面接前には十分備えて臨みましょう。

しかしどのような準備をすればよいのか、不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは面接前に確認すべきことをチェックリストとして紹介しています。

前日から直前にできる面接の準備を確認してください。身だしなみや持ち物のリストも掲載します。

面接前に確認しておくべきこと【5つのポイント】

メモ

面接前にいろいろなことが気になって、何度も確認をしてしまうという方も多いのではないでしょうか。

確認しておくべきことを種類別にリストアップしておけば、効率的にチェックすることができます。

面接の詳細

ビル

面接会場の場所交通手段は必ず確認しておきましょう。時間に遅れないようにチェックすることが重要です。

面接の内容・質問について

面接での質疑応答は、事前にシミュレーションしておくとスムーズに行なえます。

質問はある程度決まったものがありますので、チェックリストを参考にしてください。

身だしなみについて

スーツ

第一印象を良いものにするためにまずは身だしなみに気を配ります。

面接官に良い印象を与えることができれば、面接中も上手くコミュニケーションが取れるでしょう。

特に面接では、身だしなみができているかどうかで社会人としてのマナーを判断されます。

持ち物について

小物

意外と見落としがちなものもあります。チェックリストを活用して事前に準備しておきましょう。

マナーについて

社会人として一般的なマナーは身につけておきましょう。不安であればチェックリストで事前に確認してください。

前日までの【4つのチェックリスト】

リスト

前日までに準備が必要なチェックリストを具体的に解説します。

面接の詳細チェックリスト

交通

  • 面接時間・受付時間の確認をする
  • 面接会場の場所の確認をする
  • 面接会場へのアクセス方法の確認をする
  • 面接会場までのアクセス時間の確認をする

面接時間は厳守しましょう。受付時間や集合時間が決められている場合は必ずその時間に従います。

時間は必ず前日までに確認してください。

会場へのアクセスも重要です。交通機関のトラブルも考慮して、複数のルートを検討するのも良いでしょう。

会場までのアクセス時間はギリギリにならないよう余裕をもたせます。

質問への対策チェックリスト

メモ

  • 企業への志望動機は的確か
  • 十分に応募する企業の分析ができているか
  • 簡潔な自己紹介の準備を考えたか
  • 会社に貢献できるようなスキルやの経験を伝える自己PRがあるか
  • 将来のキャリアビジョンは考えたか
  • 企業への逆質問を準備したか

志望動機はとても重要です。一般的な志望動機ではなく、応募した会社ならではの志望動機があると良いでしょう。

採用担当者は「就職後どのように会社に貢献・活躍してくれるか」を見ます。

自分が会社に貢献できるスキルや経験をアピールしましょう。

そのためにも、応募する企業がどのような人材や能力を求めているのかを事前にしっかり分析しておきます。

逆質問を求められる場合もありますので、臨機応変に対応できるよういくつか質問を準備しておきましょう。

持ち物のチェックリスト

ハンカチ

  • 履歴書や職務経歴書
  • メモ帳や筆記用具
  • 採用担当者の名前と緊急連絡先
  • 交通状況の確認できる地図やアプリ
  • 印鑑
  • ハンカチとポケットティッシュ
  • 運転免許書

当日提出する書類はしっかりと前日までに準備しましょう。当日慌てて揃えることがないようにします。

事前に書類を提出する場合にはコピーを持っておくと良いでしょう。

必要な持ち物の指示がない場合でもメモ帳と筆記用具は準備しておきます。

なにか重要なことはメモをとる習慣を身につけておきましょう。

念の為に交通状況を確認できるアプリや地図があると安心できます。

意外と見落としがちな持ち物は、ハンカチとポケットティッシュです。

社会人のマナーとしていつでも出すことができるようにしておきましょう。

運転免許を持っている場合は運転免許書も忘れないようにします。

印鑑は交通費の支給などある場合もありますので準備しておいたほうが良いでしょう。

身だしなみのチェックリスト

爪

  • スーツのシワを確認する
  • シャツにアイロンをかけておく
  • 靴を磨いておく
  • 爪は清潔な印象にする

社会人らしく清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

当日鏡の前で確認するのは勿論のこと前日までに準備できることもあります。

スーツにシワがないかパンツスーツであればズボンはきちんとプレスされているかなど事前に確認しておきましょう。

シャツにはアイロンをかけておきます。その際に汚れがないか確認しましょう。靴も磨いておいてください。

爪は清潔感の感じられる長さに切りそろえておきます。職種にもよりますが派手なネイルは控えましょう。

チェックリストを活用する

メモ

チェックリストをただ眺めるよりも、実際にチェックを入れてみてください。

自分が準備しているということがはっきりと分かります。準備をしたという気持ちがあれば余裕が生まれます。

余裕を持って当日を迎えましょう。

当日・直前の【3つのチェックリスト】

デスク  面接日当日・直前に慌てないようチェックリストを確認しておきましょう。

当日の身だしなみチェックリスト

  • スーツの着こなし
  • 髪型は適切なものか
  • 清潔感のあるメイクになっているか

スーツの着こなしは必ず当日確認しましょう。しわになっている部分がないか、シャツに汚れがないかを鏡の前に立って確認します。

スカートの中心位置にズレがないかも見ましょう。髪型やメイクは清潔感があるかチェックします。

一般常識があるのかどうかは着こなしでも判断されますので、面接直前に確認するとなお良いでしょう。

マナーについてのチェックリスト

メモ

  • 入室のマナーの確認
  • 挨拶の確認
  • ドアの閉め方の確認
  • 着席のしかたの確認

面接当日のマナーにも気を配りましょう。

面接の順番を控室で待つときは、キョロキョロせずに着席して静かに待ちます。資料を確認するなど心を落ち着けておきましょう。

入室時にはノックを3回します。返事を待って入室しましょう。

ドアを後ろ手に閉めるのはマナー違反にあたります。ドアを締める際はドアを見て閉めるようにしましょう。

挨拶ははっきりとします。良い印象を与える挨拶のしかたを確認しておきましょう。着席を促されたら着席してください。

気持ちの整理をするチェックリスト

デスク

  • 表情が硬くないか
  • 自然な笑顔を心がけているか
  • 姿勢を正しくしているか
  • 気持ちに余裕があるか

面接の直前になると緊張して頭が真っ白になってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

そうなる前にチェックリストを十分確認しておきましょう。

終始硬い表情ではコミュニケーションを上手く取ることができないと受け取られかねません。

自然な笑顔で会話できるよう心がけましょう。

姿勢が悪くなってしまうと印象も良くありません。面接会場に入室する前に姿勢を正します。

ここまでチェックできたらあとは気持ちに余裕をもたせましょう。

深呼吸するのも良い方法です。自分なりに緊張をほぐす方法を考えてみてください。

緊張を抑えるために面接前にできること

パソコン

緊張せずに面接に挑むことができれば普段通りの力を出すことができます。

そのためにもできるだけ緊張を抑えて面接に臨みましょう。

前日はあまり気負わず普段通りに一日を過ごすのも大切です。

面接前に確認すべきチェックリストのまとめ

デスク

面接前 に確認するべきことは多いです。一つ一つチェックリストを追いながら確認していきましょう。

準備がきちんとできたと感じることで心に余裕も生まれます。

志望動機やキャリアビジョンに迷ったら、具体的にどのように自分が企業に貢献できるのか無料転職相談で確かめてみるのも手です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら