女性が転職をする際に考慮しておきたいことはライフプランについてです。

女性らしい転職を成功させるためにも、キャリアプランとのバランスが大事になります。

女性らしく輝くためのライフプランとはどのように効率よく立てたらよいのかを解説します。

ライフプランとは

働く女性のグッズ画像

そもそもライフプランとは人生設計を意味します。女性にとってのライフプランにはどのような考え方や項目があるのでしょうか?

その多くは結婚・出産・育児がかかわってくる場合が多いでしょう。

もちろんすべての女性が必ず該当するというわけではなく、生涯独身を貫く女性も中にはいます。

一般男性と比較しても女性のほうがライフプランによって働き方が変わりやすいのが特徴です。

転職するにあたって、どのようなライフプランの予測を立てられるのかは大切な考え方になるでしょう。

住む場所・就く職業など環境の変化に応じながら、将来的な計画も見直す必要があります。

その中にはキャリアプランも一部として取り入れられます。女性としての人生と仕事の両面をどのように成立させるのかが重要な考え方です。

なぜライフプランが必要なの?

パソコンを打つ女性の画像

女性のライフプランには大切な意味があります。

仮にパートナーがいる場合でもキャリアプランやライフプランを持っていれば、自立し経済力を保持することが可能です。

今や既婚者の離婚率は3割に達しているともいわれています。もはや女性が経済力を男性に依存する時代ではなくなりました。

女性らしく働けるスキルを身につけていくことを考えてみましょう。

世の中は変化していて、女性が社会進出へ前向きに取り組むことは当たり前な時代です。

女性が自主的にライフプランを決めることがごく自然な流れとなりました。

ライフプランはどうやって立てる?

スマホを見る女性の画像

ライフプランは大切ですがそれをどう立てればよいのでしょうか?

個人差もありますが、女性のライフプランは結婚をピークにしがちです。

その後は出産・子育てをして過ごすことが定番化されています。

しかし本当にそれだけが女性の幸せや将来設計といえるのでしょうか?

もっと個人としての願望が反映されていてもおかしくはないはずです。

ここでは働く女性のライフプランの立て方について解説していきましょう。

やりたいことをリストアップしよう

自分が今考えていることを思いつく順でリストにしてみることから始めてみましょう。

考え方のヒントは仕事内容・老後の生き方・趣味や特技のことなどです。

過去から現在へ至るまでにやったことのないチャレンジなど、多様な側面からピックアップしていくことです。

それは非現実的でも構いません。その過程で最優先事項と絶対にしたくないことも考えて別に書き出します。

重要なのは頭で思うだけでは抽象的なままなので、言葉にして書き出して具体的にすることです。

「いまの自分」を見つめ直そう

書く画像

これから自分がやりたい夢や目標を書きだしたら、いまの自分と比較してみることです。

その内容と今の自分の位置とがどこまで差があるのかを確認してみましょう。

おそらく現実的に叶いそうな目標と多少なりとも実現するまでに時間がかかりそうな夢などが入り混じっている状態なはずです。

リストからいまの自分を基準にしてできそうなことを優先的に、もう1度リストアップして順番をつけてみます。

どうしたら達成できるか考えよう

リストアップした内容を厳選して優先順位をつけたら、それら各項目について考えを深めてみましょう。

これからの人生で何をどうすればそのリスト項目が達成できるのでしょうか?

できる限り具体的な行動や言動の落とし込めるものを出していきましょう。

ライフプランは幻想で終わってしまっては意味がありません。

自分が決めたリストの中から1つでも多くの項目を実現させるため、最適なプランを練っていくことです。

収入の目標もあわせて考えよう

ライフプランを考えるのに収入についての目標設定も大切です。

今から将来に至るまでの家計の収入・支出の変化を予測して具体的に計算して数値化します。

その一般的な方法としてはキャッシュフロー表などの作成がおすすめです。

収入と支出がどのようなバランスで流れるのかが一目で確認できます。

もし無駄な支出が考えられれば見直して修正するきっかけになるでしょう。

項目としては結婚・出産・育児・教育費などから定年退職後のことまで長いスパンで収入の目標を作れます。

あわせてキャリアプランも立てておこう

オフィスの女性の画像

ライフプランとともにキャリアプランの見直しも注目されています。

なぜなら、既存の考え方とこれからの未来の生き方は必ずしも一致しないからです。

今までの常識では人生80年を想定した社会でした。

幼少期から20代前半は教育期間とされ60歳ごろまでは仕事に従事するものと決められています。

引退したら老後の余暇をいかに過ごすかがキャリアプランのモデルとされていました。

ところが寿命が延びて人生100年の想定へとシフトしている時代です。

当然働き方とそのスパンも変化を遂げ始めています。今こそキャリアプランも同時に考える時期です。

ライフプランとリンクするもの

キャリアプランとライフプランの相関性についてもチェックしておきましょう。この2つはほぼセットで考えておくということです。

どのようなキャリアを築いていきたいのかを考えた際には、その時々の自分が置かれる環境も想定しておくことになるからです。

異動・退職・転職などに伴ってライフスタイルは変化せざるを得ないでしょう。

キャリアとはどのような生活様式の下で生きるのかも一緒に決めるということです。

キャリア選択のヒントになることも

メモ帳を書く画像

ライフプランを考えることでキャリアそのものを決定させることもあります。

とくに女性の場合、結婚や育児などによって今までの働き方を変える必要が出てくるものです。

そのことも想定しながらプランを練っていく必要があるでしょう。

結婚後も続けられる仕事であるかどうかや、子供が誕生しても可能なのかという現実的なことも含まれてきます。

女性ならではのライフイベントも忘れずに

キーボードとケーキの画像

人生にはさまざまなライフイベントが待ち受けています。

主に冠婚葬祭に関連したものがメインとなりますが、他にも女性ならではなことも発生してくると思っておくことが望ましいでしょう。

例えば出産はまさに女性ならではの体験ではないでしょうか?

女性であるためのライフイベントについて、今から予測をしてプランを練っておくことが大切です。

仕事と家庭の両立はどうする?

女性は結婚を機にキャリアプランとライフプランの考え方が枝分かれしていきます。

結婚をして仕事を辞めたら専業主婦に専念したいという人もいるでしょうし、キャリアや仕事の達成感を重視する人もいるでしょう。

どちらが良いか悪いかではなく個々の価値観や環境の違いにもよります。

仕事とプライベートなライフイベントとが両立できるのかどうかも想定しながら、将来のライフプランを練っておくことです。

理想の働き方を考えておこう

女性がライフプランを設定するにあたって、将来自分が生活する環境の在り方を考えるようにしましょう。

やはり結婚をしてどうなるのかが最大のポイントです。家庭に入って主婦として生きる人もいれば両立する人もいます。

あるいは結婚をしないという前提で仕事でキャリアを重ねたいという方も多くなりました。

どちらにしても自分らしい理想の働き方・生き方が何かを考えるというのがライフプランの本筋です。

正解はありません。自分が思い描く理想を追求するということに意義があります。

無料転職相談をして次のステージに向かおう

ライフプランを立てる時のポイント

仕事中の女性の画像

ライフプランを実現させるには資金が必要になってきますが、それよりも重要なことがあります。

それは自分がどんな人生を送ろうと考えているのかという具体的なビジョンです。

いつ・どこで・なにが起こり・何が必要なのかを考えて備えるための計画です。そのためのプラン確立のポイントを解説しましょう。

必ず書き出して可視化しよう

ライフプランを考えるための初歩は書き出すことにあります。人は考えを頭の中に持っているからと思考へ依存しがちになります。

しかしその時の考えやアイデアは時の経過とともに忘れ去られるのが特徴です。

せっかく思いついたプランもいつしか思い出せなくなる可能性があります。予防策として効果的なのが思考の可視化です。

とにかく思ったことや閃いたことは遠慮なくすべて紙へ書き出すことに励んでみましょう。

具体的に考える

オフィスの画像

ライフプランを考えるには何をどう行って何が必要かの具体的な設定は欠かせません。

例えば海外旅行のプランなら、いつ・どこに・どのようなルートで・どのくらいの予算、持ち物の準備など細かい設定をするものです。

1つの目標を達成するのなら具体的な内容を書き出して実行しなければ実現は不可能です。

ただの絵空事にしないためにはすべての項目の具体性について打ち出してみましょう。

優先順位をつける

ライフプランは優先順位を必ずつけて順番に取り組む姿勢が大切です。ライフプランには個人差があります。

女性には女性特有のライフプランがあり、さらに個人によって違いがあって当然です。

例えば将来は子供を持ちたい人もいれば、結婚に価値を見出さずキャリアを積み重ねて自立したいという女性もいることでしょう。

それぞれの願望の要素によって優先順位をつけてみることです。

これからどこを重点的に考えながら人生を歩んでいくのかを決めていくようにしましょう。

プランは定期的に見直そう

手を組む画像

ライフプランを1度立てたのであれば定期的な周期で見直していく必要があります。

ライフプランを一度立てたから完結するということはあり得ません。なぜなら人生は必ず計画通りになるとは限らないからです。

環境の変化などにより計画との差異が生じます。

やや軌道修正すればいい場合もあれば、大幅な計画のズレが生じることも考えられるでしょう。

そのため、適宜なライフプラン修正をしてその時の自分にベストな考え方を反映させておくことが大切です。

転職を考えるなら

キーボードを打つ画像

もしこれから転職を考えているのであれば、女性としての自分らしいライフプランをあらかじめ考え抜いておきましょう。

その上で計画的な転職活動をしていくことが望ましいです。

自立したキャリア構想があるのか、それとも家庭を大事にした両立型なのかは個人の考え方次第です。

ライフプランを実現できるか検討しよう

その転職候補の企業は自分のライフプランの実現を可能にしてくれるのでしょうか?

自分が思い描くライフプランとキャリアプランはうまく一致していることが大切です。

もし転職活動に苦戦しているようなら、1度ライフプランを見直した上での修正が必要かもしれません。

近年では家庭と両立する女性を採用する企業も増えています。

自分が行きたい企業の社風や職場を確認し、企業体質と自分のライフプランとが一致している場所を選ぶことです。

転職先の制度も確認しておこう

転職を希望する企業の制度を確認しておきましょう。

もし結婚・出産を計画し継続勤務が出来る企業を転職先に希望する場合、産休制度や時短勤務制度などが整っていることは前提です。

今では仕事と家庭の両立支援の制度が充実した企業も目立っています。

それらを事前に知っておくかどうかでライフプランにも左右していくことでしょう。

転職のお悩みは転職エージェントに相談しよう

スケジュール帳の画像

現実はとても厳しい一面もあります。

自分の計画したライフプランやキャリアプランと転職活動の実態とがうまく一致しなくて苦戦してしまうケースも考えられるからです。

もし転職活動とライフプランとに差があって悩んでいるというのであれば、孤立して考え込まないようにしましょう。

転職エージェントに登録して相談して見ることをおすすめします。

転職エージェントは転職に関する専門家です。あなたが望む転職活動ができるアドバイスが可能です。

まとめ

バラの花の画像

女性のライフプランはイベントやパートナーの存在によって大きく変化していきます。

そのため自分が思うように計画が実現するのかは未知数です。

しかしライフプランを決めることで、キャリアプランも自然と決まるのではないでしょうか。

転職を含めた人生のロードマップが次第に分かりはじめる利点があるのです。

これから転職を志す方はライフプランも併せて考慮しながら実現を目指してみてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!