営業職へ女性の転職が増える中、BtoB営業でも女性が活躍の場を広げています。

BtoB営業は大きな取引となる為、やりがいや達成感を感じる仕事です。

そんな法人営業の魅力に焦点をあて、業界の実情代表的企業、そしてBtoB営業のコツや戦略を解説していきます。

転職先としてBtoB営業を考えている人は、自分に適しているか否かしっかりとチェックしていきましょう。

法人営業の魅力

ミーティング

BtoC営業と比較されることが多いBtoB営業ですが、法人相手の営業の魅力とは一体どんなものなのでしょう。

会社をリードする花形

BtoB営業は、会社を引っ張り利益を向上させるための契約を結んでいきます。

法人相手の取引なので、時には億単位の高額な資金を動かすことになるでしょう。

営業職の中でも、BtoB営業は会社にとって大きな存在価値となります。

いいかえれば花形職といえるのではないでしょうか。

スケールの大きな仕事

BtoC営業では味わえない、大きな仕事を手掛けることが出来るのは法人営業の大きな魅力です。

時には一流企業相手に営業をすることもあり、契約が成功すれば数十億の取引となります。

自分の功績が、自社に莫大な利益を与えることがあるかもしれません。

大きな人脈が出来る

営業活動では法人を相手に信頼関係を結んでいくので、豊富な人脈を作ることが可能です。

互いの企業にとって利益をもたらす取引をすれば、相手企業からも一目置かれる人物となれるはずです。

営業のしてのキャリアを向上させていきたい、という人に向いている職業といえます。

年収が上がりやすい

財布

法人営業は転職者が多い職種といわれており、転職先として選ばれる理由のひとつとして年収があげられます。

BtoC営業や代理店営業など他の営業職と比較しても、年収は高く男性と女性の年収に差がないのも特徴です。

また、一般的にキャリアと共に年収の上り幅が大きくなっていくのがBtoB営業の魅力ではないでしょうか。

30代女性の平均年収は530万円ほどになり、転職後に年収が上がったという人は半数以上になっています。

BtoB営業についてもっと詳しく情報を得たい、という人は無料の転職エージェントを活用することをおすすめします。

BtoB営業のコツと戦略

商談

BtoB営業で成功するにはどんな戦略を立てればいいのでしょう。

ここで忘れてはいけない大切なことは、自社の経営ビジョンとズレないことです。

自社の商品を深く知る

当然のことのように感じますが自社の製品がどうしたら売れるか、どうしたら最大限活用できるかをとことんに詰める必要があります。

ウイークポイントもしっかり把握し、弱点を補う解決策も練っておきましょう。

競合他社を分析する

商談の前に競合他社をしっかり把握しておくことは基本です。

相違点や類似点、更には市場状況などの情報はしっかりとつかんでおく必要があります。

顧客となる法人に対して、商品の専門的知識を持ちしっかり対応出来ることが営業担当者に求められます。

インサイドセールスの活用

時間

近年では国内でもインサイドセールスが目立つようになってきました。

従来の営業スタイルよりも効率がよく、的を絞った営業活動が可能です。

インサイドセールスは家庭を持つ女性などにも有効な営業手段となり、限られた時間の中でしっかりと営業をすることが可能です。

このインサイドセールスと従来のフィールドセールスを上手く使いこなしロスの少ない営業活動を行いましょう。

顧客のニーズに沿う

法人相手の場合、自社で押しているサービスや商品が相手のニーズに合わないこともあります。

むしろニーズにぴったり合う、という方が稀なのではないでしょうか。

くわえて近年はニーズが多様化し営業活動が難しくなっている、との声も聞かれます。

どこまで顧客のニーズに答えられるか、柔軟な姿勢もBtoB営業には必要です。

 
無料キャリア相談はこちら  

決裁者との接点を持つ

ミーティング

BtoB営業の特徴といえるのが、決裁者に対して間接的な営業になることです。

それゆえ、長期戦になることもしばしばあるでしょう。

また大手になるほど商談相手から決裁者まで、何度も段階を経て繋がることになります。

出来るだけ早く決裁者との接点を見つけ、直接アプローチする方法を見つけることが先決です。

BtoB営業の代表企業と実情

ミーティング資料

近年ニーズが多様化し市場自体の衰退が問題視されています。

これまで以上に重要視されるBtoB営業ですが、法人営業を行っている業界や代表的な企業を見てみましょう。

BtoB営業は様々な企業で取り入れており、BtoC営業と平行している場合も多くあります。

広告業界の電通や博報堂

広告業界で高い売り上げを誇っているのは電通や博報堂です。

近年は紙媒体からWebへの移行が進み、ITの知識も重要視されています。

電通では中途採用枠は極めて少なく、契約社員としての転職者が多いのが現状です。

また広告代理店である博報堂は、法人営業の経験者か前職で広告業界に携わっていたことが転職者の条件となっています。

メーカー系企業のトヨタ

メーカー企業は有形商材の営業となります。

メーカー企業の特色は、BtoB営業とBtoC営業の双方を行っていることです。

代表的な企業として名をあげるなら、自動車メーカーのトヨタ自動車株式会社があげられます。

通常、メーカー企業は新規営業は少ないといわれています。

しかし現在自動車産業は競争が激しく、BtoB営業も求めれるニーズが変化しているのが現状です。

総合商社の伊藤忠商事株式会社

大手の総合商社として有名な伊藤忠商事株式会社は、繊維や金属そしてエネルギー関連など幅広い商品を扱っています。

健康管理室を設置し、医師などが健康管理を行う企業としても有名です。

国内のみならず海外への事業も拡大しているので、世界を舞台に仕事をしたいという人に向いているのではないでしょうか。

ノルマを気にしないインフラ企業

電気や水道などのインフラ系の企業は、法人営業も行っていますがノルマはほとんどないといわれています。

インフラ系の企業としては電力会社や鉄道会社などがあげられ競争が少なく、その為安定した営業が出来るのです。

社会への貢献を認められる仕事であり、営業職でありながら比較的ゆっくり仕事をしたいという人に向いています。

人材派遣業界も法人営業

人材派遣会社の営業は企業へ向けての営業です。

新規開拓やルートセールスなどを中心に企業と人をつなぐ仕事として人気があります。

営業担当者は、顧客となる企業の人事担当者などとの商談になるでしょう。

「キャリアコンサルティング技能士」(国家資格)を取得する人も増えやりがいのある仕事です。

IT業界で売り上げがトップクラスの富士通

IT業界は近年需要が増え続けている業界ですが、法人営業ではアフターフォローなども重要視されます。

その為、専門的な知識を求められることもあるようです。

IT業界の代表的な企業といえば、富士通があげられますが富士通では積極的にキャリア採用やJOB型採用を行っています。

また年功序列や学歴を重視する傾向にあるのも特徴的です。

新しい風のふくBtoB営業

会社の繋がり

現代社会はネットの情報網が広がり、誰でも多くの情報や知識を得ることが出来ます。

BtoB営業では、商談相手となる企業担当者の持つ情報量を超えた情報が求められます。

まさにBtoB営業は情報社会での営業スタイルに変化したのです。

営業担当者は日々市場の状況を把握すると共に、広い視野での知識が必要といえるでしょう。

BtoB営業は決して楽な仕事ではありませんが、それゆえやりがいのある魅力的な仕事といえるのではないでしょうか。

転職を目指す場合もやはり最新の情報は大切です。

転職エージェントを利用して、最新の転職情報をゲットしておきましょう。

 
無料キャリア相談はこちら  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら