一生一度の大きい買い物といえば家ではないでしょうか。

ハウスメーカーの仕事は、お客様の人生一番の買い物に関わる大切な仕事です。

ここではハウスメーカー営業の仕事内容について紹介します。

ハウスメーカー営業の仕事内容や年収、転職に必要な資格をみてみましょう。

またハウスメーカー営業の仕事に必要なスキルもまとめました。

メリットやデメリットもあるので、ハウスメーカー営業の仕事に興味のある方はまず確認してみてください。

ハウスメーカーの営業とは?

家

ハウスメーカー営業とは、平たくいうと家を買いたいと思っているお客様に家を売る仕事です。

お客様の希望通りに設計した家のプランを提案し、説明を行います。

また、家を買うためのローンやスケジュール確認なども一緒に行うのも大切な仕事でしょう。

家を買って建てるための一通りのサポートを行うのがハウスメーカー営業の仕事です。

さらに、家を建てたあともアフターメンテナンスやリフォームの相談にのることもあります。

家の購入にまつわる幅広い仕事を請け負うのがハウスメーカー営業の仕事といえるでしょう。

ハウスメーカーの営業の仕事内容

最初に、ハウスメーカー営業の具体的な仕事内容を紹介していきます。

展示場で顧客へ説明をする

家

ハウスメーカー営業では、突然お客様の家に訪問することはありません。

モデルハウスの展示場やイベントに訪れたお客様に対し、営業することからスタートします。

家の購入を考えているお客様に対し、実際のモデルハウスを見ながら家を建てることのイメージをもってもらいます。

具体的に話をしたいというお客様に対して、希望やプランを聞くことが最初の一歩なのです。

その後、希望に合わせた提案や見積もりを行うため説明時間の予約などを行います。

この次回の提案が営業活動の本番であるため、予約をまず取れるかが大切なポイントとなってくるといえるでしょう。

提案、見積もり

パソコン

ここでは実際にお客様の要望に合わせたプランの提案や、ローンの見積もりなどを行っていきます。

この部分が営業活動の要となり、ハウスメーカー営業の仕事の大切なところでしょう。

契約をしたいからといって無理やり進めるのでは、お客様への印象もよくありません。

ニーズや希望をうまく聞き出し、希望通りのプランを提案できるかが大切なポイントとなります。

しかし基本的には、一度の説明で契約につながることはほとんどなく、何度か同じお客様と会って話をしていきます。

何度も何度も提案をすることでお客様との信頼関係もでき、それが契約につながっていくのです。

提案や見積もりに納得して頂ければ、そこで初めて無事に契約といった流れになります。

ハウスメーカー営業の仕事のメリット

ハウスメーカー営業の仕事のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

売上次第で高年収

お金

ハウスメーカー営業の仕事は、30代でも年収が1,000万円をこえることもあるといいます。

それは契約数が年収に直結していくからです。

毎月の契約が増えれば増えるほど、自分の年収にもつながるといえるでしょう。

自分の努力がそのまま年収に表れていくのは、仕事をする上でも大きなメリットだといえるのではないでしょうか。

営業の仕事の中でも特に大きな買い物である家を売る仕事のため、一つ一つの単価も大きいことが高年収につながっているといえるでしょう。

飛び込み営業はない

家

営業の仕事といえば、飛び込み営業が辛いという話をよく聞きます。

営業は突然個人宅に訪問し商品を売る仕事が基本ですが、断れることも多く気持ちが萎えてしまうこともあるでしょう。

一方でハウスメーカー営業では基本的に飛び込み営業はありません。

家を買うつもりもないお客様の家に訪問しても、時間の無駄になってしまうからです。

ハウスメーカー営業では基本的に展示場やモデルハウスに訪れたお客様に営業することになるため、営業しやすい分野とよくいわれています。

辛い営業の仕事というイメージが少ないので、営業が初めての方でもやりやすい仕事といえるかもしれません。

ハウスメーカー営業の仕事のデメリット

ハウスメーカー営業は営業しやすい仕事ときいて、興味が出てきた方もいるかもしれません。

それではハウスメーカー営業のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

土日が勤務になることが多い

カレンダー

ハウスメーカー営業の仕事は土日や平日の夜がほとんどです。

家を購入したいと思っているお客様のほとんどは仕事をしています。

そのため、お客様が仕事をしていない土日などの時間に営業する必要があるからです。

土日は展示場などのイベントに出向いたり、提案中のお客様に会ったりといった仕事があります。

平日には提案資料を作成した後にお客様に会うこともあるので、夜遅くまで残業することもあるでしょう。

ハウスメーカー営業の仕事が激務といわれるのはこういった理由があるからなのです。

ノルマが課さられる

カレンダー

ノルマが課さられるのも、ハウスメーカー営業の仕事のデメリットといえるかもしれません。

月単位ないしは年単位でノルマが課さられ、ノルマが達成できないとクビになる会社もあるようです。

毎月1契約が取れれば良い方で、最初のうちは半年に1契約などノルマはできる単位でつくことがほとんどでしょう。

ノルマは辛いと思うこともありますが、その分契約ができれば年収アップにもつながっていきます。

ノルマは一見するとデメリットにも見えますが、自分の頑張りがそのまま年収にもつながっていくのはメリットにもなるでしょう。

転職に必要な資格

パソコン

ハウスメーカー営業の仕事に転職する際には、必ず必要な資格はありません。

不動産の売買の知識の「宅建」や資産運用にかかわる「ファイナンシャルプランナー」などは持っていると良いといわれている資格です。

資格があることでお客様へ提案する際も説得力が増すでしょう。

また、自分のもっている知識を使ってうまく説明ができるかもしれません。

家の購入にまつわる資格はチェックし、今からでも取得できるものがあるか見ておくと良いでしょう。

ハウスメーカーの営業に必要なスキル

ハウスメーカー営業の仕事に必要な資格はないことがわかりました。

それでは、ハウスメーカー営業の仕事に必要なスキルはあるのでしょうか?

トーク力がある

トーク

やはり一番必要なのはトーク力でしょう。

トーク力といってもその場を楽しませたり盛り上げたりする能力ではなく、家の購入につなげるよう話せる力のことです。

買って欲しい、買わないと損など脅すような言い方では購入にはつながりません。

お客様の希望にあったプランを提案し、心から購入したいと思わせる必要があるのです。

営業の仕事は商品を売り込む仕事ですが、ハウスメーカー営業ではいかに購買意欲を持たせるかが大切になるでしょう。

お客様の気持ちを考えられる

トーク

トーク力の他にも、お客様の気持ちを考えられるかも大切なポイントです。

家という人生一大の大きな買い物をしようとしているお客様は不安な気持ちもあるでしょう。

その不安な気持ちに寄り添いながらも、プラスな気持ちで提案できるようなスキルが必要です。

気持ちに寄り添うことでお客様からの信頼も取れることもあるでしょう。

普段から人の気持ちを考えられたり、自分のことのように考えられたりする人は向いているかもしれません。

ハウスメーカー営業におすすめな人は?

家

ハウスメーカー営業の仕事についてまとめました。

家を売るという大きな仕事であるハウスメーカー営業の仕事。

飛び込み営業はなく、ノルマがそのまま年収にもつながるので人気の仕事だといえるでしょう。

勤務時間が長いなどデメリットももちろんありますが、やりがいも感じやすい仕事です。

トーク力に自信がある方や、営業に初挑戦したい方にもおすすめの仕事ではないでしょうか。

ハウスメーカー営業の仕事が気になる人は転職無料相談で自分もできるか聞いてみると良いかもしれません。

相談をぜひ活用してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら