女性の社会進出が進み、キャリア志向を持って仕事をしたいという女性も増えています。

しかし企業によって女性が活躍できる環境が整っているかどうかには差があるのが実情です。

入社してみたら女性にとっては働きにくい環境だったという可能性も考えられるでしょう。

そこで今回は面接で女性が活躍できる会社を見極める方法を解説します。

女性が活躍できる企業の特徴

女性が活躍できるかどうかは企業の制度や社風に左右されます。

まずは女性社員が活躍できる企業とはどのような企業なのか解説します。

女性社員や女性管理職の比率

ノートPCで作業する女性

企業に所属している女性社員や女性管理職の比率が、女性が活躍できるかどうかの1つの指標になります。

ただし技術職などのもともと女性が少ない業種もあるので注意は必要です。

業務内容に男女の差がないの男性社員に比べて女性社員が著しく少ない場合があります。

この場合は女性の活躍できる環境が整っていない可能性があると考えられるでしょう。

ライフイベントに対応できる制度の整備

女性が働く上で悩みの種となるのが結婚や出産・育児といったライフイベントと仕事をどう両立させるかです。

どちらも両立させるには会社側の理解は必要不可欠でしょう。

産休や育休などの制度が十分に整備され、それが適切に運用されているかどうかで女性の働きやすさは大きく変わります。

キャリア志向の高まりにより、子育てしながら働きたいという女性は増えています。

会社側がその思いに応える姿勢があれば女性が活躍しやすい環境となるでしょう。

厚生労働省の認定を受けている場合もある

ソファで仕事をする女性

女性が活躍できるような取り組みに積極的な企業であれば国が制定した認定を受けている場合もあります。

これは厚生労働省が認定しているもので「えるぼし」「くるみん」などがあります。

これらは女性活躍推進法をもとにした基準に達している企業に付与されるものです。

認定を受けていることで、企業にとっては女性が活躍できる環境が整っているという証になります。

認定をうければ広告やホームページなどに掲載することができるため、ホームページなどでチェックしてみてください。

キャリアアップが目指せる企業の特徴

転職自体がキャリアアップを目的としている場合もありますが、入社後にキャリアアップできるかも重要です。

どのような企業であれば入社後にもキャリアアップが目指せるのでしょうか。

研修制度が充実

会議をするビジネスマン

女性がキャリアアップできる環境か見極めるためにまず考えられるのが研修制度です。

多くの企業で新入社員向けの研修は導入されています。

一方で中途採用や長年勤務している社員向けの研修は企業によって導入具合は大きく異なるのが実情です。

実務を行う中で得られるスキルもありますが、研修によって社員の成長をさらに促進できます。

研修の内容は3年や5年ごとという年次の研修や希望参加のみの任意の研修もあり、企業によって様々です。

こうしたサポート制度が整備されている企業の方がキャリアアップしやすい傾向にあります。

実力主義

拳をあわせるビジネスマン

実力主義な企業の場合もキャリアアップしやすい環境が整えられている傾向にあります。

やる気と実力次第でキャリアアップを実現でき、男女の性差ではなく個人の能力の差で評価されるのです。

成果をだしたらその分だけ評価されるため、評価の基準も明確であり社員も意欲的に仕事に取り組めるでしょう。

キャリアアップとスキルアップの違いは?

ノートPCで作業する人

キャリアアップとよく似た言葉にスキルアップがあります。

混同して考えられがちな言葉ですが、それぞれが示す意味は大きく異なっています。

スキルアップは「スキル=技術」を高めていくことをさす言葉です。

専門的な知識や経験を積んだとして、それらを活かして自身の能力を高めていきます。

一方キャリアアップは「キャリア=経歴」を高めていくことをさしている言葉です。

特定の分野で専門的な知識や経験を積み、それによって自身の経歴を高めていきます。

会社でのポジションや待遇の改善・年収アップ等を目指しての転職はキャリアアップに分類されるでしょう。

女性が活躍できる企業への転職を目指す場合、会社側の女性活躍への体制づくりや環境が気になるものです。

しかし企業側も転職希望者が入社後にどのような姿勢で仕事に取り組む人材かを見極めようとしています。

入社後のキャリアプランを明確にし、その姿勢を面接でアピールすることも必要でしょう。

面接で見極める方法

企業研究の段階では女性が活躍できる会社なのかどうかの実態は分かりにくいことがあります。

制度は整っているけれど実際に正しく運用されているのかは判別が難しいのです。

面接で見極める方法をご紹介します。

面接や社内の雰囲気

デスクトップPCで作業する女性

面接の際、企業や面接官の雰囲気から女性が活躍できるかどうか見極めることができます。

女性社員をあまり求めていない企業であれば質問の仕方や聞き方がぞんざいになる可能性があります。

実際に女性が活躍できている企業であれば、対応でそれほどひっかかることはないでしょう。

また、女性管理職がいれば役員面接などの面接の場に女性がいる場合もあります。

逆に男性ばかりの場合は女性管理職が少ない可能性があるでしょう。

さらにオフィスの環境や雰囲気によっても女性が働きやすく活躍できるかを判断できます。

女性トイレの設置やオフィスの雰囲気など、女性にとっても仕事をしやすい環境か確認できる範囲でチェックしてみてください。

「女性が働く環境」についての丁寧で具体的な説明

結婚などライフイベントに関する説明の際、面接官がどのような説明をするのかに注目しましょう。

女性が活躍できる環境を整えている企業であれば、具体的な制度や実例などを説明してくれるケースが多いです。

産休などの制度を導入している企業は多いですが、それが適切に運用されず形骸化している企業もあります。

制度だけつくっても活用例がなければ具体的な説明はできないでしょう。

産休・育休の利用率や実際の活用例などを具体的に説明してくれる企業であれば制度が適切に運用されていることが分かります。

効果的な逆質問

面接では企業側に質問ができる時間が設けられており、その際に直接確認できる場合があります。

女性が活躍できる会社か見極めるために効果的な逆質問をご紹介します。

産休・育休制度を活用している方はいらっしゃいますか?

ノートPCで作業する人

先述した通り、企業によっては産休・育休制度は制度だけつくって実際には活用されていない場合があります。

その制度を実際に活用した人がいるのかを尋ねることでどの程度運用されているのかが分かるでしょう。

産休や育休を取得しても復帰した際に不当に配属先が変更になるなどの待遇変更をされてしまうケースもあります。

そのため産休や育休がとりにくいという場合は女性にとって働きやすいとは言えません。

そのため制度の有無や利用実績について確認するのは効果的です。

なお、産休・育休制度の運用実績を尋ねる際「産休・育休の制度はありますか」と直接的に質問するのはあまりおすすめしません。

この質問の場合、入社後すぐにそれらの予定があるか、会社側に福利厚生のみが転職の目的のように思われる可能性があります。

将来的にそうした制度の利用も考えているが、という前置きをして質問した方が良いでしょう。

女性管理職はどのくらいいらっしゃいますか?

女性が活躍でき、長く働ける企業かどうか見極めるには女性管理職の比率も指標になります。

男女を問わず管理職になるにはそれなりの勤務経験や実勢が必要です。

女性が長く勤務し、その活躍や実績が認められていれば女性の管理職がいるはずです。

もし平均勤続年数や女性比率に比べて女性管理職がいないのであれば女性がキャリアアップしにくい可能性があります。

まとめ

デスクトップPCと鉛筆立て

今回は面接で女性が活躍できる会社かどうか見極める方法を解説しました。

女性も働くことがあたり前になったことで、多くの分野で女性の活躍が取り上げられています。

一方で働きやすく活躍できる環境が社会全体に行き届いているとは言いがたいのが実情です。

仕事とライフイベントを両立させたいと思う場合、転職先を考えるのも慎重にならざるをえません。

転職してから後悔することのないように面接の場でしっかりと見極めて転職を成功させましょう。

また女性が活躍できるかどうかは業界や職種によっても異なります。

どの業界や職種なら自分のスキルを活かして活躍できるのか悩むという方は転職エージェントの利用を検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら