転職面接はどうしても緊張してしまって苦手だという人もいるでしょう。

面接を成功させるには事前の練習が大切です。

しかしどれだけ練習したとしても本番でその成果が活かせなければ意味がありません。

今回は面接の効果的な練習方法や本番を成功させるためのポイントを解説します。

転職成功のカギを握る面接

ノートPCで作業する女性

面接は転職活動をする上で避けることができないもので、面接が成功するかどうかで転職できるかどうかも左右されます。

自分が評価される場であるために、自分を少しでもよく見てもらおうと余計に緊張してしまうものです。

その緊張によって思うように受け答えができない人もいるでしょう。

さらに緊張をそれほどしていなくても自分で意識できていないくせや受け答えの内容によっては選考に落ちてしまう可能性もあります。

こうした失敗をしないようにするためには面接練習が欠かせないのです。

面接練習をするメリット

面接練習をすることで本番で失敗する確率を低くすることができます。

練習することで期待できるメリットを解説します。

本番で過度に緊張することを防ぐ

向かい合って話す人

面接は普段とは違う環境で、自分の良いところ会社への熱意を伝えなければなりません。

しかし自分がその会社に転職できるかどうかという今後の人生を左右する場面で緊張しない人はいないでしょう。

その緊張によって思うように受け答えができず、失敗につながってしまうのです。

事前に本番の面接を意識した練習をすることで、本番でも過度に緊張することを防ぐことができます。

練習の際には面接官が実際にいると想定して入室から退室までの一連の流れを通してすると良いでしょう。

「自分が他者からどう見えるか」を意識できる

面接で面接官がチェックしているのは質問に対する答えだけではありません。

質問に受け答えする際の話し方姿勢などもチェックしています。

就職した後に取引先や顧客への対応をする場合、基本的なビジネスマナーができていないと会社としては任せることはできないでしょう。

受け答えの内容自体は良くても早口だったり声が小さすぎたりすればマイナスの印象を持たれかねません。

さらに姿勢や身だしなみが悪い場合も印象が悪くなってしまうため練習の時から意識しましょう。

面接練習のポイント

面接の練習といっても何も意識せずに練習していては練習の効果が感じられないでしょう。

面接を練習するときに特に意識したいポイントを解説します。

姿勢や声のトーン

会議室

話している時の姿勢や声のトーンは印象を大きく左右します。

足や腕を組んだり、声が極端に大きかったり小さかったりするのは面接に相応しくないことは誰もが理解していることでしょう。

しかし普段は意識していない、無意識でしてしまっている態度の中にも面接で気をつけたいものがあります。

姿勢で特に気をつけたいのが猫背顎が上ってしまうことです。

猫背では相手にやる気や自信がないように見えてしまいます。また顎が上っていると、相手を見下ろすような格好になるため偉そうな印象を与えてしまうでしょう。

椅子に座る際は背もたれにもたれないように椅子に浅く腰掛けて背筋を伸ばし、猫背にならないよう意識します。足は膝を閉じて両手を開いて膝に重ねます。

話す時は相手の方を向き、普段よりも口を大きく開けてはっきりと話すことを意識しましょう。

さらに意識したいのが話すスピード・滑舌・語尾が尻すぼみにならないことの3点です。

これらを意識して自分の言いたいことが伝わるようにハキハキと喋ると好印象を与えられるでしょう。

回答を一度書き出す

メモを書く女性

回答を覚える前にまずは回答を字に起こしてみましょう。

頭の中だけで考えるとまとまっているようで実際は曖昧な表現や具体性がない回答になっている可能性があります。

自分の回答を字で見ることで内容の矛盾具体性がないなどの問題点を見つけやすくなります。

また頭の中だけではいまいちまとまりきらない内容も文字にすることでまとめやすくなるのです。

余計な言葉で無闇に長い時間をかけて答えることを防げるだけでなく、より相手に伝わる内容にできるでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

スマホでできる練習方法

面接練習ではスマホを有効活用することで効果的な練習をすることができます。スマホでできる練習方法を解説します。

スマホで動画を撮影

スマホとイヤホン

面接の練習をする際、自分が人にどう見えているのかを意識することは重要です。

急な面接や一人暮らしなどの事情で、家族や友人に面接練習をお願いすることが難しい場合もあるでしょう。

その場合はスマホを使って練習してみる動画撮影もできます。

スマホを録画モードにして少し離して目線の高さに置きましょう。

その際、表情と全身が見えるようにすることで後から見直したときに自分が第三者の目にどう写っているかを確認できます。

練習の際も目の前に面接官がいると想定しながら本番さながらに回答していくことで、本番の受け答えもスムーズにできるでしょう。

入室から退室まで撮っておくと、ノックのし忘れなど、それらの場面で起きるトラブルを防げます。

また回答が出なかった際に言ってしまいがちな「えっと」や「あの」などの口癖や地元の方言、貧乏揺すりなどの癖が出てしまっていないか見直しましょう。

録画時間も表示されるため、回答にかかった時間を見て長すぎたり短すぎないかを確認しましょう。

音声入力モードを活用

音声で文字を入力することができる機能があるスマホなら、その機能を使って面接の回答を練習してみましょう。

メモ帳やドキュメントのアプリの中には、マイクを有効にして話すと話した内容をテキスト化するものがあります。

テキスト化されることで回答内容の再確認だけでなく、「えっと」など言葉に詰まった回数が目に見えて分かりやすくなるのです。

また聞き取れなかった場合は入力されなかったり誤入力されるので滑舌の改善にも繋がります。

面接練習にスマホを使うメリット

スマホを持つ人

スマホを使った練習をするメリットは1人でも第三者の視点から見ることができることと後から自分がどこを直すべきか確認できることです。

人から自分がどう見えているのかは自分ではなかなか分からないものでしょう。

スマホで録画することで自分の姿勢や受け答えする姿を客観的に把握することができます。

誰かに協力をしてもらえた場合でもスマホで練習を撮っておくことで、自分の視点でどこを直すべきかを判断できます。

本番の面接を成功させるポイント

本番に向けて練習を繰り返すことは重要ですが、常に本番を意識して取り組む必要があります。

本番の面接を成功させるために練習の時に心がけたいポイントを解説します

練習だけで満足しない

スマホとコーヒー

いくら練習を繰り返しても、本番で上手く受け答えできなければそれまでの努力が水の泡になってしまいます。

練習の量は本番への自信に繋がりますが、本番への意識を向けたものでなければなりません。

本番を意識できていなければ面接練習が上手くなっただけで、本番で真価を発揮しないでしょう。

練習を繰り返すことで、視線のずれや声の大きさなど自分の課題を見つけることができます。その課題を分析することで本番でも注意して話すことができるでしょう。

自己を分析し、この練習が本番でどう活きるかを意識して練習に臨むようにしましょう。

回答を丸暗記しようとしない

回答を自分の頭の中に用意しておくことは非常に重要です。しかし一言一句暗記して本番で全く同じことを話すことは避けましょう。

面接は直接対面して会話をし、その人がどんな人かを見る場です。

丸暗記しただけの回答を話すだけでは原稿を読んでいるような口調になり、相手にやる気や熱意といった感情が伝わりにくくなります

さらに本番で緊張によって頭が真っ白になってしまう可能性が考えられます。

その時暗記した回答も飛んでしまったら緊張と焦りでとっさに返答できなくなるでしょう。

これは練習になかった質問が来た時にも同様の状況になる可能性があります。

重要なキーワードや絶対に話したいことを覚えておく位に留めて、相手の質問に対して自分の言葉で柔軟に話していくべきでしょう。

まとめ

スマホを見る女性

面接本番は一発勝負です。本番で失敗しないように練習を繰り返して体を慣れさせておきましょう。

そして練習は本番を意識し、話し方・話す内容・回答する時間などを分析してどこをどう直すべきかといった考えを持って挑みましょう。

スマホの機能を駆使して、自分を第三者の視点から客観的に見てみることで、今まで気付かなかった癖が見つかるかも知れません。

意識を持った面接練習を繰り返せば自信と実力に繋がります。

1人では難しいという場合は転職エージェントに相談してみるのはいかがでしょうか。

より自分をアピールできるようあらゆる準備をして転職を成功させましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら