転職面接を行う企業の中には集団面接を行う企業もありますが、苦手な方も多いといわれます。

本記事では集団面接が苦手な人のための克服方法を解説していきましょう。

果たしてなぜ転職する女性の多くが集団面接を苦手とするのでしょうか?

女性のためのマナーと対策法なども併せて紹介しますので是非参考にしてください。

なぜ企業は集団面接をするの?

なぜ

集団面接は新卒採用の学生向けに行われるものであり、転職者の中途採用ではほとんどありません。

中途採用は基本的に前職を中心に極めてプライベートな内容に踏み込んだ個人面接が多いからです。

それではなぜ転職者向けの面接採用が行われるのかというと、以下の理由が挙げられます。

  • 第2新卒
  • 応募者が想定以上に多い
  • 企業が協調性を重視している

特に多いのが第2新卒応募者が予想よりも多くスケジュール調整が難しい場合です。

これらの場合を除けば基本的に個人面接が多く、集団面接が行われることはまずありません。

しかし、万が一の可能性を考えて集団面接の準備はきちんとしておくべきでしょう。

本番当日に集団面接となって焦らなくてもいいように万全の対策が求められます。

そもそも集団面接とは?

集団面接を行う理由の次はそもそも集団面接とは何か?について解説していきます。

個人面接との違いやマナーなど改めて集団面接のイロハを整理しておきましょう。

面接の流れは個人面接と同じ

個人面接

基本的な流れは個人面接と同じで、質問内容も個人面接で聞かれるものとあまり変わりません。

主に聞かれるのは自己紹介志望動機自己PRなど事前準備をしておけば答えられる内容です。

答える順番は挙手によるものか面接官の指示する順番かで違いますが評価は大きく影響しません。

あくまでも個人面接が同時に複数で行われているものだと思っていただければいいでしょう。

勿論個人面接との違いもありますが、中でも大事なのは時間配分です。

個人面接とは違い面接官も他の就活生・転職者の話を平等に聞かなければなりません。

したがって1人が長く話し過ぎるのは流れを遮ることになりますので話は簡潔にまとめてください。

あくまでも「集団の中の個人」という認識を持ち、それに相応しい言動・行動を行うことが肝要です。

グループディスカッションを見たいと思っている

グループディスカッション

集団面接の意図の1つにはグループディスカッションを見たいという面接官側の意図もあります。

個人面接との大きな違いはここにあり、同じ質問でも返ってくる回答は全く違うのです。

そこで起こる化学反応、即ち相手の話を受けてどう自分の話を発展させるのかを見られています。

グループディスカッションでは協調性団結力が評価のポイントですが、それは集団面接でも同じです。

1人1人に聞く形式を取りつつもそこにグループとしての一体感があるかどうかという俯瞰で見ています。

このポイントを念頭に置いておけば、集団面接だからといっても緊張する必要は全くありません。

むしろ転職者自身も考え方の幅を広げることが出来る大きなチャンスでもあるのです。

集団の中の言動マナーもチェックポイント

上記したように、集団面接においては集団の中での言動マナーが大きな評価ポイントになります。

自己PRをはじめ面接官の印象に残るアピールは必要ですが、それ以上に必要なのは協調性です。

合格したいからとか差別化を図りたいからとかいう理由で自己主張をする人も中にはいます。

しかし、そのような人は面接官から悪印象で協調性がなく自分勝手な人間だと評価されるのです。

そのような品性を疑われる言動は厳に慎み、謙虚で誠実な言動・行動を心がけるようにしましょう。

集団面接は決して転職者個人の能力をひけらかしたり見せつけたりする場ではありません。

社会人として相応しい大人の立ち居振る舞いを行うことが大切です。

集団面接特有の注意点は?

集団面接とは何かを把握した上で、今度は集団面接特有の注意点を解説しましょう。

本番の空気に呑まれないようにする為にも以下のポイントを抑えておいてください。

他の応募者と比較されることを恐れないで

比較

集団面接は他の応募者との比較の中での競争となりますが、それを恐れてはいけません。

中には集団面接になると他者との比較を恐れるあまり普段の面接とは違うことを話す人がいます。

しかしそれは本末転倒であり、自分を偽り面接官や応募者を裏切ることになってしまうのです。

就活や転職活動はあくまでも「自分との戦い」であり、転職者の個性も大事になります。

面接官もまた周囲との協調性と同じくらい転職者1人1人の個性を重視して評価しているのです。

周囲の空気に動揺しなくていいように、自分の中にしっかりとした芯・軸を作っておきましょう。

芯や軸がしっかりしていれば、たとえ集団面接でも焦らずに自己アピール出来ます。

ありきたりなアピールでは回答できない

答え

また、どんな人でも話すことが出来るようなありきたりな自己アピールはやめましょう。

この場合のありきたりとは如何にも転職面接のマニュアルに載っているような回答です。

面接官は数々の応募者を見てきた百戦錬磨のベテランであり、付け焼き刃の回答は通用しません。

自己PRにしても志望動機に関しても他者にはない独自性溢れる回答が聞きたいのです。

だからこそ、決して他者には真似することの出来ない経験・実績に基づく回答を用意しておきましょう。

他者と違った観点からの回答が出来れば、それだけでも大きな評価の差となって現れます。

集団面接が苦手な人の共通点

このように見ていくと、集団面接もまた事前の対策を行っておけば怖くありません。

しかし集団面接が苦手な人はそれでも一定数いますが、集団面接の何が苦手なのでしょうか?

