面接において第一印象がとても大事であることはいうまでもありません。

そこで多くの人はスーツや髪型といった身だしなみに意識を向けます。

しかし、その中で「」にまで意識を向ける転職者は中々いらっしゃらないでしょう。

実はその「声」こそが面接においてはとても大事だったりするのです。

話し方や声のトーン1つで面接官が転職者に対して抱く印象は大きく変わります。

本稿では面接での声の重要性をしっかり解説していきましょう。

また、採用される人の声の特徴や好印象を与える声の出し方と話し方のコツも紹介します。

メラビアンの法則

見た目

転職者であれば誰もが1度は「メラビアンの法則」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。

人は顕在意識として現れる第一印象でほぼ全てが決まるといわれています。

その内訳は55%が視覚の情報、38%が聴覚の情報、そして7%が話の内容です。

つまり非言語的情報が9割以上を占め、声の重要性はこの内45%を占めます。

いかに声が面接において重要視されているかをご理解いただけたでしょうか。

まずこの法則をきちんと押さえた上で面接での声の重要性を細かく解説していきます。

面接での声の重要性

それでは面接における声の重要性について解説していきます。

大切なのは内容よりも反応

反応

面接官が重要視しているのは話の内容よりも質問に対する反応です。

転職活動において面接官は実に多くの人々と面接してきています。

その為、話す内容は大体似たり寄ったりのものが多く差別化が出来ません。

また、服装や髪型などの身だしなみを見ても余り差はつかないでしょう。

だからこそ転職者の反応の仕方が大きな決め手となるのです。

反応と声は一致する

一致

転職者の多くが自覚していないことですが、実は声の調子と反応は一致します。

何故ならば声の調子と反応はその転職者の体の中から出るものだからです。

良い内容を話していても声と反応が一致しない場合は面接官に内容が伝わりません。

頭で考えた内容は嘘をつきますが、声や反応は嘘をつかないのです。

声の調子はあくまでも体の反応の一部であることを認識してください。

顕在意識と潜在意識

潜在意識

上記の内容をまとめると、視覚情報と聴覚情報は全て潜在意識の問題です。

そして言語情報である話の内容は全て顕在意識の問題となります。

そう、面接官は殆ど表面化する転職者の潜在意識を見て合否を決めるのです。

だからこそ、声は潜在意識の表象として重要な決め手になるのではないでしょうか。

転職者が体や心で感じたことは実は面接官にわかりやすく伝わるものです。

採用される人の声の特徴

上記を踏まえて、それでは面接官に採用される人の声の特徴は何でしょうか?

ここでは細かく解説していきましょう。

表情と声が一致している

表情

まずは表情と声が一致していると自然と面接官に採用してもらえる確率が上がります。

明るい表情だと面接官も非常に聞き取りやすく素直に耳を傾けられるでしょう。

逆に表情が明るくても声が小さかったり、声が大きくても表情が暗かったりすると好ましくありません。

上記したように人間の潜在意識は表面化するもので距離も近い分面接官に直に伝わります。

遠くまで響く

響く

2つ目に遠くまで響くような声は面接官に採用してもらいやすくなります。

この遠くまで響く声とは叫ぶことではなく発するだけで人を惹きつける芯の強い声のことです。

そんなに叫ばなくとも発するだけで人を注目させてしまう魅力のある方がいるでしょう。

そういう人の声は決して揺らがず安定感があり自分に自信があるように聞こえます。

面接官はそういう声の持ち主こそが採用後に活躍してくれると考えているのです。

リズム感があり抑揚がついている

リズム

そして3つ目に声にリズム感があり話し方に抑揚がついている人の声は印象に残ります。

よく通る声であったとしても話し方が一本調子でリズム感がないと単調に聞こえるものです。

そのような声だと面接官はどこを強調して伝えたいのかが分かりにくく判断に困ります。

そうなるとどれだけ熱い思いを伝えても採用に繋がりにくくなってしまうのです。

それを避けるためにもリズム感と抑揚のついた声かどうかはとても大事でしょう。

好印象を与える声の出し方と話し方のコツ

声を出す

それでは上記してきたような好印象を与える声はどうすれば出せるのでしょうか?

ここでは面接官に好印象を与える声の出し方や話し方のコツを7つ紹介します。

姿勢を改善する

良い声を出すためにはまず姿勢を改善することが何よりも大切です。

背筋はきちんと伸ばし顎をやや下げて面接官の目をしっかり見て話しましょう。

まずはしっかり声を出せる体を作っていくことで良い声を出せるようになります。

呼吸法を改善する

2つ目に呼吸法を腹式呼吸に切り替えて音圧を出せるようにしましょう。

よくアーティストや役者が腹式呼吸を行うのは舞台上でお客様に届く声を出す為です。

面接も同じであり、面接官によく届く声を出すために呼吸法を改善してください。

話し方に抑揚をつける

上記したように話し方が一本調子にならないよう話し方に抑揚をつけてください。

特にここぞというポイントでは速度を緩め、声量をやや大きめにすることが大切です。

そうすることで面接官にも転職者の自己PRがより伝わるのではないでしょうか。

内容と表情・声を一致させる

変に面接官に好かれようとせず内容と表情・声をしっかり一致させてください

その為にも自己分析を徹底的に行い伝えたいことを的確に伝える練習を繰り返すことです。

顕在意識と潜在意識を一致させることで初めて面接官に伝わる声を出すことが出来ます。

親・友人と練習しチェックしてもらう

面接は決して1人では出来ないので親や友人と練習しチェックしてもらいましょう。

この時に大事なのは親・友人を面接官だと思って本番以上の緊張感で取り組むことです。

練習を100%以上にやってこそ初めて面接本番で100%を発揮することが出来ます。

面接官を親だと思う

面接本番では逆に面接官を親だと思いリラックスした状態で臨みましょう。

練習を本番のように、そして本番を練習のように行うことが大事なポイントです。

それに、実際に採用されたらその面接官は上司として親のような近しい存在になる可能性もあります。

転職後の姿も想像するとより面接官に採用してもらえる確率は上がるかもしれません。

身振り手振りを交える

声だけではなく身振り手振りを交えながの表情豊かなパフォーマンスも意識しましょう。

ずっと声と表情だけで話すと面接官にやや堅苦しい印象を与えてしまいます。

そこで身振り手振りを交えながら話すと緊張も和らぎ、より自然な受け答えが可能です。

成功率を上げるよりも失敗率を減らす

失敗を減らす

こうして見ていくと、面接官に採用してもらえる声を作るためのポイントが見えてきます。

それは成功率を上げるよりも失敗率を減らす工夫が大事であるということです。

成功率を上げることは思っているよりも運や縁などの要素が複雑に絡み合います。

しかし、転職の面接でこれは失敗するという要素を減らすことはすぐにでも可能です。

声に関しても「こういう声では面接に落ちる」という観点から作ってみると良いでしょう。

そうすれば自然と面接官に採用してもらえる確率が上がるのではないでしょうか。

まとめ

面接

いかがでしたでしょうか?

今回は改めて転職の面接における声の重要性について細かく掘り下げてみました。

声は身だしなみの次に面接の合否を左右する重要な要素です。

だからこそ、普段から意識して良い声を作っていく努力が肝要ではないでしょうか。

もし転職活動をしていてうまく行かない場合原因は意外と声にあるのかもしれません。

どういう声ならば面接に落ちて、逆にどういう声ならば面接に通りやすくなるのか?

その辺りを冷静に客観視するとより良い声を生み出し転職成功へと近づくことでしょう。

本稿が少しでも転職活動の参考になれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら