多くの業界で活躍している営業職ですが、派遣業界においても営業は女性が活躍しているやりがいのある職種です。

多くの企業を相手に営業を行うため仕事がきついイメージを持っている方も多いことでしょう。

しかし、契約数など目に見える形で成果を実感でき、大きな達成感や成長を得られます

今回は派遣会社の営業のやりがいや必要なスキルなどを解説します。

派遣営業のやりがい

営業職はきついというイメージがありますが、その分やりがいもある職種です。

まずは派遣営業のやりがいについて解説します。

人材と企業を結ぶ橋渡し役

握手をする人々

派遣営業の大きな仕事といえば、派遣スタッフと企業をマッチングすることです。

それぞれの要望を聞き企業にとっては最適な人材を派遣します。そのためには企業から人数や勤務日数などの希望を詳細に聞き取る必要があります。

さらに派遣スタッフ側の要望も聞き、どちらの要望にも応える形で派遣先を決定するのです。

適材適所に人材を派遣することで企業と派遣スタッフの両方から喜ばれるでしょう。

このことがやりがいに繋がっています。

契約成立時の達成感

手帳に書き込む女性

業界に営業に限らず、営業において新規顧客の獲得は大変ながらも達成感が得られるものです。

派遣営業は派遣先の新規獲得のために企業を相手に営業することになります。

そのためには電話での営業以外にも飛び込みで営業することがあります。

どちらも簡単に契約成立とはいかず、何社も営業活動を行わなければならない大変な仕事です。

しかしその分契約成立時には大きな達成感が得られるでしょう。

派遣営業のメリット

派遣営業は大きな達成感を得られるやりがいのある仕事です。

さらに働くことで自身の成長や今後のキャリアアップに繋がるきっかけをつくることもできるでしょう。

続いて派遣営業で働くことで得られるメリットについて解説します。

人脈が広がる

会議をするビジネスマン

派遣営業では多くの企業に営業に出向くことになります。

その際、派遣先企業の人事部の担当者や場合によっては役員などとも話す機会があります。

さらに派遣先の企業の業種が幅広ければ広いだけ多くの業界の人と会う機会が増えるでしょう。

それにより多くの業界の知識を得ることが出来ますし人脈をつくることも可能です。

営業において人脈の広さは仕事で契約を取れるかどうかにも関わります。

仕事の幅を広げるためにも人脈を広げることが大切なのです。

ビジネスマナーの向上

派遣営業は派遣先企業の社員や派遣スタッフなど、社外の人と関わる仕事です。そのため常にビジネスマナーに気を配った丁寧な対応が求められます。

日々の連絡や打ち合わせ時などにマナーができていないと、相手からの印象は悪くなってしまいます。

仕事をする上で信頼関係は非常に重要ですが、印象が悪い相手に対し信頼を寄せる人はいないでしょう。

ビジネスマナーのできていない営業から紹介された人材に対しても企業側が不信感をもってしまう可能性があります。

派遣営業は自分の評価が派遣スタッフにも影響してしまう可能性があるのです。

そのため常に失礼のないよう気を配る必要があり、ビジネスマナーの向上に繋がります。

必要なスキル

派遣営業に必要なスキルとは一体どんなものなのでしょうか。

続いて派遣営業に必要なスキルを紹介します。

コミュニケーション能力

書類を見ながら話すビジネスマン

派遣営業に限らず営業全般においてコミュニケーション能力は必要です。

特に派遣営業は企業への営業だけでなくマッチングや派遣後のフォローなども人と接する仕事になります。

そのため人と話すことが好きな人の方が営業には向いています。

また、トラブルが発生した時にも高いコミュニケーション能力があればうまくまとめることもできるでしょう。

記憶力

さらに企業や派遣スタッフなど多くの人と会う仕事だからこそ記憶力も必要です。

日常的に多くの人と出会っていては企業の担当者の名前が曖昧になってしまうこともあるでしょう。

時には一度名刺を交換しただけという場合もあり得ます。

企業の担当者や派遣スタッフの名前をしっかりと覚えることで好印象を与えることができます。

特に企業の担当者を覚えていれば新しい契約に結びつく可能性もあるため、記憶力も必要なのです。

調整力

スケジュール帳の上に置かれたメガネ

派遣先企業とスタッフのマッチングやその後のフォローを行う派遣営業は調整力も必要です。

マッチングの際にはそれぞれの要望に沿えるよう派遣先を決める必要があります。

このマッチングがうまくいかなければ企業とスタッフにとって不本意な結果を生む可能性があります。

そうならないためにもそれぞれの要望をきちんと理解し最適解を見つけ出さなければなりません

さらにマッチング後のフォローでは派遣スタッフが快適に働けているのかを本人だけでなく企業側にも確認することもあります。

何か問題があれば両者の間に入り、両者が良い関係で働けるように意見をすり合わせて調整する力が必要なのです。

さらに派遣営業は営業活動とマッチング後のフォローなどのアポ取りをする場面も多くあります。

それらをこなしていくためには無理なくこなせるように予定を組むスケジュール管理能力が必要です。

書類作成などの事務処理スキル

営業であっても書類作成をする機会はたくさんあります。

作成するのは営業先で提案するための資料や社内書類などです。

特に新規獲得のための営業活動では資料を見せてのプレゼンが必要になります。

その際、資料が相手に内容が伝わりにくいものになっていては契約を獲得することは難しいでしょう。

相手にとって読みやすく理解しやすい資料を作るスキルも求められます。

ただし企業によっては書類作成などは別の事務職の社員が行う場合もあります。

いずれにしても書類作成は煩雑ながらどの仕事においても重要なスキルですので身につけておきましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

女性ならではの強み

派遣営業は女性ならではの強みを活かすことのできる職種でもあります。

業務の中で活かせる強みを知り、転職の際にもアピールしましょう。

細やかな気遣い

ノートPCで作業する女性

派遣営業は派遣先企業と派遣スタッフの橋渡し役であり、両者に寄り添った対応が求められます。

両者から要望を聞く際にも相手が求めていることを丁寧に聞き出し、最適な案を提案します。

その際、相手が直接話していなくても、普段の会話や仕草などから心の中に秘めている要望にも気づけるかどうかによっても提案する内容は変わるでしょう。

気遣いができる人ほどこうした思いを察する能力を持っており、女性はこうした細やかな気遣いができる傾向にあります。

それによって男性では気付けないニーズに気づくこともあるでしょう。

女性ならではの視点が営業において大きな強みになるのです。

同姓同士だからこその対応ができる

派遣スタッフは女性の方が多い傾向にあり、担当が同性同士であれば話しやすいという人も大勢います。

派遣先での困ったことや不満などが相談しやすくなれば、派遣スタッフが快適に働ける環境をつくることができるでしょう。

また、何かトラブルや相談があった場合にも同性だからこそのアドバイスや解決策を提案できるでしょう。

転職でのアピールポイント

キーボードに置かれた指

派遣営業に転職する際、コミュニケーション能力の高さは大きなアピールポイントになります。

営業においては必須の能力のため、転職の際には具体的なエピソードを交えてアピールしましょう。

営業職の経験があれば他の業界であってもその経験を活かすことができます。

また派遣営業は未経験でも転職が可能な職種であり、経験の有無に拘わらず採用される可能性があります。

未経験の場合は人柄が重視される場合が多いため、派遣営業で活かせる性格面の強みをしっかりアピールしましょう。

まとめ

開いたノートの上に置かれたペン

目に見えた達成感を得られる派遣営業は向上心があれば日々楽しんで仕事ができるでしょう。

営業の成績次第ではキャリアアップを実現することもでき、バリバリ働きたい人におすすめです。

さらに女性ならではの細やかな気遣いなどを活かせる仕事でもあります。

未経験であっても門扉が開かれている職種でもあり、転職のチャンスは誰にでもあります。

営業職への転職を考えている人は選択肢の一つとして派遣営業を検討してみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら