転職活動で準備する書類といえば履歴書と職務経歴書。どちらの書類も志望動機を書く欄が設けられているケースが多いです。

「両方の書類に志望動機を書くの?」「同じ内容になってしまう…」と悩んでしまう方は少なくありません。

この記事では職務経歴書に書く志望動機で押さえるべきポイントや履歴書との書き分け方などを詳しく解説していきます。

職務経歴書に志望動機は書いたほうが良い?

紙、ノート

結論からいえば履歴書に志望動機を記入するかどうかに関わらず、職務経歴書にも志望動機を書いたほうが良いです。

一般的に履歴書の志望動機の記入欄はあまりスペースが広くありません。そのため、履歴書だけでは志望動機を充分に伝えられない可能性があります。

職務経歴書で経験などと合わせて志望動機を書くことで、説得力が加わり効果的なアピールが可能になるのです。

志望動機に書くべきポイント

ペン、空白ページ
職務経歴書に志望動機を書く際に書くべきポイントについてご紹介します。あなたらしさが伝わる志望動機を作りましょう。

その企業に応募した理由を書く

なぜその企業なのかという理由をはっきり書きます。同業界の中でなぜその企業かということを伝えます。

そのためには、応募先企業の業界内での位置付けや商品・サービス内容のほか企業理念などを事前にリサーチすることが必要です。

これまでの沿革や近年の取り組みまたは今後の戦略など、時系列で研究し応募先企業の魅力を見つけるのもおすすめの方法。

そのなかであなたが魅力を感じた点を志望動機にしっかり表現することができれば、採用担当者の心に強く響き書類選考を通過しやすくなるでしょう。

あなたが企業で実現したいことを書く

あなたがその企業で実現したいことや担当したい業務などを書きます。

その際は、今までの経験から転職先で実現したいことが繋がるように書くと良いです。

現職ではできないことが実現できるのはその企業だというストーリーが大切になります。

一貫性がある志望動機は非常に納得度の高いものとなり、採用担当者の心に残るのです。

自分が入社することで貢献できることを書く

計算機、ファイナンス
あなたが入社した場合のメリットも志望動機に書くことをおすすめします。

応募先の企業が新たな人材に求めるものが自分の経験やスキルとマッチすることを職務経験から一貫して記載できると良いでしょう。

あなたがどれだけ優秀であっても、転職先の企業が求める人材とマッチしなければ選考通過が難しくなってしまうのです。

無料転職相談をして応募書類の作成サポートを利用してみよう

職務経歴書の志望動機で避けるべきポイント

どんな会社でもあてはまる内容

スタートアップ
一見良さそうな言葉に見えても、どの企業でも使える表現は使い回し感が出てしまうため避けたほうが無難です。

以下のような表現が一例として挙げられます。

  • 御社の企業理念に共感し志望いたしました
  • 貴社の取組みに感動し一員として共に働きたいと考えました

このような表現は、つい使ってしまいがちなのでご注意ください。

また感謝される仕事がしたいなど、あいまいな志望動機も印象に残りにくいため企業の事業内容や取り組みを理解して具体的な志望動機を書きましょう。

ユーザー目線になっている

転職先企業の商品・サービスを理解することは大切ですが、単純にファンであることを伝えるだけでは志望動機として不十分です。

企業はファンではなく自社に利益をもたらす人を求めています。

商品・サービスについての記載を盛り込む際はただの感想ではなく、提供する側の意見として書くことを心がけましょう。

受け身な印象の内容になっている

スキルアップ成長を目指して転職したり学ぶ姿勢を持っているのはいいことです。

ただし、「御社で学んで成長したい」というような表現は、意欲的に見えますが避けたほうが良いのです。

企業は即戦力を求めていますので、成長させるために採用したいとは捉えません。

あなたのスキルをどのように活かすかを示したうえで、不足するスキルは身に付けていきたいというように志望動機を書くことをおすすめします。

職務経歴書に志望動機を書くメリット

ビジネス、契約、書類
志望動機は履歴書に記入欄が設けられていることが多いものの、そのスペースは限られています。

履歴書だけで志望動機を伝えようとすると文字が詰まっている印象になり見やすい書類とはいえません。

職務経歴書は決まった形式が存在しないため、必要に応じて志望動機欄を広めにとることもできます。

両方に志望動機を書くことで、一貫性があり採用担当者にもあなたの魅力が伝わりやすい書類にすることができるのです。

履歴書との書き分け方

カバーレター
履歴書と職務経歴書の志望動機はともに同じ内容になってしまうことはよくあります。

しかし、まったく同じ内容表現は避けたほうがよいでしょう。同じような内容では効果的なアピールに繋がらず選考通過が難しくなるかもしれません。

履歴書と職務経歴書の志望動機はうまく書き分けることが重要です。

おすすめの方法は職務経歴書に志望動機を詳しく書き、履歴書は簡潔にまとめて書くというもの。

さっそく、具体的な書き分け方の手順を見ていきましょう。

まず職務経歴書の志望動機を書く

職務経歴書の志望動機を書きます。

これまで経験したことが転職先での仕事にどのように活きるかを意識して職務経歴書全体に一貫性を持たせることが重要なポイントです。

最初からうまく書こうとしたりきれいに書こうとせず、詳細を書いた後に文章を整えて仕上げていくのが良いでしょう。

これまでの経験(過去)と絡めて「なぜその企業を選んだか」が伝わるように記載します。

職務経歴書の志望動機からアピールしたいキーワードを抜き出す

履歴書に書く志望動機の下準備です。この作業によって職務経歴書と履歴書の志望動機が同じ内容にはならず、一貫性は持たせることができます。

職務経歴書に書いた志望動機の文章から、応募先企業にアピールしたいキーワードをピックアップするのです。

ここでは入社後に実現したいこと(未来)と繋がるようなキーワードを意識することがポイントになります。

抜き出したキーワードをもとに要約する

チャート、グラフ
職務経歴書の文章からキーワードをピックアップしたら、それらをもとに簡潔な文章として作成するのです。

職務経歴書で過去からの繋がりをもとに志望動機をしっかりアピールしますので、履歴書の志望動機では未来に向けた熱意をアピールしましょう。

履歴書全体の読みやすさを維持するために、文章を簡潔かつひと目で内容が把握できるように意識することがポイントです。

まとめ

クリップ、アタッチメント
今回の記事では職務経歴書の志望動機について解説してきました。

過去の経験と絡めて「なぜその企業を選んだか」や「自分が入社したらどのようなメリットをもたらすか」を論理的にアピールしましょう。

避けるべきポイントでは、一見きれいな表現ですが使い回し感受け身な姿勢と捉えられやすい言葉を紹介しています。

また履歴書と職務経歴書の志望動機の書き分け方についてもステップを踏んで解説しました。

履歴書は未来を意識して簡潔に、職務経歴書は過去の繋がりから詳細にをポイントに書くと応募書類全体を通じて一貫性ストーリーが伝わります。

「志望動機でアピールすることがわからない…」「この内容でベストか不安」と思われる方は、転職のプロへ相談をしてみるのがおすすめです。

応募書類の書き方や内容についても豊富な知識やノウハウに裏付けられた的確なアドバイスを受けることができます。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!