会社から毎年もらう源泉徴収票

小さい紙ですが、実はとっても大切な書類ということを知っていますか?

源泉徴収票は転職時にも使用する大切な書類です。

ここでは退職者の源泉徴収票の取り扱い方法を解説していきます。

転職に必要な理由やもらえない場合の対応などもまとめています。

なくしてしまったときの再発行の方法も紹介していきますで、転職時には必ず目を通すようにしてください。

源泉徴収票とは?

書類

源泉徴収票とは、1年間の給料や所得税が記載された法定調書のことをいいます。

自分に支払われた給料の額や、支払った所得税の額が記載されています。

働いた給料として支給される給与だけではなく、必要な方に所得税額を証明する書類として発行されるものです。

この源泉徴収票は特に必要な場面が存在します。

源泉徴収票が必要なときは?

小さい紙ですが、実はとっても大切な書類である源泉徴収票

それでは源泉徴収票が必要な場面というのはどのようなときなのでしょうか?

転職するとき

書類

最も源泉徴収票が必要となるのは転職するときです。

会社に勤めている間は会社が1年の給与から所得税を計算し、毎年の年末調整をしています。

そのため社員自身は特に自分で所得税を計算したりする必要はありません。

努めている会社が税金の計算をして、給料から所得税を引くという形で代わりに税金を納めているというイメージです。

つまり転職によって、その年末調整をしてくれる会社が変わるという際には源泉徴収票が必要になります。

具体的な理由は次の見出しで説明します。

転職しなくても必要な場合も

書類

実は、転職しない会社員でも源泉徴収票が必要になるときもあります。

それは年収が一定以上の場合や、副業による収入がある場合です。

このような場合は、同じ会社に勤めていても自分で確定申告が必要となります。

確定申告の際には、源泉徴収票が必須となるでしょう。

今は副業を認める会社も多く、副業による収入がある方も多くなっています。

自分が対象となるのか不安な場合には、勤めている会社に確認すると良いかもしれません。

転職時に必要な理由

転職する際に源泉徴収票が必要と説明しました。

転職時に必要な理由は具体的にどういったものでしょうか?

年末調整のため

書類

理由としては1年の途中で再就職する場合、その年の年末調整は新しい会社にて行う必要があるからです。

就職先の会社では、それまで社員が前の会社で得ていた給与と今の会社での給与を合算して計算する必要があります。

就職先の会社で年末調整の対応をしてもらうために、源泉徴収票の提出が必要と覚えておくと良いでしょう。

源泉徴収票を提出することで転職先の会社で所得税の計算をしてもらえるため、転職時には忘れずに用意しておいてください。

自分で確定申告をする場合も

書類

実は自分で確定申告が必要なケースもあります。

1年の途中での転職ではなく、年の途中で退職し次の年から転職する場合です。

そのような場合は本来1年の終わりに年末調整をしてくれる時期に会社に勤めていないため、自分自身で確定申告が必要になります。

確定申告する際には源泉徴収票が必要となるので、源泉徴収票を保存しておきましょう。

転職の時期によっても対応が大きく異なるため、退職時に会社ときちんと確認しておくと良いかもしれません。

源泉徴収票がもらえない理由は?

源泉徴収票が転職時に大切になるということは理解できたのではないでしょうか。

ここでは、源泉徴収票がもらえないときの理由について紹介していきます。

担当者が忘れている

書類

基本的には源泉徴収票は、退職後1ヵ月以内に退職者に送付することが義務付けられています。

そのため、源泉徴収票がもらえない場合の一番の理由としては担当者が忘れているものがほとんどです。

忙しい時期や退職者が重なった時期などは、うっかりミスで忘れていることもあるでしょう。

準備しておいたのに退職者に送付し忘れていたなどというケースもあるかもしれません。

源泉徴収票がもらえないという相談で最も多いのが、担当者が忘れていたケースのようです。

雇用関係になかった

書類

意外にも多いのが、雇用関係にないため源泉徴収票の送付をしないといったものです。

業務委託契約などの個人契約では、源泉徴収票の送付は義務付けられていません。

業務委託契約のため、源泉徴収票がもらえないといった理由があるようです。

しかし社員として雇用関係にある場合は、基本的には雇用関係にあるはずです。

いざ会社から言われると不安になる人もいるでしょう。

就職時の契約書などに記載があるはずなので、契約書を確認しておくと良いかもしれません。

源泉徴収票がもらえない場合の対応

源泉徴収票がもらえない理由についてはいくつかあることがわかりました。

ではもらえない場合はどのように対応したらよいでしょうか?

ここでは源泉徴収票がもらえない場合の対応についてまとめています。

担当者に連絡

電話

退職してから1ヵ月以上源泉徴収票がもらえない場合、まずは退職する会社の担当者に連絡をしましょう。

基本的には、会社の部署として総務や給与管理を行っている経理の部署が担当しているはずです。

大きい会社で担当が不明な場合は、直属の上司に担当者が誰か確認してみるのも良いでしょう。

退職して会社に通勤していない時期になるため、まずはメールや電話で問い合わせしてみるのがおすすめです。

担当者が忘れていた場合は、直ちに送付してもらうよう依頼しましょう。

転職先の会社にすぐに提出が必要な場合は、自分で直接会社に行って取りに行く必要もあるかもしれません。

税務署に相談する

電話

担当者に連絡したにもかかわらず、源泉徴収票の送付対応をしてくれない場合には税務署に相談しましょう。

税務署に相談する前に、一度は担当者に「税務署に相談する」と話しても良いかもしれません。

それでも発行してくれない場合は、最寄りの管轄税務署に相談してみましょう。

税務署に源泉徴収票が発行されない旨を相談すると、税務署から会社に指導を入れてくれる場合があります。

相談後、届け出を提出する必要などがありますが義務として対応してくれる可能性が上がるでしょう。

雇用関係にある場合は源泉徴収票の交付は会社の義務のため、税務署に相談するのは間違いではありません。

源泉徴収票の再発行の方法

電話

退職時に源泉徴収票をもらったにもかかわらず、うっかりなくしてしまうこともあるかもしれません。

そのような場合は、再発行が必要になります。源泉徴収票の再発行は税務署では行っていません。

基本的には退職した会社に依頼する必要があります。

退職した会社の担当者に連絡を行い、源泉徴収票の再発行を依頼しましょう。

その際は自分の不手際でなくした旨を説明し、手間をお詫びする必要があります。

悪気はなかったとはいえ、大切な源泉徴収票をなくしてしまうというのは自分のミス

再発行を依頼する際には、社会人としてしっかりとした対応を心がけましょう。

源泉徴収票の取り扱いをしっかり確認しよう

書類

毎年会社からもらう源泉徴収票。意外にもとても大切な書類ということがわかったのではないでしょうか?

特に転職をする際には源泉徴収票は、転職先の会社に提出が必要となる大切な書類です。

退職する会社から交付してもらうようにしましょう。

もらえない場合はしっかりと担当者に連絡をし、必要な場合は税務署へ連絡することになるかもしれません。

また、なくした場合も丁寧に再発行を依頼するようにしましょう。

転職する際に必ず新しい会社に提出を求められる源泉徴収票。丁寧に保管し、なくさないように気を付けてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら