転職採用でも複数回の面接が行われることは多くあります。

1次、2次面接を終えると役員面接に進むというのが一般的です。

1次、2次を乗り越えてきたからには役員面接もなんとか合格してしっかり内定を獲得したところです。

この記事では役員面接で女性が気をつけるべきことについて解説します。

1・2次面接と役員面接(最終面接)との違いは?

スーツの女性

 

1次、2次面接と役員面接ではどのような違いがあるのでしょうか。

1次、2次面接の流れは基本的には同じです。

履歴書などに記載した内容をもとに「志望動機」「自己PR」などの基本的な質問が行われます。

初期段階の面接では個人ではなく複数の応募者が同時に面接を受ける集団面接が一般的です。

面接官は1次面接は現場の社員や人事担当者が担当します。

2次面接では部長・課長などの現場で管理職を務める人が担当するケースが大半です。

役員面接は最終面接にあたる企業も多くあります。

この場合、社長や取締役などの企業のトップが面接官を務めるのが一般的です。

役員面接の具体的な内容について解説します。

役員面接は採用決定の見極めの場

役員面接まで到達したということは企業側はある程度あなたの能力や資質について評価していると考えてよいでしょう。

複数回の面接のなかで「志望動機」「自己PR」をとおして応募企業に対する思いや仕事に対する姿勢をアピールしてきたはずです。

では役員面接では何をみられるのでしょうか。

能力や資質をある程度評価している応募者がこれから自社でどのように活躍してくれるかを見極めるのが役員面接の場です。

役員面接はフィーリングで決まる?

役員面接では初期段階の面接よりも企業とのフィーリングがあうかどうかがチェックされていると考えてもよいでしょう。

役員面接では採用の決定権を持つ役員とのやり取りを行うことになるのが一般的です。

実務的な能力や資質は1次、2次試験で現場の社員クラスが評価しています。

役員面接では応募者がどのような人間性や個性を持っていて、自社に貢献できる人材であるかを掘り下げられると考えておきましょう。

役員面接の所要時間と通過率は?

役員面接の平均時間は30分程度とされています。

1次・2次面接よりも短時間で終了するのが一般的です。

短時間で終了すると不安になることもあるでしょう。

ただし、役員面接は時間の長さと合否はあまり関係ないため極端に気にしすぎる必要はありません。

企業によっては役員面接は顔合わせの意味を兼ねており合否がほぼ決まっているケースもあります。

また役員はスケジュールが詰まっているためあまり時間が取れないということも考えられるからです。

通過率については企業によって変動しますが、50%程度とされています。

役員面接の対策と準備

笑顔の女性

役員面接までたどり着いたら合格まであと1歩です。

油断することなく対策と準備をしっかりとして挑みましょう。

具体的にどのような対策と準備をすればよいかを解説します。

重要なのは「企業研究」と「志望動機」

1次、2次面接に向けても「企業研究」と「志望動機」については対策をしてきているはずです。

役員面接ではこれまでよりも具体的かつ深い質問がされることを前提にさらなる対策を取りましょう。

能力や資質が評価されていても企業のビジョンやマインドにあうかどうかが役員面接でのチェックポイントになります。

特に企業ビジョンやマインドについてはしっかりと研究してから面接に臨むことをおすすめします。

エントリーシートと履歴書をよく考えよう

「志望動機」については1次、2次面接と基本は同じですがそこに熱意や意欲をプラスするとよいでしょう。

応募の際に提出した書類にもう一度目を通して志望動機をまずは再確認します。

役員面接では「内定を出したら入社しますか?」といった具体的な質問がされるケースも多くあります。

この質問に口ごもったり戸惑ったりしてしまうと企業側も熱意がないと判断してしまうでしょう。

他社とかけもちで面接を受けているケースもあるかもしれませんがはっきりとした受け答えをすることが重要です。

熱意と意欲をしっかりとアピールできるように対策を取っておきましょう。

企業の最新情報をチェックしよう

企業研究は転職活動の基本です。

1次、2次面接の段階で企業についてはきちんと情報収集をしてきていると思います。

ただここで油断してはならないのが、役員面接の時点での最新情報をしっかりと把握しておくという点です。

企業の情報は常に更新されています。

そのため最初の面接のときにはアップされていなかった情報が企業のホームページに掲載されることはあり得る話です。

油断せずに応募先企業の情報は常に最新のものをチェックするようにしておくことも対策のひとつとなります。

役員面接はほぼ合格って本当?

喜ぶ女性

1次、2次と面接を通過していよいよ役員面接ともなると合格もまじかです。

役員面接は顔合わせ程度の意味合いで行われるという情報もネット上で多くみられます。

そのため役員面接まで行けばほぼ合格間違いなしと喜びに満ちる人もいるでしょう。

ただし油断は大敵です。

いくら顔合わせの意味合いが強いといっても面接は面接です。

不合格になることももちろんあります。

役員面接で落ちることもある

役員面接を役員との顔合わせの場としている企業があることは確かです。

ただしすべての企業がそうとは限りません。

あなたが応募している企業がそうである可能性は五分五分だと考えるほうが得策です。

顔合わせであったとしてもその場で印象を崩してしまえばそれまでの評価がマイナスに転じる可能性もあります。

つまり面接である以上はしっかりとした対策を取ってより合格に近づけるように臨むことが大切だということです。

役員面接の合格率は4〜5割程度

役員面接までたどり着けばもうほぼ合格だろうと考える人にお知らせです。

役員面接の合格率はおおよそ4〜5割程度とされています。

つまり役員面接にたどり着いた人の2人に1人が不採用となっているということです。

これを踏まえて1次、2次と変わらない緊張感を持って役員面接に臨むことをおすすめします。

無料転職相談をして理想の職場に転職しよう

役員面接の身だしなみ・態度で気をつけるべきこと

スーツの男女

役員面接で不合格になりやすい人の特徴として、ここまできたから大丈夫という気の緩みがあげられます。

複数回の面接で企業に出向くことに慣れてしまうと普段の態度がちょっとしたことで出てしまうこともあるでしょう。

1次、2次面接よりも緊張感を持って臨むくらいが丁度よいと考えておきましょう。

企業によってはオフィスカジュアルでお越しくださいといわれるケースもありますが、服装はやはりスーツの着用が無難です。

女性は特にスカート丈、ストッキングの色、くつの汚れや傷み具合など細かなところにも気を配りましょう。

最終面接では見た目の印象も大切です。

ナチュラルメイクでも少し華やかな印象を与えられるようなチークの入れ方や口紅の色を研究しておくとよいでしょう。

アイメイクはできるだけ控えめがおすすめです。

髪型はシンプルにまとめて顔元がすっきりと見えると好印象になります。

面接の際の態度で1番気をつけたいのはラフになりすぎることです。

役員面接では雑談的な内容の質問をされることも多くあります。

面接官も1次、2次よりもフランクな話し方で質問してくるケースもあるでしょう。

相手がフランクだからといってこちらも崩してしまうとあまりよい印象は与えません。

相手が雑談的であったとしても最低限の緊張感と礼節を忘れずにあくまでも面接であるということは頭の中にしっかりと置いて対応するようにしましょう。

役員面接で企業を理解しているとアピールしよう

ガッツポーズをする女性

役員面接でのキーポイントは会社の役員とどこまで共感できるかという点です。

共感というのは企業理念や企業の取り組みなどについてどこまで自分が理解しているかをアピールできるかということになります。

役員の発言にただ頷くだけでなく、自分がこれまで研究してきた応募先企業の情報をもとにしっかりと自分が活躍できる人材であることをアピールしましょう。

企業側も役員面接まで残したということは高い評価をしてくれています。

そこを踏まえてさらに専門性や経営的観点から自分をアピールできるチャンスだと捉えましょう。

入社後に直接、社長や取締役などの重役と個別で話をできる機会はめったにないかもしれません。

そう考えると役員面接はとても貴重な時間であると捉えることができるでしょう。

自分が立っている専門分野をどのように経営につなげていくのかというビジョンも大切です。

応募先企業がどのようなビジネス展開を目指しているのかをしっかりと把握していることをアピールできれば役員との共感を得ることもできるでしょう。

役員面接でどんなことを聞かれる?質問の例&対策

考える女性

具体的に役員面接ではどのような質問が行われるのでしょうか。

質問の例と対策について解説しておきます。

志望動機と自己PR

1次、2次面接と同様に「志望動機」と「自己RP」は必ず聞かれると思っておきましょう。

これは入社に対してどの程度の意欲を持っているのかを確認するための基本的な質問です。

役員面接で大切なのは1次、2次面接での回答とブレないことです。

1次、2次面接と違う話をしてしまうと一貫性がないと判断されてしまいます。

自分のなかで軸がブレていると判断されると不合格になる可能性が高くなります。

基本的な質問については1次、2次面接とほぼ同じで構いません。

たとえば冒頭で「1次、2次面接を受けてより入社したいという気持ちが強くなった」などそれまでの面接で感じたことを伝えるのもひとつの工夫です。

それまでの面接では面接官から企業についての話をいくつか聞いているはずです。

それらを志望動機に盛り込むことで意欲をみせることにもつながります。

役員面接は短時間のことが多いためまとまりのある意見を簡潔に述べることを意識することも大切です。

あなたの長所と短所を教えてください

役員面接でも長所・短所を聞かれることはあります。

いかに自分を客観視できているかがみられる質問です。

NGなのは企業の業務とまったく関係ない長所・短所を答えることです。

自分が長所・短所と思うことであればなんでも構いませんがそこから必ず働く上でどのような影響があるのかという話題につなげましょう。

短所については言いっぱなしにならないようにどのように改善しようとしているのかフォローをいれることを忘れないようにするとより好印象です。

転職活動の状況を教えてください

転職活動の状況はよく聞かれる質問です。

これは他社を受けているかを確認するための質問でもあります。

また自社が第一志望であるかどうかの確認の意味もあるでしょう。

無理に他社を受けていることを隠す必要はありません。

ただあまり具体的なことは話さずに「検討中ですが御社が第一志望です」と前向きな回答にとどめておくことをおすすめします。

入社したらどのようなことに挑戦したいですか?

