転職の面接中に「手ごたえがあった!」「これは不合格かも?」という思いを巡らせる人は多いのではないでしょうか。

面接官の反応が気になってしまうということもあるでしょう。

そんな面接官の反応には合格フラグといわれるものもあります。

今回は一次面接で面接官が見せる合格・不合格フラグについてご紹介します。

転職面接での合格サインとは?

考え事をする女性

転職活動には面接がつきものです。

また面接は一次だけでなく二次・最終面接と続くこともあります。

次の選考に進むことができるかどうかは一次面接次第ともいえるでしょう。

そのため一次面接でどれだけ自己アピールできるかが重要となってきます。

そんな転職の面接では「合格フラグ」と呼ばれる合格サインがあります。

面接官がいい反応をしてくれた、好感触だったという場合は合格を期待する人も多いでしょう。

この好感触は面接官が見せる合格サインによるものという可能性があります。

面接官の態度や言葉から手ごたえを感じ取ることはできるでしょう。

面接官の態度からわかる合格フラグ

チェックという文字と女性

転職の面接では面接官の態度から合格フラグがわかることも。

それではどのような態度が合格フラグなのかを見ていきましょう。

面接官がたくさんメモをとっている

メモをとる面接官

面接官が面接中にたくさんメモをとっているのは合格フラグの可能性があります。

メモをとっているのは、あなたの回答や印象などを面接官がしっかりと覚えておくためなのです。

転職の採用・不採用については面接官だけでなく他の人事担当者と相談することになります。

好印象の応募者や会社にマッチする人材を人事担当者に報告するためにメモを取るのです。

面接時間が長い

面接の時間が長いのは合格フラグの1つです。

会社によって面接の時間が決まっているのでは?と思う人もいるでしょう。

転職の面接はだいたい30分程度ですが1時間とっている会社もあります。

時間が決まっていても面接官が聞きたいことがたくさんあればどんどん時間は過ぎていきますね。

そのため、気づくと時間が押してしまったり予定よりも長時間になるでしょう。

面接の時間が長いのは、面接官があなたに興味をもっているというサインと捉えることができるのです。

目を見て話を聞いてくれる

転職の面接

面接官と目を合わせて話すのは緊張するという人も多いのではないでしょうか。

緊張してしまいますが目を見て話してくれるのは合格フラグの1つといえます。

面接官の中には興味がないと下を向いているという人もいます。

つまり目を見て話してくれるのは相手に興味があるという証だと思ってください。

また面接官の話に対するあなたの反応を確認しておきたいという理由もあるでしょう。

やり取りがスムーズ

面接の様子

面接の場ではやりとりがスムーズにいかず沈黙になることもあります。

そんな時はどうすればいいかわからず余計に緊張する人もいるのではないでしょうか。

また「志望動機は?」「自己PRは?」と定番の質問だけで終わることもあるでしょう。

このような面接はスムーズな面接とはいえません。

一方で会話をするようにスムーズに応募者と面接官がやり取りをすることもあります。

そんなスムーズな面接は合格フラグの可能性があるでしょう。

面接はコミュニケーション能力が試される場でもあります。

だからこそ面接のスムーズ感は大切といえますね。

面接官の質問からわかる合格フラグ

スーツ姿の女性

面接でどのような質問をされるのかで合格フラグが見えることがあります。

ここでは面接官の質問からわかる合格フラグをご紹介します。

入社後を想定した質問をされる

一次面接の段階で入社後を想定した質問をされることがあります。

例えば働き方や休暇の希望についてといったことです。

「いつごろ入社できますか?」とかなり期待してしまうような質問をされることもあるでしょう。

面接官は「一緒に働きたい」「ぜひ入社してほしい」と思うからこそ入社後のことを聞きたいのです。

反対に入社してほしいと思えない相手には入社後を想定した質問はしません。

そのため入社後を想定した質問は合格フラグの可能性があるのです。

面接官があなたに手ごたえを感じていると思っていいでしょう。

転職活動の状況を聞かれる

内定通知書

面接官に転職活動の状況を聞かれるのは合格フラグの1つといえます。

転職活動は1つの会社に絞るのではなく、条件や希望に合う会社に何社か応募するパターンが多いです。

あるい程度の結果が出てから1社に決める人もいれば最初に内定通知がきた会社に決める人もいます。

そのためいい人材は早い段階で合格の連絡をして確保したいのが会社の本音なのです。

「一緒に働きたい!」と思う相手だからこそ転職活動の状況を確認しておきたいということですね。

次の選考の話がでる

転職の面接では一次面接で終わらず二次面接があることも多いです。

三次面接まで行うという会社もあるでしょう。

そんな中、一次面接で次の選考の話がでるのは合格サインという可能性が高いといえます。

例えば次の選考はいつごろ行うとか、どのような面接を実施するかという話です。

不合格にするつもりの相手に次の選考の話をすることはほとんどないでしょう。

そのため今後のこと・次のことが話題にでたら合格フラグだと期待できそうですね。

それ以外の合格フラグ

スマートフォンを手にOKサインをするスーツ女性

ここまでは面接官の態度や質問からわかる合格フラグについてご紹介してきました。

それ以外にも合格フラグといえるものがあるので見ていきましょう。

アドバイスされる

面接官からアドバイスをされるのは合格フラグの可能性が高いです。

例えば「次の面接ではもう少し具体的に自己PRできるといいですね」「〇〇について調べておくといいですよ」というものです。

なぜアドバイスが合格フラグなのでしょうか。

それは面接官があなたに期待しているというサインだからです。

期待しているからこそ最終選考まで進み採用となるようアドバイスをしているということなのです。

面接官からアドバイスをもらったら前向きに捉えて次の選考に生かしてくださいね。

適性があると言われる

面接官に「あなたはこの仕事に向いていますね」「適性があります」と言われたら期待する人も多いのではないでしょうか。

その期待通りこの言葉は合格フラグの1つです。

採用担当者は面接で応募者と会社がマッチングするかを確認しています。

その面接で「適性がある」と言われたということは会社の雰囲気や方針にマッチングしたという可能性があるでしょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

ちょっと危険?不合格フラグ

頭を抱えるスーツ姿の女性

合格フラグがあれば不合格フラグもあるものです。

「今回の面接はダメかもしれない」「手ごたえがなかった」と思う時は不合格フラグが立っているのかもしれません。

ここでは不合格フラグについてご紹介します。

面接時間が短い

砂時計

不合格フラグの1つに面接時間が短いということがあります。

先ほど合格フラグに面接時間が長いとお伝えしたのでその反対ですね。

面接官は応募者に興味があるからこそたくさん質問をします。

しかし「もっとこの人について知りたい」「これについて聞いてみたい」と思わなければ深堀りしないでしょう。

そのため志望動機や自己PRといった質問だけで終わってしまうことがあるのです。

回答に対してさらに質問がなければ予定通りの面接時間かもっと短い時間で終了となります。

逆質問への返答がそっけない

面接では「何か質問はありますか?」という応募者から会社への逆質問というものがあります。

その逆質問に対する面接官の返答がそっけないと不合格フラグの可能性があるのです。

逆質問への返答は会社のことを応募者に知ってもらう機会の1つです。

そのため「ぜひ入社してほしい」と思う応募者には具体的に会社をアピールします。

不合格の可能性が高い相手にはそっけないということがあり得るのです。

実際は結果に関係ないことも…

胸に手を当てる女性

面接中に面接官の反応を伺うのは誰にでもあることです。

不合格フラグが見えると落ち込むこともあるでしょう。

しかしフラグが立てば必ずしも合格・不合格というわけではありません。

例えば面接時間が長くなり面接官との話が盛り上がっても不合格になることはあります。

会社が求める人材であったとしても他の条件が合わなければ不合格になることも。

また採用枠の関係で他の人を合格にすることだってあり得るのです。

そのため実際は結果に関係ないというパターンもあるのです。

面接途中から挽回できる?

逆転、挽回

面接中に不合格フラグが立ってしまったかも…。

そんな時は途中からでも挽回することはできるのでしょうか。

焦ってアピールすると逆効果

焦らないと書かれた紙面接官の反応から「これは不合格フラグ?」と不安になることもあるでしょう。

しかし不合格フラグかもしれないと不安になっても焦らないようにすることが大切です。

人は焦ると本来の力を発揮できなくなることがあります。

また焦ってアピールしようとすると無理が生じて逆効果になってしまうのです。

そのため落ち着ついて対応するように心がけてください。

逆質問の時間はチャンス!

転職の面接では応募者から面接官への逆質問の時間が設けられることがあります。

これは面接官に自分をアピールすることができるので挽回のチャンスです。

どのような質問をするかで会社への志望度やどれだけ情報収集をしたかをアピールすることができるのです。

面接対策として逆質問をしっかりと考えておいてくださいね。

合格サイン・不合格サインに一喜一憂しない!

面接で合否を気にする女性

面接中に合格フラグが立つと嬉しくなりますが不合格フラグだと落ち込んでしまう人もいるでしょう。

しかし面接中は合格フラグ・不合格フラグに一喜一憂することはありません。

結果は最後までわからない

面接の結果は最後までわからないというのが現実です。

合格フラグだと思っても不採用になることもあれば、不合格だと思っても合格することだってあるのです。

むしろ合格フラグ・不合格フラグに一喜一憂することで面接に集中できなくなってしまいます。

フラグを気にして態度に出てしまうことで面接官に悪印象を与えることがあるので注意が必要です。

面接の途中で「もうだめだ」と思って態度に出すと面接官に伝わってしまいますからね。

面接中に不合格だと決めつけないようにしましょう。

最後まで面接官としっかりコミュニケーションをとろう

不合格フラグかもしれないと思って諦めモードにならないように注意が必要です。

先ほどお伝えしたように結果は最後までわからないからです。

面接の途中でも挽回することはできますが諦めたら挽回のチャンスは巡ってこないでしょう。

そのため最後まで面接官としっかりコミュニケーションをとるようにしてください。

途中で諦めてしまうと面接官とのコミュニケーションに支障がでてしまいます。

最後まで面接官の質問にしっかりと回答してくださいね。

失敗しても落ち込まない!面接後は振り返りをしよう

前向きな女性

面接中に「失敗したな」「準備が足りなくてしっかり回答できなかった」と反省することもあるでしょう。

失敗すると落ち込んでしまうという人も多いのではないでしょうか。

しかし面接の失敗は振り返りをすることで次に生かすことができます。

面接後は面接官の質問や自分の回答について振り返ってみてください。

そうすればどこが良かったのか・悪かったのか・改善できる点はどこかといったことが見えてきます。

面接対策や面接の振り返りは自分だけでは不安という人もいるでしょう。

そんな時は転職相談に登録して転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントに相談しながら転職を成功させましょう。

まとめ

桜の木とスーツの女性

今回は転職の一次面接合格のサインについてご紹介しました。

面接官の態度や質問といったことから合格フラグや不合格フラグが見えてきます。

しかし合格フラグが見えたからといって必ずしも合格するというわけではありません。

反対に不合格フラグだと思っていても実際は合格ということもあります。

大切なのは合格フラグ・不合格フラグに一喜一憂するのではなく最後まで諦めないということです。

結果は最後までわからないので面接中に落ち込まずしっかりと面接官とコミュニケーションをとってください。

面接対策や面接後の振り返りは転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職相談に登録すると担当のエージェントがあなたの転職をサポートしてくれます。

面接で不安なことも転職エージェントに相談すれば解決の糸口が見えてくるでしょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!