経理事務に興味があっても未経験から転職可能かどうか不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

「どのような業務内容があるのか」「どのような性格の人が向いている職業なのか」などがあらかじめ分かっていると転職活動もしやすいです。

ここでは経理事務に未経験から転職するノウハウを解説しています。

経理事務に向いている人の性格おすすめの資格などの記載もありますので是非参考にしてください。

経理事務の仕事内容

デスク

 

経理事務は主に経理の業務やそのサポートを行う仕事です。日次・月次・年次と決まった業務スケジュールが設定されています。

大まかな内容は同じなのですが企業によって仕事内容はさまざまです。どこまでが業務内容に含まれるのか転職前にきちんと確認しておきましょう。

日次業務について

電卓

 

日々の業務では会社のお金を管理する仕事があります。社員が立て替えた経費や交通費の清算など現金や預金の管理が主な仕事です。

伝票の起票や帳簿の転記・データ入力なども日次業務に含まれます。

日々の仕入れや売上を管理することも業務に含めている会社もあるようです。

見積書や請求書の作成も経理事務が行う会社もあります。

月次業務について

レシート

買掛金の支払いや売掛金の回収・社員の給与計算などを月に一度行います。

月の取引データから月次試算表を作成し売り上げを確認するのも業務の一つです。

年次業務について

電卓

決算表や株主総会用の資料の作成・業務申告、年末調整などを行います。一年に一度ですが作業量が多く専門性の高い業務です。

間違いがあってはいけない仕事ですので、スピード正確さが求められます。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

経理事務に未経験から転職するために確認することは?

ノート

経理事務は専門性の高い事務職です。そのため闇雲に書類を提出してもなかなかうまく転職できません。

まずは自分の性格が経理事務に向いているかどうかを確認してください。経理事務への転職に有利なスキル資格も事前に知っておきましょう。

自分がどのように活躍できるのか詳しくは無料転職相談を利用してみるのも手です。

経理事務に向いている人の【5つの特徴】

PC

経理事務は会社のお金に関する業務が多く正確性が求められます。

業務の作業量が多いときは集中して机に向かうこともありますし専門性の高い業務もこなさなければなりません。

そんな経理事務の仕事をしている人には共通した特徴があるようです。

デスクワークが苦にならない

デスクワーク

経理事務は社内でのデスクワークが中心です。デスクワークが苦にならない人は経理事務に向いているといえるでしょう。

年次業務など作業量が多くなる時期などに集中して机に向かう時間も多く、ずっとパソコンに向かってPC操作を続けなければなりません。

また帳簿に記載するなどアナログな作業も必要になります。

文字をたくさん書くことが苦手な人には少々辛い作業かもしれません。文字を書くことが苦手な人は経理業務をすべてPCで行っている会社を選ぶのも一つの方法でしょう。

他にも書類の整理ファイル管理など整理整頓が好きな人は事務作業に向いています。

数値やデータを正確に扱える

データ

経理事務は毎日数値データを扱うためそれらの取り扱いが好きという方は経理事務に向いています。

またお金に関することを扱いますので正確に数字を取り扱える方や几帳面な方も活躍できるでしょう。

数値に強ければ間違いがあった時にすぐに気づくことができます。数値の入力ミスや計算の間違いなどをすぐに見つけることができると業務もスムーズに行えます。

落ち着いて対処できる性格である

経理事務の仕事は毎日の数値の積み重ねです。それに加えて月次業務や年次業務を行う時期にはとても忙しくなります。

この時に落ち着いて数値が入力できることがとても大切です。

慌てずミスなく冷静沈着に仕事のできる性格の人は経理事務に向いています。

コミュニケーション能力が高い

経費の精算や年末調整の説明・書類の提出などで様々な人と話す機会は多いです。

コミュニケーション能力が高ければ、業務が円滑に進みます。

計画的に仕事を進められる

PCとスマホ

経理事務は日次・月次・年次と常にやるべきことが決められています。そのためスケジュール管理を自分できちんとできることが大切です。

一日の仕事に計画を立て、スケジュール通りに仕事をこなすことができる性格の人は経理事務に向いています。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

経理事務に役立つ【3つのスキル】

数字

数値を扱う経理事務に役立つスキルがいくつかあります。

転職の際のアピールポイントにもつながりますので確認してください。

事務処理のスキル

PC

専門性のある業務ですが基本は事務職です。書類整理文書作成電話やメール対応など一般的な事務職のスキルも役立ちます。

一般事務職からの転職希望であれば事務処理の力は身についているはずです。どのように事務をこなしていたかアピールすると良いでしょう。

PC操作のスキル

PC

数値をPCに入力する業務もあるため基本的なPCの扱いができることは大切です。

表計算ソフトを使用している会社も多いので、Microsoft Excelのスキルがあると業務もスムーズに行えます。簡単なマクロも利用できると良いでしょう。

数値入力はコツコツと同じ作業を繰り返すことになります。正確に作業をし続ける根気も大切です。

パソコンで作業することが得意であればしっかりアピールしましょう。

簿記に関するスキル

経理事務は簿記の知識が必要になってきます。

日商簿記3級程度の知識があれば実務経験がなくても業務内容や帳簿の付け方などを素早く理解することができるでしょう。

経理事務への転職におすすめの資格

ノート

業務内容に直結する日商簿記検定はおすすめの資格です。転職活動前に取得をしておけばアピールポイントにもなります。

最初は3級から勉強を始め、もし可能であるなら2級の取得を目指すのも良いでしょう。

日商簿記検定2級を応募条件にしている企業もあります。

面接対策【3つのポイント】

会社

書類選考を通過すれば面接になります。

経理事務の面接では資格やスキルに加えて、性格なども積極的にアピールしていきましょう。

有利な資格は?

日商簿記検定を取得しているのであればアピールポイントになります。

勉強中であり履歴書に資格として記載できない状態でも面接でアピールしましょう。

必要なスキルは?

PC

事務経験PCスキルなどもアピールポイントになります。

書類の作成や管理がきちんとできるのであれば、専門的な経理事務の業務だけを覚えるだけで良いので企業も採用しやすいです。

PCスキルをアピールする際にはMicrosoft Excelの集計に関する関数を使えることなども具体的に伝えましょう。

どのような性格をアピールする?

経理事務に向いている性格をアピールすることも大切です。

コツコツ同じ作業を続けることができることや数値データの取扱が好きなこと・デスクワークが苦にならないことなどを話していきましょう。

また、コミュニケーション能力が高いこともアピールになります。社内の業務を円滑に行うため人事ではコミュニケーション能力が高い人を採用したいと考えます。

経理事務に未経験から転職するノウハウまとめ

PC

 

経理事務は経理業務という専門性のある事務職です。そのため必要なスキル資格をアピールすることで転職成功へ繋がります。

経理事務が気になった方はぜひエージェントに無料転職相談をしてみてください。

どのように活躍できるのか具体的に見えてくるといいですね。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら