職務経歴書に書くべき項目として退職理由は必須ではありませんが、場合によっては積極的に書くべきときもあります。

書かずにいるとマイナスの印象を持たれる恐れもあるので、不安であれば簡潔に記載するのがおすすめです。

マイナスイメージを払拭し、退職理由を次に向かうプラスのイメージへと繋げましょう。

この記事では退職理由を書くときに使える定型フレーズや、好印象を与えるコツについてご紹介します。

また理由ごとに例文も掲載しているので、参考にしながら作成してみてください。

職務経歴書に退職理由は必要?

仕事で使う用紙

退職理由は履歴書の職歴欄へ簡潔に記載することが一般的なので、職務経歴書には必要ないケースが多いです。

けれど転職回数が多い方や離職期間が長期の方は、あえて退職理由を記載した方がいいでしょう。

なぜなら採用担当者が「採用しても続けられるのか。すぐ辞めてしまうのではないか」と不安に感じてしまうからです。

退職に至るまでの理由は人それぞれですが、採用側にとっては何も書いていなければ当然はかり知ることはできません。

詳細に説明する必要はないので、次の仕事への意欲が感じられるような一文を記載しましょう。

職務経歴書の退職理由の書き方

契約書類

退職理由を書いた方がいいといっても、ただ本音の理由を書けばいいというわけではありません。

「人間関係でトラブルがあった」「年収が低くて不満だった」というようなネガティブな内容は避けましょう。

現状の不満を伝えるだけでは、採用側に「うちの会社でも同じ結果になるのでは」と思われかねません。

そこで退職理由の書き方を少し工夫して、ネガティブな内容をポジティブに捉えられるよう意識してみましょう。

嘘の理由を書くのではなく、視点を変えて前向きな転職であることをアピールするのが大切です。

定型フレーズがおすすめ

ファイルホルダー

退職理由には3つの定型フレーズがあります。

自己都合や会社都合による退職、あるいは契約満了による退職の3パターンです。

大抵のケースはこのうちのどれかに該当するので、適宜活用しましょう。

またポジティブな面をアピールするために、キャリアアップやスキル習得を退職理由にあげる方法もあります。

志望動機に繋がる文章としてまとめやすく、採用側に明確な意欲を伝えられるでしょう。

オリジナルフレーズは簡潔に

シンプルなリスト

定型フレーズではなくオリジナルで退職理由を記載する場合は、簡潔にまとめることを意識しましょう。

そもそも職務経歴書は、自分の経歴やスキルが応募先の企業でどう活かせるかをアピールするための書類です。

この書類に目を通す採用担当者は、長く活躍できる人材を見極めようとしています。

なので退職理由に重点を置いて文章を作成すると、ネガティブに捉えられアピールする内容が薄くなってしまいがちです。

退職理由はあくまでも必要最低限の表現にとどめておくのが無難です。

退職理由で好印象を与えるコツ

ペンとメモ用紙

退職理由で好印象を与えるコツは、応募先の企業に対する前向きな姿勢をアピールすることです。

会社への不満や人間関係など退職理由はネガティブな内容が多いので、先に繋がるポジティブな要素を取り入れましょう。

例えば現職の仕事内容に不満があった場合は、「スキルアップを目指したい」というポジティブな面を強調します。

人間関係が原因の場合は、「新たな挑戦をしたい」というようにネガティブな面を書かないのもひとつの方法です。

今後の活躍が期待できるイメージを持ってもらえるよう意識しましょう。

内容はポジティブに

チェックリスト

退職に至ったネガティブな理由を書くより、これからのことを意識したポジティブな内容の方が採用側に好印象を与えます。

例えば前職・現職での待遇面や仕事内容などの不満を多く書いていると、不満を会社のせいにする人だと思われかねません。

人間関係のトラブルも簡潔な文章からでは詳細がわからず、性格面に問題があると捉えられる恐れがあります。

ネガティブな印象となる理由を、あえて職務経歴書に書く必要はありません。

「前職に不満があったから」ではなく、「貴社で活躍したい」というポジティブな思いを伝えましょう。

志望動機に繋げる

白い紙に書く

退職理由はポジティブなだけでなく、志望動機に繋がるような内容にするとより評価が高いです。

例えば現職の仕事内容に不満があって転職する場合は、「これまでの経験を活かしてキャリアアップするため」となります。

転職して成長したいという前向きな意欲をアピールすることが大切です。

退職は新たな挑戦をするためのステップアップなのだと、採用側がプラスに受け取ってもらえる内容にしましょう。

挑戦へと視点を変えてプラスに考えてみてください。
 
無料転職相談をして自分に合った転職先を見つけよう
 

退職理由別の例文

マニュアルブック

退職理由の定型フレーズでも最も多く使われるのが「一身上の都合により退職」です。

理由はどうあれ、自分から志願して退職したときに当てはまります。

一方会社の経営不振や倒産などの影響で解雇された場合は、「会社都合により退職」の記載が相応しいです。

そして派遣社員や契約社員で契約期間が満了となった場合は、「契約期間満了につき退職」となります。

大抵の場合は3種類のいずれかに該当するので、適宜選択しましょう。

正当な理由があるときの例文

仕事を始めた時期

転職回数が多い方で正当な理由がある場合は、定型フレーズではなく詳細な理由を記載しましょう。

例えば「結婚に伴い退職」や「親の介護に伴い退職」といった家庭事情の理由です。

仕事面では問題がないと伝えることで、採用側に納得してもらいやすくなります。

ちなみに正当理由がなく転職回数が多い場合は、スキルアップや他業界への挑戦をしたいと強調するのがおすすめです。

これからは新たに頑張る意欲があることをアピールしましょう。

スキルアップが理由の例文

職場のデスク

退職理由としてスキルアップを照準にした例文をご紹介します。

「現職ではキャリアアップを目指して働いてきましたが、入社から4年経過しても○○の業務がメインとなっています。

将来的に○○のプロジェクトを手がけたいと考えていたものの、現在の会社では始める見込みがないそうです。

○○に対する意欲が強く、○○を積極的に取り入れている貴社で更なるスキルアップをしたいと考えています」

理由や目指すものは人それぞれなので、自分の言葉で明確な内容を伝えましょう。

退職理由のまとめ方のポイント

ビジネスのアイコン

退職理由のまとめ方ポイントとなるのは、採用側の不安要素を払拭することです。

例えば前の会社を短期間で退職している場合、「一身上の都合」だけでは採用しても続けられるのか不安が残ります。

配偶者の転職や親の介護など正当な理由がある場合は積極的に書くべきです。

逆に人間関係のトラブルや前の会社への不満は、書くのを避けた方が無難でしょう。

職務経歴書の限られたスペースでは伝えられる限界があるので、退職理由は簡潔にわかりやすくまとめるのがおすすめです。

根拠となる年月日を記載する

契約書類

今後働き続けられる根拠や活躍するためのスキルをアピールする場合は、年月日を明確にすると説得力があります。

例えばスキルアップのために退職し、離職中に資格を取得した場合は〇年〇月に取得した旨を記載しましょう。

また自身の病気療養で退職した場合は、〇月〇日現在勤務に支障がないことを明記するのがおすすめです。

特に離職期間が長期間の方は採用側が理由を知りたいと感じているため、年月日を明記することで納得してもらえるでしょう。

志望動機に繋がる内容を意識する

シークレットスタンプ

退職理由志望動機関連性があるかどうか、意識して内容を作成しましょう。

例えば労働時間をはじめとした待遇面を改善するために退職し、志望動機がキャリアアップのためと記載していたとします。

この場合退職理由と志望動機に整合性がなく、どちらを優先したいのか採用側が判断しかねることになるでしょう。

退職理由が志望動機に繋がる内容になっていれば、応募先の企業に対する意欲が伝わります。

職務経歴書へ記載する前に両方の内容を比較して、整合性が取れているか確認してみましょう。

職務経歴書にはポジティブな退職理由を記載しよう

オフィスの書類

退職理由は志望動機に繋がるポジティブな内容を書くことで、採用担当者に好印象を与えられます。

転職回数が多い方や離職期間が長期の方は、不安要素を払拭する詳細な理由を記載しましょう。

また記載しづらい内容の理由であれば、定型フレーズを上手く活用して簡潔にまとめるのがおすすめです。

スキルアップやキャリアップを意識したポジティブな一面をアピールするのも、効果的な方法でしょう。

退職をネガティブに捉えず、視点を変えて前向きな意欲を伝えてみてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!