性が高いです。

そこでレジュメの内容を更新したり充実させるなどの対処を行いましょう。

自分を効果的にアピールすることが、転職オファーを上手く活用するポイントです。

情報は常に最新の状態へ更新を

パソコンを使う女性

登録時にレジュメに入力した情報は、そのまま放置せず常に最新の状態に更新しておきましょう。

こまめに更新することで、企業側へ転職に対する意欲をアピールできます。

また更新する必要のない内容に関しても適宜見直し、修正する作業も重要です。

一度の作成で満足せずに精査することで、より内容が充実し注目度が高まります。

転職オファーが思い通りに来ない原因の究明・改善にも繋がるでしょう。

条件はなるべく細かく、具体的に

パソコンノキーボード

レジュメには転職の希望条件を入力する項目があるので、この条件はなるべく細かく具体的に入力しましょう。

できるだけ多くのワードを使用すると、企業側の検索にヒットする可能性が高まります。

希望する企業から転職オファーが来ない場合は、特に有効な手段です。

また転職サイトにはそれぞれの特色があるので、複数登録することで企業の選択肢が広がります。

現状に納得できないときは、複数の転職エージェントに相談するのも効果的です。

資格やスキルも漏れなく記載

パソコンを持つ女性

レジュメの項目にある資格やスキルの取得状況は、漏れなく詳細に入力するのがおすすめです。

また現職・前職での実績や成果があれば、エピソードを具体的に記載しましょう。

自由記述できる項目に関しても、できるだけ全て埋めます。

内容を充実させることで企業や転職エージェントの目に留まりやすくなり、オファーの数が増えるでしょう。

さらに取得した資格やスキルで自分の強みをPRできるので、希望する企業からのマッチング率も上がります。

 

無料転職相談をして自分に合った転職先を見つけよう

 

転職オファーが複数きたら?

複数の選択肢

転職活動が順調に進み始めると、同時に複数の企業からオファーが来る場合も少なくありません。

この場合興味がない企業でも、全てに目を通すのが理想的です。

多少時間は要しますが、企業を比較検討できるうえに新たな可能性が広がるチャンスとなります。

結果的に条件の良い企業に出会える可能性が高いです。

目を通したうえで希望する可能性のない企業は、転職サイトによって応募が来ないよう設定できるので確認してみましょう。

オファーの見極め方

メリットとデメリット

転職オファーには大まかな種類があり、見極め方を知ることで転職活動を効率的に進められます。

オファーの返信期限は大抵5日~2週間程度なので、焦らずしっかり目を通しましょう。

例えば転職サイトに掲載中の企業からのオファーは、レジュメを見ずに居住地や現在の職種で合致しているのが一般的です。

つまり不特定多数の登録者を対象にオファーを出していたり、説明会の告知のみという可能性があります。

情報の視野が広がるメリットも考えられますが、全てに対応していると余計に時間がかかってしまうでしょう。

本当に自分のことを見て出しているか

ラップトップパソコン

まずは転職オファーの内容を見て、自分のことを認識したうえで出しているのか判断しましょう。

多くの人が該当するような文言ばかりのオファーは、無作為に出している場合が高いです。

例えば「○○様に特別にお送りしています」というような文章は、真実かどうか不明で自分を認識しているとはいえません。

また「コミュニケーション力の高さ」や「業務の正確さ」に関しても多くの人が該当しやすいワードです。

自分の作成したレジュメとオファーの内容に合理性があるかどうか、今一度確認してみましょう。

面接について具体的な内容があるか

パソコンとスマホを持つ女性

真剣に採用を検討している企業からの転職オファーには、面接について具体的な内容が記載されている可能性が高いです。

また採用担当者からの気持ちが込められたコメントがあれば期待していいでしょう。

レジュメを見たことがわかるような文章が入っていれば、採用に意欲があるとわかります。

中には書類選考なしで確実に面接へ進めるケースもあり大きなチャンスです。

内定がほぼ決まった状態でのオファーも一部あるので、具体的な内容のオファーは重要度が高いと捉えましょう。

オファー面談のポイント

面接に挑む女性

内定後にオファー面談が行われる場合、面接とは異なることを理解したうえで臨むのがポイントです。

面接ではあなたを選考する側だった企業が、今度は選考される側としてあなたを獲得するために働きかけます。

面接時に人材としての価値が高いと見込まれた場合、より好条件を出されることもあるのです。

そのため労働通知書は必ずしっかり読み込み、あらためてこの企業に入社するか検討する準備をしておきましょう。

ただし立場が変わったとしても採用したいと熱意を持ってくれた企業に対しては、礼節ある態度で対応してください。

オファーの内容が違うときは

首をかしげる女性

企業によっては、労働通知書やオファー面談の説明と送られてきた転職オファーの内容が違うことがあります。

この場合は焦らずに、あらためて考え直すことが大切です。

雇用契約を結ぶ前に、疑問を感じた部分は確認してはっきりさせましょう。

いざ転職してから後悔するのでは、せっかく頑張ってきた転職活動が無駄になってしまいます。

転職を成功させるためにも、ときには内容を見極める時間を作って活動にブレーキをかけましょう。

その条件でも働きたい?しっかり考えよう

ストップと選択肢

労働通知書やオファー面談で判明した違いについて、まずはあらためて自分の考えを整理してみましょう。

そもそもあなたが面接に踏み切ったきっかけは、送られてきた転職オファーの内容に納得したからです。

そのため後から出された条件について、それでも働きたいと自分が思えるのかしっかりと考える必要があります。

雇用契約を結ぶ前ならまだ交渉の余地はあるので、企業側に違いが生じた理由を確認してみましょう。

せっかく内定がもらえたからといって妥協すると、後から後悔する可能性が高いのでおすすめできません。

好条件でも飛びつかない!内容を見極めて

パソコンの前で悩む女性

たとえ好条件を出された場合でも、すぐに飛びつかず内容を見極めましょう。

中には好条件の裏に別の理由がある、というケースも想定されます。

好条件を出された直後は気分が高揚しがちなので、一旦時間をおいてから考えるのがおすすめです。

ただし内定を受けた後は、1週間程度で回答するのが一般的といわれています。

大体3~4日おくと冷静な判断ができるでしょう。

交渉するときはマナーを守ろう

交渉する女性

転職オファーとの相違点についてあらためて企業側と交渉する際には、必要最低限のマナーを守りましょう。

たとえ内定が決まって自分が企業を選択する側だったとしても、面接時と露骨に態度を変えては心象が悪くなります。

採用したいという意向を示してくれた企業に対して、感謝の気持ちを忘れないでください。

とはいえ自分の意向をはっきり伝えることも大切なので、転職エージェントに頼るのがおすすめです。

エージェントを経由することで円滑なコミュニケーションが取れるでしょう。

転職エージェントを利用してオファーを受け取ろう

オフィス内の女性

転職エージェントを利用すると、転職オファーがより効率的に受け取れるのでおすすめです。

企業側からだけではなく、エージェントが登録者と個別面談したうえで自分に合った転職オファーを送ってくれます。

自分の強みや向き不向きを客観的に判断してもらえるうえに、非公開求人を紹介される可能性が高いのも大きな魅力です。

レジュメを作るアドバイスや、企業側との円滑な交渉など心強いサポートが期待できます。

自分一人で探すのと比較してスムーズに転職活動が進められるので、ぜひ転職エージェントを活用してみましょう。

まとめ

オフィスでポーズする女性

転職オファーは上手く活用することで、転職を成功させる大きなチャンスとなります。

そのためにはまずレジュメを丁寧に作成し、自分を効果的にアピールできているかが重要です。

また転職オファーの内容はしっかり見極め、希望に合った求人かどうか考えたうえで対応しましょう。

ちなみに自分一人で探すよりも、転職エージェントを利用する方が効率よく活動できます。

転職オファーのメリットを活かして、希望する求人企業との出会いを目指しましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!