ここではその共通点について具体的に解説します。

他の人の言動が気になる

他の人の言動

1番多いのがやはり「他の人の言動」「他人の目」がどうしても気になってしまうことです。

上記したように、他の人と比較されることを恐れるあまり素の自分を見せらないということでしょう。

しかし、他の人の言動が少なからず気になるのは他の転職者・応募者も同じことです。

全員不安な中で準備し面接に臨むのですから、自分だけが不安に思う必要はありません。

ここで大切なのは他者に影響されることなく自分をしっかり保つことができるかということです。

自分の芯・軸がしっかりしていて話す内容が固まっていれば、何1つ恐れることはないでしょう。

そこが不安定だから他の人の言動が気になって仕方ないのです。

周りが優秀に見えて不安になってしまう

不安

1つ目と関連する形で、周りが優秀に見えて不安になってしまうという現象に陥るのです。

周りの目や言動が気になり出すと、不必要に他者を過大評価するようになります。

またそれに反比例して自分は駄目な人だと過小評価してしまうのでしょう。

このように他者との比較の中で自己肯定感が大きく下がった状態で面接を受けることになります。

しかし、上記したように周りが優秀に見えて不安なのは他の応募者も全く同じです。

経験値や実績に伴う差はあっても応募者として面接に来ている以上関係性は対等になります。

そのことを忘れず平常心で面接に臨むことを心がけてください。

面接の流れが複雑で理解に時間がかかる

集団面接は個人面接と違って話す順番などもその時になるまで分かりません。

挙手で発表する場合もあれば面接官の指定した順番で答える場合もあります。

また集団面接ならではの質問やグループディスカッションを挟む場合もあるのです。

このように、面接の流れが個人面接に比べると複雑化しており理解と納得に時間がかかります。

個人面接と同じリズムやルールで受けられないのが苦手に感じられるのでしょう。

他者との比較とは別にこうした面接の流れの複雑さもまた大きな障壁となります。

話がうまくまとめられない

集団面接の場合1人1人にまとまった時間を割くことが出来ず、簡潔に済ませないといけません。

自己紹介は30秒〜1分、志望動機や自己PRも長くて2分以内に収まるものである必要があります。

個人面接でも簡潔さは求められますが、1人に割く時間が長いので自己アピールがじっくりできるのです。

このように短い時間の中で的確に面接官の印象に残る回答をするのはとてもハードルが高いことでしょう。

話が長くなれば他の人はもちろん面接官にまで迷惑をかけてしまうことになります。

これもまた集団面接が苦手な人の共通点ではないでしょうか。

集団面接の経験不足

不足

そして何よりも集団面接の経験自体が不足しているというのが大きな共通点としてあります。

転職者や就活生の中には集団面接を行うことがないまま入社したという方もいらっしゃるでしょう。

やはり何事も経験してきた場数に勝るものはなく、経験したことがないから苦手という人がほとんどです。

集団面接に限らず、人間は自分が経験したことがないものを先入観や偏見で避けがちになります。

その経験不足から来る苦手意識が頭の中を占めているから集団面接が怖くて仕方ないのです。

詰まる所全ては転職者の苦手意識にあるということではないでしょうか。
 
無料転職相談をして憧れの企業に転職しよう
 

集団面接への苦手意識を克服しよう

集団面接を苦手にしている人の共通点は最終的に転職者の苦手意識にあることが分かりました。

ここではその苦手意識を克服するための方法をご紹介します。

自分の意見を言う時はまず結論から

結論

基本中の基本ですが、まず自分の意見を述べる際には結論から述べましょう。

全ての質問に対して結論をしっかり述べ、その根拠や理由を後で付けていく形です。

結論を最初に持って来ることが出来れば話を簡潔にまとめられます。

逆にいえば、結論がしっかり定まっていないと話がうまくまとまりません。

他の転職者にスムーズに繋いでいく為にも結論を最初に述べて以後の話で肉付けしてください。

相手の話はしっかり聞こう

聞く

集団面接では協調性も評価されるので相手の話はしっかりと聞きましょう。

適度に相槌を打ったり、また「みなさんが仰るように」と話の中で付け加えると好印象です。

相手の話を聞いていることが伺え、入社後も他の社員と仕事ができる人と判断されます。

面接官が見ているのはあくまでも「入社後一緒に働きたい」と思えるかどうかです。

ここで相手の話を聞いてなかったり否定したりする自分勝手な内容・発言は許されません。

あくまでも「会社の一員」という入社後の意識を持って面接に臨むことが大切です。

他の応募者の話に惑わされないで

そしてこれが最も大切ですが、協調性を大事にしつつも他の応募者の話に惑わされないでください

相手の話をきちんと聞く協調性と自分の話がしっかりできることは矛盾しない両立可能なものです。

他者の意見はあくまでも参考程度に抑えておき、大事なのはそれを踏まえての自分の意見でしょう。

相手がどのような話をしたとしても、本当に大切な回答や思いは自分の心の中にしかありません。

自分の話をしっかり出来た上で他者との協調性を示すのが最適な対応ではないでしょうか。

緊張しないためのポイント

以上を踏まえた上で、集団面接で緊張しないためのポイントをお伝えします。

過去の面接の質問を研究する

研究

まずは過去の面接の質問を研究し、どのようなパターンがあるのかを事前に研究してください。

転職活動も基本は情報戦であり、事前にどれだけしっかり準備をしたかで採用率が決まります。

自身が受けた面接は勿論他の人が受けた集団面接の例などを見るのもまたいいでしょう。

今ではネット上で集団面接のシミュレーションや面接の例などが多く掲載されています。

これらをしっかり分析した上で、どのような質問や形式があるかという傾向を見てください。

この辺りの戦略立てがしっかりしていれば、本番で大きく揺らぐことはないでしょう。

自己PRを完成させておく

過去の面接の研究を踏まえた上で自己PRをしっかり作って完成させておきましょう。

上記の戦略が完成したら今度は自分の強みを生かす具体的な戦術を作り上げることが大切です。

あくまでも大局的な戦略があってこそ細かい戦術が生きることを忘れないでください。

大局的な戦略眼小局的な戦術眼の2つをしっかり生かすことが集団面接攻略の鍵です。

自分の苦手分野を把握しておくのがコツ

克服する

これは意外と見落とされがちですが、自分の苦手分野を把握して対策を立ててください。

集団面接であれば上記したような苦手意識もあるでしょうし、他にもまだあるかもしれません。

自分の得意分野を伸ばすことも大事ですが、苦手分野もきちんと把握することが大切です。

集団面接は様々な要素が複雑に絡むので、合格率を上げることは難しいでしょう。

しかし、苦手分野への対策をきちんとしておくことで不合格になる確率を減らすことは出来ます。

また面接官からも苦手分野を克服しようとする意識がある人だという印象になるのです。

集団面接突破のコツ

集団面接

上記してきた集団面接突破のコツをまとめると、以下の要素に集約されます。

  • 徹底した過去の集団面接の研究・分析
  • 自己分析を基にした自己PRの完成
  • 苦手分野への用意周到な対策
  • 相手の話を聞く協調性と自分の話が出来る独自性のバランス

複雑に思われる集団面接もこうして細分化すると何1つ難しいことはありません

面接突破に必要な要素を具体化して徹底した対策を立てるだけで簡単に出来るのです。

後は転職者自身が実践するかどうかにかかっています。

それでも不安な時は転職エージェントへ相談を

エージェント

ここまで集団面接が苦手な方への対策を紹介してきましたが、それでも不安な方もいるでしょう。

そんな時は是非転職エージェントへ相談してみてください。

プロの視点からの的確な助言が受けられますし、志望する業界・企業との仲介役にもなってくれます。

転職活動も1人で行うよりはプロの指摘や助言があった方がより素敵な転職活動となるでしょう。

借りられる力はしっかり借りて無事に集団面接を突破してください。

まとめ

成功

いかがでしたか?

今回は集団面接が苦手な方に向けての対策を解説・紹介して参りました。

苦手な理由のほとんどは転職者自身の抱える苦手意識にあることがご理解頂けたことでしょう。

逆にいえば事前の対策をしっかり立てて戦略戦術を整えればその苦手意識は払拭することができます。

他者の意見に惑わされることなく、しかし協調性はしっかり持って集団面接を無事突破してください。

本記事が少しでもそのお役に立てれば幸いです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!