「職務経歴書」は「履歴書」とは異なるものです。記載する内容も違いますし採用担当者がチェックするポイントも違います。

では実際に「職務経歴書」にはどのようなことを書くべきなのか、疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このページでは職務経歴書に書くべき内容の解説をしています。

特に「活かせる経験・能力」について職種別のアピールポイントの紹介もありますので参考にしてください。

「職務経歴書」と「履歴書」の違い

紙

「履歴書」は氏名や連絡先など基本的なプロフィールを伝えるものです。「履歴書」はある程度決められた方式に則って作成します。

採用担当者が「履歴書」で見るポイントは「出社までの距離」や「経歴」などです。

これに対して「職務経歴書」は、これまでの業務経験知識などを記載します。

採用担当者がチェックするポイントは「求める能力を持っているか」「会社で活躍できる強みがあるか」です。

採用担当者がチェックするポイントを理解してから「職務経歴書」を作成しましょう。

職務経歴書に書くべき内容

用紙

一般的に職務経歴書はA4用紙1~2枚を使用して作成します。

履歴書のような決められた形式はありません。ですがある程度は抑えておくべきポイントがあります。

入社後に活躍できるイメージを採用担当者に伝えるように考えましょう。担当採用者が求めるアピールポイントを記載します。

違う職種からの転職であっても求められているスキル経験はあるはずです。まずは希望する会社が求めるスキルを考え、自分にできることや経験を当てはめます。

職務に関係ない趣味やプライベートな情報は書きません。

タイトル・氏名・日付

まずはタイトルを「職務経歴書」として書き出します。その下に氏名や職務経歴書を提出する日付を記述しましょう。日付は以降、西暦・和暦を統一します。

様式を整えて作成するとPCスキルのアピールにも繋がります。タイトルから書式を揃えておくことを心がけましょう。

要約・概要

職務経歴の要約は簡潔に書きましょう。勤務した会社名や勤続年数、従事した業務内容などをまとめます。

あまり長くなりすぎないよう注意が必要です。ダラダラとした長文は良い印象を与えません。

勤務中の企業

オフィス

現在勤務中の業界や業種・事業内容を記載します。雇用形態なども必要です。

上場・非上場・売上高やシェアなどを記載するとより具体的に伝わるでしょう。

職務経歴(職歴)

職務経歴はどのようなことができてどのように会社に貢献できるかを伝えるためのものです。

客観的な経歴を、数値などを盛り込んで説明しましょう。

活かせる知識・スキル

業務知識やスキルの他、ビジネススキルなども有効です。

Wordなら「文書作成・見積書作成・提案書作成」Excelなら「使用できる関数・機能」などを具体的に伝えましょう。

その他の職務経歴書に書くべき内容とは

メモ

この他にも、職務経歴書には資格・免許や自己PR・強み・意欲志望動機退職理由・転職理由などを記載します。

どのように記載すればよいのか、詳しくは無料転職相談を利用するのも良いでしょう。

誤字脱字に注意しながら自分をアピールしていきます。
 
無料転職相談をしてどのように活躍をアピールできるか確かめよう
 

転職に活かせる「活かせる知識・スキル」の書き方

メモ

職務経歴書の中でも「活かせる知識・スキル」に注目する採用担当者は多いです。

重要なポイントをきちんと理解して記述することにより、採用担当者へ良い印象を与えることができます。

どんな業種にも通用するようなビジネススキルやマナーを記述するのも良いでしょう。今までの仕事で培われた業務知識なども大きな武器になる場合があります。

会社が求めるスキルをアピールする

ポイントは入社後仕事で活用できるスキルであるかどうかです。自分が得意なことを羅列するだけではアピールに繋がりません。

転職を希望する会社の求める人材を研究し、それに見合ったスキルをアピールしましょう。

箇条書き方式で書く方法

箇条書き

箇条書き方式で書く場合は言いたいことを簡潔にまとめることができます。採用担当者にすぐに内容を理解してもらうことが可能になるでしょう。

あまり短すぎる文章は説明不足となり、かえって分かりづらくなってしまうこともあります。

過不足の無い言葉を選びアピールポイントを正しく相手に伝えましょう。

文章方式で書く方法

筆記

文章方式で書く場合は、より具体的なエピソードをはさみながら相手にイメージを正しく伝えることができます。

ただしあまりダラダラとした長い文章は良くない印象を与えかねません。本当に伝えたいことだけを厳選して記載しましょう。

「活かせる知識・スキル」職業別アピールポイント

スキル

「活かせる知識・スキル」は5つ程度にまとまっていると良いでしょう。そのため本当に伝えたい情報を厳選します。

ポイントは入社後に活かせる知識経験であるかどうかです。そのためアピールすべきポイントは職業によって違ってきます。

ここでは職業別のアピールポイントをまとめました。

営業職のアピールポイント

営業

採用担当者が見る営業職のチェックポイントはターゲットや営業スタイル・実績などです。

客観的な情報を提示して採用担当者に具体的なイメージを伝えましょう。営業の実績は数字で記載してください。

マネジメント経験や顧客への最適な提案をする能力もアピールポイントになります。

営業の経験があまりない場合は、粘り強さや新規開拓のためのコミュニケーション能力・仕事への意欲などをアピールしましょう。

事務職のアピールポイント

パソコン

事務職は一般事務・営業事務・医療事務など多くの種類があります。

これら事務職に共通して求められる能力は、事務スキル・PCスキル・コミュニケーション能力です。活かせる経験は事務職経験・各種書類作成経験・簿記の知識などになります。

PCのスキルを記載する場合は具体的にどのソフトウェアを使用してどのような業務を行ってきたのか書きましょう。

MOSやPCに関連する資格を保有している場合は大きなアピールポイントになります。

他の職種から転職を希望する場合は、前職で培ったコミュニケーション能力や入社後必要だと思われる専門分野の知識を盛り込みましょう。

販売・サービス職のアピールポイント

アパレル

販売・サービス業の経験者であれば実績を数字で記載できます。どのように売上を伸ばしたのか・目標を達成していたのかを具体的にアピールしましょう。

販売の経験がなければPOPの作成能力やコミュニケーション能力をアピールすることで、入社後の活躍をイメージしてもらえるでしょう。

店舗売上に貢献した経験やコンテスト受賞経験などもアピールポイントになります。

ITエンジニアのアピールポイント

図

ITエンジニアは実務経験や使用可能なプログラミング言語などを具体的に提示しましょう。

チームリーダー経験やアプリケーション開発の知識などもアピールポイントです。採用担当者が欲しいと感じるスキルを優先的に記述してください。

関わってきたプロジェクトやその中での役割などを伝えるのも良いでしょう。

転職に活かせる経験の書き方まとめ

パソコン

「職務経歴書」は時系列に経歴を書くだけではありません。採用担当者にアピールすべきことをまとめた文書です。

採用担当者がどのような人材を求めているのかを理解し簡潔に書きましょう。具体的な数字を提示することも有効です。

もし自分の経験がどのように活かせるのか迷ったときには、無料転職相談を利用してみてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!