現在既に事務職で働いている方もそうでない方も、現在の仕事が自分にあっているか疑問に感じることもあると思います。

また評価であったりやりがいであったりと、仕事の悩みは尽きないと思います。

ワークライフバランスが重要視されている世の中で、仕事だけではなくプライベートも充実した生活を送りたいと考える方もいるかもしれません。

そんな方達の転職先として人気なのが事務職です。

しかし女性に人気の事務職。気になってもどんな仕事なのかいまいちわからない。年収は? 必要な資格や経験は?

そんな不安や疑問を一緒に解決していきましょう。

今回は転職エージェントの解説と共に、職種ごとの仕事内容や平均年収、また転職に有利な資格やスキルとその学習方法をご紹介します。

主な職種

電話 メール 対応

そもそも事務職ってどんな仕事があるのでしょうか。

書類の作成や整理、電話対応をする一般事務や社員の労働環境を整えるサポート役の総務事務、帳簿や給与管理をする経理事務があります。

その他にも受付事務や医療事務等があり、また営業職をサポートする営業事務や電話業務中心のコールセンターの仕事も事務職に含まれるようです。

事務職の人気ランキングTOP3

表彰台

では人気の事務職にはどういったものがあるのでしょうか。仕事内容や忙しさをチェックしながらランキングを確認していきましょう。

第3位 経理事務職

経理事務職の主な仕事は社内のお金に関することです。

日々の仕事は主に帳簿の整理(伝票の整理や仕訳の記録、預金管理や経費の処理)や請求書の作成です。

その他にも集金・支払業務があり、社員の給与管理もします。

経理事務職は月次や年次(12月や3月のところが多い)に決算(一定期間の財政や業績を確認する)を行うので、月末月初は比較的忙しいです。

しかしそれ以外の時期には定時帰宅が多いところが特徴です。

第2位 総務事務職

総務事務職は会社の業務が円滑に回るようにサポートするなど、様々な業務をこなす仕事です。

日々の仕事は、社員の使用する備品の管理・発注、報告書や議事録等の書類作成・ファイリング、電話・メールや来客への対応、荷物の発送や受取等の雑務。

そして勤怠管理や社会保険の手続き等、社員が働きやすいように幅広くサポートしていく業務です。

また会社によっては経理事務職を手伝ったり、採用担当を兼ねる場合もあるようです。

総務事務職のメリットとしては短期間に多くの仕事を覚えられることや、土日祝日や年末年始、お盆等の休みがしっかりと確保されている点が挙げられます。

また残業が少ない職種でもあります。

第1位 一般事務職

一般事務職の主な業務は総務事務職のものと似ています。

日々の仕事はデータ入力や書類作成、電話・メールや来客への対応です。また会社によっては経理事務や総務事務の業務を任されることもあるようです。

一般事務職は基本的な仕事が多く、未経験者が配属されることも多く、そのため未経験の方でも始めやすい職種です。

そして事務業務や基本的なパソコンスキルを身に着けることも出来ます。

またメリットとして挙げられるのは、残業が少なく就業時間が決まっていることです。ワークライフバランスを考えた働き方にも適しています。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

職種ごとの平均年収

お給料

人事院発表の民間給与の実態(2019年)によれば、28~32歳の平均支給額は約27万7千円で、全体の平均は約29万5千円(36.9歳)となっています。

また大卒事務係員の平均支給額は月額約28万6千円で、高卒事務係員の場合約24万円となり、差があります。

この数字は各種手当も込みの金額です。

また事業規模に関わらず全体の平均なので、事業規模の小さな企業では支給額も平均の数字より低くなっているようです。

経理事務職

経理事務全体の20代から30代前半の平均年収は300万円前後(平均月額給与19万円)となっています。

また女性全体の平均年収も300万円前後(平均月額給与19万円)となっています。

経理事務における男性社員の割合が少なく、またその多くが高いポジションについていることの影響で女性の平均年収は男性よりも低くなっています。

また女性の中には時短勤務の方が多いことも影響しています。

そして経理事務の給与はその経験や新たなスキルによってアップしていくようです。

より高い収入を目指している方はそういった資格の取得を目標にするといいかもしれません。

総務事務職

総務事務職全体の平均年収は20代から30代前半の平均年収は345万円前後(平均月額給与23万円)となっています。

また女性全体の平均年収は272万円(平均月額給与17万円)となっています。

この男女間の差は、そのまま男女間の格差のようです。そのため一般に総務事務の中では女性の方が年収が低い傾向にあります。

一般事務職

一般事務職の全体の平均年収は20代から30代前半の平均年収は210万円前後(平均月額給与13万円)となっています。

また女性全体の平均年収は206万円(平均月額給与13万円)となっています。

何故このように低い数字になるのかというと、一般事務職では正規・非正規と働き方が様々な形態を取っていることが原因です。

中にはアルバイトの方もいるので、平均としては下がっています。

しかし基本的には他職種よりは低い値になっています。

このように事務職の平均年収は事業規模・学歴・働き方によって様々に分かれています。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職に有利なスキルや経験

一般に事務職への転職は、経験がある人の方が有利で、経験者のみを採用している募集もあります。

しかし一方で未経験者を歓迎している募集も数多く存在します。そのため他業種からの転職のハードルも決して高いものではありません。

それでは事務職への転職に有利なスキルや経験から、どの職種が向いているかを確認していきましょう。

基本的なPCスキル

事務職では必須のスキルとなります。特にMicrosoft Officeのツールを使う企業が多いのでWordExcelを使えると有利になります。

更にPowerPointも使えるとポイントが高いようです。

また入社後に必要な知識は学んでもらうので、簡単な操作方法を知っているだけでも良いという募集もあるようです。

特に経理事務職ではExcelの基本操作を身に着けておくと有利なようです。

事務処理能力

時計

こちらも事務職では必須のスキルとなります。業務の正確さやスピードが求められます。

特に経理事務職では繁忙期でもミスしない正確さとスピードの両方が求められるので、評価されるには必須の能力となっているようです。

ビジネスマナー

こちらもどの職種でも必須のスキルとなります。しかし正しい言葉遣いや話し方、動作など基本的なビジネスマナーを押さえておけば、それ程心配する必要はありません。

社外の人と関わる機会の多い総務事務職では特に、その人の印象や対応力が会社のイメージに結びつくことにもなるので重要になってきます。

円滑に物事を伝えるコミュニケーション能力

社内や社外の人とも関わる機会が多く、また関連部署と連携を取る必要のある事務職では、様々なタイプの人と円滑にコミュニケーションを取る能力も必要です。

また相手を観察し、それぞれの人との関係を築いていくことで仕事がより円滑に進んでいきます。

例えば前職で人と関わる仕事をしていたという方は、社会人として一般的なコミュニケーション能力は十分備わっていると考えられます。

総務事務職や一般事務職でその力を活かしてみるのもいいかもしれません。

転職に有利な資格

資格

それではそれぞれの事務職に転職する際に取得しておくと有利な資格を確認していきましょう。

経理事務職への転職に有利な資格

  • マイクロソフトスペシャリスト(MOS)
  • 日商簿記検定
  • 経理事務パスポート検定(PASS)

総務事務職への転職に有利な資格

  • マイクロソフトスペシャリスト(MOS)
  • 日商簿記検定
  • ビジネス実務マナー検定

一般事務職への転職に有利な資格

  • マイクロソフトスペシャリスト(MOS)
  • ビジネス文書検定

資格取得へ向けた学習方法

それでは事務職への転職に有利な資格について、その学習方法と共に確認していきましょう。

マイクロソフトスペシャリスト(MOS)

パソコン キーボード

試験科目には「Word」「Excel」「PowerPoint」「Access」「Outlook」の5つがあり、それぞれ2013等のバージョンがあります。

またWordとExcel科目には「スペシャリストレベル(一般)」のほかに、より難易度の高い「エキスパートレベル(上級)」の資格もあります。

受験資格は特になく、年齢・国籍を問わず誰でも受験できます。

試験は毎月1~2回いずれかの日曜日に行われる全国一斉試験と、最寄りの試験会場で受験できる随時試験の2種類で、受験機会の多い資格でもあります。

受験料はスペシャリスト10,780円(税込)、エキスパート12,980円(税込)で、一度に複数の科目を受験することも可能です。

スペシャリストレベルの試験は合格率が高く、独学でも取得可能な資格です。独学で学ぶ場合は短期集中で、試験日の2~3週間前から学び始めましょう。

公式ホームページにある「よくわかるマスター MOS Word 2016 対策テキスト問題集」等のテキストを使い、最初の一週間は内容をよく読みましょう。

そして後半の1,2週間は問題集を使いながらひたすら問題を解き、わからなかった問題を復習するようにしましょう。

またそれでも不安という方は、同じく公式ホームページで実施されている対策講座を受けてみるといいかもしれません。

日商簿記検定

電卓 計算

1~3級と、初級のレベルが設定されています。ビジネスで使うには基本知識を問われる3級から受験するといいでしょう。

受験日は年に3度設定されており、受験料は級によって変わります。3級の場合2,850円(税込)です。

受験資格は特にありませんが、受験当日には顔写真付き身分証明書が必須です。

また電卓は計算機能のみの物しか持ち込めないので注意が必要です。

3級を受験する場合、一説にはおよそ100時間の学習が必要だといわれています。しかし初めてチャレンジする方でも合格する可能性は十分にあります。

学習方法は主に3つ挙げられます。専門学校に通ったり通信教育で学ぶことも出来ますが、独学でも十分に合格することが出来るでしょう。

今回は独学で学ぶ場合の学習方法をお伝えします。

最初の50時間程度でテキストをしっかりと読み込みましょう。

そして後半は予想問題集や過去問を解き、出来なかった問題を復習するというサイクルを繰り返し学ぶと効率が良いです。

解説テキストと予想問題集や過去問を用意する際には、最新のバージョンの物かどうかを確認するようにしましょう。

細かいところが変更になっている場合もあるので注意が必要です。

経理事務パスポート検定(PASS)

1~3級のレベルが設定されており、e-ラーニングを利用しながら受験することも出来ます。

こちらは認定試験のみの受験か、e-ラーニングを使った受講料込みの受験からコースを選ぶことが出来ます。

3級の場合前者は1,000円、後者は1,500円とリーズナブルな価格です。

学習方法はe-ラーニングの受講が基本となります。

まず研修動画を見てから演習問題を解き、わからなかった問題については再び研修動画を見て復習しましょう。

次のステップの確認問題もクリア出来るようになったら、認定試験に挑戦しましょう。失敗しても2度目までは追加料金なしで受験出来ます。

秘書検定

秘書 オフィス

1~3級の間に4つのレベルが設定されています。マークシートと記述式で回答する筆記試験に加え、準1級以上では面接試験もあります。

試験日は年2回設定されており、受験料は3級では2,800円です。

通信教育やスクールに通うという方法もありますが、3級の場合は独学でも十分でしょう。一般的には1か月程度の学習でも十分対応できるはずです。

テキストは実務技能検定協会が出している物が実質公式テキストなので、ぜひ活用しましょう。

まずテキストの内容を理解し、問題集や過去問に当たりましょう。

短期間で集中的に学びたい場合は「クイックマスター」を、時間に余裕があれば「集中講義」というテキストを使っていきましょう。

3級の内容は上位級を受ける上で基礎になる部分なので、じっくり学べるとより良いでしょう。

ビジネス文書検定

1~3級のレベルが設定されています。出題は表記技能、表現技能、実務技能に分かれています。

試験日は年2回設定されており、受験料は3級では2,800円です。

それ程難しい試験ではないので、テキストを中心に独学しても1か月程度の学習で十分でしょう。

試験には実際にパソコンを使って文書作成するものもあり、ブラインドタッチは必須です。

また試験会場ではWordを使うので、そのバージョンを事前に確認しておくと良いです。

表記技能や表現技能については量は少ないものの暗記が必要です。

ビジネス検定実問題集のテキストを読みながら一つ一つの文書の意味をしっかり理解しながら覚えることが重要です。

以上、事務職の人気ランキングとその仕事内容、年収、就職に有利なスキルや経験、資格とその学習方法を紹介させていただきました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

これから事務職に転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。あなたの生活がより充実するように、心から祈っています。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら