事務職とひと言でいってもさまざまな種類があります。少しずつ業務が異なり求められるスキルもそれぞれ違うのです。

事務職の中から未経験でも目指しやすく、やりがいが高い営業事務について説明します。

働く上でやりがいを大切にしてい人は、参考にしてください。

営業事務は初心者でも目指しやすい職種

営業事務がいることで商品を販売できるといって良いほど、営業事務は会社にとって大切な役割を担っています。

会社が取引をする際に必要な書類のほとんどは、営業事務が作成しているのです。

とても重要な役割ではありますが営業事務を募集している企業は多く、それらの求人の多くが初心者歓迎となっています。

その理由はふたつあり、ひとつはどの会社にも必要な職種であること。そのため、求人数も多い傾向にあります。

先述のように営業事務がいなければ取引が成り立たないことが、求人が増える要因です。

ふたつ目は、慣れればそこまで難しい作業ではないこと。

営業事務は社内に何名かいるため教えてくれる同僚も多く、初心者でも安心して目指すことができます。

営業事務の仕事内容とは?

主な仕事は、営業のアシスタント業務です。営業が受注してきた商品の発注書や請求書の作成、電話対応などをおこないます。

業種によっては、サンプルやポップ作成といった手を動かす作業をおこなう場合も。

幅広い業務をおこないますが、基本的にはパソコンを使う仕事が多いためデスクワークが中心です。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

一般事務との違いは?

一般事務は会社内の勤怠管理や備品管理といった、社員が気持ちよく仕事ができるようなサポートをおこないます。

対して営業事務は、営業のサポート業務がメイン。

売り上げに関わる事務処理をおこなうため、一般事務と比べて売り上げ額を意識しやすい職種です。

取引先と直接やり取りをする場合があるのは、事務職の中でも営業事務だけかもしれません。

営業事務のメリットとデメリット

どの仕事にもメリットとデメリットが存在します。営業事務のメリットデメリットはどのようなことなのか、みていきましょう。

メリット

一番のメリットは、売り上げに貢献できる実感が高いことです。

営業担当者のサポートをおこなうことで、間接的に売り上げに貢献できます。

これは他の事務職ではなかなか味わうことができず、営業事務の醍醐味といえるでしょう。

また、日頃からパソコンを使用してデータ入力や資料作成をおこなうため、パソコンスキルがアップします。

これは営業事務だけでなく、他の事務職や職種に転職する際にも大いに役立つこと間違いありません。

デメリット

営業のサポート業務がメインのため、自分のペースで仕事を進めることが難しいところがデメリットです。

営業からの急な書類作成依頼がくることもあり、自分の中で優先順位をつけながら仕事をすることが大切になります。

また、担当する営業によって働きやすさは異なり、要領の悪い営業を担当すると残業が増えることも。

逆に器用にこなす営業の担当になった場合は、毎日余裕をもって仕事をすることも可能です。

営業事務に求められるスキル3選!

営業事務になるために特別なスキルは必要ありません。

ここではよく求人情報に記載されている、歓迎されやすいスキルについてお伝えします。

パソコンスキル

先述のように、パソコンで作業することがメインです。データ入力などのほとんどはExcelとWordを使用します。

sumやvlookupといった基礎的なExcel関数は覚えておいて損はないでしょう。

他の人よりも差をつけたいのであれば、PowerPointの操作も覚えておくことをおすすめします。

営業先で使用するプレゼン資料などの作成を手伝えるため、重宝されるに違いありません。

タスク処理スキル

営業事務の仕事は、見積書作成からデータ入力まで多岐に渡ります。

それらのルーティーン作業に加えて、営業から突如依頼される業務をしっかりとミスなくこなさなければなりません

限られた時間内でひとつでも多くの仕事をこなせるかが大切になります。

スピーディーにミスなくこなすことはもちろん、急に降りかかってくる依頼にも対応する能力が必要です。

なにが大切か瞬時に判断して、優先順位をつけながら仕事をこなしていく能力は身に付けていて損はありません。

コミュニケーションスキル

時には担当している営業以外の人から仕事を頼まれたり、クライアントや下請け業者とやり取りをすることがあります。

そのときは、会社の代表として対応しなければなりません。

相手の希望をしっかりと汲み取り、正しく対応することで信頼関係の構築に繋がります。

相手と上手くやり取りができずに、相手が意図していないことをすると、取引先にはもちろん自社にも迷惑がかかるため注意が必要です。

どの職種にもいえることですが、取引先とやり取りをするということは、会社を代表しているということになります。

その意識を忘れずに取り組むことが大切です。

おすすめの資格

営業事務になるために特別な資格は必要ありません。ですが、持っていると役に立つ資格が3つあります。

事務職で働くにあたり、必ず役に立つので営業事務以外に就いたとしてももっていると損がない資格です。

MOS

MOSとは、マイクロソフト社が認定している資格で「マイクロソフトオフィススペシャリスト」といいます。

国家資格のため、とても信用度が高い資格です。

スペシャリストとエキスパートの2種あり、WordやExcelを主に使用する営業事務であれば、スペシャリストを取得するのをおすすめします。

規模の大きい会社ほどMOSを重視する傾向にあるため、大手に就職したい場合は受けてみるのも良いかもしれません。

簿記検定

簿記と聞くと経理部や財務部を思い浮かべるのではないでしょうか。

営業事務の業務で簿記の知識を必要とするわけではありませんが、知識としてあると見積書の作成など数字を扱うときに有利になるでしょう。

また、中小企業では営業事務と経理を兼任することも少なくなく、そういった企業では重宝されます。

営業事務から経理部に異動するなど、キャリアアップもしやすい資格です。

秘書検定

社会人として身に付けておきたいマナーや敬語などを学べます。

先述のように取引先とやり取りをすることがありますが、営業にいくわけではないため深く知ってもらえる機会はありません。

そのため、営業事務は短時間での印象がとても重要になります。

立ち振る舞いや話し方など、秘書検定で学んだことを活かせると好印象を持たれやすいためおすすめです。

営業事務への応募方法とは?

営業事務への応募方法はご存知でしょうか?転職を考えていたとしても転職に慣れている人は多くないはず。

履歴書や職務経歴書の準備や面接対策など、やることはたくさんあります。

自分ひとりでは難しい場合、専門家に相談することがおすすめです。

ネットなどで公開されている求人は一部にすぎず、非公開求人も多くあります。

職務経歴書の作成や模擬面接もおこなうため、万全な状態で転職活動が可能です。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

 

まとめ

営業事務に必要なスキルと資格について紹介しました。

事務職の中でも営業に近い存在で売上に貢献できるため、やりがいが高い職種だといえるでしょう。

サポートしている営業が大きな仕事を決めてきたときには、喜びもひとしおのはず。

バリバリ働きたくはないけどやりがいのある仕事がしたい、という人にはおすすめです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら