毎日スーパーで目にする食品。その陳列された食品は食品メーカー営業の方の努力によって置かれたものかもしれません。

ここでは食品メーカーの営業の仕事について紹介します。

自社の食品を置いてもらうよう営業をする食品メーカー営業の仕事は、未経験でもできる仕事なのでしょうか?

女性向きの理由や年収、おすすめの志望動機もまとめています。

食品メーカー営業が気になる方は参考にしてください。

食品メーカーの営業とは?

スーパー

食品メーカーの仕事とは、生鮮食品以外の食品をスーパーなどの小売店に売り込む仕事です。

食品メーカーといっても誰もが知っている大手のメーカーをはじめ、あまり聞いたことない小さなメーカーまで様々にあります。

さらに加工品とはいっても調味料やお菓子、冷凍食品などその種類も様々。

食品メーカー営業とは自社の食品を消費者に購入してもらうために、店頭に置いてもらうよう営業をする仕事です。

自分の売り込んだ商品が店頭に並び、消費者が購入したときにやりがいが感じられる仕事だといえるでしょう。

食品メーカー営業の仕事内容

食品メーカー営業の仕事内容は、具体的にどのようなものなのでしょうか?

商品を売り込む

スーパー

まず営業といえば商品の売り込みの仕事です。

全く自社の商品を置いていない小売店に営業に行くこともあれば、すでに商品が置いてある小売店に営業に行くこともあるでしょう。

全く商品を置いていないお店に行く場合には、自社の商品のアピールをしっかりする必要もあります。

すでに陳列している小売店の場合は、商品の置くスペースを広げてもらったり目に届く位置に置いてもらったりする必要があるでしょう。

このように食品メーカーの営業は置いてもらうのがゴールではなく、その後継続した関係作りも大切な仕事なのです。

売り込むための資料作り

PC

自社の商品を売り込むためには資料作りがかかせません。

近年の動向や環境をまとめ、自社の商品がどのくらい売れるかといった内容を資料にまとめる必要があります。

まとめた資料をもって小売店に出向き、商品アピールをする必要があります。

お客様である小売店相手に対し、より具体的にわかりやすく話せるかといったことも大切になるでしょう。

自社の商品をきちんと理解していることはもちろん、ライバル会社の商品なども調査しておく必要もあるかもしれません。

食品メーカーの営業は未経験でもできる?

食品メーカーに興味はあるけれども、経験がないので心配といった方もいるかもしれません。

ここでは食品メーカーの営業が未経験でもできるか説明します。

営業経験があれば問題なし

PC

食品メーカーの営業はもちろん何らかの営業経験があれば問題ありません。

自社の商品を理解した上で、それを売り込むといった営業はどの分野でも役に立つといえるでしょう。

食品だけではなく、家や保険、サービスなど様々な分野の営業が考えられます。

自分自身の経験上、何らかの営業経験があればそれをアピールすると良いでしょう。

営業初挑戦でもやりやすい分野

スーパー

実は食品メーカーの営業は未経験でもやりやすい仕事といわれています。

食品メーカーは誰もが知っている商品が多く、一度は使ったことがある方も多い分野です。

もし一度も食べた経験がないといった商品でも、転職前に実際に購入して試すこともできるでしょう。

そのため、自分の経験を活かしてアピールすることができ、営業初挑戦でも十分に働ける分野だといわれているのです。

営業は未経験で自信がないといった方でも、挑戦する価値は十分にあるといえるでしょう。

食品メーカーが女性に向いている理由

食品メーカー営業の仕事は女性向きだともいわれますが、その理由はどういったものがあるのでしょうか?

営業は女性が活躍しやすい

スーパー

食品メーカー営業含め、営業の仕事は女性が活躍しやすい仕事です。

営業は自社の商品を売り込む仕事ですが、女性は多角的な視点を持つことを得意とします。

多角的とは様々な視点で物事が見られるということです。

女性は一つの商品を売り込む際にも様々な視点からアピールをすることができるからです。

そういった視点からのアピールは説得力が増すだけではなく、買ってみたいという気持ちも持たせることができるでしょう。

食品メーカー問わず、女性が営業向きといわれるのはこういった理由があります。

家事の経験が活かせる

スーパー

日頃料理や家事をしている女性は、男性よりもたくさんの食品を見る可能性が高くなるでしょう。

買い物をはじめ、料理をすることも多いので商品の情報も多く持ちます。

日頃の経験を活かしながら、営業をすることができるので説得力も増すのです。

自分もこういった料理に使っている、食べやすく調理できるなど経験を活かしながらの営業もできるかもしれません。

毎日の家事で培ってきた経験が活かせるのも女性が食品メーカー営業に向いているといわれる理由なのです。

食品メーカー営業の年収は?

お金

食品メーカーの営業の年収は大体500万円程度だといわれています。

ただし、食品メーカーは大手企業から小さい会社まで様々にあるため、一概に年収の幅が決められていないのが実情です。

営業はノルマ達成によるボーナスや残業手当なども付きやすいので、基本給よりも多くなることもあるかもしれません。

自分が転職したい会社の求人情報をきちんと確認しておくと良いでしょう。

食品メーカーへ転職するときの志望動機

食品メーカーの営業に転職したいという気持ちも強くなってきた方もいるでしょう。

次におすすめの志望動機を紹介します。

商品が好きな理由と入社後の展望

スーパー

食品メーカーの転職の志望動機でよくあるのが、その会社の商品が好きだという動機です。

食品メーカーなので転職したい会社の商品を理解し、好きな気持ちがあるのはもちろん良いといえます。

しかし、好きという気持ちだけでは少し不十分ともいえるでしょう。

ライバルと差をつけたい場合は、好きな理由に加えて入社後の展望をいれるのがおすすめです。

例えば好きな商品を世界中に売り込みたい、今売られていない小売店に売りたいなどといった展望です。

こういった入社後の具体的な展望があることで志望動機としての説得性も強くなります。

前職での経験を活かす内容

スーパー

志望動機には前職での経験を活かす内容をいれるのも良いでしょう。

例えば、営業経験を活かして次は食品を売り込む仕事をしたいといった内容がおすすめです。

営業経験がない場合でも、接客や事務の仕事から学んだ内容を営業に活かしたいといった内容も良いでしょう。

前職で培ってきた経験を転職後にどう活かすかといったことをしっかり考えられることが大切です。

どんなに小さなことでもアピールにつながりますので、自分で考えてみてください。

食品メーカー営業に興味があれば挑戦してみよう

スーパー

食品メーカーの営業の仕事について紹介しました。

誰もが知っている食品は営業している方がいるからこそ、小売店で販売できる商品です。

食品メーカーの営業はメーカーにとってなくてはならない重要な仕事だといえるでしょう。

売り込む営業の仕事は大変なことももちろんありますが、その分やりがいも大きい仕事。

営業の経験がない方でも、営業しやすい分野でもあり女性向きともいえる仕事です。

少しでも興味がある食品メーカーや、メーカーが決まっていない方でも興味があれば挑戦してみると良いでしょう。

志望動機の書き方や自分の経験が活かせるか不安な方は転職相談を利用してみてください。

事前準備をしっかりとして後悔のない転職をしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら