IT業界の人にとっては馴染みのあるSESという言葉。SESは契約形式のひとつなのですが、これに関する営業職がSES営業です。

実はこの職種は未経験転職でも活躍できる可能性のあることをご存じでしょうか。

この記事では、SES営業の仕事内容将来性のほか年収の相場や役立つスキルを詳しくご紹介します。

SES営業とは

SES営業の役割

ノートパソコン、指

SES営業を簡単にいうと、エンジニアを必要としている企業と適切なエンジニアマッチングさせる仕事。

「SES」はシステムエンジニアリングサービスの略で、クライアント企業のシステム開発や運用のためにエンジニアの技術を提供するサービスです。

SES営業は未経験でも結果が出せる

クリエイティブ 仕事

SES営業は営業職の中でも比較的アポイントが取りやすく、未経験からの転職でも結果が出せるという特徴があるのです。

IT業界は人手不足が続いており、クライアント企業では必要な技術を持つエンジニアの採用が難しい状況にあります。

またIT関連の技術の進歩は早いため、エンジニアの育成をクライアント企業が自社内で行うことも負担が大きいです。

さらにシステム開発時にはエンジニアがたくさん必要ですが、開発が終わればたくさんのエンジニアは必要なくなります。

必要なタイミングで必要な技術を持つエンジニアの技術を提供してもらえるSES契約ニーズが高く、その状況は今後もしばらく続くでしょう。

SES営業の仕事内容

生徒、タイピング

SES営業が取り扱うのは「エンジニアの技術力」。

クライアント企業とエンジニアを繋ぐ役割が求められますので、自社エンジニアだけでなく他社やフリーランスのエンジニアを紹介することもあります。

クライアントへのアポイント

SES営業の仕事のスタートはクライアント企業にアポイントを取ることです。

先ほどもお伝えしたようにSES営業のアポイントは、他の法人営業の数十倍も取りやすいといわれています。

企業側も必要な時にすぐ技術者が見つかるほうが良いため、前向きに会ってくれる傾向があるのです。

クライアントへのヒアリングや提案

アポイントが取れたら、次の仕事はお客様のところへ伺ってヒアリングや提案を行うこと。

まずは、自社の説明やどのような技術を持ったエンジニアが何人いるかを説明します。

事前に自社の技術者のスキルレベルや稼働する場合の単価などを把握しておき、マッチする技術者がいれば提案も行います。

技術者のアフターフォロー

エンジニアが稼働したあとのフォローも営業の仕事。

残業や給与面での問題がないかやパワハラなどの人間関係で悩んでいないか等、幅広く相談に乗ります。

また必要があれば、エンジニアの今後のキャリアを一緒に考えていくことも重要な業務になるのです。

SES営業の魅力

未経験でも転職可能

ビジネスマン、ビジネスウーマン

アポイントが比較的取りやすく価格面での競争が少ないSES営業は、法人営業の中では難易度がかなり低いです。

そのため、未経験から営業の基礎を身に付けたりコミュニケーション力を高めていくには最適といえます。

結果が出しやすい分評価に差が付きにくい面もあるので、常に目標を高めに持ち取り組むことがポイントになるでしょう。

人脈を広げることができる

SES営業は多くの人と関わる仕事のため人脈を広げることができます。

関わりを持つ企業やエンジニアの数が多く、1年ほど仕事をしていればIT業界で100人以上の人脈を増やすということも可能です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

SES営業の年収の相場

お金、金融

SES営業の全体的な平均年収は490万円ほど。

20代であれば400万円ほどが相場となり、一般的な営業職と大きな差はないでしょう。

営業職なので高い成果を上げれば評価も上がることは他の営業職と同様です。

インセンティブがある企業であれば成果を上げるほど年収もアップします。その場合は、年収相場以上に高い収入も目指すことが可能となるでしょう。

SES営業の将来性

ビジネス、成長

SES営業の将来性高いです。

AIやIoT技術の発展などもあり技術者の需要増加傾向にあります。現在でもIT業界ではエンジニアが人手不足ですがこの傾向は続くでしょう。

優秀なエンジニアを必要とする企業に、技術を持つエンジニアをマッチングできるSES営業の存在重要なものとなります。

SES営業に役立つスキル

情報を集める力

学び、ノートパソコン

案件はいつ依頼されるかわかりません。突然の依頼にも対応できるよう情報を集めておく力はSES営業の仕事において役立つでしょう。

新しいことを吸収する力

SES営業ではエンジニアの技術のことを理解しておく必要があります。

エンジニアのスキルレベルをお客様に説明できる程度のIT知識は持っておいたほうが良いです。

またIT知識がある方がエンジニアの方とも打ち解けやすくなり、お客様からの込み入った質問にも対応しやすくなります。

IT業界のトレンドは移り変わりが早いため、新しいことを吸収し続ける力はSES営業でとても役立つことでしょう。

調整力

SES営業は仕事のスケジュールが立てやすい営業職です。

お客様の要望を伺ってマッチするエンジニアを探し、面談を行って契約を結びつけます。その後はエンジニアのアフターフォローをするという流れです。

トラブルがなければそこまで忙しくありません。

事前にスケジュール人間関係を調整する力があるほうが快適に仕事に取り組めるでしょう。

ただし、SES営業が少なく一人当たりの業務負荷が高い企業もあるので注意が必要です。

また仕事上、企業やエンジニアなど関わりのある人は多くなります。

そのためコミュニケーションをとることや調整をすることに苦手意識がない方は適性が高いといえます。

企業やエンジニアからみても、明るい人やコミュニケーション力の高い人の方が安心感があって好まれやすいです。

なお、お客様が提示する条件をすべて満たすエンジニアの紹介が難しい場合には、お客様に譲歩できる点がないかを調整するケースもあり得ます。

まとめ

生徒、タイピング

SES営業は比較的結果が出しやすいという可能性のある営業職。IT技術の発展が続くこともあって将来性の高さも魅力です。

人間関係の調整をする力やクライアントとの交渉を円滑に進める力が必要とされます。

女性ならではの柔軟さが強みとしてアピールすることもできるでしょう。

とはいえ、転職では即戦力採用が基本です。

つまり、営業職経験が豊富で営業スキルが高い人が優先的に採用されることは否定できません。

営業スキルが高いことを伝えるには、実績を示すことが有効。IT業界でなくても営業職の経験があれば、面接や応募書類で実績を伝えましょう。

SES営業は人材派遣営業に近い面もあるので人材業界の経験者は一番イメージがしやすいかもしれません。

ただ、不動産や保険などの他業界でも営業職を経験していれば大丈夫です。

また、営業職の経験がない場合もSES営業への転職は充分可能。SES営業に役立つスキルに近い経験をこれまでの経験から洗い出して伝えましょう。

営業に必要なコミュニケーション力や最低限のビジネスマナーが身に付いていることが推察できれば、ポテンシャル重視で採用されるケースも多いのです。

IT業界では技術者だけでなく営業職の人手不足に悩む企業もたくさんあります。

そのため営業職へのチャレンジをお考えの女性にとってSES営業はおすすめです!

SES営業としてキャリアやノウハウを蓄積することで長期的に働くキャリアプランも実現することができるでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら