転職の際、書類選考を通過すると次に待ち受けているのは面接です。

一般的に面接では自己紹介や自己PR、勤務条件の確認などの質疑応答がなされます。

企業によって内容は多少異なりますが、自己紹介はどの企業でも必ず求められる大切な要素です。

そこで面接官は何を見て判断しているのか、好印象を与えるポイントや自己紹介での正しい伝え方を伝授します。

OK例文とNG例文を比較して、自分の自己紹介をより良いものにしていきましょう。

自己紹介で伝えるべき内容

面接

そもそも、自己紹介は何を伝えればいいのでしょう。

根本的なことをしっかり把握しておくことが、成功の鍵となります。

自分という人間を伝える

自己紹介は、その名が示すように自分自身の紹介です。

自分はこういう人間なので、これから面接をお願いします」という気持ちを伝えます。

面接官との距離を縮める為のもの、と考えてもいいでしょう。

とはいえ、プライベートの自己紹介とは異なりビジネスパーソンとしての自分を紹介する必要があります。

自己紹介を考える第一歩は、自分を客観的に見ることです。

面接官は人柄などを確認する

面接官が自己紹介でチェックしているのは、人柄です。

ビジネスパーソンとしての雰囲気、話し方、コミュニケーション力などを見ています。

自己紹介では前職など経歴も説明しますが、自己紹介の段階では自分のスキルを細かく紹介する必要はありません。

自己紹介のポイント

評価

自己紹介がだらだらと長くなるのはNGです。

簡潔にまとめられるように、ポイントを確認しておきましょう。

臨機応変に答える

自己紹介は1分程度でまとめることが基本です。

色々とアピールしたいという気持ちはわかりますが、簡潔に伝える力も評価の対象となります。

企業によっては自己紹介の時間を提示してくる場合もあり、中には3分位求められることもあるでしょう。

臨機応変な対応が出来るように、いくつかのパターンを用意しておくことをおすすめします。

自己PRにならない

転職者の場合に多いのが、前職でのスキルなどを伝えようとするあまり自己紹介と自己PRが一緒になってしまうケースです。

話がまとまらないばかりか、求められている趣旨と異なるものになってしまいます。

自己PRは通常、自己紹介の後に行うものでありPRを求めない企業もあります。

活躍しそうな人材であること

詳しく後述しますが、好印象を持ってもらうことは大きなポイントです。

採用したら活躍してくれそうな人材だ、と面接官に感じてもらうことが大切です。

それには前職の実績ばかりではなく、自己紹介で見せる人柄も大きく関係してくるでしょう。

求められる人材は企業によって異なります。

自分の希望する企業がどんな人材を求めているのか、詳しい情報は無料の転職エージェントで確認しておきましょう。

自己紹介の内容

OKサイン

それでは具体的にどのような自己紹介をすればいいのか、その内容を確認します。
まずは基礎となる1分間を目指し、組み立てていきます。
その後、どのように話を広げていくかを考え臨機応変に対応できるように準備しておきましょう。

基本は名前とあいさつ

当たり前のことですが、基本となる名前とあいさつからはじめます。
「○○○と申します」からスタートさせるのが一般的です。
また、あいさつでは時間を割いてくれたことへの感謝や、お願いしますという気持ちを伝えます。
スッキリとまとめるのならば、最初に「お時間を頂きありがとうございます」という旨を述べるといいでしょう。
最後に「本日はよろしくお願いいたします」と締めれば、スッキリまとまります。

前職経験など

簡単なあいさつの後は、前職での実績を話します。
前職でのスキルなどは特に長くなりがちなので、簡潔にすることを忘れないようにしましょう。
具体的な数値があれば「〇%向上させた」など、わかりやすく伝えるとより伝わりやすくなります。
また、実績を上げる為に自分はどんな努力をしたのかなども付け加えておきましょう。
結果だけではなく、どのような姿勢で仕事に臨んでいたかを伝えるのも大切です。

どんな貢献が出来るのか

評価

自分の前職での経験やスキルをどう活かすことが出来るのか、をしっかりと伝えましょう。
ここが自己紹介でのアピールポイントともいえます。
ここで必要なのは、希望転職先の情報です。
どんな人材を求めているのかを事前に細かく握しておくことは、転職活動を優位にするコツでもあります。
そして自分がどうありたいのか、どのような実績をあげたいのかなど、就職後のビジョンを伝えましょう。

締めのあいさつを忘れずに

自己紹介の締めくくりに、あいさつを入れるのも忘れないようにしましょう。
あいさつは好感度をあげ、簡潔にまとまった印象を与えるものです。
「本日はよろしくお願いいたします」と締めくくるのが一般的です。

好印象を与える為のポイント

笑顔

面接官は機械ではありません。

受ける印象によって好感度が違ってくるものです。

当然のことながら、好感度は面接の合否に関わる要素となるでしょう。

姿勢の良さは好感度が上がる

背筋が伸びてスッとしている人は、仕事が出来る印象を与えます。

逆に姿勢が悪い人は、ルーズな印象を与えてしまうものです。

人は緊張するといつもの癖が出やすくなるので、普段から姿勢には気をつけておきましょう。

面接前には自分の姿をカメラに映すなどして、チェックしておくことをおすすめします。

落ち着いて話す

緊張すると人は早口になります。

自分が思っているよりも、早く話してしまうのが通常なのです。

出来るだけ落ち着いて、伝わりやすく話しましょう。

面接の練習をする際は、録画などをして自分で自分の話を聞くと欠点に気がつきやすくなります。

活舌の悪い箇所や、聴き取りにくい所、声の大きさなどを繰り返し確認しておきましょう。

下を向かない

面接では、場の雰囲気にのまれることもあります。

しかし下を向いて話をしたり、目を見ずに相手の言葉を聞いたりするのはNGです。

話をするときは目を見る、という基本を忘れないようにしましょう。

硬い表情で下を向いていては、暗い印象を与えてしまいます。

明るい表情で、ハキハキと答える姿が好印象を与えます。

また、面接用に何度も練習を重ねることは大切ですが、本番で棒読みになってしまわないように気をつけて下さい。

自己紹介の正しい伝え方

ストップウォッチ

自己紹介は希望する職種などによっても変わってきますが、ここでは一般的な回答例を紹介します。

おすすめの例文

○○○と申します。本日はお時間を頂きありがとうございます。

私は○○大学卒業後、○○会社にて3年間法人営業を経験してまいりました。

20社との取引を行い、昨年度は売り上げ目標120%を達成しております。

近年多様化するニーズに答え、IT営業を率先して導入できたことが結果につながったと思います。

この経験を御社でも活かし、営業実績を伸ばしていきたいと思っております。

本日はよろしくお願いいたします。

NGな例文

NG

私は学生時代に○○をしており、社会事業に貢献してきました。

○○会社では3年間法人営業を経験し、高い功績をあげています。

中でも○○企業との取引では強い信頼関係を結ぶことが出来、共通の趣味があることから、プライベートでも仲良くさせてもらっています。

これまで培ってきたコミュニケーション能力を活かし、貢献していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

修正ポイント

NG文では基本となる名前やあいさつが抜けています。

また具体的な実績がないのでアピール力が低く、どんな姿勢で仕事をしてきたのかが不明です。

大手企業との取引を成功させているなどの実績は、簡潔にまとめて伝えましょう。

自分の強みを生かした自己紹介をしよう

面接

面接での自己紹介は短いやり取りですが、自分の人柄を印象付けるとても大切なものです。

自分の良さがしっかりと面接官に伝わるように、的確な言葉を使っていきましょう。

前向きな姿勢で臨むことも大切です。

転職面接の最新情報を知りたい、という人は無料の転職エージェントをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら