オンライン面接は対面式での面接とは異なる注意点やマナーが存在しています。

オンライン特有のマナーを知らなければ面接官へ好印象を与えることも難しくなってしまうでしょう。

今回はオンライン面接の受け方についてご紹介します。

オンライン面接の受け方や流れ

キーボード

オンライン面接は多くの職種において導入されており、事務職も例外ではありません。

普通の面接と基本的な進行は同じですが、それでも方法が変わればそこには相違が生じます。

そうした相違点を意識して面接準備を進めていくことで、面接当日に問題が発生する可能性も最小限に抑えられることでしょう。

今回はオンライン面接ならではの注意点や面接の受け方・流れについてご紹介していきます。

ここで紹介することを意識して事務職への転職を有利に進めていきましょう。

面接前にやっておこう

ラップトップ

まずは面接準備の段階でやっておくべきことをご紹介します。

以下のことを事前にやっておくことでオンライン環境に対する不安点を解消し、面接に集中することができるでしょう。

具体的にどのようなことをやっておくべきか、以下で解説していきます。

回線が安定している場所を選ぶ

最も重要なのは、オンラインであっても対面時と同様に円滑に面接が進行することです。

そのためインターネット回線の安定というのは何よりも重要といえます。

もし回線が不安定な状況で面接を行えば自身の声が途切れてしまい、相手に言いたいことを的確に伝えることができなくなってしまうかもしれません。

また、面接官はこちらの回線状況が悪いことにばかり気を取られてしまい、面接内容が頭に入らないということもあり得ます。

そのため回線が安定している場所で面接を行うことを心がけましょう。

初めて使うアプリなら予め使っておく

ノートブック

オンライン面接で使用するアプリを企業側から指定された際、自身が使ったことのないアプリであるのなら事前に使っておくことが大切です。

操作方法などに手間取ってしまい、面接開始時間になっても面接官と通話を繋げられないというトラブルも起こり得ます。

事前にアプリをプライベートで使用しておくことによって、そうしたトラブルも未然に防ぐことができるでしょう。

オンライン面接が初めてという方は特にアプリの使用方法で戸惑ってしまうことが多くあります。

面接には間に合ったけれど時間が取られてしまい、直前に見直しておきたいことなどが疎かになってしまうというリスクもあるでしょう。

安心して面接に集中するためにも面接当日の動きを考える上でも、アプリを予め使っておくことは必要不可欠です。

面接直前にチェック

チェックリスト

次は面接直前にチェックしておくべきことを解説しましょう。

当日までに入念な準備を行ったとしても、以下のことを見落としてしまっては思わぬトラブルが発生してしまう可能性があります。

そうしたことが起こらないように、以下のことに気をつけましょう。

バッテリーの確保ができているか

面接を行う際にはPCなどの使用端末のバッテリーが確保できているかどうかをしっかりと確認しましょう。

電源を繋いだままにしてバッテリーの心配をする必要がない状態とするかバッテリーが十分に充電されている状態にしておくことが大切です。

もしバッテリーが少ない状態で面接を始めてしまった場合、面接の途中で端末の充電が切れてしまう可能性があります。

そうすると面接の中断が余儀なくされ、企業側にも迷惑がかかってしまうでしょう。

面接官のスケジュールに狂いが生じてしまえば他の転職希望者の面接にも支障が出てしまいます。

こうした事態によって企業からの印象もマイナスになってしまうことを避けるためにバッテリーの確保を忘れないようにしましょう。

カメラの角度や距離は適切か

忘れてしまいがちなのが、カメラの角度や距離を適切にすることです。

オンライン面接というのは、自分の姿がただカメラで写れば良いわけではありません。

カメラの角度や距離によって印象も大きく変わってくるからです。

企業側にプラスのイメージを持ってもらうためには、自身の映り方をきちんと確認しておく必要があります。

どうすればより良い印象を持ってもらえるかという観点を持ってカメラを設置することが重要です。

面接直前のカメラのチェックも忘れないようにしましょう。

オンライン面接中の対応のポイント

ホームオフィス

次はオンライン面接中にどのような振る舞いをすれば良いのかということを解説していきます。

対面式の面接とは異なる状況であるだけにどのようなことに気をつければ良いのか分からない方もいるでしょう。

以下のことを十分に意識すると面接官に良い印象を与えられると考えられます。

視線はカメラに向ける

対面式の面接では視線は面接官の目に向けるのが基本です。

しかしながらオンライン面接においては画面上に表示される相手の目を見てしまうと、視線が下に下がってしまいます。

そのためオンライン面接では視線をカメラに向けて話すように気をつけましょう。

視線をカメラに向けて話すと面接官が画面を見た際に丁度視線が自分に向かっているように見えるようになります。

また、相手の顔を見て話すと緊張してしまうという方は視線をカメラに向けることで緊張の緩和につながるかもしれません。

特に話す時には視線をカメラに向けることを忘れないようにすると、面接官から好印象を持ってもらうことができるでしょう。

声は大きめに

同じ空間で話をする際には伝わるような声量でも、オンライン面接では音質や面接官の周囲の環境によって声が伝わりにくい可能性があります。

そのためオンライン面接では声を普段よりも大きくすることを意識しましょう。

声量を大きくすることによって必然的に口も大きく開くため、面接官にハキハキとした印象を与えることもできます。

声の大きさだけに囚われず面接官に自身の言葉をきちんと伝えるということを意識することが重要です。

対面式の面接と同じように早口にならず、言葉の1つ1つがしっかりと伝わるような話し方を心がけましょう。

オンライン面接のマナー

タイピング

ここまではオンライン面接に向けての準備や、オンライン面接中に気をつけるべきことをお伝えしてきました。

次はオンライン面接の際のマナーをご紹介します。

オンラインでは対面での面接とは異なるマナーが存在しているため、以下のことにも気を配ることを忘れないようにしましょう。

マナーを知り守ることによって社会人として適切な振る舞いができる人材であることを企業側に伝えることができます。

開始5分前には準備を終えておく

オンライン面接だからといって直前まで他のことをして時間を潰すということは避けた方が良いでしょう。

開始5分前には準備を終えて席に着いておくことが大切です。

これは単純に席に着いておくということではなく、面接に必要な全ての用意が終わった状態となっていることを意味します。

余裕を持って準備を終え、面接に集中できる状況を作り出すようにしましょう。

また、面接で使用するアプリにも5分前にはログインしておくようにし通話が始まるまで待機しておくと、面接官に好印象を与えられます。

バタバタと直前に準備を終わらせてもその表情や態度から面接官にきちんと余裕を持って準備をしなかったことを見抜かれてしまうでしょう。

そうすると印象が悪くなってしまいます。

必ず余裕を持って5分前には全ての準備が終わっている状態にしましょう。

プロフィール画像もマナーのひとつ

アプリ内で表示されるプロフィール画像も、オンライン面接においては重要です。

特にアニメやアイドルなど趣味に関する画像を使用している方は面接官によってはマイナス評価となってしまうこともあります。

企業側に対しての配慮が足りないと見なされてしまうからです。

そのため、面接の際にはプロフィール画像を転職活動で使用している写真に変更すると良いでしょう。

こうすることで面接官が通話を開始する際などに分かりやすくなります。

オンライン面接のマナーとして、普段から使っているアプリであっても事前のプロフィール画像変更を忘れないようにしましょう。

 

無料転職相談をして自分に合った転職先を探そう

 

オンライン面接の注意点

ワーク

次はオンライン面接をする際の注意点についてご紹介します。

対面式での面接とは違い、PCなどの端末を使用しての面接となるため以下のようなことに注意しましょう。

バーチャル背景を過信しない

オンライン面接では後ろを壁として余計なものが入り込まないようにするのが一般的です。

その際、余計なものが映り込んでしまうためバーチャル背景で対応しようと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかしバーチャル背景は、実際の背景が単色で無ければなかなか上手く合成をすることができません。

そのため不意に合成が外れてしまい、実際の背景が見えてしまう可能性もあります。

その際に片付いていない部屋の中が見えてしまうなどすると、企業からの印象も悪くなるでしょう。

バーチャル背景を過信せず、カーテンや壁など背景に余計なものが映り込まない場所を設けて面接に挑むことが大切です。

面接中はPCを操作しない

面接中にPCを操作すると余計なものをクリックしてしまい、予期せぬ事態に繋がる可能性があります。

そのため面接中はPCを操作しないようにしましょう。

それだけでなく面接中にPCを操作しているということを面接官が気づいてしまった場合、面接に集中していないと思われる可能性があります。

面接中にPCを操作することは極力避け、事前にやるべきことは終わらせておくようにしましょう。

通知はオフ

電話

面接中は通知音の鳴る可能性のあるものは全て音が出ないように設定しておきましょう。

PCでの面接の場合にはシステムや各種アプリの通知音も事前に切ることを忘れてはいけません。

こうした通知によってアプリの動作が重くなってしまったり予期せぬエラーが出てしまったりする可能性もあります。

そうしたリスクを避けるためにも通知は事前に全て切っておきましょう。

オンライン面接にありがちな疑問を解消しておこう

ワークプレイス

オンライン面接に慣れていない方は様々な疑問点があるのではないでしょうか。

次はそうした疑問を解消していきましょう。

以下のことは特に多くの人が疑問に思う点です。

疑問についての答えをご紹介していきます。

PCではなくスマホで面接を受けたい

PCではなくスマホでオンライン面接を受けたいという方もいるのではないでしょうか。

そうした場合に気になるのは、スマホでの面接が合否に関係するかどうかでしょう。

結論としてはオンライン面接でスマホを利用すること自体に問題はありません

しかしPCが使用可能な方はPCでオンライン面接を行う方が良いでしょう。

スマホでの面接となると、本体が軽いため固定したとしても画面がずれてしまい面接官に迷惑をかけてしまう可能性があります。

そうしたリスクを避けるためにもPCでの面接が望ましいでしょう。

自宅以外の場所で面接を受けたい

オンライン面接を受ける際には自宅で受けるのがベストだといえます。

しかし何らかの事情により自宅での面接が不可能な場合には、完全個室のネットカフェやリモートワークプランのあるホテルを利用すると良いでしょう。

自宅以外で面接を受ける際に気をつけたいのは周囲の環境音や騒音がなるべく入らない環境にするということでしょう。

このことが守れる状況であれば自宅以外でも面接を受けることは可能です。

イヤホンを使いたい

イヤホン

イヤホンで面接を行っても何ら問題ありません

しかしヘッドフォンマイクなどを持っていない場合にはPCの内蔵マイクで会話することになります。

その際、音質に問題ないかなどを事前に確認する必要があるでしょう。

また、PCによっては内蔵マイクが無い場合もあります。

その場合にはマイク付きのイヤホンを購入するようにしましょう。

オンライン面接時のトラブルには冷静に対応

ビジネス

オンライン面接ではインターネット回線を使用しているという都合上、予期せぬ問題が起こる可能性があります。

そうした場合には決して焦らずにトラブルに対応するようにしましょう。

自分だけでなく面接官の方でトラブルが発生する場合もあります。

その場合には慌てずに企業側からの連絡や対応を待ちましょう。

その後の面接を円滑に行うためにも、取り乱さずに冷静に対処することが重要です。

オンライン面接の練習は転職エージェントにお任せ!

ライティング

オンライン面接の練習を行いたいと思った際、周囲の人に手伝ってもらったのでは適切な練習を積めているのか不安になる方もいるでしょう。

そうした場合には転職エージェントに相談すると面接の練習を行ってくれます。

特にオンライン面接を経験していない方は、不安点を解消するためにも1度連絡してみてはいかがでしょうか。

面接以外にも転職における疑問点を解消してくれることでしょう。

まとめ

スマートフォン

今回はオンライン面接の受け方や気をつけるべきことを中心にご紹介しました。

対面式の面接とは違ったマナーや注意点が存在しているため今回の記事で知ったことを心に留め、企業に好印象を与えられる方法を実践していきましょう。

また、その際慣れない環境だと思わぬトラブルが生じてしまう可能性があります。

そうしたトラブルを避けるためにも転職エージェントに相談し面接の練習を積みましょう。

転職を有利に進めるために今回の記事を役立てていただければ嬉しいです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!