広告代理店の営業は華やかなイメージと年収の高さから新卒の学生からの人気が非常に高い職種です。

「有効求人倍率の低さ」もあり難易度が非常に高く「狭き門」です。

しかし、就職できないわけではなく、意欲や経験してきたことを広告代理店で活かせるような人材であれば就職の可能性はあります。

まずはこの記事を読んで自分が広告代理店の営業に向いているのかをしっかりと考え、就職に向けての準備を進めましょう!

広告代理店の営業に向いている人の特徴

まずは広告代理店の営業に向いている人の特徴を解説します。

フットワークの軽い人

握手をする人々

実際に就職できて仕事となればクライアントとのスケジュール調整や、制作会社などとの連絡・相談など、多くの事をこなさなくてはなりません。

そのためフットワークが軽く、まめに連絡ができる人が向いています。

新規開拓となればテレアポや訪問などの必要もあるため、断られても折れない強い精神力が必要です。

また、行動力がある人材は評価されます。

コミュニケーション能力の高い人

コミュニケーション能力は広告代理店に限らず営業職であれば必要不可欠です。

クライアントとの打ち合わせやプロジェクトチームとの調整など、多くの人とコミュニケーションをとってプロジェクトを進める必要があります。

人間関係に苦痛を感じず、円滑に進めることができる人は広告代理店に向いています。

流行に敏感な人

広告代理店の営業は流行に敏感でなくてはなりません。

時代の流れで広告の内容や表現方法は変わっています。

その流れを敏感に感じ取り、新たな提案に取り込める能力は評価されます。

広告代理店の営業に活かせる経験・資格・スキル

人気が高い広告代理店の営業に転職するには、他の応募者と差別化できるような経験やスキルがあるとより有利になるでしょう。

広告代理店の営業に活かせる経験やスキルを解説します。

知識・スキル

開いたノートと本

やはり営業職ですのでコミュニケーション能力は大切です。

新卒や他職種からの転職であれば営業経験がない人も多いかもしれませんが、法人に対しての営業経験があれば武器になります。

また、業界関連の知識に限らず幅広い知識を持っておくと営業の際の対応やコミュニケーションを取る際の話のきっかけ作りにも役立ちます。

資格

広告代理店への就職を目指すうえで絶対に必要な資格はありません。ただし有利となる資格はあります。

最近はほどんどの広告がテレビやチラシなどだけでなくWebメディアを利用しています。

そのためWebに関する知識や資格があると良いです。

Webリテラシー試験に合格し「Webアソシエイツ」を取得していればIT系の広告代理店では有利でしょう。

転職前にはどのような広告を得意としている企業なのかを分析し、有利になるような資格を取っておくと良いです。

キャリア

法人への営業活動経験があれば有利ですが、経験がない人もいることでしょう。

その部分を埋めるためには、社内イベントや学校でのイベントを企画・運営した経験などをリストアップしておくことで、キャリアとして面接の際にアピールできます。

転職や就職を目指す際には、様々なイベントの企画・運営に積極的に参加することで面接などの際に話すことができます。

もしこれらの経験がない場合は積極的に参加してみることをおすすめします。

広告代理店営業のやりがい

キーボードに置かれた手

広告代理店の仕事は大手になるほど大規模な広告やイベントなどを手掛けています。

その中には店頭でのプロモーションや行政、スポーツなどのイベントもあります。

世間へ大きな影響を与えるイベントや広告に携わるため、仕事の充実感を得ることもできるでしょう。

大きなイベントや広告となれば有名人を起用する場合が多いため多くの有名人と共に仕事をすることにもなります。

さらに、イベントや広告の内容次第では「これから流行るもの」に触れる機会も多くなる可能性があります。

トレンドの情報を受け取る側ではなくトレンドを発信する側になるのです。

クライアントや各業界人・媒体・制作関係など多くの業種や業界の人達と関りを持つことで様々な業界の最新トレンドや情報を知ることができます。

こうした事業を手がける側に身を置けることに喜びを感じる人もいます。

広告代理店の営業の厳しさ

デスクトップPC

広告は売り上げUPやブランドイメージを伝え、認知度を高めるために行うものです。

クライアントの会社が内部で方向性についてまとまっていなければ調整のお手伝いが必要なケースもあります。

多くのスケジュール調整や方向性の調整などを行う必要が出てきます。

受注後だけでなく受注前から社内外の関係者との調整を行うのも広告代理店の仕事です。

受注後はスケジュールに合わせて仕事を進めていきます。

しかし、制作スケジュールがきちんと進むことは少ないため、納期前は多忙になることが多いです。

また、様々な業種・業界の方と仕事で関わりを持つとお付き合いも増えます。

担当している仕事以外のイレギュラーな仕事(お付き合い)もこなせばかなりハードになるため、心身のタフさも必要な仕事です。

広告などが完成した後は広告効果のレポートを提出することとなります。

費用対効果が低ければその後の仕事をいただくことは難しくなり、費用対効果が高ければ新たなお仕事をいただける可能性が高くなるでしょう。

クライアントが求めるものを実現させるためには数多くの調整を行っていく必要があり、様々な関係者を調整していくことは非常にハードな仕事です。

広告代理店の営業に求められる能力

会議をするビジネスマン

営業に求められる能力はコミュニケーションスキルが大切ですが、広告代理店の営業に求められる能力はそれだけではありません。

以下のような能力が求められます。

・クライアントの情報管理や広告企画の提案

・実施スケジュール・予算の管理

・コンペ案件の場合はコンペに必要となる情報を収集する能力

・コンペに向けた社内での調整

・受注後の制作に関する進行管理

・必要なものの調整や確認

このように、仕事を受注するだけでなく発表から効果の検証まで行える能力が広告代理店の営業には求められます。

広告代理店の最近の流れ

タブレットを使う人

業種にもよりますが、最近は雑誌などの広告企画よりインターネット広告が増えています。

動画やSNSなどを利用する広告も増えており、募集要件にWebに関する知識や知見が含まれているものが増えています。

こうした状況を考えるとデジタルマーケティングに関わる職種の採用も多くなるでしょう。

広告代理店に就職を目指すのであれば、就職希望の会社が扱う媒体どのようなクライアントがいるのかを把握してください。

求人内容と照らし合わせると求める人物像が見えてきます。

広告代理店を未経験で目指すには

ノートPCで作業する人

従来の広告も続きますが、インターネットを使った広告が増えていくと予想されています。

動画やSNSを活用できる人材のニーズも高くなっているため、若くて新しい情報発信に馴染んでいる人材は必要とされるでしょう。

また、未経験から広告代理店の営業を目指せる求人もあります。

未経験の場合はWebに関する専門的な知識を学び、求める求人像に合うというアピールや仕事への意欲を見せましょう。

異業種からの転職でも求人像にあっていれば合格の可能性は高くなります。

職務経験書の書き方のポイント

職務経験書は非常に大切です。

就職は自分を売り込む営業活動です。自分を売り込む気持ちで職務経歴書を作り、自分の魅力が伝わる内容にしましょう。

職歴は「5W1H」で

ペンで書き込んでいる人

自分がこれまでどのような仕事に携わっていたのかが正確に読み手に伝わることを心がけましょう。

・いつ(在籍期間)

・どこで(在籍企業・所属部署)

・どんな立場で(役職、役割や責任の範囲)

・誰に対して(社内の仕事であれば社内の部署、営業であれば担当企業など)

・何を(職務内容と具体的な業務内容)

・どれくらい(業務の規模や担当の範囲、金額など)

自己PRになる情報

転職の際には自分を売り込むことが必要であり、そのためには会社にとって有益な人材になり得ることをアピールしなければなりません。

実績やスキルをしっかりと盛り込みましょう。

・成果・実績(売り上げ、達成率、社内評価など)

・得意分野(社内調整やテレアポ営業など)

・専門スキル(業務知識や業界に対する知識など)

・応用スキル(語学力やPCスキル、分析力や対人スキルなど)

情報が正確に伝わる内容

書いている内容はもちろん大切ですが、読み手にとって読みにくいものになっていてはいけません。

読みにくい文章は頭に情報が入りにくく、それだけで選考にもれてしまう可能性をあげてしまいます。

書いている内容や情報が正確に、誰が見ても理解できるように以下のポイントを意識して書いてください。

・ビジネス文書(名詞、体言止め)

・レイアウト(改行や表で見やすく)

・具体性(数値や専門用語)

・PRポイント(得意分野や業務内容)

・適正(求める人物像に内容が合致しているか?)

・マネジメント(規模や人数や成果)

まとめ

開いた手帳とノートPC

今回は広告代理店の営業職について解説しました。

広告は時代のトレンドを敏感に察知し、時にはトレンドを創り出すほど社会への影響力をもつものです。

その広告を創り出す側として広告代理店の営業職は常に人気を集めています。

社会に良い影響を与える仕事をしたいと考えている方は、広告代理店の営業職を選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。

転職希望者の多い中で自身をアピールし採用を勝ち取るためには効果的な自己PRが必要です。

しかし自己PRが苦手な人もいることでしょう。

企業の採用担当者の心に響く自己PRをつくるために、転職エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら