「未経験でも事務職に転職できるかな」

そう思っている人も多いのではないでしょうか。

もし実務経験が不足していて不安な場合は、まず必要な資格を取得しておくと転職に有利に働きますし転職活動にも自信をもって挑むことが出来ます。

この記事では事務職で働く上でニーズの高いおすすめの資格や、必要なパソコンスキルについて解説します。

効率的な学習方法もご紹介しますので、事務職への転職を目指している方はぜひ参考にしてみてください。

事務職への転職時に有利な資格とは

本とスマホを使って勉強

事務職と言っても本当に様々な業務があります。

どのような業務内容なのかは、それぞれの職場によるところなのですが、一般的に

  • 資料作成
  • 書類の内容チェック
  • 請求書や納品書などの作成
  • メールや電話対応
  • 顧客管理
  • データ整理やファイリング

といった業務は必須になります。

多くの企業では資料作成やデータ管理などにパソコンを使用しています。

よく使うExcel・Wordなどのパソコンソフトが、ある程度使える事が絶対条件となっていますので、パソコンに関する資格は取得しておくと有利です。

事務職は、経理や会計など、会社のお金を扱う仕事も任されることが多い職種です。

この場合、企業の財務諸表(お金の流れ)を読み解く時など、経営管理の基本を理解する為に使えるスキルとして、「簿記」の資格を取得しておくことがおすすめです。

即戦力として採用される可能性が高くなります。

また、事務職は専門的なスキルよりも一般常識がある事が求められます。

取引先との電話対応や、メールのやりとり、ビジネス向けの文書の作成など多岐にわたる業務をこなさないといけません。

これらの業務に必要なスキルを身に着けられる「ビジネス文書検定」「秘書検定」などもありますので、取得しておくと非常に役立ちます。

資格がないと仕事ができないという訳ではありませんが、目指したい職種に就くためには一つでも必要な資格を取得しておくと採用に有利に働きます。

また、仕事を始めるにあたっても不安がありません。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

ニーズが高いおすすめの資格6つ

コーヒーを飲みながら勉強

どのような働き方をしたいかによって、業務内容が違ってきます。

自分に合う職種を選んで、その業務に必要な資格を取得するようにしましょう。

事務職への転職に向けてニーズの高いおすすめの資格を6つ紹介します。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOS資格とは、ほとんどの企業で業務に使用されているMicrosoft office(Word・Excel・PowerPoint・Access・Outlook)というパソコンのソフトウエアを使うスキルを証明してくれる資格の事です。

この資格を取得しておくと、ただパソコンが使えるという漠然としたものではなく明確に使えるスキルがあるという事がアピールできます。

資格は、ソフトウエアごと、バージョンごとに分かれています。

特に業務で使用頻度の高いWord・Excel・PowerPointの資格を取得しておけば、非常に大きな強みです

企業側にも即戦力として期待されるでしょう。

日商PC検定

日商PC検定は、事務作業に必要なPCスキルを備えていることを証明する検定で、日本商工会議所および各地の商工会議所が実施しています。

具体的には以下の3つの分野があります。

  • 文書作成(Wordを使った文書作成の技能)
  • データ活用(Excelを使ったデータ分析やグラフ作成などの技能)
  • プレゼン資料作成(PowerPointを使ったプレゼン資料作成能力)

それぞれ1級~3級がありますが、実務での即戦力として認められる為には2級以上を取得しておくのが望ましいでしょう。

秘書検定

秘書検定は、決して秘書のためだけにある資格ではなく「社会人としてのマナーや一般常識」の知識を問う検定のことです。

具体的には一般常識に加え敬語の正しい使い方、電話対応やビジネス文書作成などがあります。

これらは全ての仕事において必要な能力になりますので、実際の職場で大いに生かすことが出来ます。

実際に履歴書に記載できるのは3級からですが、就職に有利になるのは2級からとされています。

また準1級以上は面接を含む試験となり、身に付けた知識が実践できるかを問う難関となっていますので、取得できれば更に企業からの評価も高くなるでしょう。

ビジネス文書検定

ビジネス文書検定は、取引先や社内相手にビジネスマナーに即した文書を作成する能力を問う検定です。

正しいビジネス文書が書けることは、事務職だけでなく全ての業務において必要なスキルになります。

その為ビジネス文書検定を取得しておくと採用にかなり有利です。

TOEIC

TOEICはTest of English for International Communicationの略称で、日常生活や仕事で使う英語でのコミュニケーション力の指標となるテストです。

世界約150か国で実施されていて、非常に権威があり公平性のある英語テストとして知られています。

リーディングとリスニングの試験があり、就職に役立つ基準点は業種にもよって異なります。

2020年1月に実施されたTOEIC全体の平均点は580点位ですが、一般的に英語を使う職場だとスコア700点位からが実践で認められるようです。

英語が得意なら、受験してみると就職に有利に働く可能性がありますのでおすすめです。

事務職で必要とされる基本的なパソコンのスキルとは

キーボード

求人情報に「基本的なPCスキルが必要」と書いてある場合は、最低限以下の能力が必要とされます。

ファイル、フォルダの操作

パソコンのファイル・フォルダの意味を理解して、ファイルの作成やコピー・削除・移動などの基本操作が出来る事を示します。

ビジネスメールを作成する

インターネットを使って必要な情報をリサーチ出来る事・メールの送受信が出来る事が前提で、ビジネスメールの書き方も分かっている事を示します。

基本的なofficeソフトが使える

Wordなら文字入力が出来る事が前提で、イラストを交えた簡単なチラシが作れる位のスキルが必要です。

Excelならデータ入力・編集・表作成・SUM(足し算)AVERAGE(平均)などの基本的な数式や、VLOOKUP(検索)など簡単な関数が使える位のレベルが求められます。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

資格を取得する際の注意点

はてなの集合

やみくもに資格を取れば就職できるという物ではありません。

転職に役立つ資格を取得する為には以下の事に注意をしてください。

やりたい仕事に合った資格を取得する

富士山を眺める女性

総務やアシスタント業などの一般事務を希望するなら、秘書検定やPC検定を取得していれば間違いありません。

また経理業務を希望するなら簿記検定を取得すると有利です。

まずはどのような仕事に就きたいかに着目して、その職種に合った資格を取得する事が転職成功への近道になります。

資格の取得だけが目標にならないように

がり勉の犬

資格の勉強に熱が入りすぎて、資格取得が最終目標になってしまう人がいます。

資格は仕事の幅を広げるステップの一つであり、資格取得してからがむしろ本番です。

本来の目的を見失わないように注意しましょう。

勉強に時間をかけすぎない

積み重ねた本

いつまでもだらだらと勉強しているだけでは、就職活動に支障が出てしまう可能性があります。

目標をしっかり立てて、短期集中して勉強を行った方が早く身に付きますし、就職活動へのモチベーションも高く保つことが出来ます。

資格取得について効率的な学習方法とは

スタディサイコロ

資格を早く取得するためには、効率的に勉強をすることが必要です。

効果的な勉強方法としては、

  • スクールに通う
  • 通信教育を受ける
  • テキストを買って独学をする
  • インターネットの講座を利用する

などがあります。

お金と時間に余裕があればスクールに通うのが確実ですが、それ以外の方法での独学でも資格取得は十分に目指せます。

インターネットで、資格取得についての動画なども無料でたくさん出ていますので、自分に合った勉強スタイルを選んでみてください。

目指す職種に合った資格を取得して事務職への転職を有利に!

パソコンで忙しい女性

事務職と言っても様々な業務がありますので、どの資格を取得するのが良いのか迷ってしまいます。

まずは求人情報を良く確認して、自分が目指したい職種に合った資格を取得する事が大切です。

資格を取得することで、面接官にも自信をもってアピールできますので、是非積極的にチャレンジして事務職への転職を勝ち取りましょう!
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら