女性の転職先として注目を集めている代理店営業は、一般的な営業職とは違った魅力のある仕事です。

転職を希望する人も増えている中、代理店営業に求められる能力とはどんなものなのでしょうか。

求人内容を紐解きながら、詳しく見ていきましょう。

また、やりがい仕事のコツなどを業界ごとに詳しく紹介していきます。

代理店営業への転職に求められる能力

代理店営業

代理店営業に転職を希望している人に求められる能力とは、一体どんなものでしょう。

求人情報を参考にすると、どんな人材が求められているのかが見えてくるのではないでしょうか。

営業経験者

やはり前職で営業を経験していることは大きな強みになります。

代理店営業の場合、法人営業の経験者がより優遇される傾向にあるでしょう。

中には転職者に営業経験2年以上など条件を出している所もあり、即戦力を求める企業であれば営業経験は必須となってきます。

とはいえ未経験も可である企業も多く、営業への意欲の方を重視するといった求人内容も多数存在しています。

コミュニケーション力

営業職である以上、やはり外せないのがコミュニケーション力です。

既に契約済みとなっている販売代理店をバックアップすることも、大切な仕事です。

顧客とは必然的に長い付き合いになっていきます。

会社としての信頼関係のみならず、時には顧客を先導するリーダーシップも必要になるでしょう。

自社の商品を扱ってもらうということは、共に仕事を進める協力者でもあります。

気配りと共に関係性を上手く保つ能力は、身に着けておきたいものです。

苦情へ対応力

コミュニケーション

代理店営業の場合は、消費者からの苦情を販売代理店などを通して聞くことになります。

消費者や代理店、双方への気配りが必要なので苦情への対応力は高度な技術となるでしょう。

また、代理店からの様々な相談にも対応することになります。

どのような道筋を立てて解決に導くのか、メンタル面でもある程度の強さが求められるのではないでしょうか。

WordやExcelなどの基礎

近年は営業の手法にも変化が見られ、Webを使用した営業も増えています。

特に代理店へ向けて資料などを作成する機会が多い代理店営業は、基本的なPCスキルは持っていた方がいいでしょう。

求人の中には基本のPCスキルが必須条件となっている所も多く見かけます。

運転免許を求めらることもある

地方では、条件として普通免許を提示しているとことも多いようです。

販売代理店へは、何度も足を運ぶことになるので会社の車で移動となる場合が多く、免許は転職に有利といえます。

代理店営業の場合、自分の担当する販売代理店へこまめに足を運ぶので、活動的に動きまわることが苦に感じる人は向いていないといえるでしょう。

どのような人材が求められているか、さらに詳しく確認するには無料の転職エージェントを利用することをおすすめします。

 

無料転職相談をして代理店営業の情報を得よう

 

代理店営業の仕事のコツ

広告代理店

代理店営業の仕事は、新規を増やせばいいというわけではありません。

むしろ、契約後の販売に注目すべきといえるでしょう。

信頼関係を確立させること

まずは販売代理店との信頼関係を結ぶことが最優先です。

転職直後は相手との接点を多くとって、自分自身を売り込み信頼関係を築くことが最優先となります。

引き継ぎ後などは、販売代理店の状況などをリスニングし相手の現状をしっかり理解することが第一歩です。

頑張る意欲が強すぎて、自分の知識や営業ノウハウをいきなり押し付けてしまうのはトラブルを招きやすく、実際に敬遠されるケースも少なくありません。

売りたくなるような価値

自社の商品を多く売ってもらうには、価値ある物であることをしっかり伝えなければいけません。

明確にわかりやすく相手に伝わる言葉が大事になってきます。

こうしたら売れるようになる、という指標を示すことも必要になるはずです。

コントロールするのは自分

情報

代理店営業の場合、顧客の管理=顧客のコントロールともいいかえられます。

自社の製品を気に入ってもらい、より多く売りたいという意識を持ってもらう。

そして実際に売れるように、導いていくことになります。

土台となるのはやはり信頼関係ですが、自分が販売についてより深い知識を持っていることが成功のカギとなるでしょう。

キャンペーンやイベントの成功

自社の商品を売り出すきっかけとしてキャンペーンなどを企画するのもひとつの手です。

販売代理店と協力して行うことで、多方向への大きな起爆剤となるでしょう。

やりがいは多数

ニーズ

代理店営業には、他の営業職にはないやりがいが多数存在します。

自分が導くという達成感

代理店の営業は、販売代理店を動かし自社の商品を多く売ってもらう為に大きな労力を使います。

その分、売り上げ向上は自分の仕事への成果として、ダイレクトに達成感に繋がってくるはずです。

人を動かし、仕事を成功させるそんな達成感が得られるでしょう。

信頼関係は人生の宝

例え仕事とはいえ、販売代理店との強い信頼関係は自分にとって宝になります。

人との繋がりを仕事に出来るのは、営業職の大きなメリットではないでしょうか。

代理店などから頼られる人物になることも、やりがいのひとつといえます。

経営者としてのノウハウ

代理店営業の大きな特徴は、担当する販売代理店の経営にも携わることが出来るということです。

経営者側の視点で、商品を売っていく手助けをしていくので通常の営業職にはない経験となります。

成長し続ける自分

代理店営業は経営者に対して、自社の製品を営業していくので深い知識が求められます。

また自社の商品に関しては勿論のこと、商品が売れるように導く手腕も必要になるのです。

売れることが自分の評価につながり、インセンティブにも大きく影響を及ぼすでしょう。

代理店営業の初年度年収を確認すると400万から600万ほどと業種によっても大きく差が出ています。

当然のことながら専門性が高くなるほど、年収もあがります。

自社商品への知識、経営知識など学ぶべきことは多く存在しますが、それらは自分自身の成長としてやりがいにも繋がってくるはずです。

業界ごとに仕事を確認

代理

代理店営業は多岐にわたりますが、どのような業界があるのか代表的なものをチェックしていきましょう。

代理店としてメジャーな業種に保険業界があげられます。

保険業界は競争も激しく、代理店にいかに自社の商品を押してもらえるかが重要なポイントです。

既存代理店が多く、定例会議なども営業の仕事として大きなウエイトを占めています。

SoftbankやNTTドコモなどは、商品についての説明や指導、更にイベント開催など多数の代理店をめぐることになります。

電話やPCなどのOA機器業界も代理店を利用しており、メンテナンス等は分業している企業が多いようです。

しかしOA機器に関しての専門的な知識が必要とされ、資格取得支援制度を取り入れている企業もあります。

他にも化粧品や製造メーカーなど多くの業界で代理店営業の力が求められています。

業界によって仕事の内容も多少異なってくるので、詳しく知りたいという人は転職エージェントに相談してみてはいかがでしょう。

やりがいが魅力の代理店営業

代理店営業

代理店営業の魅力は多々ありますが、営業職の中で年収が良いことでも知られています。

インセンティブとしてプラスになる額も大きいので、自分の頑張りが年収としてかえって来る仕事です。

営業職としては少々特殊な職種ですが、経営にも携わることが出来るのでやりがいある転職先として人気を集めています。

営業未経験でもその窓口は広く開けられているので、興味があると感じたら情報を集めて是非チャレンジしてみましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!