転職面接の結果がいつ届くのかは誰しもが不安に思うところではないでしょうか。

企業から「1週間以内に連絡いたします」と言われながら期日を過ぎても来ない場合もあります。

ここでは面接結果がいつ届くのか、その目安や時間がかかる理由とともに解説しましょう。

連絡が遅い場合にやるべきことも含めて対応方法を紹介いたします。

結果連絡が遅くても心配しないようにしよう

不安

選考の結果連絡が遅いからといって心配する必要はどこにもありません。

確かに中には期日を過ぎても連絡が来なくて不合格という企業もあります。

しかしその場合は面接官の方から具体的な期日がきちんと伝えられるはずです。

そのため選考結果が中々届かない場合は企業側が検討中という可能性があります。

そもそも企業の人事担当の方も転職者の面接だけが仕事ではありません。

他の業務もこなしながら事前にスケジュールを立てて慎重に転職者の適性を見極めているのです。

転職者には分からない複雑な社内の事情があると考え焦らず待つのが妥当でしょう。

転職面接の結果はいつ頃届くの?

転職面接の場合、選考結果はどの位で届くのでしょうか?

ここではその選考結果が出るまでの期間についてお伝えします。

一般的には1週間程度かかる

スケジュール

企業によって期間に差はあるものの、一般的には結果が届くまで1週間程度はかかります。

まず面接を行ってすぐその場で採用不採用が決まることはほとんどないでしょう。

詳しくは後述しますが、選考結果が出るまでには様々な手続きを踏んでいます。

まず採用担当者のみならず社長や副社長など様々な役員の方々の承認が必要です。

また合格しても福利厚生の準備や社内全体で受け入れる態勢も整えないといけません。

会社の将来を背負う人材を選ぶのですからそれだけ様々な手間と時間がかかるのです。

土日を挟むと遅くなることも

休日

土日を挟む場合はさらに結果連絡が遅くなることも珍しくありません。

休日出勤や土曜出勤がある会社を除けば土日は営業をしていない会社がほとんどです。

また、これに付随して連休を挟んでいる場合も選考結果の連絡が遅くなります。

面接の選考は平日の営業時に社内で様々な話し合いを重ねて行われるものです。

その為休日が開いてしまうとその分で時間のロスがどうしても発生してしまいます。

結果連絡日はあくまでも「予定」

予定

企業によっては結果連絡日を指定される場合もありますが、あくまでも「予定」です。

予定は未定」という言葉があるように必ずしも確約されたものではありません。

経験則や会社の現状を踏まえてこれくらいで選考結果が出せるであろうという見積もりです。

採用担当者をはじめ会社の方々だってあくまでも人間であり都合のいい存在ではありません。

大人には大人のマナーがあり、連絡があるまで静かに待つのが礼儀というものです。

どんな時も焦らずじっくり待つ心の余裕を持ちましょう。

結果連絡が遅いのは不合格だから?

不合格

このように、最終面接の結果連絡が遅いのは決して不合格だからではありません。

何かしらの内部事情が複合的に絡み合った結果どうしても合否判定が遅くなるのです。

会社側もそういう応募者の気持ちは十分に理解の上で目安となる期日をお伝えしています。

転職希望者はどうしても合格・不合格という近眼的な視点で物事を見てしまいがちです。

しかし、企業側が見据えているのは遥か遠くの会社の将来という大局的なところにあります。

そのゴールを見据えて入社後その人と共に働くことで目標を達成できるかを見ているのです。

この大局的な視点と小局的な視点の違いもまた結果連絡が遅い理由ではないでしょうか。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


合否連絡に時間がかかる理由

上記でもある程度説明していますが、合否連絡にかかる理由を具体的に説明しましょう。

どうしても不安だという女性の転職者は以下の理由を参考にしてみてください。

結果の郵送に時間がかかっているため

郵送

採用の合否通知に関してはメールや電話ではなく書類で郵送されることもあります。

その場合は郵便物としての配達になるので、応募者の手元に届くまでに1週間はかかるでしょう。

郵送の場合は運送料など他のコストもかかるので、内定通知として送られる場合がほとんどです。

逆にいえば、会社側としても応募者に是非来て欲しいという期待の現れではないでしょうか。

郵送で内定通知が来た時はなるべく早くに入社の意思があることを伝えましょう。

会社側としても転職者を入社させるまでには準備期間が必要となります。

余計な手間を取らせないようにするためにも早めの対応が必要です。

予定より選考に時間がかかっているため

考える

求人募集に対して応募者が想定以上の数だった場合はまず面接を先に行ってから合否を決めます。

転職面接の場合は主に第2新卒人気の企業で行われる場合が多いでしょう。

この場合は競争倍率が高く、どうしても他者との比較で選考されることになります。

自分が合格ラインを満たしていても他の応募者が上回ったらその時点で不合格もあるのです。

それだけ選考に時間がかかっているということではないでしょうか。

応募者多数の企業を受ける時はその可能性があることを考慮に入れておくべきです。

先方社内での調整に時間がかかっているため

上記したように、企業次第では複数の意見を取りまとめて合否を出すケースもあります。

その場合大変なのが採用担当者以外の役員の方々とのスケジュール調整意見の相違です。

採用担当者が合格を出しても他の役員が不合格・不採用を出すとそこで話し合いとなります。

その場合社内の総意として合否判定を出すことになるのでどうしても時間がかかるのです。

また、最終決定権の責任者が出張や休暇を挟んでいると承認がなかなか得られません。

そのように先方のスケジュール調整が上手く噛み合わないこともよくあるのです。

合格者から先に連絡しているため

合格

会社の事情として内定を出した方にはなるべく早めに入社して頂きたいのです。

そこで合格者から優先的に連絡しており、そうでない方が後回しにされているパターンがあります。

不合格だから連絡が遅いわけでは必ずしもありませんが、そういう場合も中にはあるのです。

会社が転職者に期待することは「結果を出すこと」にあります。

結果をきちんと出してくれそうだという見込みのある人に入社して頂きたいのです。

そこで連絡が遅れてしまう場合はその企業とは縁がないと思った方がいいでしょう。

他の人からの回答待ちだから

合格者優先の話と関連していますが、合格者の回答待ちである場合が考えられます。

その人の回答次第で他の候補者への連絡がどうしても後回しになってしまうのです。

受験でいう所の補欠繰り上がりによる合格のようなものだと思ってください。

他の採用者がきちんと確定した上で採用・不採用の連絡を行う企業もあります。

この場合もやはり企業からの期待値は低いものと思って頂いていいでしょう。

決して応募者が悪いわけではなく相性や縁はどこの企業でもあります。

面接結果が届かない時はどうする?

疑問

それでは面接結果が届かない場合はどのように対処すべきなのでしょうか?

いくつか考えられますが、大きく分けると以下の2つです。

  • 先方にメールや電話で問い合わせてみる
  • 結果待ちの企業にこだわらず次を探す

とにかく大事なことは感情に走らず冷静沈着に対応することです。

転職者を待っているのは結果待ちの企業だけとは限らず、選択肢はいくらでもあります。

また、仮に合格しても実際の相性は働いてみなければ分からないのです。

常に焦らず心に余裕を持って次の行動に移れるように準備をしておきましょう。

 

無料転職相談をして憧れの企業に転職しよう

 

連絡が届かない時の対応方法

それでは結果の連絡が届かない時の対応方法を具体的に解説します。

企業からの結果待ちで焦らないようにする方法は以下の通りです。

まずは履歴やメールボックスを見直そう

メールボックス

まずは電話の履歴メールボックスを振り返って見直してみてください。

もしかしたら既に合否の連絡が届いている場合があるかもしれません。

たまにあるのが企業からの不在着信や合否の連絡が迷惑メールに入っていた場合です。

最終面接を終えて結果が出るまではどうしても冷静な判断を欠いてしまいがちでしょう。

そういう時は心に油断や隙が生じてしまい大事な連絡さえ見逃すこともあります。

合格通知が出ていた場合目の前の大きなチャンスをみすみす見逃してしまうかもしれないのです。

そのようなことのないようまずは電話やメールの履歴を整理しましょう。

最初の問い合わせは「メール」がおすすめ

1週間以上連絡を待って尚連絡が来ないようであれば、問い合わせても問題はありません。

とはいえ、いきなり電話で問い合わせるのは失礼に当たるので最初はメールがおすすめです。

その際も失礼のないように丁寧なメールマナーをもって問い合わせましょう。

「選考結果のご連絡はいつ頃いただけますでしょうか?」という疑問の形がベストです。

こうすることで先方の担当者が返答に余裕を持てる失礼に当たらない問い合わせになります。

入社後の仕事でも依頼した仕事の進捗状況を折に触れて聞くのはごく自然なことです。

だから合否の連絡が遅れた場合にメールで問い合わせること自体は全く問題ありません。

返信がなければ電話してみよう

電話

もしメールで問い合わせした上で尚返信がない場合は先方に電話しても構いません。

その場合は「先日選考結果に関するお問い合わせのメールを送付したのですが」と一言述べましょう。

最初にどんな用件でその企業にお問い合わせするのかを明示することは最低限のビジネスマナーです。

また、合否判定を聞く際も「目安で構いませんので」と角が立たない柔らかい表現を用いてください。

メールの時と同じで先方の担当者に余裕をきちんと持たせる心遣いが何よりも大切です。

あくまでも先方の都合を考慮した思いやりのある誠実な対応が求められます。

問い合わせる時のポイント

上記の電話やメールで問い合わせる時のポイントは何でしょうか?

ここではその具体的な問い合わせに関する大事なことを解説していきます。

お礼の気持ちをきちんと伝えよう

感謝

まずメールや電話で合否の連絡や返信を頂いたことに対するお礼をきちんと述べましょう。

「本日はお忙しい中お時間いただき、誠にありがとうございました」とお伝えください。

採用担当者をはじめ先方も様々な事情がある中で転職者の面接にお時間を割いてくださっているのです。

合格・不合格に関わらず常に相手を思いやる心を持って丁寧に対応しましょう。

不合格でもそれは厳正な選考による結果であり、いたずらに不採用にするわけではありません。

立つ鳥跡を濁さず、行く時も去る時も気持ちよく相手と接したいものです。

相手への気遣いを忘れない

思いやり

とにかく大事なことは常に相手への気遣い気配りを忘れないということです。

これはもう面接の結果連絡に限らず社会人として生きていく上で必要最低限のマナーとなります。

言葉に出さないだけでどんな人も常に様々な事情や気持ちを抱えて生きているのです。

だからこそ相手が何を大切にしているのかを察する気遣い、つまり「想像力」が必要になります。

その想像力こそが真のビジネスパーソンとして活躍する上で大切な心構えでしょう。

仮に不合格でも気遣いを忘れなければ、きっと素敵な企業と巡り会うことができます。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


合否を待ってる時間も有効活用しよう

次の準備

面接結果がなかなか届かず合否を待っている間でも様々なことができます。

次の転職面接が決まっている場合は気持ちを切り替えて面接対策を行っておきましょう。

その際に今までの面接をしっかり振り返って反省し次の面接に生かすことが大切です。

「ここがダメだった」という短所を克服することで不合格率を下げることができます。

また最終面接を終えて精神も肉体も疲れ果てている時は思い切って体を休めてください

1日しっかり体を休めたり遊んだりしてリフレッシュする自己管理もまた仕事です。

いずれにしても、与えられた時間は有限なので有効活用してください。

不安な時は転職エージェントを頼ろう

コンサルト

ここまでの解説をご覧頂いても尚不安だという方もいらっしゃるでしょう。

そういう方は気持ちをしっかり整理した上で転職エージェントに相談してみください。

1人で抱え込まなくても良いという安心感が生まれ不安な気持ちが和らぎます。

また不合格であったとしても、それを次の面接に生かすアドバイスもして下さるのです。

プロの視点から親身に転職者に寄り添ってくださいますから迷いも少なくなるでしょう。

まとめ

結果まち

いかがでしたでしょうか?

今回は転職面接の結果連絡への対処法について細かく解説してまいりました。

転職者の人生を大きく左右しますから、不安にならないわけがありません。

しかし、そういう時こそ転職者の人間性や心構えが試されているのです。

結果が来ないからと焦らず、冷静に視線を前に向けて次を探しましょう。

そして何より相手への気遣い・気配りを忘れない心の余裕を持ってください。

本記事が少しでも転職者の不安を和らげ、理想の転職につながれば幸いです。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!