会社から毎年もらう源泉徴収票

小さい紙ですが、実はとっても大切な書類ということを知っていますか?

源泉徴収票は転職時にも使用する大切な書類です。

ここでは退職者の源泉徴収票の取り扱い方法を解説していきます。

転職に必要な理由やもらえない場合の対応などもまとめています。

なくしてしまったときの再発行の方法も紹介していきますで、転職時には必ず目を通すようにしてください。

源泉徴収票とは?

書類

源泉徴収票とは、1年間の給料や所得税が記載された法定調書のことをいいます。

自分に支払われた給料の額や、支払った所得税の額が記載されています。

働いた給料として支給される給与だけではなく、必要な方に所得税額を証明する書類として発行されるものです。

この源泉徴収票は特に必要な場面が存在します。

源泉徴収票が必要なときは?

小さい紙ですが、実はとっても大切な書類である源泉徴収票

それでは源泉徴収票が必要な場面というのはどのようなときなのでしょうか?

転職するとき

書類

最も源泉徴収票が必要となるのは転職するときです。

会社に勤めている間は会社が1年の給与から所得税を計算し、毎年の年末調整をしています。

そのため社員自身は特に自分で所得税を計算したりする必要はありません。

努めている会社が税金の計算をして、給料から所得税を引くという形で代わりに税金を納めているというイメージです。

つまり転職によって、その年末調整をしてくれる会社が変わるという際には源泉徴収票が必要になります。

具体的な理由は次の見出しで説明します。

転職しなくても必要な場合も

書類

実は、転職しない会社員でも源泉徴収票が必要になるときもあります。

それは年収が一定以上の場合や、副業による収入がある場合です。

このような場合は、同じ会社に勤めていても自分で確定申告が必要となります。

確定申告の際には、源泉徴収票が必須となるでしょう。

今は副業を認める会社も多く、副業による収入がある方も多くなっています。

自分が対象となるのか不安な場合には、勤めている会社に確認すると良いかもしれません。

転職時に必要な理由

転職する際に源泉徴収票が必要と説明しました。

転職時に必要な理由は具体的にどういったものでしょうか?

年末調整のため

書類

理由としては1年の途中で再就職する場合、その年の年末調整は新しい会社にて行う必要があるからです。

就職先の会社では、それまで社員が前の会社で得ていた給与と今の会社での給与を合算して計算する必要があります。

就職先の会社で年末調整の対応をしてもらうために、源泉徴収票の提出が必要と覚えておくと良いでしょう。

源泉徴収票を提出することで転職先の会社で所得税の計算をしてもらえるため、転職時には忘れずに用意しておいてください。

自分で確定申告をする場合も

書類

実は自分で確定申告が必要なケースもあります。

1年の途中での転職ではなく、年の途中で退職し次の年から転職する場合です。

そのような場合は本来1年の終わりに年末調整をしてくれる時期に会社に勤めていないため、自分自身で確定申告が必要になります。

確定申告する際には源泉徴収票が必要となるので、源泉徴収票を保存しておきましょう。

転職の時期によっても対応が大きく異なるため、退職時に会社ときちんと確認しておくと良いかもしれません。

源泉徴収票について無料転職相談に聞いてみよう

源泉徴収票がもらえない理由は?

源泉徴収票が転職時に大切になるということは理解できたのではないでしょうか。

ここでは、源泉徴収票がもらえないときの理由について紹介していきます。

担当者が忘れている

書類

基本的には源泉徴収票は、退職後1ヵ月以内に退職者に送付することが義務付けられています。

そのため、源泉徴収票がもらえない場合の一番の理由としては担当者が忘れているものがほとんどです。

忙しい時期や退職者が重なった時期などは、うっかりミスで忘れていることもあるでしょう。

準備しておいたのに退職者に送付し忘れていたなどというケースもあるかもしれません。

源泉徴収票がもらえないという相談で最も多いのが、担当者が忘れていたケースのようです。

雇用関係になかった

書類

意外にも多いのが、雇用関係にないため源泉徴収票の送付をしないといったものです。

業務委託契約などの個人契約では、源泉徴収票の送付は義務付けられていません。

業務委託契約のため、源泉徴収票がもらえないといった理由があるようです。

しかし社員として雇用関係にある場合は、基本的には雇用関係にあるはずです。

いざ会社から言われると不安になる人もいるでしょう。

就職時の契約書などに記載があるはずなので、契約書を確認しておくと良いかもしれません。

源泉徴収票がもらえない場合の対応

源泉徴収票がもらえない理由についてはいくつかあることがわかりました。

ではもらえない場合はどのように対応したらよいでしょうか?

ここでは源泉徴収票がもらえない場合の対応についてまとめています。

担当者に連絡

電話

退職してから1ヵ月以上源泉徴収票がもらえない場合、まずは退職する会社の担当者に連絡をしましょう。

基本的には、会社の部署として総務や給与管理を行っている経理の部署が担当しているはずです。

大きい会社で担当が不明な場合は、直属の上司に担当者が誰か確認してみるのも良いでしょう。

退職して会社に通勤していない時期になるため、まずはメールや電話で問い合わせしてみるのがおすすめです。

担当者が忘れていた場合は、直ちに送付してもらうよう依頼しましょう。

転職先の会社にすぐに提出が必要な場合は、自分で直接会社に行って取りに行く必要もあるかもしれません。

税務署に相談する

電話

担当者に連絡したにもかかわらず、源泉徴収票の送付対応をしてくれない場合には税務署に相談しましょう。

税務署に相談する前に、一度は担当者に「税務署に相談する」と話しても良いかもしれません。

それでも発行してくれない場合は、最寄りの管轄税務署に相談してみましょう。

税務署に源泉徴収票が発行されない旨を相談すると、税務署から会社に指導を入れてくれる場合があります。

相談後、届け出を提出する必要などがありますが義務として対応してくれる可能性が上がるでしょう。

雇用関係にある場合は源泉徴収票の交付は会社の義務のため、税務署に相談するのは間違いではありません。

源泉徴収票の再発行の方法

電話

退職時に源泉徴収票をもらったにもかかわらず、うっかりなくしてしまうこともあるかもしれません。

そのような場合は、再発行が必要になります。源泉徴収票の再発行は税務署では行っていません。

基本的には退職した会社に依頼する必要があります。

退職した会社の担当者に連絡を行い、源泉徴収票の再発行を依頼しましょう。

その際は自分の不手際でなくした旨を説明し、手間をお詫びする必要があります。

悪気はなかったとはいえ、大切な源泉徴収票をなくしてしまうというのは自分のミス

再発行を依頼する際には、社会人としてしっかりとした対応を心がけましょう。

源泉徴収票の取り扱いをしっかり確認しよう

書類

毎年会社からもらう源泉徴収票。意外にもとても大切な書類ということがわかったのではないでしょうか?

特に転職をする際には源泉徴収票は、転職先の会社に提出が必要となる大切な書類です。

退職する会社から交付してもらうようにしましょう。

もらえない場合はしっかりと担当者に連絡をし、必要な場合は税務署へ連絡することになるかもしれません。

また、なくした場合も丁寧に再発行を依頼するようにしましょう。

転職する際に必ず新しい会社に提出を求められる源泉徴収票。丁寧に保管し、なくさないように気を付けてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!