時代と共に営業の媒体が変化しているBtoC営業、近年は女性の活躍も目立っています。

同じ営業職でありながら、BtoBとの差は大きいといわれていますがどこがどのように異なっているのでしょう。

そして、転職先として選ばれるBtoC営業のやりがい仕事のコツも伝授いたします。

BtoC営業で実績をあげるための一押し本も確認しておきましょう。

BtoBとの相違点

営業

営業職に転職を考えている人は、BtoC営業かBtoB営業のどちらを希望するかで、営業方法や年収が大きく異なってきます。

まずはBtoC営業とBtoB営業に、どんな違いがあるのかをしっかりと確認しておきましょう。

大きな違いは決裁者

BtoC営業とBtoB営業はその名が示す通り、営業をする相手が異なります。

Business to Consumerの略となるBtoC営業は、対個人への営業となり契約を結ぶ相手に直接営業をすることになります。

一方、Business to Businessmの略となるBtoB営業は、法人への営業となるので、交渉相手を幾人も経て契約となるケースがほとんどです。

契約の条件

扱う商品などによっても異なりますが、BtoC営業の場合は顧客が自分の商品に魅力を感じてくれることが大切です。

他社のものよりも優れていると感じたり、自分にあっていると感じたり魅力を感じる理由は様々です。

そしてBtoB営業の場合は、企業の信頼度や商材としての価値など総合的に判断されます。

契約の条件が違えば、必然的に営業の方法も変わってくるはずです。

前職でBtoB営業を経験しているからといって、BtoC営業は容易であるということにはなりません。

BtoC営業の場合は決裁者と直接やりとりをするので、自分自身の人柄なども重要視されてくるのではないでしょうか。

結果が見えるまでの期間

自身の仕事の結果が、ハッキリと目に見えるまでの期間にも大きな差があります。

BtoC営業では自分の取り扱う商品がその場で売れたり、短期間内に売れたり結果はすぐに表面化しています。

しかしBtoB営業の場合は、営業をしてから数ヶ月にわたり結果がわからない、ということもあるでしょう。

BtoC営業のやりがい

満足度

BtoC営業でやりがいを感じる瞬間とは一体どんな時なのでしょう。

現場の声が届きやすい

自分が扱っている商品への反応は、直接返ってきます。

その為、相手の満足度が自分への評価と感じることが出来るのではないでしょうか。

顧客の評価が高い程、自社の商品やサービスに自信が持てるはずです。

しかし、顧客が満足出来なかった場合はクレームも自分に直接届くことになるので、しっかり対応する強いメンタルも必要です。

出来高制で収入が得やすい

全てのBtoC営業ではありませんが、出来高制などを取り入れているフルコミッションと呼ばれる働き方が増えています。

BtoC営業は会社相手の大きな取引ではない分、収入は少ないといわれていますが、フルコミッションの場合高い収入が期待出来ます。

個人を営業相手としているために新規顧客を得やすいというメリットがあり、それに従い収入も増えていくのです。

営業職は結果を重視される職種なので、結果が収入につながりやすいBtoC営業はやりがいを感じやすいでしょう。

モチベーションが上がりやすい

契約

営業結果がすぐに表面化するので、仕事へ対してのモチベーションもあがりやすいといえます。

BtoB営業の場合、数カ月後に商談が成立ということも多々あり長期戦になるのが一般的です。

しかしBtoC営業は良くも悪くも結果はすぐにわかるので、次の商談への気持ちが作りやすくなります。

営業としてこなす仕事数も多く、活動的な仕事がしたい人にとっては魅力的な仕事といえるでしょう。

BtoC営業に関してもっと深く知りたいという人は、無料の転職エージェントの利用をおすすめします。

BtoC営業の仕事のコツ

成功

BtoC営業として働く場合、成績を伸ばす為にどんなことを頑張ればいいのでしょう。

コツをしっかりつかんでいれば、ひたすら走り回る営業から解放されるはずです。

知識を磨き専門家になる

消費者に対して、自分自身が専門家となり教え導くような知識を持つことが大切です。

自社の商品などを使用することで、どんなメリットがあるのか…。

取り扱う商品のことは当然のことながら、同分野での広い知識を身に着けておきましょう。

自分の専門性を高めておけば、消費者からは頼りになる人物として契約が取りやすくなります。

商品を売るだけが営業の仕事ではありません。

顧客との信頼性を強くすることが、第一優先といえます。

コミュニケーション力をつける

満足度

営業の必須能力ともいえるコミュニケーション力はしっかりと高めておきましょう。

本来持っている人当たりの良さは、大きな武器になります。

しかしただ会話をするだけではなく、会話の中で信頼関係を築き商談を進めていく力が求められるのです。

コミュニケーション力をつけるには、経験が何よりも大切ですが基礎となる心理学を学んでおくのもいいでしょう。

寄り添った営業

コミュニケーション力にも関係していることですが、消費者に対してより近い立場になることも大切です。

どこに行っても同じことを繰り返して話す、いわゆる営業トークでは新規の顧客はなかなかつかめません。

警戒心を無くしてもらう為にも、自分との共通点などを引き合いにしてもいいでしょう。

BtoC営業の場合、ビジネスライクに偏り過ぎると相手に距離を置かれてしまいます。

相手との距離を縮めることは、契約数に関わってくるポイントです。

即決に導く

営業をしたその日に契約を結ぶことは、自分の成績や仕事環境に大きく影響します。

その場で契約を取れるのはBtoC営業の利点です。

「少し考えてから」「後日」という約束は、再度手間をかけることになり、時間的にもロスとなり契約成立の可能性も低くなります。

即決を目標とすることを心がけましょう。

業界の事例や職種

将来設計

BtoC営業の代表的な職種に保険会社があげられるのではないでしょうか。

基本的には飛び込み営業が多く、電話などで粘り強く営業をしているイメージがあります。

しかし代理店などの営業職はインバウンドセールスを行っています。

扱うサービス上、専門的知識は必須で顧客とも長い付き合いになっていくことが多い職業です。

必須の資格ではありませんが、ファイナンシャルプランナーなどの資格を取得している人が多いようです。

BtoC営業は保険会社以外でも、旅行会社や証券会社不動産会社など個人を対象にした様々な職種をあげることが出来ます。

おすすめしたい本

図書館

最後にBtoC営業で成功したいという人へおすすめの本を紹介します。

じっくりと読みたい「営業の魔法」

営業の魔法 (日本語) 単行本 –

営業の基本がしっかり学べる一冊です。

営業が苦手な人物のサクセスストーリーなのですが、営業職になるというのがどういうことなのかが描かれています。

じっくりと読みたいおすすめ本となっています。

女性におすすめの一冊

頑張らなくとも一日3200万円売れました。

こちらの著者はシングルマザーとして営業を極めた女性です。

失敗談も織り込まれており、頑張る女性を後押ししてくれる内容となっています。

BtoC営業で未来を手に入れよう

会社

BtoC営業は自分の頑張りが、直接跳ね返る手ごたえのある仕事です。

HOW TO本も沢山出ていることからも、多くの人が悩み仕事へ情熱を燃やしているのだと感じます。

対面営業からネットを通した営業スタイルに変化しつつある近年、営業スタイルにも変化が見られています。

日々情報を集め勉強を続ける姿勢こそ、営業職に必要な要素なのではないでしょうか。

BtoC営業への転職を考えているのならば、無料のエージェントを利用し最新の情報を手元に置いておきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら