転職履歴書はパソコンで簡単に作成することが可能ですが、手書きした方がいいケースもあります。

一方で、手書きではなくパソコン作成の方が向いているケースがあることも事実です。

そこでこの記事では、どちらの方法を選ぶか迷わないために手書きのメリットとデメリットをまとめました。

履歴書に適したサイズや参考にできるフォーマットも合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

PC作成では出せない手書きの良さを活かして、転職活動を有利に進めましょう。

転職履歴書を手書きした方がいいケースとは

書類を作成

転職活動で必須の履歴書は、応募先企業から指定されていない限り手書きとパソコン作成どちらでも問題ありません。

実際に採用担当者に対して実施したアンケートによると、大体4~5割の方がどちらの方法でもいいと回答しています。

理由は形式より内容重視だからということですが、実は手書きの方がいいという回答も2~3割程度あるのです。

つまりPC作成が主流となっている現在でも、手書きの需要は少なからずあります。

特に文字を書く頻度が高い秘書や講師のような仕事は、美しい字を書けると強みになるでしょう。

履歴書を手書きするメリット

机の上の教材

履歴書に手書きするメリットは、一言でいうと他の応募者との差別化です。

PC作成が主流となっている履歴書のうち、手書きのものがあれば採用担当者の目を引きます。

そして一つ一つ書かれた文字からは、書いた人の意欲や性格が伝わりやすいのが特徴です。

文字の大きさや筆圧、そして文字列が揃っているかどうかで採用担当者の印象が変わってくるでしょう。

履歴書の内容へ入る前に、第一印象で興味を持ってもらえる可能性が高まるのです。

メリット①意欲が伝わる

契約書類

手書きのメリットは、読み手に書き手の意欲が伝わりやすいということがまずあげられます。

丁寧な字からは転職に対する本気度や、真面目な性格をアピールできるので好印象に繋がるでしょう。

内容に加えて字の書き方が選考要素のひとつとなるため、他から一歩リードできます。

特に人柄重視で応募している企業に対しては、大きなアピールポイントとなるでしょう。

「この人にぜひ面接したい」と思わせられるよう、気持ちを込めて書きましょう。

メリット②個性を出しやすい

古い紙

手書きで書いた文字には人それぞれの癖があり、読み手には個性として伝わります。

PC作成では出すことのできない、手書きならではのアピール方法です。

必ずしもお手本となるようなきれいな字である必要はないので、自分にできるかぎり丁寧に書くことを心がけましょう。

時間をかけて作成したという事実が、応募先企業に対する本気の思いを現わしています。

書類選考の段階で個性や意欲など気持ちの面を評価している採用担当者は、思いのほか多いのです。

履歴書を手書きするデメリット

ファイルのアイコン

手書きは読み手に対して強いアピールができる反面、丁寧に書いていなければたちまちマイナス印象になってしまいます。

逆に文字をきれいに書くことばかりに集中し、記載内容が適当になってしまっては元も子もありません。

手書きの際はあらかじめ記載内容をしっかり構成し、時間をかけて丁寧に書かなければ意味がないのです。

PC作成に比べて、効率は明らかに悪いといえます。

ここからは手書きのデメリットを理解したうえで、覚悟をもって挑みましょう。

デメリット①作成には時間と手間がかかる

万年筆 パソコンでは短時間に作成できる一方、手書きの場合はその何倍もの時間と手間がかかります。

時間に余裕をもって作成しなければ、最悪期限内に間に合わないという事態にもなりかねません。

また履歴書に修正テープや修正液を使用した訂正はNGなので、一文字でも書き損じると最初から全て書き直しです。

さらに当然のことながら履歴書の使い回しはできないので、複数の企業に応募する際はかなりの労力を要します。

なので手書きでの作成は自分の中で重要度の高い企業に絞り、他はPC作成で併用するのがおすすめです。

デメリット②パソコンスキルがないと思われる

オフィスのノートパソコン

パソコンスキルを重視している企業からすると、手書きが逆にマイナス評価となる恐れがあります。

あえて手書きしたとしても相手には伝わりにくいので、単純にパソコンスキルがないと思われてしまうからです。

特にIT企業や外資系企業、そしてベンチャー企業などはパソコンスキルを重視する傾向にあるので手書きは避けましょう。

たとえ資格欄へパソコンスキルに関係する資格を記入しても、手書きで書いてあると説得力が薄いです。

この場合は個性よりもスキルをアピールした方が有利になります。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

手書きに適した履歴書サイズ

ファイルに挟んだ用紙

履歴書のサイズにはA4サイズとB5サイズがあります。

どちらが正解ということはなく、企業から指定されていないのであれば好きな方を選んで問題ありません。

極端にいえば、A4サイズとB5サイズ以外のものを使っても間違いではないのです。

ただし採用担当者は一度にたくさんの履歴書に目を通さなければならないので、読みやすさを考慮するのが無難でしょう。

ちなみに市販の履歴書はA3サイズを二つ折りしてA4、B4サイズを二つ折りしてB5と表示されています。

A4サイズとB5サイズの違い

紙とペン

A4サイズはB5サイズより一回り大きいので、学歴や職歴など書くことが多い方に向いています。

自己PRや志望動機に割くスペースも広くなり、より多くアピールできるでしょう。

また同封して提出することが多い職務経歴書が一般的にA4サイズなので、同サイズだと採用側の管理が楽になります。

一方若い方や転職経験がなく、書くべき職歴が少ない方B5サイズを選ぶのがおすすめです。

限られたスペースを有効活用し、バランスよくシンプルにまとめることができます。

ダウンロードするなら見開き印刷が理想

机上の事務用品

履歴書はコンビニや文具店などで販売しているほか、パソコンから様式をダウンロードする方法もあります。

パソコンから印刷する場合は、市販のものと同じく見開きになるようA3かB4用紙を使いましょう。

しかしプリンターによっては、A3サイズに対応していないものも少なくありません。

だからといってA4サイズに縮小印刷するのは、証明写真のサイズが合わないなどの支障が出るためNGです。

ちなみに履歴書は100円ショップでも購入できるので、手書きの場合は基本的に市販のものを使いましょう。

履歴書を手書きで作る際のフォーマット

古風な手紙

履歴書のフォーマットとして一般的なのは、「JIS規格の履歴書」です。

JIS規格とは国が定めている国家規格で、職務経歴・資格・志望動機・自己PRなど基本的な項目が記載されています。

履歴書作成の経験が少ない方は、重要なことを漏らさずバランスよく作成できるのでおすすめです。

企業によってはJIS規格の履歴書を提出するよう指定している場合があるので、事前に応募方法を確認しておきましょう。

特に指定されていない場合は、JIS規格以外でも問題ありません。

強調したい部分はスペースを多めに取る

税務関係の書類

オリジナルのフォーマットで履歴書を作成する場合は、強調したい部分のスペースをあらかじめ広く確保しましょう。

例えば転職や異動の回数が多い方は、職歴欄を広めに取っておくと便利です。

またスキル重視の職種や企業であれば、自己PR欄を広く取って詳細にアピールすると効果的でしょう。

手書きの場合は修正がきかないので、別の用紙に完成形を作っておくのがおすすめです。

あるいは先に鉛筆で下書きしてから、ボールペンで清書しましょう。

迷ったときはJIS規格がおすすめ

ペンと記入用紙

JIS規格とオリジナルフォーマットのどちらを使うか迷ったら、JIS規格を選択するのがおすすめです。

必要な項目がバランスよく配置され、自己PR欄は簡潔にまとめられる程度のスペースになっています。

採用担当者にとっても見慣れているフォーマットなので、効率よく目を通せるでしょう。

とはいえ、オリジナルフォーマットにはより自分らしさを出せる良さがあります。

転職サイトでは様々なオリジナルフォーマットがダウンロードできるので、一度チェックしてみると比較しやすいです。

履歴書を手書きして意欲と個性をアピールしよう

ノートとペン

手書きの履歴書は採用担当者に意欲や人柄を伝え、内容とは別の面からアピールできます。

個性を出しやすく他との差別化を図れるので、時間と手間をかけるだけのメリットがあるでしょう。

好印象に繋げるためには、丁寧な字で全体のバランスを考慮しながら仕上げるのが大切です。

字を書くことの多い仕事や、人柄重視で応募している企業に対しては手書きで挑戦してみましょう。

手書きのメリットを十分に活かして、転職成功への一歩を踏み出してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら