職務経歴書に書くべき項目として退職理由は必須ではありませんが、場合によっては積極的に書くべきときもあります。

書かずにいるとマイナスの印象を持たれる恐れもあるので、不安であれば簡潔に記載するのがおすすめです。

マイナスイメージを払拭し、退職理由を次に向かうプラスのイメージへと繋げましょう。

この記事では退職理由を書くときに使える定型フレーズや、好印象を与えるコツについてご紹介します。

また理由ごとに例文も掲載しているので、参考にしながら作成してみてください。

職務経歴書に退職理由は必要?

仕事で使う用紙

退職理由は履歴書の職歴欄へ簡潔に記載することが一般的なので、職務経歴書には必要ないケースが多いです。

けれど転職回数が多い方や離職期間が長期の方は、あえて退職理由を記載した方がいいでしょう。

なぜなら採用担当者が「採用しても続けられるのか。すぐ辞めてしまうのではないか」と不安に感じてしまうからです。

退職に至るまでの理由は人それぞれですが、採用側にとっては何も書いていなければ当然はかり知ることはできません。

詳細に説明する必要はないので、次の仕事への意欲が感じられるような一文を記載しましょう。

職務経歴書の退職理由の書き方

契約書類

退職理由を書いた方がいいといっても、ただ本音の理由を書けばいいというわけではありません。

「人間関係でトラブルがあった」「年収が低くて不満だった」というようなネガティブな内容は避けましょう。

現状の不満を伝えるだけでは、採用側に「うちの会社でも同じ結果になるのでは」と思われかねません。

そこで退職理由の書き方を少し工夫して、ネガティブな内容をポジティブに捉えられるよう意識してみましょう。

嘘の理由を書くのではなく、視点を変えて前向きな転職であることをアピールするのが大切です。

定型フレーズがおすすめ

ファイルホルダー

退職理由には3つの定型フレーズがあります。

自己都合や会社都合による退職、あるいは契約満了による退職の3パターンです。

大抵のケースはこのうちのどれかに該当するので、適宜活用しましょう。

またポジティブな面をアピールするために、キャリアアップやスキル習得を退職理由にあげる方法もあります。

志望動機に繋がる文章としてまとめやすく、採用側に明確な意欲を伝えられるでしょう。

オリジナルフレーズは簡潔に

シンプルなリスト

定型フレーズではなくオリジナルで退職理由を記載する場合は、簡潔にまとめることを意識しましょう。

そもそも職務経歴書は、自分の経歴やスキルが応募先の企業でどう活かせるかをアピールするための書類です。

この書類に目を通す採用担当者は、長く活躍できる人材を見極めようとしています。

なので退職理由に重点を置いて文章を作成すると、ネガティブに捉えられアピールする内容が薄くなってしまいがちです。

退職理由はあくまでも必要最低限の表現にとどめておくのが無難です。

退職理由で好印象を与えるコツ

ペンとメモ用紙

退職理由で好印象を与えるコツは、応募先の企業に対する前向きな姿勢をアピールすることです。

会社への不満や人間関係など退職理由はネガティブな内容が多いので、先に繋がるポジティブな要素を取り入れましょう。

例えば現職の仕事内容に不満があった場合は、「スキルアップを目指したい」というポジティブな面を強調します。

人間関係が原因の場合は、「新たな挑戦をしたい」というようにネガティブな面を書かないのもひとつの方法です。

今後の活躍が期待できるイメージを持ってもらえるよう意識しましょう。

内容はポジティブに

チェックリスト

退職に至ったネガティブな理由を書くより、これからのことを意識したポジティブな内容の方が採用側に好印象を与えます。

例えば前職・現職での待遇面や仕事内容などの不満を多く書いていると、不満を会社のせいにする人だと思われかねません。

人間関係のトラブルも簡潔な文章からでは詳細がわからず、性格面に問題があると捉えられる恐れがあります。

ネガティブな印象となる理由を、あえて職務経歴書に書く必要はありません。

「前職に不満があったから」ではなく、「貴社で活躍したい」というポジティブな思いを伝えましょう。

志望動機に繋げる

白い紙に書く

退職理由はポジティブなだけでなく、志望動機に繋がるような内容にするとより評価が高いです。

例えば現職の仕事内容に不満があって転職する場合は、「これまでの経験を活かしてキャリアアップするため」となります。

転職して成長したいという前向きな意欲をアピールすることが大切です。

退職は新たな挑戦をするためのステップアップなのだと、採用側がプラスに受け取ってもらえる内容にしましょう。

挑戦へと視点を変えてプラスに考えてみてください。

退職理由別の例文

マニュアルブック

退職理由の定型フレーズでも最も多く使われるのが「一身上の都合により退職」です。

理由はどうあれ、自分から志願して退職したときに当てはまります。

一方会社の経営不振や倒産などの影響で解雇された場合は、「会社都合により退職」の記載が相応しいです。

そして派遣社員や契約社員で契約期間が満了となった場合は、「契約期間満了につき退職」となります。

大抵の場合は3種類のいずれかに該当するので、適宜選択しましょう。

正当な理由があるときの例文

仕事を始めた時期

転職回数が多い方で正当な理由がある場合は、定型フレーズではなく詳細な理由を記載しましょう。

例えば「結婚に伴い退職」や「親の介護に伴い退職」といった家庭事情の理由です。

仕事面では問題がないと伝えることで、採用側に納得してもらいやすくなります。

ちなみに正当理由がなく転職回数が多い場合は、スキルアップや他業界への挑戦をしたいと強調するのがおすすめです。

これからは新たに頑張る意欲があることをアピールしましょう。

スキルアップが理由の例文

職場のデスク

退職理由としてスキルアップを照準にした例文をご紹介します。

「現職ではキャリアアップを目指して働いてきましたが、入社から4年経過しても○○の業務がメインとなっています。

将来的に○○のプロジェクトを手がけたいと考えていたものの、現在の会社では始める見込みがないそうです。

○○に対する意欲が強く、○○を積極的に取り入れている貴社で更なるスキルアップをしたいと考えています」

理由や目指すものは人それぞれなので、自分の言葉で明確な内容を伝えましょう。

退職理由のまとめ方のポイント

ビジネスのアイコン

退職理由のまとめ方ポイントとなるのは、採用側の不安要素を払拭することです。

例えば前の会社を短期間で退職している場合、「一身上の都合」だけでは採用しても続けられるのか不安が残ります。

配偶者の転職や親の介護など正当な理由がある場合は積極的に書くべきです。

逆に人間関係のトラブルや前の会社への不満は、書くのを避けた方が無難でしょう。

職務経歴書の限られたスペースでは伝えられる限界があるので、退職理由は簡潔にわかりやすくまとめるのがおすすめです。

根拠となる年月日を記載する

契約書類

今後働き続けられる根拠や活躍するためのスキルをアピールする場合は、年月日を明確にすると説得力があります。

例えばスキルアップのために退職し、離職中に資格を取得した場合は〇年〇月に取得した旨を記載しましょう。

また自身の病気療養で退職した場合は、〇月〇日現在勤務に支障がないことを明記するのがおすすめです。

特に離職期間が長期間の方は採用側が理由を知りたいと感じているため、年月日を明記することで納得してもらえるでしょう。

志望動機に繋がる内容を意識する

シークレットスタンプ

退職理由志望動機関連性があるかどうか、意識して内容を作成しましょう。

例えば労働時間をはじめとした待遇面を改善するために退職し、志望動機がキャリアアップのためと記載していたとします。

この場合退職理由と志望動機に整合性がなく、どちらを優先したいのか採用側が判断しかねることになるでしょう。

退職理由が志望動機に繋がる内容になっていれば、応募先の企業に対する意欲が伝わります。

職務経歴書へ記載する前に両方の内容を比較して、整合性が取れているか確認してみましょう。

職務経歴書にはポジティブな退職理由を記載しよう

オフィスの書類

退職理由は志望動機に繋がるポジティブな内容を書くことで、採用担当者に好印象を与えられます。

転職回数が多い方や離職期間が長期の方は、不安要素を払拭する詳細な理由を記載しましょう。

また記載しづらい内容の理由であれば、定型フレーズを上手く活用して簡潔にまとめるのがおすすめです。

スキルアップやキャリアップを意識したポジティブな一面をアピールするのも、効果的な方法でしょう。

退職をネガティブに捉えず、視点を変えて前向きな意欲を伝えてみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら