メーカーの営業職は自社製品が使用される現場に関わることができるためやりがいを感じやすい仕事です。

基本的には企業が営業先となるメーカー営業の仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

今回はメーカー営業の仕事内容やその種類だけでなく、どのような人が向いているのかなどを解説します。

メーカー営業の仕事内容

資料を見ながら話すビジネスマン

メーカー営業の主な仕事は自社製品の売り込みです。

メーカー営業は基本的には企業や他メーカーなどをターゲットとしたBtoBの営業を行います。

製品を売り込むという点では商社の営業と仕事内容は同じです。

しかし商社の場合は複数のメーカーの商品を扱います。そのため幅広い知識が求められる一方で製品それぞれへの深い知識が必要ない場合もあります。

メーカー営業の場合は自社製品のみを扱うため製品への深い理解を必要とされるのです。

納品するものが自社製品のため、問題が起これば全て自社の責任で対応する必要があるのもメーカー営業の特徴です。

売り込みから納品後のアフターケアや顧客の要望のヒアリングなどを行い、時には開発段階にも関わります。

自社製品が他の企業などで貢献していることを身近に感じられるため、やりがいを感じやすい職種です。

メーカー営業の種類

メーカー営業には大きく分けて2種類の営業方法があります。

それぞれについて解説します。

ルート営業

メモを書く女性

ルート営業とは、すでに自社製品を納めている他メーカーや企業などを回る営業です。

これはすでに契約を結んでいる企業等に対して今後も契約を継続してもらうことを目的としています。

顧客に契約を継続してもらうためには、顧客にとって長く使える製品でなければなりません。

そのため、営業には顧客の要望をヒアリングし、顧客にとっての最適な製品を提案することが求められるのです。

顧客からの意見を反映させるために、自社内では製品の開発段階から関わることもあるでしょう。

さらに納品後のアフターケアを行うこともあります。

新規営業

新規営業は新しい販売ルート開拓を目的とした飛び込み営業です。

メーカー営業ではあまり多くない営業スタイルですが、全くないわけではありません。

既存の取引先だけでは会社の売上をあげることは難しいため新しい顧客をつくることは非常に大切です。

新規で契約を取り、顧客に製品を気に入ってもらえれば継続契約をする可能性も十分にあります。

そうなれば新規営業先だった企業がいずれはルート営業の中に組み込めるようになります。

しかし最初はこれまで取引のない企業などへの営業となるため、契約を取る難易度は高いです。

契約が必ず取れるとも限らないため、時には何社にも断られる可能性もあります。

そうした状況でもへこたれない精神的なタフさが求められるでしょう。

向いている人の特徴

営業スタイルとしては2種類に分かれるメーカー営業ですが根本的に行う業務は同じです。

そのためどちらであってもメーカー営業として働く上での性格の向き不向きは変わりません。

続いてメーカー営業に向いている人の特徴を解説します。

人と話すことが好き

握手をする人々

営業職全般にいえることですが、メーカー営業は顧客との対話が重要です。

製品の売り込みや契約の交渉など、必然的に多くの会話が必要になります。

業務のどの段階においても人と話すことが求められるため、会話が苦ではない方が良いでしょう。

仕事の事務的な会話だけでなく、何気ない雑談から顧客のニーズを汲み取ることもできます。

そのため仕事ばかりでなく何でも話せるようなフランクさもあるとより良いでしょう。

商品への愛着がある

製品を売り込むためには、自分が製品について深い知識をもっている必要があります。

メーカー営業自身が製品への愛着や興味を持つことで理解を深めることができるでしょう。

その説明に加えて、顧客に魅力的な商品だと思ってもらうには話している本人の姿勢が関係しています。

製品について説明しているメーカー営業自身がいきいきと話すことでより製品の良さが伝わるでしょう。

必要なスキル

メーカー営業として働くには多くの企業との取引や社内での調整などを問題なく担えるスキルが必要です。

続いてメーカー営業に必要なスキルを解説します。

コミュニケーション能力

向かい合って話す人

営業職のためコミュニケーション能力が必ず求められます。

業務のどの段階においても顧客とのコミュニケーションが重要です。

顧客との信頼関係を築くためには円滑なコミュニケーションが欠かせません。

新規・継続の契約の形にかかわらず、信頼関係が構築できているかどうかで取引後の仕事の進めやすさも変化します。

コミュニケーション能力が高ければよりスムーズで互いに気持ちよく仕事をできるでしょう。

提案力

会議をするビジネスマン

メーカー営業は顧客の要望をヒアリングし、それを製品の品質向上に活かすこともあります。

もし顧客の要望にすぐに応えられる製品がすでにあるならば、それを提案できることも必要なスキルです。

そのためには顧客が求めていることを正確に把握する必要があります。

顧客の立場で考えることで何が必要とされているのかが見えてくるはずです。

こうした顧客に寄り添う姿勢によってより最適な提案ができるでしょう。

スケジュール管理能力

スケジュール帳とメガネ

営業は多くの企業を訪問することになります。

いつどこの企業に訪問し、どんな仕事をするのかというスケジュール管理が必要です。

製品を納品するまでにも社内で製品の調達や納期の調整をすることになります。

場合によっては納品の立ち会いなども行うため、担当する企業が多くなればなるほどスケジューリングは複雑になるでしょう。

もしスケジューリングが上手くできなければ顧客はもちろん社内にも迷惑をかけてしまう可能性があります。

そのため、スケジュールを適切に管理することが求められるのです。

転職先を選ぶ際の注意点

メーカー営業として転職を考える際、その候補を選ぶ際に注意したい点があります。

どういった点に注意が必要なのか解説します。

経験者優位

スマホを見る女性

メーカー営業は営業職の経験者が優遇される傾向にあります。

自社製品を扱うメーカー営業だからこそ、製品の不具合などがあった場合には自社の責任として対応しなければなりません。

営業は顧客にとっては窓口的な役割も担っているため、営業とのやりとりの不備は会社への不信感にも繋がります。

そのためクレーム対応も含めて常に営業として適切な対応ができることが求められるのです。

さらに経験を積んでいる方が即戦力として仕事を任せられます。

ただし企業によっては未経験者でも応募可能な場合もあります。

もし営業経験がない状態でメーカー営業への転職を考えている場合は募集要項で未経験でも応募可能かどうかを確認しましょう。

インセンティブはどれくらいか

メーカー営業の場合、契約数によってインセンティブが得られる場合があります。

企業によって振れ幅があるため、業界によって得られるインセンティブが大きく異なっている場合もあります。

特にインセンティブが高いといわれているのが医療機器メーカー自動車メーカーです。

これは企業によって具体的な数字は異なっており、事前に調べるだけでは分からないこともあるでしょう。

面接や企業説明などの段階で確認することをおすすめします。

まとめ

キーボードに置かれた手

今回はメーカー営業の仕事内容や向いている人などをまとめて解説しました。

キツイ印象のあるメーカー営業ですが、自社製品を直接売り込めるためやりがいを得やすい職種です。

さらにインセンティブとして給料に反映されることで自分の仕事の成果が目に見えて分かりやすくなります。

営業としての経験があるならばそのスキルを活かして活躍することができるでしょう。

ただしインセンティブなどは企業によって条件は様々です。

自分のスキルを活かして希望の収入を得るには自分にあった企業を探す必要があります。

転職先を探す際には転職エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら