ルート営業とはどのような営業スタイルかご存知ですか?

人には向き不向きがあるため、ルート営業を「とても楽だ」という人もいれば、「きつい」という人もいます。

必要なスキルや向いている人の特徴をまとめたため、参考にしてください。

他の職種、または新規開拓営業からルート営業に転職する人は必見です。

ルート営業の仕事内容

ルート営業とは、既存の取引先に営業をすることです。

以前購入していただいた商品に問題はないか、使用した上で要望はないか、といったことを確認します。

新しいサービスや製品を提案することもあり、そこで売上を獲得していく営業スタイルです。

既存の取引先と信頼関係を築きながら営業をおこなうことが大切。

また、新規の相手に営業をする新規開拓営業と異なり、ルート営業ではすでにパイプができています。

営業職が未経験の人や、初対面の人と初めて話すことが苦手な人にも向いている職種です。

ルート営業のメリット

自分の実力を武器に営業する新規開拓営業は、やりがいを感じやすい営業だといわれています。

では、ルート営業のメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

信頼関係が築きやすい

次々と新しい人と会う新規開拓営業と比べて、ルート営業は会う人が決まっています。

部署異動や担当変更がない限り、ずっと関わっていくことになるのです。

そのため取引先というより仲間、チームといった信頼関係を築くことができます。

信頼関係ができあがることで次の案件にも繋がりやすく、安定した受注を取ることが可能です。

ただし、逆をいうと取引先に嫌われてしまった場合、仕事を失ってしまうこともあります。

仕事の話ばかりでなく、雑談を交えながら適度な距離感を保つことが重要です。

ノルマへのプレッシャーが少ない

新規開拓営業は、新しく契約を取ることで売上に繋げます。

それに比べてルート営業の売上は、新規の契約と前の担当者から引き継いだ既存契約のふたつ。

ルート営業にも営業ノルマがある会社も多いですが、既存の契約がプラスされる分プレッシャーも少ない傾向にあるのです。

しかも、既存の取引先ということもあり、商談がしやすい傾向にあります。

会ってもらえないという精神的ダメージもなく、落ち着いて業務に向き合えることもメリットです。

達成感を感じやすい

取り扱っている商品の魅力も大いにありますが、ルート営業で案件を獲得できるのは取引先に信頼されているから。

この商品だから買う、というよりあなただから買うといわれたときは営業冥利につきます。

なかなか一度の訪問で購入してくれる人はおらず、地道に足を運んだり細やかな気配りを経て、購入してくれることがほとんどです。

売上まで繋がらないことで心が挫けそうになることもあるかもしれませんが、その道が長ければ長いほど達成感も大きくなります。

必要なスキル

ルート営業として業務をおこなう上で必要な資格はありませんが、持っていたら必ず役に立つスキルをお伝えします。

どれも意識をするだけで抜群に変わるものばかりなので、ルート営業を目指している人は意識してみてください。

聞く力

新規開拓営業は積極的に自社の商品をアピールするのに対し、ルート営業は相手が必要としていることを知ることが大切です。

相手の不安や要望を聞き出し、それらに合った提案をおこないます。

何度も商談ができる機会があるため、しっかりと相手の話を聞いてそれらを解決することで、受注できるのです。

回数を重ねた商談をできることは、ルート営業の大きな魅力といえるでしょう。

提案力

同じ取引先に営業をかけるということは、毎回違った提案が必要だということです。

同じ商材だとしても違った見せ方ができるように工夫しなくてはいけません。

例えば、子ども向けに発売していた栄養飲料のパッケージを変えて、忙しくて十分な栄養を取ることができていない働く女性向けに発売するなどです。

働く女性をターゲットにすることで単価を上げられる上に、栄養飲料を新しく開発する必要はないので固定費も抑えられます。

このように発想を変えることで同じ商材でも採用されることがあるため、提案力は欠かせないでしょう。

提案力をあげるためには、商品知識や取引先のこと、市場の状況を知っておく必要があります。

気配り力

最初の頃は誰しも丁寧な対応をおこなうものです。

しかし、慣れてくるとだんだん対応が雑になってしまったり、馴れ馴れしくなってしまうことがあります。

取引先だということを忘れずに細かいところまで気配りをしましょう。

仕事の場以外でも飲み会など接待の場面でも、どんな人にも気配りができる人は信頼される傾向にあります。

ルート営業に向いている人の特徴

一番はコミュニケーション能力の高い人です。ルート営業は取引先とのコミュニケーションが大切になります。

ただし、しゃべることが好きというだけで、会話のキャッチボールができないと仕事に繋がりません。

ルート営業に就いたばかりで商品知識が浅い場合は、雑談でコミュニケーションを取ることがおすすめです。

雑談力が強い人は、営業に向いているといわれています。また、誠実で丁寧な対応ができる人もルート営業で活躍できるでしょう。

今まで何度もお伝えしましたが、ルート営業は信頼関係がとても大切です。

性格が誠実で丁寧な人でなくても、提案資料の見直しやお礼メールの送信など丁寧な対応を心がけるだけで、だんだんと身に付いてきます。

心配な人は日頃から心がけるようにすると良いでしょう。

自身がルート営業に向いているのか、ルート営業でやっていけるのか、不安になる人も多いのではないでしょうか?

ルート営業以外にもさまざまな業種、業界の求人があるので一度専門エージェントに問い合わせてみてください。

求人紹介以外にも面接対策や内定後のやり取りまで幅広くお手伝いします。

マネジメント方法について

ルート営業のマネジメント業務についた場合の方法とコツを紹介します。

ルート営業ならではのポイントもあるので参考にしてください。

マネジメント方法とは?

ルート営業は比較的売上見込みが立てやすい傾向にあります。

既存案件の発注がくる頻度や発注金額などを取引先ごとに把握し、分析することが肝です。

新規開拓営業と比べて大きく伸ばすことが難しいルート営業。

しかし、伸ばせそうな取引先へは人数を厚くして対応するなど、状況ごとに工夫することで売上アップが見込めます。

マネジメントのコツ

ルート営業をマネジメントする上でのコツは、部下とコミュニケーションを取ることです。

いきなりマネジメントの立場に立つことはありません。マネジメントをする人もおそらくルート営業の経験者。

ルート営業をしていたときに自分がぶち当たった壁に、部下も悩まされることもあるでしょう。

現場で動いていたときのことを忘れずに、部下の様子を伺いながらコミュニケーションを取るようにしてください。

そうすることで、業務も円滑に回り結果的に売上に結び付くこともあります。そのためには、自分自身が心に余裕を持つようにしましょう。

まとめ

ルート営業の特徴と向いている人の特徴についてまとめました。

もしかしたら新規開拓営業に慣れていて、ゲームのような感覚で案件を取ってきた人にとってルート営業はつらいかもしれません。

ですが、取引先と信頼関係を築きチームのような感覚で仕事ができたら楽しいと思いませんか?

自分が提案した案件で取引先の売上が増加した時には喜びもひとしおです。

一緒に喜べる相手がいることは、やりがいに繋がること間違いありません。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら