転職採用の面接ではなるべく応募者の本音を引き出すための質問をしてきます。その1つがやりたくない仕事をするよう命じられたらどうするかという内容です。

もし面接時に聞かれたらどう返答したらよいのでしょうか?女性の本音の部分をどううまく伝えたら納得してもらえるのかを解説していきます。

やりたくない仕事に対する前向きな答えが大前提

パソコンの画像
転職の面接試験では面接官からややいじわるな質問をされることも考えられます。その中の1つがやりたくない仕事は何かという質問です。
もし新卒での採用面接であれば自分の気持ちを率直に答えても大目に見てもらえるようです。
しかし転職者ともなると素直に答えていいものなのでしょうか?実は転職者もこの質問で素直な気持ちを伝えても問題はありません。
面接だからと「なんでもやります」といったご機嫌を伺うありきたりな返答はむしろしないほうがよいでしょう。
ただし質問に対する返答の仕方に前向きな工夫をしておく必要があります。

やりたくない仕事を書き出してみよう

パソコンを触る画像
なぜ面接官はわざとやりたくない仕事について問うのでしょうか?これは応募者の仕事に対する捉え方を客観的に判断するために聞いています。
そのためやりたくない仕事はやらないという回答をしたからといって不採用にされることはまずあり得ません。
逆になんでもやりますという回答では正論したがって指示を待っている積極性のない人物という評価になってしまいます。
やりたくない仕事や苦手な仕事があるのは当然なことです。
返答のポイントとしては、どのような仕事をやりたくないと感じ、その上でどのような思いで対峙するつもりかを答えるようにしましょう。
そのためには今の自分がやりたくない仕事を把握しておく必要があります。

大まかな仕事を書き出す

自分ならやりたくないと思う仕事を細かくリストアップしてみることおおすすめします。
まずは大まかに自分にとって嫌な仕事とは何かをランダムに書き出してみましょう。
ざっくりと大見出しとして捉えてみるのがポイントです。そこからさらに展開をしていきます。
例えば営業職がやりたくない仕事だとしたら、その中でも何が自分に引っかかっているのかをできる限り具体的に書き出していくようにします。

作業レベルまで深堀りする

同じ営業の内容でも新規獲得で飛び込みするのが怖いという人もいるでしょう。
またルート営業でいつも嫌な顧客に会わなくてはならない苦痛を味わいたくないという人もいるはずです。
大きな見出しをさらに細分化して細かく自分ごととして切り分けてリストアップすると、得手不得手が見えるので自己分析としても活用できます。

やりたくない理由を考えてみよう

メモを取る画像
書き出したやりたくない仕事を自分は何故やりたくないのでしょうか?自分やりたくない仕事の大きな理由と原因を考えてみましょう。
そこにはどのようなきっかけがあったのでしょうか?なぜそのきっかけが今でも苦手なままなのかをもう少し細かく思い返してみることです。

苦手意識を持ったエピソードは?

キーボードの画像
やりたくない仕事には必ず嫌いになったきっかけやエピソードがあるはずです。その理由を深掘りしていきましょう。
おそらくとても私的な内容が含まれているはずです。子供が玉ねぎやニンジンを嫌うのとほぼ似たような些細なことだったと思い出せるはずです。
それを克服する必要はありません。今大切なのは苦手意識を持った理由に気づくことです。
そのためにこそエピソードを順番に思い出してください。

ストーリー仕立てにする

やりたくない仕事になった原因やそのエピソードは面接時に伝える手段に変換する必要があります。
そのための方法として相手にストーリー仕立てで伝える文章レベルにしてみることをおすすめします。
何が起こりどうなったのかを順序立てて物語風にして書き出します。出来上がった文章は音読してみましょう。
口語表現にして違和感がなければ十分です。

納得できる内容か確認

もし自分が面接官だとしたらその内容を読んで納得できそうでしょうか?読みながら修正を加えて完成させていきましょう。
なぜやりたくない仕事なのか理由の細部にまで行き届いているからこそメッセージとして伝わります。
さらに肝心なことは、ただやりたくないと言って終わるのではなくもし現実味として浮上した時に今の自分はどう対峙しクリアするのかを考え抜くことです。
例えばできない個所ややれない個所は誰かに相談しながら解決するといったポジティブな対処方法を添えていくことがポイントです。

その仕事をやるメリットは何か

マーカーを使う画像
やりたくない仕事を続けることは辛いものでしょう。本当はもっと他にやりたい仕事があったという方もいるのではないでしょうか?
ところが必ずしもやりたくない仕事を続けることが悪い方向にいくとは限っていません。実際に続けた結果で生まれるメリットもあるのです。

会社にとってのメリット

やりたくない仕事でも割り切って続けてくれるスタッフがいることは会社にとってもメリットがあります。
やはり仕事そのものを真剣に捉えてやってくれるスタッフなら安心して任せられるからです。
もちろん好きでやり続けてくれるスタッフのほうが理想的です。そうではないとしても間違ったことは安易に犯さないだろうと客観的な判断ができます。
もしもっと仕事を好きになってほしいと願うのであれば、会社自体がスタッフから目をそむけてはなりません。
今の時代では終身雇用を頼りに続ける社員のほうが少ない現状です。
少しでも長く継続してほしいのであれば主従関係で縛りつけるのではなく社員の声も真摯に受け止める必要があるでしょう。

自分にとってのメリット

女性2人の画像
やりたくない仕事を続けることで育まれるのがキャリアビジョンです。入社したての年収が低かったとしても、実力次第で増えていく場合もあります。
それに習慣により自分の立ち位置も明確になるため、たとえやりたくない仕事だったとしても成果が出るとやりがいにも気づくことがあります。
会社のしきたりや待遇に不満がない限り、多少の嫌なことがあっても続けることでスキルになって身につくというメリットも考えられるでしょう。

無料転職相談をして自分に合う仕事を見つけよう

 

どのように向き合うべきか考えよう

ノートを開く画像
いくら仕事とはいえ心からやりたくない仕事を命じられてしまった場合は悩みどころです。
上司からの頼まれごとなので断れないとストレスを抱えてしまいかねません。その場合は自分にとってどうすれば最善な方法なのかを見出すことが大切です。
やりたくない仕事でも向き合い方で変えることができるかもしれません。
やりたくないと感じてしまう根本的な理由がどこにあるのかを探っておく必要があります。
そもそも面倒な雑務でしかない内容かもしれませんし、精神的に別な事情を抱えて仕事どころではない状態かもしれません。
その時の自分の状態や抱えている課題が左右している可能性が高いといえます。
やりたくない仕事を引き受けても何とかなりそうかどうかをはっきりと決めるようにしましょう。

面接官が見ているポイント

タブレットの画像
面接官が応募者にわざわざやりたくない仕事を問うのはなぜなのでしょうか?その質問には面接する側の意図があります。
あえて答えにくい質問をすることによって何を知ろうとしているのかを解説していきましょう。

仕事に対するモチベーション

やりたくない仕事を頼まれたらどうするかという質問をする理由の1つは仕事についてのモチベーションをどのくらい持っているのかを判断するためです。
先述したように新卒者であれば何でも経験が大切なのでどのような回答をしても大目に見てもらえるでしょう。しかし転職者なら今までの実務経験もあるはずです。
その中で嫌な仕事を引き受けることも断ることも体験済みではないでしょうか?どのように切り抜けてきたのかを知りたいのは当然です。
何でもかんでも受け身で引き受けるような人物は即戦力としてふさわしくないかもしれません。
得意ではないことを無理やりお願いする以上は相手にもリスクを覚悟してもらうよう交渉する能力も必要だからです。

仕事に対する責任感

スマホの画像
仕事への責任感を問うこともこの質問の意図です。通常なら成果物を期限までに守って納品することが前提でしょう。責任を伴うのが仕事です。
ただしやらされている感丸出しで不得意なことを引き受けるのはかえって無責任です。
誰にでもできないことは必ずあるのですから、その上でどうするのかを相手に説明することが本当の責任感です。
内容を聞いた上で、この部分は自分にできるがここからは当方では無理だから他に振ったほうがよいといった具体的なところまで落とし込んで説明できるでしょうか?

相手に伝えるコミュニケーション力

やりたくない仕事をやるかという質問をすることで組織の中で仕事をする意識を持っているのかも確認しています。
仕事とはあらゆる人々とのコミュニケーションがあることで成立するものです。
しかも企業内に転職するのであればチームで困難に対応するのが普通でしょう。
もし自分ではやれない仕事でも他の人の力を借りて達成することはできないのでしょうか?
この質問ではコミュニケーションについてどう捉えているのかについても言及しているのです。

企業は本音が知りたい!

記入する画像
面接での質問をすべて「はい・いいえ」で答えられる項目にしたほうが面接をする企業側も効率的かもしれません。
しかしそのような紋切型の質問では応募者の本音を引き出すことができないのです。
そのため短い時間内でどこまで本音を引き出せるかを考えた末に、やりたくない仕事についてなどの意地悪な質問事項をするようになりました。
本音の部分をどう伝えれば好印象に受け取ってもらえるのでしょうか?

「何でもやります」は自主性が見えない

嫌な仕事でも喜んで引き受けるといった回答は一見するとポジティブなイメージに写ります。しかしそれが通用するのは新卒者の面接だけだと思ってよいでしょう。
新卒者はまだ社会人としての業務のイロハが分かっていませんから素直に受け入れられます。
しかし転職者が「何でもやります」という回答をすると自主性に欠けた指示待ち人間というレッテルを貼られかねません。
仕事をいただくだけでありがたいといった正論を言う人ほど、本音では何を考えているのか分からないものです。
面接官は何度もそのような応募者に会ってきているので簡単に見破ることができます。

よく見せようとしない

何でもフルにこなしますという回答をする応募者を目の前にして、面接官はどんな印象を受けるでしょうか?
一見すれば頼もしい将来性のある人材というように映るかもしれません。ただし経験値の高い面接官ほどこのような常套句を忌み嫌います。
理由はアピールの具体性がなく、ただ自分を高く見積もっている印象だからです。今まで困難を乗り越えた人物なら今が最も本当の能力を見せる場面です。
答えにくい質問に対する適切で具体性がある回答ができるからこそ実地で鍛えられた人材だと判断できます。

本音をポジティブな言葉でカバーしよう

やりたくない仕事を与えられる際、その内容から判断した本音を重視しながらお互いが納得できる選択をする必要があります。
自分ができないとしても代替案を提示することも可能なはずです。本音と建前をいかにコントロールできるかを考えて回答しましょう。
面接官の狙いは本音を引き出したいことと窮地をいかに切りぬけるのかを試しています。
誰しも回答しにくい質問であることは知っていますし、それは面接官も承知していて当たり前です。
でも今後入社が決まって実地ともなれば、嫌でも引き受けるかどうかを選択するシーンはたくさん起こり得るでしょう。
その時に仕事に対する創意工夫をするスキルがあれば乗り越えることができます。
面接の時点で当人のすべては分からないでしょうけど、素質があるかは判断できるのです。

伝え方を決めよう

カレンダーの画像
やりたくない仕事は何かと尋ねられたらどう伝えるべきか工夫をすることが重要です。やりたくない仕事があるのなら本音を伝えるしかありません。
そのため伝え方を事前に考察しておくにはいくつかのポイントがあります。正直に伝える前にまずは伝え方を理解しておきましょう。

今までの職歴と矛盾しないか確認

今までの経験上と比較して矛盾なことを発言しないよう心がけましょう。
やりたくない仕事についての回答を説得力のある内容にするには自分の体験を振り返ってみることです。
とくに失敗した経験にスポットを当てて理由も添えながら説明できればよいでしょう。なぜなら失敗談は自分の本音そのものではないでしょうか?
失敗したことを素直に話すから真実味が増すのです。そうすることにより今までの経歴との矛盾が生じなくなります。

誰かに聞いてもらおう

やりたくない仕事が何かを面接で聞かれることを前提にして事前に練習をしておくこともよいでしょう。
そのために擬似的な面接のスタイルを試してみるという方法です。
面接官役を誰かにしてもらい実戦さながらに一連の流れを練習してみてはどいでしょうか?
その中に質問事項としてやりたくない仕事の項目も聞いてもらい、どのような感想を持ったのかを伺って参考にすると本番でも役立ちます。

自信がなければ転職エージェントを活用!

テーブルの画像面接での質問事項は今回のようにシビアで意地悪な側面も含まれる可能性があります。
それを前提にして平常心で受けられればいいのですが、どうしても自信がないようなら転職エージェントに相談して活用するのもよいでしょう。
転職エージェントは転職に関する専門家です。求人紹介をするのが転職エージェントというイメージですがそれだけではありません。
転職に関するサポートの体制が整っています。面接試験の擬似的なトレーニングも行なっていて、その結果のフィードバックも的確にしてくれるのでおすすめです。

まとめ

コーヒーとパソコンの画像
転職面接でやりたくない仕事についての質問をされた時は正直に気持ちを伝えるのが正解です。
その回答によって印象の悪さが残ってしまうのではと心配するのも無理のないことでしょう。しかし回答の方法を工夫しながら本音をを伝えれば問題ありません。
面接では言うべき時に言える本音を引き出せて、その上で説得できる能力を知りたがっているのです。その点を踏まえてぜひ面接に望んでみてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!