企業はできるだけ長く働いてくれる人を求めています。

そのため入社後にどのようなキャリアを形成していきたいかを知るための質問がされることもあるでしょう。

単純にこんな業務がしたいなどと答えるのではなく、中長期的なプランでどのような人材を目指していくかイメージして答えるとよいでしょう。

将来やキャリアプランをしっかりと考えている人は自分とちゃんと向き合っているという印象も持ってもらえます。

自分と向き合っているということは自分にできることとできないことをちゃんと把握できていることにもなります。

また目標に向かってどのような行動をとるべきかをきちんと理解できる力も大切です。

面接官は「どのような仕事がしたいのか」を聞きたいのではなく「どのような力が発揮できるか」を知りたいと考えておくとよいでしょう。

同業他社でなく当社を志望する理由を教えてください

役員面接ではより具体的な質問がされることが多くあります。

「同業他社でなく当社を希望する理由を教えてください」という質問もそのひとつです。

この質問の意図は自社への入社をどのくらい希望しているのかを確認するためと考えてよいでしょう。

また応募者が自社のビジネス展開やビジョンについてどの程度理解しているかを確認するためでもあります。

この質問には応募先の企業のビジネス展開やビジョンを絡めた志望理由を答えるとよいでしょう。

志望している企業でしか経験できない業務について話せればなお好感触です。

希望している企業でなければならない理由を明確にできると合格に近づけるでしょう。

逆質問にはどう対応したらいい?

面接を受ける女性

役員面接では「ほかに何か質問はありますか」という逆質問のチャンスがあることもあるでしょう。

これに対して「特にありません」と答えてしまうとせっかくのチャンスをムダにしてしまうだけでなく熱意が伝わらず残念な結果になることもあります。

逆質問ではどのようなことを伝えればよいのでしょうか。

逆質問で熱意をアピールしよう

逆質問は仕事に対する熱意をアピールするチャンスです。

企業のビジョンについてなど自分が研究してきたことに付随した質問ができるように用意しておきましょう。

その際には「差し支えなければ教えていただきたいのですが」といった配慮の言葉を忘れないことも大切です。

企業ビジョンは経営に関わることであるため企業にとっては重要な内容の話につながることもあります。

そうした点もきちんと理解しているということを配慮の一言でアピールすることができます。

逆質問では意欲を伝えるべき

逆質問で聞いてしまいがちなのが待遇や報酬についての質問です。

これはNGと考えておきましょう。

何を聞いてもよいといわれたとしてもこれらに触れるのは避けたほうが無難です。

転職の場合、待遇面を理由に前職を辞している人も多いためこうした質問をすると待遇条件ばかりを気にしているように捉えかねられません。

逆質問では仕事内容について聞くことで意欲を伝えるようにしましょう。

役員面接で内定に近付く逆質問の例

やる気を出す女性

逆質問の仕方次第ではそれまでの印象を大きく下げてしまうこともあります。

ここからは逆質問で内定に近づくためのポイントを踏まえた具体例を紹介します。

企業のビジョンや将来性についての質問なら次の項目がおすすめです。

・御社の強み・弱みはなんでしょうか?

・今の会社に足りない点はなんでしょうか?

・5年後、10年後の経営ビジョンを教えてください。

仕事内容についての質問ならつごの項目がおすすめです。

・御社で活躍されている方に共通することがあれば教えてください。

・働く上で身につける必要がある能力があれば教えてください。

・入社までに準備しておいたほうがよいことは何かありますか?

このようにあくまでも企業のビジョンや仕事内容について深く知ろうという姿勢がみえる質問をすることがポイントとなります。

役員面接の結果はいつごろ連絡が来る?

内定通知書

面接後はどのくらいで結果が届くかが気になるところです。

役員面接を受けたあとはおおよその目安で1週間ほどで合否の連絡がくるケースが大半です。

企業によってはその日のうちに連絡がくることもあります。

逆に10日ほどかかる企業もあるため目安として1週間ほど経っても連絡がなければ応募先の企業に連絡をしてみてもよいでしょう。

このとき転職エージェントを利用しておけば自分で確認する必要がないため気楽です。

転職エージェントは転職の相談に乗ってくれるだけでなく面接の対策や企業とのやりとりもしてくれるのですおすすめです。

まとめ

面接を受ける男女

役員面接まで進んだらひと安心と思いがちです。

でも合格、内定の通知をもらうまでは決して油断しないことが転職活動では重要なポイントとなります。

社会人経験があるからこそチェックされるマナーもあります。

役員面接はこれまでの面接以上に気合を入れて緊張感を持って臨むくらいがちょうどよいと考えておきましょう。

自分だけでは不安な場合は転職エージェントの利用がおすすめです。

面接対策だけでなく企業との交渉もしてもらえるため転職活動がよりスムーズになります。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!