医療事務は患者さんの対応からカルテの管理、医療費の請求まで医療活動に欠かせない重要な仕事です。

医療に貢献出来る転職先は、高い人気を誇っています。

また未経験者にも広く門戸が開かれており、未経験からの転職先として目指す方も多くいるのが特徴です。

そこで医療事務への転職を未経験でも成功させるコツと、必要とされる資格や知識、そしてスキルを解説します。

転職の成功率を上げる無資格からの目指し方も紹介しますので、参考にしてみてください。

未経験から医療事務へ転職するコツ・目指し方

初心者

医療事務は、未経験や無資格でも応募可能となっているケースが多くあります。

未経験から転職を成功させるには、コツを掴んで応募したいものです。

未経験者OKな医療機関に応募する

医療事務は経験者を優遇する傾向にありますが、求人情報を見ると未経験者でも可という求人も多くあります。

ゼロからの人材を育成したいと考えている医療機関もあるので、未経験者を募集している求人を探す、というのもひとつの方法です。

中には資格取得のサポートなどを行っている場所もあり、学びながら働けるというメリットがあります。

無資格未経験可の医療機関では、受付や会計などの業務から始め、徐々にレセプト業務など専門性のある仕事を覚えていくことが一般的です。

資格を取得しておく

転職者として有利になるのは、やはり資格を所持していることです。

未経験から医療事務を目指すには、資格が大きなアピールになることは確かでしょう。

資格は基本的な知識を持っている証明にもなり、仕事への意欲を示すことにも繋がります。

前職からの共通点を見出す

医療事務

これまでに従事した仕事の経験から、医療事務の仕事へ活かせる点共通している点を見つけて積極的にアピールしていくのも有効な方法です。

例えば書類作成などの事務経験や接客業などの業務経験は、医療事務の現場でも求められます。

前職での経験は立派なアピールポイントとなるのです。

医療事務の仕事がしたい理由と意欲をしっかり伝える

転職者に限らず求職する場合は、なぜ医療事務の仕事をしたいのかという理由と意欲をしっかりと伝えることが重要です。

医療事務は介護施設などでも求められているように、活躍の場は沢山存在しています。

なぜ転職したいのか、なぜそこで働きたいのか、志望動機をしっかりとまとめておきましょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

資格は転職に有利となる

明細書

医療事務という仕事に就くために、絶対に必要な資格というものはありません。

医療事務関連には国家資格というものはなく、仕事に就くための必要条件ではないのです。

しかし医療事務関連の資格を取得すれば、信頼性も向上即戦力として自分をアピールすることも可能です。

未経験者の場合は、資格を取ることで経験不足を補うための知識や意欲が証明出来るのではないでしょうか。

また医療機関などによっては、資格の有無で収入面での差が生まれることもあります。

知識を付けることは、スキルアップやキャリアアップにも役立つはずです。

医療事務に必要な資格

パソコン

特別な資格不要とされている医療事務ですが、資格取得に上記のような大きなメリットがあることも確かです。

それでは、どんな資格があるのか紹介していきます。

医療事務検定試験

医療事務検定試験初心者向けの資格です。

日本医療事務教会が実施している試験で、医療事務全般の基本的な知識と技術が審査されます。

医療保険制度や医療事務の実践的なスキルである医療費算定の知識が問われ、資格取得後は医療機関で即戦力として活躍出来るはずです。

医療事務関係の資格の中では合格率が高く、試験は教材や資料の持ち込みと閲覧が許可されています。

医療事務認定実務者(R)試験

医療事務認定実務者(R)試験は全国医療福祉協会が主催しており、2016年に始まった比較的新しい試験です。

こちらは年々受験者が増えており、注目度の高い試験となっています。

この資格は医療事務に関する基礎知識と、医療事務の実務における基本が身についていることの証明となり合格率も比較的高いようです。

毎月試験が行われていることや4択の選択問題という点から、挑戦しやすい資格であるといわれています。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)

記入

メディカルクラークの名で知られる医療事務技能審査試験は、厚生労働大臣認可の「一般社団法人 日本医療教育財団」によって実施されています。

業界内での認知度も高く、医療事務の基本的な知識と技能が問われ、試験に合格するとメディカルクラークの称号が得られます。

こちらは診療報酬請求事務や窓口事務など、医療事務職として求められる患者接遇の技能を身につけていると証明出来るものです。

数ある医療事務資格の中でも歴史があるもので、取得できれば医療事務として働くうえで有利になる資格のひとつといえるでしょう。

医療事務管理士技能認定試験(医療事務管理士)

医療事務管理士技能認定試験は、技能認定振興協会(JSMA)が実施している医療機関での認知度が高い資格です。

この資格は医療保険制度や診療報酬の仕組みについて基礎知識があり、正確に診療報酬の算定が出来るという証明になります。

医療事務には、診療報酬明細書作成やカルテ管理など多くの事務仕事がともないますが、それらの業務をこなす専門家ということになります。

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験は日本医療保険事務協会が主催する合格率約30%ほどの難易度の高い試験です。

医療事務資格の中でも最難関の資格とされています。

この試験は診療報酬請求業務の能力向上と、業務の効率化を目的に行われており実務を正確に行う能力がある証明になります。

資格についてさらに詳しい情報を知りたい人は、無料の転職エージェントを利用してはいかがでしょうか。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

医療事務に役立つスキル

医療事務

医療事務に必要なスキルは、一体どんなものなのか確認しておきましょう。

コミュニケーションスキル

医療事務の仕事では患者さんやそのご家族の不安を和らげる、という高度なコミュニケーション力が求められます。

相手に安心感を与えられる表情や言葉に加え、わかりにくい医療用語をわかりやすく解説する語彙力も必要といえるでしょう。

事務職の中でも人と接することの多い医療事務は、コミュニケーション力を求められる職なのです。

PCスキル

医療事務の仕事では、レセプトコンピューターと呼ばれる作成用のソフトを使って、患者さんの情報や診療内容を入力しています。

未経験者はいちから操作を覚えることになりますが、操作自体は簡単です。

日常的にPCに触れている人であれば、すぐに操作を覚えることが出来るでしょう。

臨機応変な対応ができるスキル

医療業務は、あらゆる仕事の中でも特に臨機応変に対応するスキルが求められる仕事です。

患者さんやその家族は、年齢もさまざまで抱えている苦しみや悩みも千差万別です。

コミュニケーション能力のひとつともいえますが、適切な対応を取ることが出来るということも大切です。

医療事務の仕事はひとりひとりに寄り添うホスピタリティに加え、その場その場での臨機応変な対応能力が求められています。

医療事務に求められる知識

経理

医療事務として持っておきたい知識はどんなものでしょう。

医学的な知識

医療事務の仕事は、医療行為そのものに関わることはありません。

しかし処置の内容や病気などの名称、さらには薬の効果などについて基礎的な知識を身につけておく必要はあります。

カルテを読み、費用を計算するには医療に関心をもつことが大切です。

医療保険制度に関わる知識

医療費負担を軽減するための制度や、給付金の制度を把握しておきましょう。

患者さんに寄り添い、制度を適切に説明する為に医療保険制度の知識は欠かせないものとなります。

需要の増える医療事務に転職しよう

医療事務

高齢化社会に伴い、医療事務は需要の高い職業になるのではないでしょうか。

資格や経験が重要視される仕事ではありますが、無資格未経験可としている求人も多くあります。

まずは前職の経験を活かして採用してもらい、必要な知識やスキルは働きながら身につけていく、というのもひとつの方法ではないでしょうか。

また医療事務は残業が多いともいわれていますが、職場の環境によって大きく異なります。

詳しい情報を得たい人は、転職エージェントに相談することをおすすめします。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら