あなたが人生で一番成功したという事柄はあるでしょうか?

面接では成功体験に関する質問をされることがよくあります。

成功体験を説明しアピールするにはどう伝えれば良いのか分からないという人も多いでしょう。

今回は面接で成功体験をアピールする際の伝え方やポイントを解説します。

面接で定番の質問

向かい合って話す人々

これまでどのような成功体験があるのかは面接で良く聞かれる定番の質問です。

成功体験と聞くと何か大きな成果をあげたものを聞かれているように感じるかもしれません。

しかし実際には成果の大きさや華々しさはあまり重視されていません。

企業側はこの質問によって転職希望者の価値観や入社後にどのように会社に貢献してくれるかを探っています。

成功体験はその人がこれまでにどのような努力をしてきたのかという証です。

そのため成功体験の成果よりもその過程や努力が重視される傾向にあります。

成功体験を聞かれる理由

面接の場で企業側が確かめたいのは、その人が会社にあっているのか、どのように貢献してくれそうかという点です。

そのためこの質問も転職希望者が入社後にどのように働いてくれるのかを探るためという意味を持っています。

課題に対してどのように向き合うのか

資料を見ながら話す人々

まず注目されているのは乗り越えるべき課題に対してどのように向き合い取り組んだのかという点です。

実際に働き始めると大なり小なり問題が発生する場面に直面することになるでしょう。

その時どのように行動できるかが問題の解決を左右します。

課題解決のために目標をたてたとして、その目標が実現可能な現実的なものであったのか。

取り組む上で自身の明確な考えや思いなど、どのような価値観があったのか。

これらのことから転職希望者の適正を探っているのです。

経験から学びを得ているか

成功体験から何か学びを得ているかという点もこの質問でチェックされています。

成功体験では自分の行動によって得られた成果をアピールするのだと思われている方もいるでしょう。

しかし実際には結果よりもその過程やそこから何を学んでいるのかが重視されるのです。

成功して終わり、で次に活かせる学びがなければ自分の成長には繋がりません。

経験をスキルアップの糧にできる人の方が将来性を期待できます。失敗から学びを得て今後に活かせることも必要です。

そうした前向きな姿勢があるかも見られています。

成功体験の伝え方4つのポイント

成功体験では結果よりも過程が重視されていると解説してきました。

それでは面接で成功体験を聞かれた際の伝え方のポイントを解説します。

成功に至るまでの過程を説明

ノートPCで作業する女性

成功体験を伝える際は、成功に至るまでにどのように取り組んだのかという過程を説明しましょう。

転職希望者の中には同じような体験を成功体験としてアピールする人もいます。

しかし同じ成功であってもそこに至るまでの過程は人によって様々です。

過程を説明することで、その人自身がどのように行動したのかやどんな努力があったのかが具体的に伝わります。

困難にどのように対処したのか

目標を達成する時、何も困難なことがなく順調に成功させることができたという事例は少ないでしょう。

大きな問題ではなく少し困った程度のことであっても、何かしらのつまづきがあるはずです。

その困難を乗り越えるためにどのような工夫して行動したのかという努力したことを伝えましょう。

これを伝えることにより、課題解決能力の高さをアピールすることができます。

成功体験から学んだこと

本の上に置かれたメガネとスマホ

ただ成功した結果や過程といった事実だけを述べるのではなく、その中から何を学んだのかも伝えることを意識しましょう。

先述した通り、目標を達成してそこで終わりではその経験を自分の成長に活かせません。

経験から学びを得てこそ、その成功体験は意味のあるものだったのだと面接官に伝わります。

経験からさらなる自己成長につなげているという向上心を持っていることをアピールしましょう。

企業でどのように活かせるのか

企業はこれまで得た知識や経験を自社で活かし、会社に貢献できる人材を採用したいと考えています。

成功体験で得たものがあったとしても応募した企業で活かせるものでなければ十分なアピールにはなりません。

そのため成功体験から得た学びや成長がどのように会社で活かせるのかという点もアピールしましょう。

この点をアピールすることで面接官も実際に働き始めたらどのように働いてくれるのかイメージしやすくなります。

さらに企業理念や事業に絡めて具体的に伝えることで企業への理解度もアピールできるでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

成功体験が思い浮かばない場合

白紙のノートとペン

成功体験をどう伝えるかは難しいものですが、そもそも成功体験が浮かばないという人もるでしょう。

面接でアピールになる成功体験というと何か大規模なものを思い浮かべてしまうかもしれません。

しかし実際に面接で重視されているのは成功に至るまでの過程であり、努力やそこから得たものです。

さらにその成功体験から得たものが会社で活かせるものである必要があります。

そのため成功した結果の華々しさよりも内容を重視して探してみましょう。

成功体験を答えないのはNG

ノートPCで作業する人

成功体験が思い浮かばないからと、成功体験はないと回答するのはNGです。

成功体験の関する質問は面接でよく聞かれる質問であり、その質問に対する答えがなければ準備不足と思われてしまうでしょう。

さらにこの質問は自分の経験や向上心をアピールすることができるものです。

その質問に答えないのではアピールする機会を自分で無くしてしまうことになります。

自分の意欲や熱意を伝えるためにも成功体験の質問への回答を準備しておきましょう。

成功体験の探し方

アピールできるような成功体験が浮かばないという人は難しく考えすぎているのかもしれません。

面接でアピールできる成功体験の探し方を解説します。

力を入れて取り組んだこと

資料に書き込む女性

これまで自分が力を入れて取り組んできたことから成功体験を探してみましょう。

学生時代の部活動や勉強など、何かの目標に向けて頑張ったことがあればその中に成功体験としてアピールできるものがあるはずです。

小さな目標であったとしても目標達成までの努力や経験によって得たものがあるでしょう。

それらを自己成長につなげ、さらに会社でも活かすことができれば十分に成功体験としてアピールできます。

趣味などから考える

成功体験で重視されている過程や経験から得たものをアピールできるのであれば趣味などから考えるのも良いでしょう。

自分の好きなことだからこそ長く続けていたり常に探究心を持って取り組めるという人もいるはずです。

しかし実際に実行するのは難しいことであり、これができるというのはアピールに活用できます。

自分で思いつかない場合は人に聞いてみる

成功体験を探しても自分ではどうしても見つけられないという場合もあるでしょう。

その場合は家族や友人などに相談して探すという方法もあります。

自分では特別だと思っていなくても、他の人から見れば十分にすごいことである可能性もあります。

自分と違った視点での意見をもらうことでアピールできる成功体験が思い浮かぶでしょう。

さらに実際に同じ目標に向けてともに取り組んだ人に聞けば自分が覚えている以外にもアピールに使える話を聞けるかもしれません。

自分だけで考えるのは難しいと感じたら第三者に相談してみてください。

まとめ

スマホを見ながら作業する女性

成功体験に関する質問は結果よりもその過程やどのような努力をしたのかという点です。

たとえ華々しい成果だったとしても、そこから得たものがなければアピールにはならないでしょう。

その体験を通して自分が何を学んだのか、それを今後どのように活かしていけるのかということを意識して回答を考える必要があります。

もし1人で考えることが難しければ身近な人に相談してみるのも良いでしょう。

さらに転職エージェントに相談することでより転職の際のアピールに効果的な話題が見つかるかもしれません。

質問の意図を理解した成功体験を話し、面接を成功させましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら