広報と聞くと華やかで明るいイメージを抱く人が多いと思います。実際に会社の顔ともいえる大切な役割を担っている職種です。

しっかり機能している広報がいる企業は、社内外のコミュニケーションが円滑で働きやすい企業だといえます。

憧れの職種としても選ばれやすい広報には、どのような人が向いているのかまとめました。広報を目指している人は参考にしてください。

広報の種類と仕事内容

マイク

広報の仕事は大きくわけると3つあります。種類によって仕事内容が変わってくるため、広報の求人へ応募する際の参考としてください。

社内広報

社内広報は、社員に対して広報活動をおこなうことがメインの仕事です。

会社の方向性や最新情報を共有したり、ときには社内のイベントを企画するなど、社員同士の潤滑油としての役割も担っています。

社内報がある会社であれば、社員へインタビューしたり新製品を紹介する記事を書いたりするのも社内広報の仕事です。

社員が欲している情報の収集、仕事の役に立つような情報を集めて拡散しなくてはいけません。

社内広報は、常に社内外にアンテナを張っていることが大切なポイントです。

社外広報

広報の求人で最も多いのが社外広報です。多くの人が広報の仕事と聞いて思い浮かべるもののほとんどが社外広報の仕事になります。

例えば、メディアに向けたプレスリリースや一般ユーザーに向けたSNSの更新など社外に向けた情報発信など。

特に力を入れてPRしたい場合は、取引先やメディア関係者のところへ出向いたり、テレビや雑誌の取材では顔出しをしたりと社外広報の仕事は多岐に渡っています。

社外広報として仕事をする上で大切なのが社内外へのネゴシエーションと人望。社外広報は取り上げてもらわないと仕事になりません。

社内での調整や取り上げてもらいやすい工夫は、欠かさずおこないましょう。

IR

IRとはInvestor Relationsの略です。企業が株主などに対して経営状況や業績などの情報を発信することを指します。

株主総会の運営や有価証券報告書の作成など、株主や投資家に向けて広報活動をおこなうことが主な仕事です。

経営状態を把握するために売上資料を読み解いたりと専門的な知識が必要となるため、広報ではなく経理部門が担当する企業もあります

日本では馴染みのないIRですが、投資などが注目し始めているため、今後注目度が高まる職種です。

広報に向いている人の特徴

icon

3つの広報職について紹介しました。どの種類にも当てはまる、広報に向いている人の特徴があるのでそれらをみていきましょう。

トレンドをいち早くキャッチできる

世の中に溢れている情報の中から、流行り始めている情報や流行りそうな情報をいち早くキャッチして、それを取り入れる能力が求められます。

更にいうとトレンドだけではなく、どこに今後流行るネタ・きっかけがあるか分からないので幅広い分野から情報を仕入れることが大切です。

昔と比べてSNSなどの普及により情報を仕入れやすくなりました。

それにより、SNSを毛嫌いせずに情報を取りにいく積極性が求められています。

今は注目されていないものでも数ヶ月後には、ドル箱となっているかもしれません。

コミュニケーション能力が高い

communication

社内広報や社外広報は多くの人との関わることで仕事が成り立っています。

社内広報は社員全員と話す可能性があり、社外広報は初めて会う人とのやり取りばかりだったり…好き嫌いをしていては仕事になりません

どんなタイプの人が相手でも物怖じせずに、自社のことをアピールできる人は広報に向いているといえます。

逆にコミュニケーション能力に長けていても、相手の顔色を見ながら仕事をする人は向いているとはいえないでしょう。

自分の伝えたいことはしっかり伝えつつも、コミュニケーションを取りながら良い関係を築く必要があります。

フットワークが軽い

広報はデスクに向かって黙々と作業をおこなう他に、社外でリサーチや客先に出向く仕事があります。

メディアによっては「明日公開の記事にコマが空いたから御社の商品を紹介しませんか?」というように急なアポイントが入ることも

急だからという理由で断るのではなく、すぐに客先へ向かえるくらいフットワークが軽いと広報としてはベストだといえます。

広報の成果は分かりづらく、そしてすぐには出てきません。

もし好意的ではないメディアだとしても、情報を流すことを止めず、定期的に足を運ぶことで道が開かれることがあります。

地道にコツコツとフットワーク軽く仕事ができる人は、広報に向いています。

広報として求められる資質

smiley

広報として活躍するためにはどのような資質があると有利でしょうか。今広報として活躍している人たちに共通する資質を紹介します。

柔軟性と好奇心

こだわりが強い人や特定のことに対する熱意が高い人よりも、幅広いことに興味があり固定概念にこだわりすぎない人が求められています。

それは、どこから流行りが起こるか分からないためです。一昔前はテレビから流行りだすことが主流でした。

しかし、今は音楽シーンだけでみてもYouTubeやインスタグラム、TikTokが与える影響はとても大きいです。

SNSだけみていれば良いかと思いきや、番組の企画から登場したグループが世間を騒がせたりと、なにがきっかけになるか分かりません。

時代の変化に合わせて柔軟且つ好奇心を持って取り組めるかが肝になってきます。

人に好かれる

hand

広報を上手くやる秘訣は、意外にも人との繋がりや人間関係を大切にすることです。

例えば情報サイトに載せる側の場合、仲の良い人からきたプレスリリースと知らない人からきたプレスリリースでは、仲の良い人のものを優先させますよね。

双方とも内容に大きな違いがなかったとしたら、人間なので私情を挟んでしまうことは避けられません。

また、雑誌をメインに広報活動をしていたとしても、雑誌関係者からテレビ関係者に紹介をしてもらって、テレビへ出演が決まるということも…

どこでどう繋がっているか分かりません。1つ1つの出会いを大切にできる人はいつか役に立つときがくるでしょう。

必要なスキルは?

study

広報が社内外に情報を出す方法は、大きく分けて言葉に発する方法と文字にして発する方法の2つです。

そのため、プレゼンテーション能力や文章力の高さが求められます。

広報は会社の代表として情報を伝えるため、魅力を最大限に引き出すことが求められる職種です。

説明が足りないのはもっての他ですが、説明が長すぎるものあまり好ましくありません。

ほどよい長さで分かりやすく相手に伝えられるようにすると、広報として重宝されるはずです。

あると有利な資格

pen

広報として働く上で必要な資格はありません。しかし、広報としての知識があると証明できる資格がレベル別に3段階あります。

広報として長く働きたいと考えている人は、受けてみてください。まず、1番難しいとされるのがPRプランナー資格です。

これは広報として働くために必要な知識に加えて、実務経験が3年必要だったり実技試験があったりと、取得するまでに時間がかかります。

ですがその分、広報としての信頼は厚くなる資格です。

次に、准PRプランナー。広報として必要な知識がある人が認定されます。もう1つは、PRプランナー補です。

広報として必要最低限な知識がある人が認定されます。

准PRプランナーとPRプランナー補は、筆記試験だけなのでしっかり勉強すれば取得できる資格

未経験で広報を目指している人は、准PRプランナーかPRプランナー補の資格があると転職時に優位になるはずです。

まとめ

success

広報に向いている人と有利な資格についてまとめました。

広報は華やかなイメージがありますが、営業や開発と違いグループで動くことがなく、孤独を感じやすい職種でもあります。

その反面、会社全員とやり取りする機会があるため、全ての部署に所属しているような気分になることも。

人と関わることが好きでいろんなことに興味がもてる人は、広報として活躍できること間違いなしです。気になる人はチャレンジしてみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら