転職活動において、必ず提出を求められる履歴書やエントリーシート。

その応募書類の中で最初に採用担当者の目が行くところは証明写真といえるでしょう。

それでは、あなたの第一印象を決める証明写真はどのように準備すればよいのでしょうか。

この記事では証明写真のきれいな撮り方やマナー、好印象を与えるポイントなどを解説していきます。

漏れなくチェックし、自信をもって企業へ履歴書を提出できるようにしましょう。

証明写真はとても重要!

スーツを着た女性

証明写真はとても重要です。

というのも、採用担当者や面接官が履歴書やエントリーシートを手に取ったときに、まずはじめに目につく場所は顔写真だからです。

多数の応募者がいる企業であればあるほど、採用担当者や面接官は応募者の情報を覚えるのは容易ではありません。

そのため、視覚的に記憶できる証明写真の印象は非常に重要です。

第一印象が高評価であればあるほど、採用担当者や面接官に気に留めてもらえる可能性が高まります。

逆に、証明写真がお粗末であると細部まで気をつかわない人だと思われ、印象を悪くする可能性があるでしょう。

たとえば、同じレベルの応募者が2人いるとします。

どちらかを採用するとなった場合には、証明写真が好印象の人と悪印象の人とでは、好印象だった方を選ぶでしょう。

外見や身だしなみも社会人としては必要なマナーです。

すなわち、応募者の第一印象である証明写真が後の合否に関わってくるということです。

証明写真の基本ルールを理解しよう

証明写真

証明写真の重要性が分かったところで、証明写真の基本ルールをご説明してきます。

サイズは?

履歴書自体に貼る写真のサイズが記載されていることが多いですが、サイズは、タテ40mm、ヨコ30mmが一般的です。

写真館で証明写真を撮ってもらう場合はこの履歴書のサイズをしっかりと伝え、スピード写真で撮影する場合は「履歴書用」を選びます。

そして、自身で切って使用しましょう。

もしサイズを間違えてしまった場合には、費用はかさんでしまいますが撮り直しすることをおすすめします。それほど重要な工程です。

撮影時期は?

はてなマークをもつ女性履歴書やエントリーシートを提出する1ヵ月前から1週間前までには、証明写真が手元にあるように撮影をしましょう。

写真館で撮影してもらう場合は事前予約が必要です。

学生の就活の時期や七五三の時期などは写真館も混み合い、予約が取れない可能性がありますので早めに予約をしましょう。

また一般的なルールとして、証明写真は使用する日から数えて3ヶ月以内に撮影したものが有効とされます。

それは、外見が変化してしまうと本人確認が出来なくなるためです。

新しい写真が手元にない場合でも3ヶ月以上前の写真は使用せず、新しく撮り直しましょう。

おすすめの背景色は?

履歴書やエントリーシートに使用する証明写真の背景色としておすすめなのは、白色・水色・うすい灰色です。

白色は一番自然な色で、顔が際立ちパッと明るい印象になりますが、人物が浮いている印象を受ける場合もあります。

水色は清潔感を感じさせる色で、スーツの色味も邪魔をしませんし、人物が浮くという印象もありません。

そして薄い灰色は、顔色が良く見える効果があります。

ですが、あまり濃すぎるのは暗い印象になってしまいますので、灰色を選ぶ場合は薄めの色を選びましょう。

履歴書に貼るときのポイント

次は証明写真が出来上がり、実際に履歴書に貼るときのポイントをご説明していきます。

履歴書に写真を貼るだけだからと軽い気持ちでささっと貼るのではなく、重要な工程になりますのでしっかりポイントをおさえましょう。

取れないようにしっかり貼ろう

当たり前だとお思いになるかもしれませんが、写真は普通の紙と比べるとはがれやすいものです。

取れないようにしっかりと貼りましょう。一番おすすめのなのは、両面テープを使って貼る方法です。

ぽろっと剥がれ落ちることは考えにくく履歴書を汚す心配もありませんので、きれいに貼ることができます。

貼るといえば糊が一般的ですが、液体糊は写真からはみ出て履歴書を汚したり、水で履歴書がよれてしまうなどのデメリットがあります。

そのため液体のりを使用する場合は、写真の裏に薄くムラにならないように糊を塗り、丁寧に履歴書に貼り付ける必要があります。

スティック糊の場合は水分が少ないため、乾きやすく履歴書がよれることもありませんが、非常にはがれやすいというデメリットがあります。

そのため、スティック糊を使用する際はムラなく四隅まできっちり塗り込み、強く履歴書に押しあてるように貼りましょう。

証明写真の裏には何を書く

履歴書の証明写真の裏には、自身の名前と撮影年日を書くのがマナーとなっています。

なぜ書くのかというと、貼り付けた写真が取れてしまった時に誰の写真なのかが分かるようにするためです。

採用担当者は何人もの応募者の応募書類を扱っています。

もし取れた写真が他の応募書類と紛れてしまった場合、誰の写真なのかが分からなくなる可能性があります。

そういった、もしもの時に手間をかけさせないためにも、これは必要な作業です。

また、裏に書く時は黒の細字の油性ペンが好ましいでしょう。

太字のペンですと文字がつぶれることもありますし、ボールペンの場合はかすれて読みにくくなります。

自分は丁寧に貼ったから取れないだろうと過信ぜずに、写真は剥がれやすいことを念頭に置きましょう。

証明写真はどうやって撮ればいいの?

カメラスタジオ

証明写真を撮る場所は大きく分けて3つあります。

1つ目は、写真館やカメラ屋さんで撮影する方法です。

事前に写真館に連絡をして予約を取り、プロのカメラマンに撮ってもらう方法で、失敗が少なくて安心です。

2つ目は、スピード写真(証明写真機)で撮影する方法です。

スーパーやショッピングセンター、コンビニなどに設置されており、急に証明写真が必要になった際に役立ちます。

3つ目は、自分で撮影してコンビニで現像する方法です。

スマホやデジカメを使って自宅などで撮影し、コンビニの印刷機にデータを送信することで、証明写真を現像することができます。

 

無料転職相談をして不安を解消しよう

 

撮影場所別のメリットをご紹介

指さしとビックリマーク

前の項目で証明写真場を撮影する場所が3つあるとお伝えいたしましたが、撮影場所別にメリットがありますので解説していきます。

写真館で撮るメリット

写真館やカメラ屋さんなどで撮影する場合のメリットは、3つあります。

1つ目は、プロのカメラマンが撮影しますので、撮影に関してアドバイスがもらえることです。

経験や知識が豊富ですので、髪型や服装の調整、表情や角度などについて、より良く映るためのアドバイスをもらうことができます。

2つ目は、きれいな写真に仕上がることです。

実は、写真館で撮影した写真は多少の加工修正であれば可能です。そのため、軽い肌荒れなどであれば消すことができます。

3つ目は、必要なだけ焼き増しができることです。

スピード写真では印刷枚数が限られているため、多めに証明写真が必要な場合は撮影からやり直す必要があります。

写真館で撮影した場合はデータを貰えることがほとんどですので、現像だけ依頼すれば何枚でも証明写真が用意できます。

逆にデメリットは、費用が比較的高く予約が必要なので、手軽に撮ることができない点が挙げられます。

スピード写真で撮るメリット

指さし棒とメリット

スピード写真でとるメリットは2つあります。

1つ目は時間を選ばなくていいことです。

ほとんどのスピード写真機が24時間対応であるため、いつでも撮ることができて所要時間も10分程で仕上がります。

コンビニや駅前、ドラッグストアなどさまざまな場所に設置してあるので、自分の撮りたい時にすぐ撮れるのが最大のメリットです。

2つ目は手頃な価格で撮れることです。おおよそ700円~1,000円程度で証明写真を準備することができます。

写真館で撮るよりもかなり費用を抑えることが可能です。

逆にデメリットは、自分の顔の傾きや表情が良くなかった場合でも、実際に現像されてくるまで気づきにくい点です。

自宅で撮りコンビニで現像するメリット

スマホやデジカメなどで撮影し、コンビニで現像する方法のメリットは3つあります。

1つ目は、非常に安く証明写真を準備することができることです。

掛かる費用は3枚で200円、大きなサイズだと2枚で200円という、非常に安価な設定でお財布に優しくなっています。

2つ目は、最寄りのコンビニで現像できることです。

主要なコンビニのマルチコピー機には、このコンビニ証明写真が導入されていますので、いつでも現像することができます。

3つ目は何度でも撮り直すことができることです。

自宅に居ながらにしてスマホやデジカメなどで撮影できるので、時間を気にせずお気に入りの1枚が撮れるまで撮り直しができます。

準備が間に合わない!自撮りするときの注意点

自撮棒忙しくて準備が間に合わず自撮りで証明写真を済ませたいという場合は、撮影の際に光について注意しましょう。

光の数だけ影ができるため、外の光によってきれいに顔が映らない可能性があります。

それを防ぐために、光は部屋の電気のみにして部屋のカーテン・シャッターなどはすべて閉めて撮影しましょう。

また、背景は無地で薄い色であれば問題ありませんが、白い壁がベストです。

女性が注意したい身だしなみ

リップを塗る女性

証明写真を撮る際の身だしなみには、メイクやアクセサリーなど女性ならではの注意点があります。

この項目ではそんな注意点をご説明していきます。

メイク

メイクは厚化粧をせずナチュラルメイクで撮りましょう。

日本ならではの風潮かもしれませんが、厚化粧やノーメイクはマナー違反だと受け取る人がいます。

そのため、ナチュラルで健康的に見えるようなメイクが好ましいです。

髪型

はてなマークとスーツの女性

前髪が目にかからず、すっきりとした髪型で撮りましょう。

証明写真は顔がはっきりと確認できることが大切ですので、前髪が長い場合は耳にかけたり、横に流すなどの工夫が必要です。

また、髪が長い場合は後ろにおろすとより好ましい髪型といえます。もちろん寝ぐせにも注意が必要です。

服装

服装はシンプルなスーツが好ましいでしょう。インナーもシンプルな白いシャツやブラウスを着用します。

スーツ以外のビジネスカジュアルといわれるような服装も、避けるのが無難です。

アクセサリー

アクセサリーは、小ぶりの目立たないものであればつけていてもOKです。

しかし、応募先の企業の雰囲気に合わせるがベストで、迷うようであれば何もつけないのが一番無難といえるでしょう。

きれいな証明写真を撮るためのポイント

女性とホワイトボード

それでは、きれいな証明写真を撮るためのポイントをお伝えします。

姿勢

胸を張り背すじをピンと伸ばしましょう。このとき肩が上にあがらないように注意して、首ピンと伸ばします。

猫背は絶対にNGです。きれいな姿勢は、健康的でポジティブな印象をもたせるため、重要なポイントの1つです。

転職面接は既に顔写真撮影の時点で始まっています。

表情

好印象を与える表情も非常に重要です。無表情を避け真剣さが伝わるような顔で自然に微笑みます。

目は真剣さが伝わるように少しだけ力を入れ、口は歯を見せないように口角をあげて少しだけ微笑みます。

あごは引きすぎないようにし、顔も傾かないように注意しましょう。

撮影前にもうひと手間!きれいに撮るコツ

鏡を見る女性

撮影中は緊張して顔がこわばってしまい、うまく撮れないことも良くあります。

そのような事態にならないように、事前に顔をマッサージなどをすることをおすすめします。

さらに、好印象を持たれるような表情や姿勢などを練習してから撮影に臨みましょう。

きれいな証明写真を撮るために必要なひと手間ですね。

まとめ

チェック項目

転職活動をするにあたり、履歴書に貼る証明写真の印象は採用担当者や面接官が視覚的に記憶できるポイントであるため非常に重要です。

証明写真の基本ルールや、履歴書に貼る際のポイントを頭に入れ企業に自信をもって提出できるようにしましょう。

また撮影の際には、事前に好印象が持たれるような表情を練習し、身だしなみや表情、姿勢も十分意識して臨みましょう。

証明写真を撮る場所は、安心の写真館か、それとも便利なスピード写真でよいのか、その判断は企業の大きさや風潮にあわせるのがベストです。

迷うことがあれば、転職のプロのリクルートエージェントを活用することをおすすめします。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!