既存の顧客に向けた営業を担当するルート営業は、営業職の中でも人気がある職業です。

転職志願者向けの求人情報の中には、ルート営業の求人も数多く掲載されています。

しかしルート営業へ転職する為には、どのような志望動機を記入すればいいのか…書き方に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこでルート営業に求められるスキルを基本とし、アピールすべきポイントを紹介していきます。

志望動機の書き方例文も解説していくので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

求められている人材を確認

面接

転職の際の志望動機を書く前に、どのような人材を企業側が求めているのかを知る必要があります。

自分が企業の求めている人材である、ということをアピールする為に事前に確認しておくことをおすすめします。

一般的にどのようなスキルが求められているのか、いくつか確認しておきましょう。

顧客との良好な信頼関係を築けるか

ルート営業は大切な営業職の一環なので、顧客との良好な信頼関係を築ける力がとても大切です。

新規の顧客を開拓する場合はある程度選ぶことが可能ですが、ルート営業の場合はそれが出来ません。

既存の顧客の中には、営業が進まない顧客もいるでしょう。

得手不得手な相手が出てきますが、どんな相手とも信頼関係を結ぶことが第一条件といえます。

またルート営業は顧客との長い付き合いが前提になり、誠実さを持っている人物が求められます。

顧客の視点に立った戦略を立てられる

新規営業と違い、ルート営業では同じ顧客のところに定期的に訪問し続けます。

扱っている商品によっては、同じ種類の商品の売り込みをかけている他社の売り込みもあるでしょう。

競争の中で自社の商品を購入してもらう為には、顧客のかゆい所に手が届くような提案が出来るかどうかが鍵になります。

同じ顧客のところへ訪問し続け、商談とその間の何気ない雑談を繰り返す中で、相手のニーズをくみ取った提案が出来る力が必要です。

相手の言葉に耳を傾ける力と、長期的な視点で戦略を構築する力がルート営業に求められています。

営業事務も出来る

会議

ルート営業の求人を出している企業には、中小企業も少なくありません。

従業員一人一人の職種が明確化されている大企業とは違い、中小企業の場合には人手が少ない場合があります。

ルート営業者が自分の担当分の事務仕事もこなさなくてはいけないケースもあるでしょう。

また営業事務の担当者がいても、ヘルプ要請がある場合もあります。

特に中小企業では、営業事務の仕事もこなせる人材が重宝される傾向です。

希望する転職先企業がどのような人材を求めているのか、詳しく知るためには無料の転職エージェントを利用することをおすすめします。

 

無料転職相談を利用して詳しく確認する

 

志望動機でアピールすべきポイント

ポイント

ルート営業職に求められるスキルを参考にし、志望動機でどのような点をアピールすればいいのか見ていきましょう。

その会社を志望した理由

ルート営業職に限らず、就職や転職での志望動機ではその会社に応募した理由を明確化しておきます。

職種や報酬、休日といった条件面が合致する為といった理由だけでは志望動機としては弱くなります。

会社の理念や扱っている商品、サービスに対する思い入れなどもしっかりとアピールポイントとして伝えられると良いでしょう。

他社にはない特徴的な部分などを確認しておくと、志望動機が確実なものになってくるのではないでしょうか。

志望する会社と前職との共通項

転職の場合には即戦力となることが求められます。

その為、前職での経験をどのように生かしてくれるのかを採用担当者は見ています。

前職との共通項をアピールすることは、転職者にとって欠かせないポイントといえるでしょう。

同業種からの転職であれば、商品に関する知識や前職で築いた業界内での人間関係のつながりなどがアピールポイントになります。

違う業種からの転職の場合でも、営業職からの転職であれば営業職として培ったコミュニケーション力などを強調しましょう。

また全く違う業種からの転職でも、会社や扱っている商品を分析して何らかの共通項を見出しアピールしていきます。

自分の実績やスキルを具体的な数字にする

講座

前職でどのような仕事をしてきたのか、どのようなスキルを磨いてきたのかを具体的な数字を使ってアピールしましょう。

抽象的な言葉や熱意が通じるのは新卒だけです。

即戦力が求められる転職市場では、実績を数字でアピールすることが採用担当者に響きます。

契約数や売上金額など、自分が上げた実績の数字も洗い直してアピール出来るように整理しておきましょう。

ルート営業の志望動機の例文・注意点

履歴書

ルート営業への志望動機の書き方を例文を交えながら見ていきます。

例文

新卒で食品メーカーに入社し、5年間ルート営業として販促や商品ディスプレーの売り方などの提案を店舗側にしてきました。

近年の厳しい状況といわれる中、営業利益率を5%向上させることが出来、更なるスキルアップをしたいと考えるようになりました。

今までのルート営業のスキルを活かし、自分の視野を広げるために違う業種で力を発揮したいとおもっております。

扱う商品は電化製品へと変わりますが、これまでの営業手法や一般小売店とのつながりは充分に活かせると考えています。

お客さまのニーズにそった製品を提供する、という理念に共感し貴社を志望いたしました。

貴社に入社致しましたら商品知識を磨き、お客様や現場の声を活かせるルート営業が出来るように努力したいと考えております。

志望動機の注意点

成功

志望動機は言葉の羅列ではなく、自分の気持ちに沿って書くことが大切です。

自分の気持ちに反するような志望動機は、面接で気づかれることが多く印象が悪くなってしまいます。

また転職者の場合はなぜ前職を辞めたのか、希望先の会社を選んだ理由などを深く聞かれる場合があります。

志望動機として幾つかの理由をあげておくといいでしょう。

ルート営業職への勘違い

営業

ルート営業職へ転職を希望する際に、営業職の中でも「楽」な方だと思っている人が多いようです。

「新規営業より楽」では決してない

ルート営業へ応募する人の中には新規営業よりも楽そう、ノルマがない、という理由で選ぶ人がいるようです。

確かに新規営業の様に、全く知らない企業や家に突然飛び込むストレスはありません。

しかし既存の顧客との信頼関係、これまで築いていた関係性を継続させるという努力は必要です。

またノルマがないといっても、営業職として最低限の売上を上げることは当然求められます。

同じルーティーンの繰り返しではない

ルート営業職は毎日同じ顧客を回り、注文を取ると勘違いしている人もいます。

しかし、現実はそうではありません。

毎日同じルーティーンで、同じような仕事をしているだけでは競合他社に注文を奪われてしまうこともあります。

顧客にとってのベストな選択肢を提案出来るように、常に目を配り続ける必要があるでしょう。

ルート営業への転職は志望動機が大切

営業成功

ルート営業への転職は志望動機をしっかりと固めておく必要があります。

自分が入社後にどのような貢献をしたいのか、高い志を示すことは転職者に限らず大切なことではないでしょうか。

また、即戦力となる自分をしっかりとアピールしていくことも大切です。

前職での経験をどのように生かせるのか、しっかりと整理し志望動機を詰めていきましょう。

ルート営業は顧客のニーズをつかみ取り、大きな案件を成立させることもあるでしょう。

やりがいのある仕事への転職を成功させる為に、しっかりと情報を得ておく必要があります。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!