女性の転職先として注目を集めている代理店営業は、一般的な営業職とは違った魅力のある仕事です。

転職を希望する人も増えている中、代理店営業に求められる能力とはどんなものなのでしょうか。

求人内容を紐解きながら、詳しく見ていきましょう。

また、やりがい仕事のコツなどを業界ごとに詳しく紹介していきます。

代理店営業への転職に求められる能力

代理店営業

代理店営業に転職を希望している人に求められる能力とは、一体どんなものでしょう。

求人情報を参考にすると、どんな人材が求められているのかが見えてくるのではないでしょうか。

営業経験者

やはり前職で営業を経験していることは大きな強みになります。

代理店営業の場合、法人営業の経験者がより優遇される傾向にあるでしょう。

中には転職者に営業経験2年以上など条件を出している所もあり、即戦力を求める企業であれば営業経験は必須となってきます。

とはいえ未経験も可である企業も多く、営業への意欲の方を重視するといった求人内容も多数存在しています。

コミュニケーション力

営業職である以上、やはり外せないのがコミュニケーション力です。

既に契約済みとなっている販売代理店をバックアップすることも、大切な仕事です。

顧客とは必然的に長い付き合いになっていきます。

会社としての信頼関係のみならず、時には顧客を先導するリーダーシップも必要になるでしょう。

自社の商品を扱ってもらうということは、共に仕事を進める協力者でもあります。

気配りと共に関係性を上手く保つ能力は、身に着けておきたいものです。

苦情へ対応力

コミュニケーション

代理店営業の場合は、消費者からの苦情を販売代理店などを通して聞くことになります。

消費者や代理店、双方への気配りが必要なので苦情への対応力は高度な技術となるでしょう。

また、代理店からの様々な相談にも対応することになります。

どのような道筋を立てて解決に導くのか、メンタル面でもある程度の強さが求められるのではないでしょうか。

WordやExcelなどの基礎

近年は営業の手法にも変化が見られ、Webを使用した営業も増えています。

特に代理店へ向けて資料などを作成する機会が多い代理店営業は、基本的なPCスキルは持っていた方がいいでしょう。

求人の中には基本のPCスキルが必須条件となっている所も多く見かけます。

運転免許を求めらることもある

地方では、条件として普通免許を提示しているとことも多いようです。

販売代理店へは、何度も足を運ぶことになるので会社の車で移動となる場合が多く、免許は転職に有利といえます。

代理店営業の場合、自分の担当する販売代理店へこまめに足を運ぶので、活動的に動きまわることが苦に感じる人は向いていないといえるでしょう。

どのような人材が求められているか、さらに詳しく確認するには無料の転職エージェントを利用することをおすすめします。

代理店営業の仕事のコツ

広告代理店

代理店営業の仕事は、新規を増やせばいいというわけではありません。

むしろ、契約後の販売に注目すべきといえるでしょう。

信頼関係を確立させること

まずは販売代理店との信頼関係を結ぶことが最優先です。

転職直後は相手との接点を多くとって、自分自身を売り込み信頼関係を築くことが最優先となります。

引き継ぎ後などは、販売代理店の状況などをリスニングし相手の現状をしっかり理解することが第一歩です。

頑張る意欲が強すぎて、自分の知識や営業ノウハウをいきなり押し付けてしまうのはトラブルを招きやすく、実際に敬遠されるケースも少なくありません。

売りたくなるような価値

自社の商品を多く売ってもらうには、価値ある物であることをしっかり伝えなければいけません。

明確にわかりやすく相手に伝わる言葉が大事になってきます。

こうしたら売れるようになる、という指標を示すことも必要になるはずです。

コントロールするのは自分

情報

代理店営業の場合、顧客の管理=顧客のコントロールともいいかえられます。

自社の製品を気に入ってもらい、より多く売りたいという意識を持ってもらう。

そして実際に売れるように、導いていくことになります。

土台となるのはやはり信頼関係ですが、自分が販売についてより深い知識を持っていることが成功のカギとなるでしょう。

キャンペーンやイベントの成功

自社の商品を売り出すきっかけとしてキャンペーンなどを企画するのもひとつの手です。

販売代理店と協力して行うことで、多方向への大きな起爆剤となるでしょう。

やりがいは多数

ニーズ

代理店営業には、他の営業職にはないやりがいが多数存在します。

自分が導くという達成感

代理店の営業は、販売代理店を動かし自社の商品を多く売ってもらう為に大きな労力を使います。

その分、売り上げ向上は自分の仕事への成果として、ダイレクトに達成感に繋がってくるはずです。

人を動かし、仕事を成功させるそんな達成感が得られるでしょう。

信頼関係は人生の宝

例え仕事とはいえ、販売代理店との強い信頼関係は自分にとって宝になります。

人との繋がりを仕事に出来るのは、営業職の大きなメリットではないでしょうか。

代理店などから頼られる人物になることも、やりがいのひとつといえます。

経営者としてのノウハウ

代理店営業の大きな特徴は、担当する販売代理店の経営にも携わることが出来るということです。

経営者側の視点で、商品を売っていく手助けをしていくので通常の営業職にはない経験となります。

成長し続ける自分

代理店営業は経営者に対して、自社の製品を営業していくので深い知識が求められます。

また自社の商品に関しては勿論のこと、商品が売れるように導く手腕も必要になるのです。

売れることが自分の評価につながり、インセンティブにも大きく影響を及ぼすでしょう。

代理店営業の初年度年収を確認すると400万から600万ほどと業種によっても大きく差が出ています。

当然のことながら専門性が高くなるほど、年収もあがります。

自社商品への知識、経営知識など学ぶべきことは多く存在しますが、それらは自分自身の成長としてやりがいにも繋がってくるはずです。

業界ごとに仕事を確認

代理

代理店営業は多岐にわたりますが、どのような業界があるのか代表的なものをチェックしていきましょう。

代理店としてメジャーな業種に保険業界があげられます。

保険業界は競争も激しく、代理店にいかに自社の商品を押してもらえるかが重要なポイントです。

既存代理店が多く、定例会議なども営業の仕事として大きなウエイトを占めています。

SoftbankやNTTドコモなどは、商品についての説明や指導、更にイベント開催など多数の代理店をめぐることになります。

電話やPCなどのOA機器業界も代理店を利用しており、メンテナンス等は分業している企業が多いようです。

しかしOA機器に関しての専門的な知識が必要とされ、資格取得支援制度を取り入れている企業もあります。

他にも化粧品や製造メーカーなど多くの業界で代理店営業の力が求められています。

業界によって仕事の内容も多少異なってくるので、詳しく知りたいという人は転職エージェントに相談してみてはいかがでしょう。

やりがいが魅力の代理店営業

代理店営業

代理店営業の魅力は多々ありますが、営業職の中で年収が良いことでも知られています。

インセンティブとしてプラスになる額も大きいので、自分の頑張りが年収としてかえって来る仕事です。

営業職としては少々特殊な職種ですが、経営にも携わることが出来るのでやりがいある転職先として人気を集めています。

営業未経験でもその窓口は広く開けられているので、興味があると感じたら情報を集めて是非チャレンジしてみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら