転職の面接を受けた後、結果が届くまでに不安や緊張感を覚える女性は多いでしょう。

「いつ結果が届くのだろう?」「届くの遅くない?」と待っている日々を長く感じるのではないでしょうか。

応募先企業から合否連絡の目安を伝えられていても、それを過ぎるとどう対応すればいいか悩んでしまいます。

今回は、面接の合否結果が届く目安について、遅い場合の対応も含めて詳しくご紹介します。

Contents

結果連絡が遅くても心配しないようにしよう

不安

面接の結果がなかなか届かないと、「もしかして不合格?」と心配になる女性もいるでしょう。

しかし、結果連絡が遅いからといって過度な心配をする必要はありません。

連絡が遅い理由が「不合格だから」という場合もあるものの、必ずしもそうとは限らないのです。

企業は一定期間に複数人の面接を行っていることも多く、それが影響して選考結果が遅れることもあります。

そうはいっても、あまりに結果連絡が遅いと不安になるのは無理もありません。

そのため、結果が届く目安や連絡が遅い場合に考えられる理由を知っておくことをおすすめします。

連絡が遅い時の対応方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

転職面接の結果はいつ頃届くの?

カレンダー

転職面接の結果は、面接の当日や翌日に届くことはほとんどありません。

ある程度の期間待つことを承知しておかなければならないのですが、その期間はどれくらいなのでしょうか。

ここでは、転職面接の結果がいつ届くのか解説していきます。

一般的には1週間程度かかる

企業によって差はあるものの、転職面接の結果は一般的に1週間程度かかるといわれています。

先述したように、面接を行ったその場で合否が決定することはほとんどありません。

採用担当者が「ぜひ入社してほしい」と思ったとしても、採用決定には役員の承認が必要になります。

また、同時期に他の応募者の選考を行っている場合は、比較して決定することもあるのです。

転職面接の裏で、企業はさまざまな準備や手続きを行うため1週間はみておいた方がいいでしょう。

採用担当者は選考以外にも仕事を抱えていることが多く、場合によっては10日程度かかることもあります。

土日を挟むと遅くなることも

休日
一般的には1週間から長くて10日程度で結果が届きますが、土日を挟むと遅くなる可能性があります。

土日休みの企業の場合、基本的に休みの日は選考に時間をかけることはないでしょう。

企業が稼働する平日に面接や手続きを行うことが多いです。

そのため、特に連休前に面接を受けた場合は結果が遅くなると思っておきましょう。

結果連絡日はあくまでも「予定」

企業によっては、あらかじめ「1週間位で連絡します」と教えてくれることもあります。

しかし、結果連絡日はあくまでも「予定」であることを承知しておいた方がいいです。

絶対に連絡をするという確約ではないため、企業の都合によって前後することもあるでしょう。

1週間後といわれても、3日後に早まったり10日後になることもあるのです。

前後したとしても、あくまでも「予定」なので心に余裕をもつようにしてください。

 

ワンポイント
面接の結果連絡は1週間程度が目安だが場合によっては10日位かかることもある。

結果連絡が遅いのは不合格だから?

不合格

面接の結果連絡が遅い理由は「不合格だから」なのでしょうか。

なかなか連絡がこないと、不安になるのも仕方がありません。

しかし、会社側も応募者の気持ちを理解した上で、目安となる期日を伝えているでしょう。

そのため、必ず結果は届くと心に余裕をもって待つことも大切です。

転職活動ではまず目の前にある「合格」「不合格」に目が行きがちですが、重要なのはその先にあります。

企業は自社にマッチングする人材を求めているので、慎重に選考しているのだと理解しておきましょう。

 

ワンポイント
結果連絡が遅いのは不合格だからとは限らないので心に余裕をもって待つことも大切です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

合否連絡に時間がかかる理由

疑問
合否連絡に時間がかかるのは、どうしても不安になってしまうものです。

そこで、合否連絡に時間がかかる理由を知っておくと心が軽くなるのではないでしょうか。

ここでは合否連絡に時間がかかる場合に考えられる理由をご紹介します。

結果の郵送に時間がかかっているため

面接結果の連絡手段には、メール・電話・郵送があります。

メールや電話ならすぐに結果を伝えることができますが、郵送の場合はそれよりも時間がかかってしまいます。

書類の準備・投函から、応募者の手元に届くまでに数日以上かかると思っておいた方がいいでしょう。

郵送での連絡は不合格のサインといわれることもありますが、企業によって通知方法は異なります。

そのため、面接のときに「結果は郵送で」といわれているのであれば、結果が手元に届くのを待ちましょう。

予定より選考に時間がかかっているため

選考

予定よりも選考に時間がかかっているという理由で、結果が届くのが遅くなることがあります。

複数の応募者がいる場合、企業はより適した人材を採用したいと思っているでしょう。

そのため、応募者が多い企業や人気の部署・ポジションでは選考に時間がかかることも少なくありません。

また、一定期間に複数人の面接を行っているのであれば、全員の面接が終了してから選考に入ることがあります。

これらの影響から、結果連絡が遅くなる可能性があるのです。

先方社内での調整に時間がかかっているため

社内での調整に時間がかかっている場合も、結果連絡が遅れることがあるでしょう。

新しい人材を採用するのは、企業にとって簡単なことではありません。

給料や社会保険、そして教育などさまざまなお金が発生するのです。

そのため採用担当者の選考の後、会社の役員の承認が必要となります。

また応募者をどの部署に配置するのか、入社日はいつにするかといった調整も考慮しなければなりません。

さまざまな調整が必要になるため、社内のスケジュールの関係で遅くなることがあるのです。

合格者から先に連絡しているため

応募者が多数いる場合、合格者から先に連絡していることがあります。

転職希望者は同時期に複数の企業の応募していることも少なくありません。

そういった方の中には、先に合格の連絡がきた企業に決めようと思っている人もいます。

そのため、「ぜひ入社してほしい」という合格者に優先的に連絡して企業側の意思を伝えるのです。

不合格者にとっては残念なことですが、応募者多数の場合はこういったことがあることを押さえておきましょう。

他の人からの回答待ちだから

他の応募者の回答を待っているため、結果連絡が遅れることもあります。

「ぜひ入社してほしい」という合格者の回答次第で、他の応募者の合否を決めるというパターンです。

複数の応募者がいる場合にとられる方法ですが、合格者の回答次第で他の人の合否が決まります。

より自社に適した人材に入社してほしいという、企業の思いからくるものだと思ってください。

面接結果が届かない時はどうする?

疑問

一般的な面接結果が届く目安がありますが、その期間を超えても届かない場合どうすればいいのでしょうか。

先述したように、連絡が遅れる場合には合格者に先に連絡していることや、他の合格者の回答を待っていることが考えられます。

もしこのような理由から連絡が遅れているのであれば、不安を抱えたまま待っているよりも次のことを考えるのも1つの手です。

それを踏まえて、面接結果が届かない場合の対処法は以下の2つです。

  • 先方に問い合わせる
  • 結果待ちの企業にこだわらず次を探す

ここで大切なのが、「まだ届かない」と苛立ったり「もうだめかもしれない」と悲観的になったりしないことです。

感情的にならず、目の前にある選択肢を見極めましょう。

面接結果の連絡が届かないときの問い合わせについては、次の項で詳しくご紹介します。

連絡が届かない時の対応方法

それでは結果の連絡が届かない時の対応方法を具体的に解説します。

企業からの結果待ちで焦らないようにする方法は以下の通りです。

まずは履歴やメールボックスを見直そう

確認
連絡が届かないときは、まずは着信履歴やメールボックスを見直しましょう。

着信があったのに気づかず、通知を消してしまっていたということも絶対ないとはいいきれません。

また、メールボックスの中に合否メールが埋もれていないか確認してください。

普段から受診メールが多い場合は合否メールが埋もれてしまうこともあるからです。

不要なメールは削除するなど、整理することをおすすめします。

また迷惑メールに振り分けられていないか確認しておきましょう。

もし着信やメールがあったにも関わらず気づいていないとなると、イメージを落としかねません。

転職活動中は、着信やメールにアンテナを張るようにしてください。

最初の問い合わせは「メール」がおすすめ

1週間から10日程度待っても結果連絡が来ないようであれば、先方に問い合わせるという方法があります。

そうはいっても、いきなり電話で問い合わせるのは失礼になるので、最初の問い合わせはメールにしましょう。

担当者が忙しくても、メールなら時間があるときに確認・返信できるからです。

そして、メールで問い合わせをするときも社会人としてのマナーを意識しましょう。

「選考結果のご連絡はいつ頃いただけますでしょうか?」という質問がベストです。

合否について確認するのではなく、結果通知が届く時期について伺います。

返信がなければ電話してみよう

電話

メールで問い合わせをしても、返信がなかったり結果通知が届かないということがあるかもしれません。

ますます不安になってしまいますが、この場合は電話で担当者に確認するという対応をしても大丈夫です。

その際、「先日選考結果に関するお問い合わせのメールを送付したのですが」と前置きをします。

担当者はメールを見ていないということもあり、いきなり電話をしたのではないと伝えておくことができるからです。

ここでも、問い合わせるのは「結果通知が届く時期」であり、「合否結果」を直接聞くのは避けましょう。

問い合わせる時のポイント

問い合わせ
応募先の企業に結果通知について問い合わせをするのは気が引けるという女性もいるでしょう。

失礼があると選考結果に影響するのではないかと不安になる人もいるはずです。

そんな不安を軽くするために、ここでは問い合わせるときのポイントをご紹介します。

お礼の気持ちをきちんと伝えよう

企業に結果連絡について問い合わせをするときは、お礼の気持ちをきちんと伝えることが大切です。

担当者は他の仕事で忙しい中、問い合わせのメールや電話に対応してくれています。

「本日はお忙しい中お時間をいただき誠にありがとうございました」とお礼を伝えましょう。

問い合わせの時点で、すでに合否が決まっている可能性は高いです。

しかし、社会人として面接や問い合わせ対応に時間を割いてくれた担当者へのマナーを忘れてはいけません。

相手への気遣いを忘れない

問い合わせのときに、社会人としてのマナーだけでなく相手への気遣いも忘れてはいけません。

面接結果を待つあまり、「すぐに問い合わせをしたい」と気がせいてしまうこともあるでしょう。

しかし、相手は他の仕事をしながら問い合わせに対応してくれているのです。

そのため、電話をかける時間に配慮し、最初に「お忙しいところ恐れ入ります」と伝えましょう。

また「選考結果が届く時期について伺いたいのですが今〇分ほどお時間いただけますでしょうか?」と用件と時間を伝えることも大切です。

先述したように、電話の最後には時間を割いてくれたことへのお礼をしっかりと伝えてください。

 

ワンポイント
担当者に問い合わせをするときは、社会人としてのマナーと相手への気遣いを忘れないようにしましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

合否を待ってる時間も有効活用しよう

次の準備

面接結果がなかなか届かず、不安な気持ちで待っている人もいる人は多いです。

しかし、待っている間も時間を有効活用して次の対策を考えることをおすすめします。

次の面接が決まっている場合は、気持ちを切り替えて面接対策をしましょう。

前回の面接を振り返り、改善点を見出せば次に活かせるはずです。

次の面接がまだ決まっていないのであれば、希望に合った求人を探したり自己分析をする期間に充てるのはいかがでしょうか。

不安な気持ちを持ったままだと、ネガティブな思考に陥ることも少なくありません。

連絡が来ないことに不安を抱き続けず、転職を成功させるために時間を有効活用しましょう。

 

ワンポイント
合否の連絡を待って不安になるよりも時間を有効活用して次につなげましょう。

不安な時は転職エージェントを頼ろう

不安
転職活動は、さまざまな不安や悩みを抱えやすいものです。

その不安の原因として、面接の結果がなかなか届かないということもあるでしょう。

そんなとき、1人で考え込んでいると「不合格かもしれない」とネガティブ思考になってしまう人もいるのではないでしょうか。

転職活動に不安があるときは、転職エージェントを頼ることをおすすめします。

転職エージェントはあなたの希望に合った求人探しだけでなく、面接の日程調整や面接後のフォローを行うことができます。

面接結果が届くのが遅いという場合も、まずは転職エージェントに相談しましょう。

そのためにも、転職活動を始めるときに転職エージェントの活用を検討することをおすすめします。

まとめ

内定

今回は、転職面接の結果連絡がいつ届くのかや、連絡が遅い場合の対応方法についてご紹介しました。

転職面接の結果連絡は一般的に1週間程度といわれています。先方の事情や土日を挟むと、もう少し遅くなることがあるでしょう。

1週間から10日程度を目安に届くと思い、それまでは焦らず連絡を待つようにしてください。

それでも連絡が届かないときは問い合わせをする方法がありますは、合否ではなく「いつ頃結果が届くか」を聞くのがポイントです。

結果連絡が遅れている場合、さまざまな理由が考えられますが遅いからといって不合格とは限りません。

しかし、待っている間不安な気持ちを抱えたまま過ごすよりも、次のことを考えるのも1つの手です。

転職活動の不安や悩みは、ぜひ転職エージェントにご相談ください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら