証券会社の営業は金融業界で人気の転職先となっています。

中途採用も積極的に行っている会社もあり、転職者への窓口は大きく開いているといえるでしょう。

実力主義でやりがいがある、年収も期待が持てるなど転職理由は様々ありますが、どんな人が向いている職業なのでしょうか。

女性ならではの強みや成功へのポイントを紹介しつつ、証券会社の営業という職業へスポットを当てていきます。

証券会社の営業に向いているタイプ

証券会社

証券会社の営業は、いまだ男性というイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、時代の流れにそって証券会社においても女性の割合が高まり続けています。

では、どんな女性が証券会社の営業に向いているのでしょう。

精神的なタフさを持っている

営業職に就くということは、身心ともにタフであることが求められます。

特に証券会社の場合、時には顧客へ損をさせてしまうこともあるでしょう。

きつい言葉をかけられることも当然あります。

更に転職したばかりの頃は新規開拓の顧客を掴むための営業に追われることとなり、飛び込みでの営業なども日常的に行います。

何があってもめげないタフさを持った人材が必要とされるのです。

学ぶことが好きな人

勉強

金融系は日々状況が変化しており、常に株式など世界の情報に目を向けていることになります。

その為仕事とプライベートを分けるのが難しい、仕事中心の生活になったと感じる人もいるでしょう。

経済に興味をもち様々な方向から最新情報を得たい、と思える人が証券会社の営業に向いているといえます。

拘束時間が気にならない人

証券会社の営業職は残業が多いともいわれています。

休日はしっかりとることが出来ますが、休日といっても日々の情報収集や勉強などに時間を費やすことになります。

また長期の休暇を取りにくい職業なので、仕事への拘束が気にならないという人が向いているでしょう。

とはいえ、家庭や子育てとの両立をしている女性も多く、仕事をいかに効率よくこなすかがカギとなってきます。

営業力にも関係してくるのですが、聞き上手であることも大切なポイントです。

一般的にリテール営業からスタートしますが、顧客となるのは仕事も立場も違う様々な個人です。

高齢の方が多い傾向にあり、財産の一部を任せるのですから信頼関係が必須になります。

営業の話を一方的にするだけではなく、相手の話をしっかり聞けることが大切です。

人当たりのいいひと

物腰が柔らかく人に好かれやすい人は、証券会社の営業で高い成績を収めやすいのではないでしょうか。

人当たりの点では、女性は優位といえるでしょう。

良かれと思って熱心に薦める口調が威圧的になってしまったり、強引過ぎる営業で顧客に寄り添うことは難しいです。

実際に お金の話に関して男性はビジネスライクに取られる傾向があります。

女性ならではの細かい気配りや物腰の柔らかさは、安心感や親近感を与えてくれるはずです。

証券会社の転職情報

家族

証券会社の営業に転職するのは、難しいのでしょうか?

どんな人が転職を希望しているのか、証券会社の特徴と併せて確認しておきましょう。

店頭証券の場合

独立し店舗展開している大手や銀行系などの証券会社は、店頭証券といわれる業態です。

大手証券会社の仕事内容は、株式の売買取引だけではなく債券や投資信託の販売業務もあります。

大手証券会社の場合、取り扱っている投資信託商品(ファンド)の種類も多く、総額的にはかなりのノルマとなっているのが現状です。

ネット証券の場合

ネット証券は、インターネットのみで株式の売買注文を行うサービスを提供する証券会社です。

ネット証券は需要と共に拡大していますが、需要が高いゆえに営業職の募集は限られているようです。

中途採用を狙うのならば、無料の転職エージェントに相談し情報を得ることをおすすめします。

未経験者でも転職可能

証券

証券会社の営業の募集を見ると、経験者のみを募集していたり高い知識を求めていたりと条件は様々です。

金融機関からの転職が最も多いですが、未経験からでも転職は可能です。

未経験であっても、営業経験があったり学生時代に経済学などを学んでいたりするとかなり優位ではないでしょうか。

しかし、深く専門性のある知識が求められるので、未経験者が転職を望むのであれば資格の取得など努力は必須の条件となります。

外資系は高いハードル

ノートパソコン

外資系の証券会社は個人との取引はほとんど取り扱っていません。

求人でもTOEICやTOEFLのスキルを問われるものが多く、英語力は欠かせないものです。

また、就職後も国内の企業に比べ実力重視の傾向にあるので、高いノルマを達成しなくてはなりません。

かなり高いハードルになりますが、年収は仕事に応じた高い額になっています。

成功のコツ

証券

転職を成功させるには、どんなことに注意をすればいいのでしょう。

外務員資格を取る

外務員の資格は、仕事をするうえで必要なものとなっており、転職する際の募集条件に組み込まれている所もあります。

転職の際の必須条件とはなっていませんが、持っていれば優位になるはずです。

内容は一種と二種に分かれており、未経験の場合二種の取得をおすすめします。

営業力のアピール

未経験者でも高い営業力を持っていれば、転職に役に立ちます。

実際に応募資格として営業経験を問われるケースも少なくありません。

自分に、十分な営業力があることをしっかりとアピールしていきましょう。

即戦力となる人材を求めている会社が多いので、顧客を確保出来る実力が重視されます。

20代が狙い目

証券会社の営業へ転職を考えているのならば、20代での転職をおすすめします。

求人を見ると20代後半までの募集となっている会社が多いのではないでしょうか。

特に未経験の場合、実力をつけるには数年かかるといわれており早めの転職が望まれています。

とはいえ経験者であれば30代でも転職は可能です。

長く務められるか

女性にとっての将来性も見極めておく必要があるでしょう。

近年、証券会社も女性が働きやすい環境を目指している会社が多いようです。

結婚や出産などを視野に入れているのであれば、産休の取りやすさ仕事復帰のしやすさなども事前に確認しておきましょう。

せっかく転職出来ても、将来に不安を抱えてしまっては満足な仕事が出来なくなってしまいます。

実力主義でのやりがい

ノートパソコン

証券会社の営業を女性が目指すのは簡単なことではないでしょう。

しかし、実力主義だからこそやりがいを感じるものです。

入社後は男女差や学歴などに左右されず、顧客数など自分の実力が評価されます。

女性が実力だけで高い収入を得ることが出来る仕事のひとつでしょう。

女性ということをマイナスに捉えるのではなく、自分だから出来る営業を見つけていけば、成功への足掛かりになるのではないでしょうか。

一説では、持続力のある女性の方が向いているともいわれています。

資産運用をしている女性も増え、担当も女性がいいというケースが増えているのです。

女性の強みを生かして証券会社の営業になろう

予算

証券会社の営業に転職するには、ある程度の努力が必要です。

しかし、だからこそやりがいを感じることが出来るでしょう。

専門知識を増やし営業力を磨くことも大切ですが、人と人との繋がりを大切に出来るそんな人が求められているのかもしれません。

証券会社同様に、転職成功のカギを握るのは情報です。

より的確な情報を得る為に無料の転職エージェントを利用してはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら