ITサポート事務と聞くと専門的な業務内容を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん専門的な知識が必要な場面もあります。ですがプログラミングやシステム管理のようにITの専門業務は行いません。

一般的な事務職と同じような業務を行いながら、SEやチームプロジェクトを事務の面で支える仕事です。

このページではITサポート事務の仕事を行うためにどのような専門知識が必要なのか・未経験でも転職可能なのかを解説します。

働く時のメリットやデメリットも紹介していますのでぜひ参考にしてください。

ITサポート事務の仕事内容

PC

一般的な事務職と同じようにITサポート事務も事務の仕事を行います。

ただしその内容は一般的な事務職とは違いITの知識が必要になることもあるようです。

一般的な事務職の業務とは

一般的な事務職は電話メール対応・Microsoft WordやMicrosoft Excelを使用した書類の作成管理などを行います。

社内の業務が円滑に進むよう庶務などに所属して業務を行う場合が多いようです。来客の対応や郵便物の仕分けなどの業務もあります。

ITサポート事務の業務とは

PCと女性

ITサポート事務の業務は一般的な事務職に加えてIT技術の知識が要求される業務があります。Microsoft Excelの資料もマクロVBAを使用することが多いです。

電話やメールの対応も専用システムに関することが多いなど一般の事務職に比べてITの知識が必要になるでしょう。

プロジェクトのスケジュール管理を任されるケースもあるようです。

IT知識が必要な業務

PC

システムエンジニアやプログラマーとの連絡ではネットワークやデータベースについてなど頻繁にIT用語が出てきます。

会話の中で初めて聞く言葉が多いと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また社内PCのセットアップネットワークの設定、システムに関する問い合わせの対応などIT技術が必要な場面もあるでしょう。

開発書類の作成やマニュアルの作成ソフトウェアのインストールというようなITの知識を活かした業務も行います。

一般的な事務職との勤務場所の違い

オフィス

一般的な事務職は就職した社内で業務を行います。これに対してITサポート事務はシステム開発の現場で業務を行うことが多いです。

お客様の開発現場に赴き仕事をすることになります。同じプロジェクトに関わる人達ですがあくまで周りはお客様です。緊張することもあるでしょう。

ITサポート事務はプロジェクトごとに配属される

オフィス

ITサポート事務はIT関連のプロジェクトに配属されることが多いです。

同じプロジェクトに配属されたメンバーとコミュニケーションを取る必要がありますので、プロジェクト開始当初は人間関係の構築から始めます。

プロジェクトが解散になれば人間関係も一旦リセットされますので、決まったメンバーでのいざこざや長期間のストレスを抱え込むことはありません。

また、ひとつのプロジェクトが終了すればまとまった休みを申請することができるようです。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

初心者でも大丈夫なの?

PC

IT関連の知識が要求されるITサポート事務職は知識や経験がないと不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

ところが実際はPCの基本的な操作方法がわかっていれば未経験者でも十分に仕事をこなすことが可能です。

マニュアル研修を完備している会社もありますし、日々の業務を通じてITに関する知識やスキルを学ぶことができます。

求人を見てみるとITサポート事務職の半数以上が未経験OKとなっているようです。大切なのは新しいことを学ぶという姿勢になります。

ITサポート事務で働くメリット

PC

ITサポート事務職は一般的な事務職よりも年収が高いです。

様々なIT関連の知識が学べますので、将来的にシステム系のエンジニアなど専門的な業種へ転職できる力を身につけることができます。

一般的な事務職よりも高い年収

コイン

一般的な事務職の年収は300万円前後といわれています。これに対してITサポート事務職の年収は350万円前後です。

広い知識が求められる職種ですので一般的な事務職よりも給与が高く設定されています。

業務を続けていく中でIT関連の資格を取得すれば資格手当が支払われるケースも有るようです。

将来エンジニアを目指すことができる

日々ITの知識に触れることができるので、様々なことを学ぶ環境にあります。

システムエンジニアやネットワークエンジニアなどITの専門職に興味がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

いきなり専門職への転職は難しいかもしれませんが、ITサポート事務で知識と経験を積むことができればエンジニアへのステップに繋がります。

実力で評価してもらえる

PC

ITの専門知識が必要なITサポート事務職は自分の実力の範囲内で業務をこなします。そのため同じ職種についている皆が同じ業務をすることはありません。

実力があればそれだけ業務の幅も広がり良い評価に繋がります。努力して身につけた実力がきちんと評価される仕事です。

配置される会社は大きなところが多い

オフィス

多くの会社が集まって行うプロジェクトを取りまとめる会社は、大企業であることが多いです。

そのためきれいに整ったオフィスで仕事をできる可能性も多々あります。設備の整った環境で仕事ができることは実はとても大きなメリットです。

毎日の業務を気持ちよく行うということは業務の効率化などにも繋がります。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

ITサポート事務職で働くデメリット

本

ITサポート事務は業務に必要な知識を常に学び続ける必要があります。

またお客様の開発環境で勤務する必要もありますので気持ちが疲れてしまう方も居るようです。

IT関連用語には聞きなれない言葉が多い

本

IT関連の業務では普段聞きなれない用語が多く使用されます。

意味を知らなければ電話対応ができないような用語もあるため、ある程度努力して覚えていく必要があるでしょう。

VBAなどもある程度使いこなせる実力が要求されます。難しい言葉に苦手意識を持たず常に吸収する姿勢が大切なようです。

扱うプロジェクトごとに内容が違う

IT関連のプロジェクトといっても様々な内容があります。

一つのプロジェクトが終了すれば新しいプロジェクトに移りますが、プロジェクトの内容は全く違うものになるかもしれません。

新しいプロジェクトでは用語やマニュアルを一から覚えなおす必要があります。新しいことを学ぶのが好きな方には良い環境になるでしょう。

お客様のシステム開発の現場で業務を行う

ITサポート事務は多くの場合お客様のシステム開発の現場で業務を行います。

常にお客様と一緒に業務を行うこととなりますので気が抜けません。何か困ったことがあっても上司が近くにおらず不安になることもあるでしょう。

お客様とスムーズにコミュニケーションをとることができる性格の方は重宝されるようです。

ITサポート事務の仕事内容と転職情報まとめ

PC

ITサポート事務職の求人は未経験者歓迎の求人も多く、自分の希望する条件に合致した企業を見つけやすい傾向にあります。

一般的な事務職とは違いIT関連の知識が必要になる場面もありますが、業務をこなしながら少しずつ身につけることも可能です。

エンジニアやマネージメントへのキャリアアップの可能性もあります。

自分がITサポート事務職でどのように活躍できるのか、更に詳しく知りたい方はぜひエージェントに相談してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら